2016.06.13 馬籠妻籠
夜中の神戸の街を走り、
寄り道しながら1時半、西宮インターから高速に乗る。来たときは、大津から彦根までずっと1車線規制だったので、そのことを思って夜中に出たのだが、その集中工事は11日に終了していて、あちこちに「ありがとうございました」という看板が光っていて、すんなりと走ってこれたのでした。

100キロ走った草津SA で休憩、そのまま朝になってしまい、7時前に出発、中津川インターで降りて、馬籠宿へ
s-2016-06-13 015

結構な急坂でハイヒールの水樹は歩くのが大変
s-2016-06-13 024

一番上まで上がって
s-2016-06-13 020

今度は下りて戻る。
s-2016-06-13 029

中ほどにある島崎藤村記念館に入った。
s-2016-06-13 063aas


初恋

まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛の 花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは 薄紅の秋の実に 人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの その髪の毛にかゝるとき たのしき恋の盃を 君が情に酌みしかな

林檎畑の樹の下に おのづからなる細道は 誰が踏みそめしかたみぞと 問ひたまふこそこひしけれ


懐かしきかな、私もこの詩を10代のころ暗唱していたのを思い出す。


続いて、9キロ先の妻籠宿へ
s-2016-06-13 096

この宿は平らなので歩きやすい。
s-2016-06-13 099

小雨もやんで
s-2016-06-13 113

脇本陣奥谷 明治10年に建てられた総ヒノキ造りの国の重要文化財
s-2016-06-13 116

s-2016-06-13 136


s-2016-06-13 154

明治13年天皇陛下が30分休んでいったそうな
s-2016-06-13 128

もしかしてお風呂も入るかもしれないと作ったが入らなかったそうな
s-2016-06-13 129

なにもかもが立派である。とにかくすべてがヒノキで作ってあるというのが木曽の家
s-2016-06-13 161




20m先にある本陣は20年前に復元されたものながら、古さも出ていてよくできていた。
s-2016-06-13 191

とことん木で 木が生活の糧であり、木が生活そのものであった時代
s-2016-06-13 223

いい時代だ
s-2016-06-13 226

s-2016-06-13 235

傘を忘れて取りに戻る。 午後1時半歩き疲れた。
s-2016-06-13 318

さあ八ヶ岳に帰りませう!

INFINITE PEACE

高速を使わず、5時過ぎに我が家に帰り着いた。

INFINITE JOY





Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2787-f70be94b