2018.02.04 昼と夜の調和
2018年2月4日春分の日
s-2018-01-14 008


今日は「宇宙究極の光を降ろす」行事の日。富士聖地にはいかない。

今まで、宇宙究極の光を受ける器として頭数が多い方が受ける光も多いということで参加する意義を感じていた。しかし一人一人が地上に究極の光を流すことができる時すでにいたり、究極の光を降ろす行事は終わりを告げたのである。それにもかかわらず未だ日程表には「宇宙究極の光を降ろす」行事となっているのはおかしいことで、多分そのうち変わるのかもしれないが、やはりこういう宗教的なことにおいて丁寧さがかけることは会の運営に影響してくるのであろうと感じてしまうのである。二千十七年の終わりの行事も究極の光を降ろすことなく神聖復活の印を組み終わっていたので、2018年2月、今日の行事は世界各国の平和をいのりそして神聖復活の行事というところであろうと思うと、聖地にいかずとも家で日々の暮らしの中で淡々と行って行くことに意識を向けて行くことが、より大切なのだとかんじている。

s-2018-02-03 078


会長が21世紀すべての宗教がなくなるといってから二十年近くたち、
一人一人が意識を高め神聖を復活させて行く時、自然に白光真宏会もなくなって行くときなのかもしれない。それはわたし自身寂しいことであるとともに、試練でもあり、独り立ちするときに至ったということで、覚悟を決めるときなのであると勝手に考えている。
今年はそういう年、そういう時なのであろう。


今年の指針が、「やりたいしたいと思ったならばすぐに第一歩を踏み出せ」

この指針にしたがい、
今年からは出来るだけ富士聖地に行くことを意識せず、自由自在に世界中にいる祈りの同志たちと繋がって行けるように暮らして行きたい

INFINITE FREEDOM

INFINITE LOVE

INFINITE HAPPINESS

INFINITE HARMONY



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/3367-45a99ace