2016.07.27 大善寺
勝沼にある別名ぶどう寺
ここの本堂である薬師堂、ブドウを持った薬師如来を本尊とするのでそう呼ばれるようになったようだ。そしてこの薬師如来のおかげで、勝沼はブドウの産地にもなったようである。
s-2016-07-27 004

山門をくぐり、石段を上がる。
s-2016-07-27 050

国宝の薬師堂
s-2016-07-27 118

築730年、1286年以来ここにずっと建っている。薄暗い中にはいると、薬師如来は逗子の中に入っていて見られなかったが、その周りには日光月光菩薩、十二神将が並び、この寺の歴史をお坊さんがゆっくりと説明してくれた。
s-2016-07-27 022aa

今年前厄の私と、本厄のひかり子は厄除けに護摩の火で厄を焚き上げてもらおうと薪に名前を書いてきた。
s-コピー ~ 2016-07-27 036

24m四方の大きさの木造、ヒノキの皮葺きの屋根、完ぺきに木でできた薬師堂、千年後にも同じように立っているに違いない。ただ、いつかは銅葺きの屋根にするようで寄付を募っていた。ヒノキの皮葺きの屋根の姿はもう見納めかもしれない。
s-2016-07-27 045

大善寺の受付の民宿で、庭園を見ながらお茶を飲み、空太を山梨市駅で降ろし、われわれは夕方八ヶ岳に帰ってきた。
s-2016-07-27 102

INFINITE HEALTH




Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2826-cee6cf80