1年ぶりに瑞牆山へ
岩屋堂の観音様にお参りしようと兄と共に家を出る
いい天気というか暑いくらいの日差し 
急斜面を下った山の中
s-2016-10-04 050

岩屋堂に
s-2016-10-04 006

着いた。
s-2016-10-04 035

朝の光が緑色に輝いて
s-2016-10-04 018

初めてここに連れてきてもらったのは、おととい亡くなった永留さんであった。
s-2016-10-04 030

緑の光の中で観音様に手を合わせて
s-2016-10-04 014

すぐそばにあるこの断崖へ
コピー ~ 2016-10-04 097

ここも永留さんがいつも来ていたところで、ここに来るといつもはしゃぐように先頭でその先っぽまで行っていた。
s-2016-10-04 087

みんなは恐る恐るついていったのを思い出す。丁度兄が来たこともあって一緒にここに立ち、ちょうど1年前にもここに来ていて、永留さんのことを話しながら、私は、この世の常識からはだいぶ逸脱しながらも美と自由と平和を同じように求めている兄と永留さんが重なってくるのでありました。
s-2016-10-04 090

平和塔の建つ瑞牆山
s-2016-10-04 165

ちょっと変わった59と64の兄弟であります。そして今日は永留さんもうっすらとやって来てくれました。ふと考えると、63歳の永留さんも私にとっては少し変わった兄貴でありました。
s-9,29 017ffff

カラマツの森の中で、大地を踏みしめキノコを採って、そばを食べて、ちょっと疲れただろう兄は3時前のあずさに乗って帰り、家に帰ると猫たちが遊ぼうと迎えてくれたが、何となく一人になって寂しく感じる夕暮れでありました。
s-2016-10-04 160

INFINITE LIFE

INFINITE HEALTH

INFINITE HAPPINESS

INFINITE GRATITUDE






Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2896-465b0761