2016.06.10 ゼロ母入院
神戸の朝は暑く、
朝から汗をかいている。
午前中にゼロさんは、微熱が続く88になるお母さんを近くの主治医の病院へ車いすに乗せて行き、私はまだ途中の改装の続きをして、11時、帰ってくると、お母さんのクレアチニンの数値が5.8に上がっているので、急きょ入院ということになってしまった。
s-2016-06-10 022

気持ちは元気なのでけれど、やはり腎臓が弱ってしまっているので、それを何とかしないといけなく、食事と水分も制限があるもののこの病院の食事はおいしいと全部食べて、私とゼロさんは一息ついて、
s-2016-06-10 023

あわただしい時間が少し落ち着き、3時過ぎ食事をして、
sss-2016-06-10 012

どこかわからない洋館でお茶を飲む。
sss-2016-06-10 016

夜は歩いて灘温泉へ。アーケードがたくさんあって、小さなお店もたくさんあって、そこに高層マンションがそそり建っている。電車がそこに何本も通ってけたたましい音で通り過ぎてゆく。どこか近未来の都市のようなブレードランナーを思い起こさせる町、11時過ぎに帰り着く。

ゼロさんのお母さんは、熱は下がったものの、足には水が溜まってしまって痛そう。
私があわただしく改装してしまったのも行けなかったかもしれない・・・・・

INFINITE HEALTH





Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2784-bf896be5