水樹が行ってくれることになって、夜中、2人で小淵沢を出発、250キロ走って3時に養老のサービスエリアに到着、6時半まで休憩。
彦根から大津まで1車線規制でのろのろと、朝の通勤ラッシュの中を150キロ走って、9時、大阪吹田インターを降りる。いつもここを通る時に見ていた太陽の塔を今回はまじかで見ようと降りたが、道がややこしくいきなり道に迷ってひとまわりして9時半、やっとのことで万博記念公園駐車場に入る。
入場料250円を払い、一目散で太陽の塔へ

黒の太陽 直径8m
s-2016-06-09 019

まわって正面に来た 
s-2016-06-09 046aas

塔の高さ70m、基底部の直径20m、腕の長さ25m。 太陽の顔 直径12m
s-2016-06-09 191aas

黄金の顔 直径10.6m、目の直径2m
s-2016-06-09 196aas

いつか 中の『生命の木』をみてみたいとおもうが・・・・
s-2016-06-09 199aas

現在過去未来の3つの顔がある太陽の塔
過去を表す黒の太陽
十字架の中で大きく手を広げ私に問いかけている
s-コピー ~ 2016-06-09 213aas

私が中学1年の夏にあったEXPO70.帰りがけ振り向くと
今はもういない芸術家岡本太郎と丹下健三。2人の作品、太陽の塔と大屋根の骨組みが仲良く手をつないでいた。
s-2016-06-09 066

インスピレーションを与えてくれた岡本太郎に感謝し、公園を後にする。
今日の目的地神戸へ
朝の渋滞で12時ゼロ宅に到着。

しばしの休憩後、ゼロさんのお母さんの部屋の
s-2016-06-09 091

26cmの段差をなくすための床材を買い、我が家から持って行った材料とで、
s-コピー ~ 2016-06-09 092

s-コピー ~ 2016-06-09 093

何とか完成させ、手すりを付けベットの高さをかさ上げして今日は終了。
s-2016-06-09 095


垂水の秀子さんの家に水樹を送っていく途中の夕陽
s-2016-06-09 268aas

明石大橋と夕陽
s-2016-06-09 132

蒸し暑かったのがうそのように風が気持ちいい
s-2016-06-09 279

秀子さんと夕食を食べに行って、
s-2016-06-09 184

私とゼロさんは灘区のゼロさんの家に帰ったのでありました。


INFINITE HAPPINESS






Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2783-2bf671bd