2016.11.07 息子のこと
10月24日バイクの単独事故で、頭蓋骨骨折し、硬膜下出血で血腫の塊が手術しないですむぎりぎりの大きさで止まり、ここの段階ではまだまだ不安の連続で、たぶん脳挫傷があるのでといわれていて、何日かしてそれを調べるためのMRIの検査があり、多少の脳挫傷が見られるものの、たぶん後遺症にはならないくらいの大きさですからといわれ、その時ようやくほっとしたのを覚えている。
先週は脳のリハビリをして、すべてが合格で、いよいよ退院の日を決めるところまで来た。11日にキャノン写真新世紀のグランプリを決める公開審査会に出席できるかどうかを先生に相談していて、それを考慮してくれて、なんと9日に退院できることになった。
これは本当にすごいことで、足の傷もだいぶ良くなってきているので、見た目はもう普通なのである。
しかし、この2週間という日々は、我が家族にとっても空太本人にとってもいろいろと思い知らされることの連続で、そしてなによりも多くの人たちの祈りのエネルギーを感じることができた日々でありました。 
親というのは、子供を守るために全エネルギーをあげてもいいと思ってしまうものですが、それよりもずっと、大きな力が働いていることをはっきりと感じた日々でありました。
西洋医学の力、それは様々な機械を使い、さまざまの薬を使うものでありますが、肉体はそのおかげで日々よくなり、同時に、いやそれ以上に空太を取り囲む多くの愛のエネルギーに助けられたことは間違いなく、その目に見えぬ大いなる力にただただ感謝する日々でありました。

無限なる感謝

無限なる自由

無限なる愛


そして、行こうにも行けなかった毎年恒例の花の苗をかいに、空太と水樹の母校である北杜高校へ、まだ売っていることを願いながら向かった。
s-2016-11-07 017

ビオラはすでにいい色は売り切れてしまっていて、青系はパンジーを買い、みな小さな苗しか残っていなかったけれど、これで花かおる我が家になった。
s-2016-11-08 005

葉ボタンも毎年買うけれど、これはいったいなんでだろう・・・・
s-2016-11-08 009

平和塔のところは落ち葉の吹き溜まりになってしまうので、冬の間は隠れてしまうけれど、可愛く今日は見えている。
s-2016-11-08 006


今無事に生きていることは奇跡の連続であります。
そのことを胸に、これからも世界人類の平和を祈り続けていきたいと思います。

INFINITE GRATITUDE

INFINITE HAPPINESS




Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2930-729dc9dd