FC2ブログ
2018.10.03 秋の光の中で
秋の木漏れ日の下で木を刻んでゆく。
s-2018-10-03 033

1本1本現物合わせで刻んでは、組んでゆく。
s-2018-10-03 016ooooo

強度をつけようと横木を組んだが、高さを間違えて水平にならず、やり直す。
s-2018-10-03 021jjj

水平になった。
s-2018-10-03 029

刻む木がなくなると廃材を積んだ中なら引っ張り出して切って、くぎを抜き、そして高圧洗浄機で洗う。
s-2018-10-03 026

その繰り返しでここまで立ち上がってきた。
s-2018-10-03 007
写真をクリックすればみんな大きくなります。

今、2階に向かって進んでいるが、母屋との接合と屋根の形状が未だややこしく、やればやるほどめんどくさい方向に突き進み、母屋の屋根の軒を壊す方向で進んでいってしまっている。こんなことになるとは思ってもいなかったが、そうするしかなくなってきた。
屋根裏ではなく2階というのは、強度の面と、上り下りと、荷揚げの繰り返しで、全く持って体力がいることをいまさらながら痛感している。
なんでこうなってしまったのかと上を見上げながら、これはきっと頭の体操と体力づくりかと思う秋の夕暮れなのである。

ゆっくりでいいからわかるところから着実に進めていくしかない。


INFINITE INTEGRITY

INFINITE COURAGE

INFINITE PROGRESS

INFINITE IMPROVEMENT



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/3617-fa25c458