午前中、ZEROさんはお母さんの病院へ、私は暇だったのでポストと樋の排水管の修理をして、11時過ぎ、明石にタコ焼きを食べに出発。丁度お昼。すでに並んでいた。
s-2016-06-12 002

店の名前では玉子焼きとなっていて、中にはタコが入っているだけで、味付けはだし汁につけて食べる。
s-2016-06-12 017

おでんも食べて腹いっぱい。
s-2016-06-12 018

市場に行って
s-2016-06-12 023

1時半、今度はゼロさん秀子さんの裏千家の先生のお宅へ。
s-2016-06-12 069

秀子さんのお点前
s-2016-06-12 042

私もさせていただいた。
s-2016-06-12 046

ZEROさんは正座でギブアップ、85歳の先生に介助されている。あとで、きちんと正座ができるようにならないとと先生に言われていた。
s-2016-06-12 036

小雨降り出して5時に、家に帰って来る。ゼロさんと片足バランスの勝負をしている。
勝負好きで、みなを笑わせて過ごす。
s-2016-06-12 081

8時まで寝てしまい、夜12時過ぎ、お母さんも起きていてくれて、記念撮影して、八ヶ岳へ出発
s-2016-06-13 006aas

INFINITE GRATITUDE

2016.06.11 神戸縦断
とにかく神戸は坂に家が段々にあって、家の同じ階にも段がある。若いうちはいいが歳をとると1戸建ての家は実に住みにくいところであり、そういうのを解消するためにマンションに住みたくなるのかもしれない。来るたびに高層のマンションが増えている。

今日、土曜日、いろいろな予定があって、朝8時からこなしていく。まずはゼロさんの家のBSアンテナの設置、すでに設置はしてあるものの5年映ることなく、断線したものをつないでみたが映らない。分波器と分配器をつなぎなおしたり、アンテナのところもつなぎなおしたり…どうせなら新品で最初からやるほうが確実にできるのだが、なかなかつながらない。アンテナが壊れているんじゃないかといったことも疑いたくなる。ゼロさんは9時半まで待ってくれたが映らないので、一人でやることになり、2階のTVを窓の外に向けてアンテナレベルが上がるのをアンテナを動かしながら直接見れるようにした。アンテナ位置は、iphoneのソフト「BSコンパス」で合せるので確実で、一瞬レベルが1になった後、ショートしている可能性があるという画面が出たので、同軸ケーブルの接続を今一度確認する。一つ固く締めすぎたところが怪しかったので付け替えるとショートはしなくなり、アンテナレベルもきちんと上がりだし、最高のところで止めて、2台のTVのBSが映りだし完了。
s-IMG_0446.jpg

大工道具や材料を車に積み込み、家を片付けて、ZEROさんのお母さんの病院によって、垂水の秀子さんの家へ、
ZEROさん、秀子さんは夫婦ながら、22キロ離れて住み、2人とも88歳の母の介護をしながらの別居生活をしている。
今日はピンコロ合唱団の練習日ということで、先生に来てもらっての練習。もう一組の郁子さんと87歳のお母さんが来て、なぜか私も歌わされて・・・・
s-2016-06-11 034

3時からは茶話会
s-2016-06-11 039

庭に出る階段と手すりをみんなが歌の練習の時に作ってしまい、終わってから手直しして完成。
s-2016-06-11 047

いい庭です
s-2016-06-11 045

8時前にお見舞いに行って、
s-2016-06-11 059

再度山へ
土曜の夜ということでにぎわっていて
s-2016-06-11 062

s-2016-06-11 080ssa

光輝く夜景はクリスタルのように美しいのだけれど、些細なことですべてが崩れて壊れてしまいそうな危うさを感じてしまうのでした。
s-2016-06-11 121aas

9時、芦屋にあるヒーちゃんのお店「港式餃子舗 福福」まで行って、ゆったりと楽しくごちそうになり、
s-2016-06-11 096aas

11時過ぎ垂水まで帰ってきて、今日も長い一日が終わったのでありました。

INFINITE HAPPINESS



2016.06.10 ゼロ母入院
神戸の朝は暑く、
朝から汗をかいている。
午前中にゼロさんは、微熱が続く88になるお母さんを近くの主治医の病院へ車いすに乗せて行き、私はまだ途中の改装の続きをして、11時、帰ってくると、お母さんのクレアチニンの数値が5.8に上がっているので、急きょ入院ということになってしまった。
s-2016-06-10 022

気持ちは元気なのでけれど、やはり腎臓が弱ってしまっているので、それを何とかしないといけなく、食事と水分も制限があるもののこの病院の食事はおいしいと全部食べて、私とゼロさんは一息ついて、
s-2016-06-10 023

あわただしい時間が少し落ち着き、3時過ぎ食事をして、
sss-2016-06-10 012

どこかわからない洋館でお茶を飲む。
sss-2016-06-10 016

夜は歩いて灘温泉へ。アーケードがたくさんあって、小さなお店もたくさんあって、そこに高層マンションがそそり建っている。電車がそこに何本も通ってけたたましい音で通り過ぎてゆく。どこか近未来の都市のようなブレードランナーを思い起こさせる町、11時過ぎに帰り着く。

ゼロさんのお母さんは、熱は下がったものの、足には水が溜まってしまって痛そう。
私があわただしく改装してしまったのも行けなかったかもしれない・・・・・

INFINITE HEALTH





水樹が行ってくれることになって、夜中、2人で小淵沢を出発、250キロ走って3時に養老のサービスエリアに到着、6時半まで休憩。
彦根から大津まで1車線規制でのろのろと、朝の通勤ラッシュの中を150キロ走って、9時、大阪吹田インターを降りる。いつもここを通る時に見ていた太陽の塔を今回はまじかで見ようと降りたが、道がややこしくいきなり道に迷ってひとまわりして9時半、やっとのことで万博記念公園駐車場に入る。
入場料250円を払い、一目散で太陽の塔へ

黒の太陽 直径8m
s-2016-06-09 019

まわって正面に来た 
s-2016-06-09 046aas

塔の高さ70m、基底部の直径20m、腕の長さ25m。 太陽の顔 直径12m
s-2016-06-09 191aas

黄金の顔 直径10.6m、目の直径2m
s-2016-06-09 196aas

いつか 中の『生命の木』をみてみたいとおもうが・・・・
s-2016-06-09 199aas

現在過去未来の3つの顔がある太陽の塔
過去を表す黒の太陽
十字架の中で大きく手を広げ私に問いかけている
s-コピー ~ 2016-06-09 213aas

私が中学1年の夏にあったEXPO70.帰りがけ振り向くと
今はもういない芸術家岡本太郎と丹下健三。2人の作品、太陽の塔と大屋根の骨組みが仲良く手をつないでいた。
s-2016-06-09 066

インスピレーションを与えてくれた岡本太郎に感謝し、公園を後にする。
今日の目的地神戸へ
朝の渋滞で12時ゼロ宅に到着。

しばしの休憩後、ゼロさんのお母さんの部屋の
s-2016-06-09 091

26cmの段差をなくすための床材を買い、我が家から持って行った材料とで、
s-コピー ~ 2016-06-09 092

s-コピー ~ 2016-06-09 093

何とか完成させ、手すりを付けベットの高さをかさ上げして今日は終了。
s-2016-06-09 095


垂水の秀子さんの家に水樹を送っていく途中の夕陽
s-2016-06-09 268aas

明石大橋と夕陽
s-2016-06-09 132

蒸し暑かったのがうそのように風が気持ちいい
s-2016-06-09 279

秀子さんと夕食を食べに行って、
s-2016-06-09 184

私とゼロさんは灘区のゼロさんの家に帰ったのでありました。


INFINITE HAPPINESS






水道の配管ができ、水道手続きも終わり、いざ水を流すと、トレーラーハウスの洗濯機置き場のところの床下から大量の水漏れがして、今日はその床下の断熱材をはがして原因の究明をする。
このトレーラーハウスというのは全く寒冷地仕様ではなく、細い塩ビかポリかわからないけれど13mm管よりも細い管で配管されていて、たぶん凍結で縦に長いひびが入っていてそこからの水漏れ。
s-IMG_0367.jpg

原因がわかったことでほっとはしたが、どうやって直していくのか・・・・・
このクリーム色の管の止めの栓を買いに行ったが特殊で売っていない。13mmの塩ビ管を温めてひとまわり大きくして突っ込んでやるしかないと金物屋で言われてしまった。難しいことだし、凍結でまた壊れてしまいそう。
午後、ヒロさんが来て、洗濯機置き場のところは洗濯機を置かないので水道入らないということで、床下に回っている細い管を鉄管に近いところまで追っていき、そこで何とか止めることができた。
s-2016-06-06 009

これで大丈夫ということで栓をあけて、水を流し点検。
トイレとバスルームの水道はOK。
キッチンの水道はたらたらという感じでどこかが詰まっている。
洗面台のところは、洗濯機と同じところから来ているということで水が出ない。 
でまた床下に入り点検すると、バスルームに行っている配管が中でひび割れていて漏れ出しているのが判明、
どうやらトレーラーハウスの床下に回っている配管は、みんな細いプラスチック管なので真冬のことを考えたらみんなやり直したほうがいいかもしれない、ということが判明・・・・まだまだ先が長い。
だがしかし、一応これで、多少の漏れはしているものの水が使えるようになったことはうれしきことであります。
s-2016-06-06 016

簡単に置いてあった10カ所の基礎の4つにコンクリを打ってきちんとするということで、穴が掘られていて着実に進んでいる。水が使えるので、今度コンクリのはん練りを買ってきて,基礎を打つことができるようになった。
s-2016-06-06 014

工事も着実に進んでいるということである。主のヒロさんも家造りだんだん楽しみだしてきたようだ。
s-2016-06-06 018


INFINITE POWER

INFINITE FREEDOM


朝9時半、ヒロさんと一緒に排水管と水道管とその他もろもろの接続管を買いに行き、
s-2016-05-28 006

10時過ぎから着工
s-2016-05-28 001

トレーラーハウスのキッチン、バス、トイレの3つの水道管を接続、そして100㎜の下水管を本館と接続。
s-IMG_0340.jpg

そして、床下から出ている3本の温水の配管もしたので、あとはボイラーとの接続を残すのみになった。
これで水道は元栓をあけてもらえば使えるようになり、電気の手配ももうすぐで、ガスは今までついていたボイラーが使えるかどうかなので、ガス屋さんに来てもらってから考えるというところまできた。

今日 予定していた配管が2時に終わった。
s-2016-05-28 005

いよいよこのトレーラーハウスの前に、仕事場でもある治療室を作り、冬前にはここでの生活が始まるのである。
s-2016-05-28 002

INFINITE SUCCESS

s-2016-05-28 027qa

今日の一日に感謝

INFINITE GRATITUDE]


昔々、神戸の女学生だった3人娘が昨日、八ヶ岳で集まって、今朝9時過ぎに我が家にやってきた。昔々の女学生は朝が早い。9時に家を片付けておくというのは至難の業であるのです。アトリエや、茶室で少しくつろぎ、
s-2016-05-26 001

今日の予定は清里ということで、大橋のところで記念撮影
s-2016-05-26 004

清泉寮で富士山を見ながらソフトクリームを食べて、
丘の公園から八ヶ岳クラブへ
s-2016-05-26 005

多肉植物もエアープランツもhomeセンターなどと違っていい感じで売っていた。
s-2016-05-26 008

森のなかを枕木で作った道が続き、草ぶきの家に入るとテーブルウエア、それも銀とガラスの世界。
s-2016-05-26 012

春セミが鳴く雑木林を抜けて、山野草の売り場に出た。
s-2016-05-26 016

私も27年住んでいて始めて来たのであります。楽しいお店でした。
s-2016-05-26 018

s-2016-05-26 022

三分一湧水でそば食べて、湧水も見て、
平山郁夫ミュージアムに寄って
s-2016-05-26 023

s-2016-05-26 026

s-2016-05-26 029

にぎやか昔々の女学生3人組は、リゾナーレに帰って波のプールへ、私は草刈りに行くのでありました。

INFINITE HAPPINESS

INFINITE YOUTH

INFINITE GRATITUDE



大山さんちに行くと、大きな1枚板の展示が終わって、明日から、小淵沢インターの上のアジアン雑貨更紗でのフリーマーケットの準備をしていた。
s-2016-05-02 002

この板の中にはおもしろいものがつまっているのだけれど・・・・当分は入れそうもない・・・・
s-2016-05-02 001

お茶を点てていただき、くつろいでいると、博山さんから電話がかかってきて、今大山さんちにいるというと菜の花畑抜けて歩いてやってきた。
s-2016-05-02 006


左から、大山、高島、博山、60代、50代、80代、みんな名が体を表すということで山が好き(島の中に山があるのです)、そしてその山々の木が好きで、それも普通の人がゴミといわれるような変な木が好きで、似た者3人なのであります。似てるといってもそれぞれの個性がありまして、大山さんは大きな板ものがとにかくたくさんあり、博山さんはデカくてお重くて邪魔な木がたくさんあって、私は小さな木がたくさんで、とにかくそんなものでいっぱいな3人なのであります。
s-2016-05-02 013

INFINITE HAPPINESS

INFINITE FREEDOM

INFINITE HARMONY


2016.04.28 霧の日
霧が周りから流れてきて
s-2016-04-28 010

視界がないくらいに包まれた
s-2016-04-28 019


s-2016-04-28 045

ヒノキの森は幹まで濡れていつもとは違う色の世界。
s-2016-04-28 049


s-2016-04-28 048

白州のおおえ家はもう霧は通り過ぎていて、小雨に変わっていた。
帰りがけにこごみ採りをして
s-2016-04-28 052www

たくさんいただいてきて、おひたしにしていただきました。
s-2016-04-28 032aas


INFINITE HEALTH

INFINITE POWER

INFINITE FRESHNESS

INFINITE GRATITUDE

INFINITE ENERGY
暖かな昼下がり
博山さんが佐久間さんとともに遊びに来た。
私の作っている器や額などの彫りに感心してくれて、博山さんの描いた2号の絵の額を注文してくれた。
そして、なんと私の流木で作った鳳凰がほしいという。喜んで、OKして、是非、博山さんの書がほしいといってみた。なんという字がいいかというので「慈」がいいなというと、今たぶん1枚あるという。
4時過ぎ、鳳凰を掛けたので見に来いというので行くと、博山さんの座右の銘「盤遊」の横に掛けられていた。
s-コピー ~ 2016-02-21 005

そして大きな『慈』の字
大きな大きな慈しみ、しっかり身にしみこませていきたいと思いますよ。
s-コピー ~ 2016-02-21 007

「盤遊」を「慈」と「鳳凰」と博山さんと私の記念撮影
s-2016-02-21 009


思いもかけない日でありました。

INFINITE LOVE

INFINITE GRATITUDE



2015.11.24 暖かき日
昨日の収穫祭の余韻のままの今日でありました。
多恵子さんは、バリでも蚊の羽音で眠れず、標高830mの我が家でも蚊の羽音で眠れなかったといいながら、元気に朝もはよから起きて、よくしゃべって楽しく過ごす。確かにあたたかいので、カメムシは時々飛んで驚かすが、蚊にはお目にかかっていない。
昼過ぎにはおおえさんたちも,東京からきているペコさんとともに来て、茶室や部屋を見てくれて、すばらしく褒めていただき、うれしくなっていたのであります。
s-2015-11-24 002


ペコさんはヒロさんの知り合いで、ヒロさんに会いたかったのだけれど、家の移動の後、疲れが出て寝込んでしまっていて会える状態ではなく、ならば家だけでもと見に行く。

ブルースカイの中、水色の家はまぶしく輝いて、この家が一夜にして現れたのだから、周りの人たちは驚いたに違いない。
s-2015-11-24 003

中を見るペコさん
s-2015-11-24 013

八角窓から覗くおおえさん、それをおさえる雅の姿がユーモラス
s-2015-11-24 009


標高1000を越えていても19度もあって、北風が吹くものの暖かくかんじる風で、私は1日半袖Tシャツでいられて、信じられない暖かき日で、昼は三分の一湧水でお蕎麦を食べ、3時、家に戻り、ペコさん多恵子さんは東京へ帰っていった。
s-コピー ~ 2015-11-24 015

夕暮れて、林の中から大きな月が昇る。
s-2015-11-24 071aas

s-s-2015-11-24 045aas

急に冷たい風が吹きだし

またいつもの日常がはじまっていく。


INFINITE PEACE

INFINITE LIFE

INFINITE HEALTH







2015.11.16 家の移動
朝9時、50トンクレーンが到着。
s-2015-11-16 015

8時半からタイヤなどの必要ないものを切り離し、アングルを溶接したりしての準備が進み、順調に見えたが、
s-2015-11-16 045

釣り上げて重量を見ると予想より重く、下につけた鉄骨が弱く、それを補強するために材料を取りに行ったりで、
s-2015-11-16 086

釣り上げたのは2時前になった
s-2015-11-16 100

20トン大型トラックに積み終えると、日輪が現れた
s-2015-11-16 131

9mの荷台から4m、そして両サイドは各1mはみ出した形で積み、いざ出発
s-2015-11-16 151

道を占領する形で進んでいく。
s-2015-11-16 161

家が道を走っていく
s-2015-11-16 168

坂を上り、いよいよ踏み切り、高さが5mあるのでぎりぎり
s-2015-11-16 187

踏切を渡ると、曲がれないのでここで、もう一回50トンクレーンで釣り上げて、90度向きを変え、
s-2015-11-16 196

待っていたもう一台の大型に移し替える。
s-2015-11-16 206

ここからがまた細い道で、木を伐りながら進む。
s-2015-11-16 226

いよいよ家の前までやってきた。この先で、最後の難関、広場に入れるかどうか・・・・
s-2015-11-16 227

ヒロさんの家の前が、以前は斜面の畑であったが、ゲートボール場に変わり、しかし誰も使わない空き地になって長く、この広場のおかげで、持ってくる計画もゴーサインが出たのであった。
50トンクレーン、そして家を積んだ20トン超のトラックが無事に入ることができた。
s-2015-11-16 249

いよいよ家が、藤田家の土地を飛ぶ
s-2015-11-16 271

元あったところに置くには、50トンクレーンだけでは無理で、16トンクレーンの到着を待つ。
s-2015-11-16 283

2.3mの道ぎりぎりの2.2mのクレーンが入ってきて、家ぎりぎりにつけて、
s-2015-11-16 290

50トンクレーンと16トンクレーンの2台で、引き揚げて所定の位置の持って行く。これでも、重量的にはぎりぎりで・・・・
s-2015-11-16 300

でもきっちりと、ヒロさんが思うところに置くことができ、基礎の水平もばっちりで5時過ぎに完了。
s-2015-11-16 309

基礎の金具をきちんと取り付けて、記念撮影は、真っ暗の中でありました。
s-2015-11-16 307aas


家の移動を見守った1日でありました。それにしても大型の機械を扱う人たちのおかげでありました。そして、この移動をきっちり考え、やってくれた山形屋の社長さんには感謝であります。

ヒロさん麻子ちゃん
INFINITE HAPPINESS!!!!




2015.11.15 藤田家のこと
霧の朝
s-2015-11-15 011

昼前に晴れ渡る
s-2015-11-15 036



午後2時、いよいよ明日、トレーラーハウスの移動が行われるので、、出来るだけ軽くするということで、冷蔵庫、洗濯機、ベットを運び出し、エアコンの室外機を後ろの壁にぶら下げて、

明日運ぶ藤田家までの道のりを私とノブさんとでお清めしながら向かい、
s-2015-11-15 080

麻子ちゃんがセージで清め、

s-2015-11-15 075

ヒロさんが祝詞をあげ、
s-2015-11-15 060aas

明日の安全祈願、大地への感謝そして、またここに戻ってくることへの感謝ささげ、
s-2015-11-15 062

いよいよこの水糸の中に家が建つのである。
s-2015-11-15 054

昨日の雨の中、ヒロさんがやった基礎というのが、燃えた家の炭で20cm位もって水平を出していて、これではあっという間に沈んでしまいそうだが、これもまた意味があることだろうということで、明日、まずはここにトレーラーハウスの基礎が来るのである。
s-2015-11-15 078

家に帰るといい月が迎えてくれた。
s-2015-11-15 123



INFINITE SUCCESS


一昨日の夕方、タケノコを煮たのでという電話で久しぶりに五十嵐ナーセリーに行く。
温室で水やりをしていて、昔はハーブや英国のめずらしい花々を栽培していたが、今は多肉植物がいっぱいの温室になっていた。
s-2015-06-22 074

s-2015-06-22 076


s-コピー ~ 2015-06-22 077

これは9種類の多肉植物の子供たちで、みな名前が付いていて小淵沢の道の駅で480円で売っているという。2セット分けてもらってきた。
s-2015-06-23 015

そしてタケノコと味付けしたタケノコと、それからおまけに冷凍のトマトを2キロくらいと、取り立てのブルーベリーまでもいただいて日が長く帰ると7時半であった。

そして今日、3年前、私の個展の時に作ってくれた多肉植物のリースが伸び放題に伸びて元気だと言うと、それは肥料もないし新しく苗を作って育てればいいというので、リースから苗を作ってみる。
s-2015-06-24 002


INFINITE FREEDOM

INFINITE GRATITUDE

「ギャルリ イグレグ八ケ岳」という高根の小さなギャラリーで仁ちゃんの個展が開かれている。
s-2015-06-22 002aas

「とりどりの意匠 種々の芽」という題名で12点ほどの日本画と奥の部屋には帽子などのクラフトの作品が並んでいた。
s-2015-06-22 006

s-2015-06-22 019

s-2015-06-22 020

s-s-2015-06-22 039aas

沼地なのか葦が生い茂る
s-2015-06-22 035

広い庭
s-2015-06-22 029

一回りすると夏至の日の太陽に半分日輪ができていた。
s-コピー ~ 2015-06-22 03aas4

7時半まだ明るい西の空に7日月
s-2015-06-22 088aas


INFINITE BRIGHTNESS



2015.06.11 おおえ楽園
おおえさんちの美しき庭を一回り、自然農の田圃には苗が植えられ、大賀ハスも大きくなって、
s-2015-06-11 031

ライムギが穂をもたげ、
s-2015-06-11 034

水蓮池は水生生物たちがたくさんいて
s-2015-06-11 039

ギンヤンマのヤゴの抜け殻がマコモにたくさん
s-コピー ~ 2015-06-11 040

はじめて見たモリアオガエルの卵
s-2015-06-11 041

満開のウツギには蝶たちが乱舞していて
s-2015-06-11 048

今どきのいなかのおばあさんの手押し車の最新型は自走式でダートでもどんどん歩いていける。その上に草までもきれいに刈ってくれるのだからすごい。
s-2015-06-11 018

まだ慣れてないわか子さんは機械に引っ張られるように歩いていた。
s-2015-06-11 029
広い庭の草刈りに導入した芝刈りでした。
s-2015-06-11 049

お餅やテンペ、チャイに珈琲ご馳走になってタイムとトマトの苗もいただき

感謝感謝

ここは、むかしと変わらぬ時間がゆったりと流れる地、

むかしむかしのこどものころの記憶がよみがえるちでありました。


INFINITE HAPPINESS

INFINITE LIFE

INFINITE PEACE

INFINITE YOUTH

INFINITE HARMONY





2015.05.28 関戸農園
広い敷地に2本の平和塔の建つ関戸農園は緑の楽園になっていました。

5棟の家が点在している広い農園で、その5棟を住み変えて、今は一番大きなここに住みだしている恵子さん。
s-コピー ~ 2015-05-28 002aas

温室からの景色も最高で
s-2015-05-28 024ass

s-2015-05-28 104aas

向こうに見える家には関戸さんが住み、
s-2015-05-28 032aas

昔々の牛舎も緑に覆われて
s-2015-05-28 044

ふきのとうの道を行くと
s-2015-05-28 007

最初に建てた高床式の家がある。
s-2015-05-28 036

薪が置いてある家もあった。
s-2015-05-28 03aas7

そしてこの家はバスのシェルター 
s-2015-05-28 049aas

一番西のこの高床式の家は以前ギャラリーもしていた。
s-コピー ~ 2015-05-28 069

ルピナスが咲き
s-2015-05-28 052

花も木も野菜も渾然一体となってあり
s-2015-05-28 090

東の隅には大きな柳が揺れている。
s-2015-05-28 092

心落ち着く世界でありました。
s-2015-05-28 089
写真はクリックすればみんな大きくなります。

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM

INFINITE GRATITUDE









ヒロさん麻子ちゃんの家の最後に残ったゴミの片づけをした。家といっても燃えてしまったのだから何もない。その片づけは半年たっていてもいろいろ思い起こされて悲しく寂しい。ヒロさん麻子ちゃんは気丈に元気にしていたが、このバケットがなくなってしまうということはすべての思い出がなくなってしまうということでもあり、心は複雑で悲しいことである。
s-2015-05-24 036

たくさん残っていたごみ袋もみんなバケットに入れてきれいになり
s-2015-05-24 011

燃やせるものはみんな燃やして、
s-2015-05-24 015aas

少し整地もして4時過ぎにはすべてきれいに片付いた。
s-2015-05-24 021

最後に、サチヤ君の生まれた時に植えた桜の木をヒロさんが伐る。
s-2015-05-24 024

そして、根元からひこばえが出てくることを祈った。
s-2015-05-24 027

帰り、約束は5時過ぎだったので少しはやかったが三井ゆいまーる農園へ
三井さんを探してあちこちの畑を回り、トマトの苗を郁子さんと2人で植えているところを見つけて
s-2015-05-24 040

数株植えるの手伝って、
s-2015-05-24 056

タケノコ採りをして、そして、温室へ行って今年も苗をいろいろいただいた。
s-2015-05-24 066

トマト ナス ピーマン、モロヘイヤ、セイクリットバジル
s-2015-05-24 067

帰るとまぶしい夕暮れで
s-コピー ~ 2015-05-24 aas

最後には真っ赤に燃えて
s-2015-05-24 128aas


いい汗かいた日でした。

INFINITE HARMONY

INFINITE GRATITUDE



普通の引っ越しはつまらないけれど画家の引っ越しは絵になります。いい天気で4回運んで大物はほとんど終わる。
s-2015-05-07 017

引っ越し先の隣には廃墟と山が広がっていて
s-2015-05-07 006

絵になりますよ
s-2015-05-07 008aas

s-2015-05-07 011aas

廃墟の前の使われなくなった田んぼにレンゲが咲いていて、モンシロチョウが乱舞していた。
コピー ~ 2015-05-07 013

INFINITE FRESHNESS




建具をもらう。今は亡き藤さんが作った親の家。その親もなくなり空家であったが、借り手が見つかり、船村さんがリフォームをしている。その木製の建具。
s-2015-03-28 002

積み終えた後、小さな日記で珈琲をごちそうになって
s-2015-03-28 004

帰りにヒロさんの家によってこの建具を使わないかといってきた。建具などが集まってくるということは家が作れるということなのである。


今はいろんなところからそんな情報がやってくる。話をほかの人に回してみてもいまいち返事が来ない。自由な時間が作れない人が多いのか、それともみんなお金があるのか、それとも、モノが安いのであまり望まないものはほしくないのか。


夕方、借家を出なくてはならなくなった中田君と物件を見に行ってきた。甲州街道の西側にある住宅地の家で、西側は釜無川までずっと工場の跡地ですっかり廃墟状態。寂しくもあるが自由も感じるところで、家はというと25坪くらいの平屋で、水回りは直さないとだめだが、他は問題見当たらなく、とにかく破格の値段。先日も売りの家を見に行って来て、やたらと安いのに驚いたが、この物件はそれよりも一桁安いのだから驚きであった。
s-2015-03-28 023

s-2015-03-28 021

s-2015-03-28 016

s-2015-03-28 012


INFINITE HARMONY

INFINITE PEACE



昨日、北海道の砂川から多恵子さんが遊びに来た。今年の5月から、自宅でカフェをオープンする。そのお店に置くわか子さんに頼んだ文楽人形がほぼ完成したので、それを見におおえさんの家に行った。
s-2015-01-12 064aas

気候も暖かくなり、わか子さんもだいぶ動けるようになって、おおえさんと一緒に黒大豆の豆腐を作ったり、おからを作ったりして、丁度お昼時であったので、ごちそうになってきた。
s-2015-02-27 017

パンも自家製の小麦、小さな白菜も甘くおいしく、何といっても黒大豆のお豆腐は絶品であった。
s-コピー ~ 2015-02-27 018


そして我が家に帰り、お店の看板をどのようにするのかを相談して、夜中まで笑いながら過ごし、今日の午後高速バスで帰っていった。

甲斐駒ヶ岳も何となく春の光に包まれて見えた。
s-2015-02-28 aas


INFINITE PEACE

INFINITE HEALTH

INFINITE HAPPINESS

INFINITE GRATITUDE

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM

INFINITE JOY