2016.02.25 一期一会
三峰の丘から
甲斐駒ケ岳
s-2016-02-25 013aas

北岳
s-2016-02-25 009aaa

彼方に北アルプスの山々
s-2016-02-25 010ssa

今日は富士山は雲の中であった。

午後、博山さんと大山さんの家へ、

いつもご主人に煎茶をごちそうになる。煎茶の入れ方は格別おいしい。
2時過ぎに奥さんが帰ると、2人で昭和の初めの曲をハーモニカを奏でて
s-IMG_0093.jpg

本題の木の山 散策
s-2016-02-25 028

木がありすぎて中に入れなくなってきた
s-2016-02-25 037

前は、隙間があってはいれたのだが、今では隙間がどこにもなくなって・・・・
s-2016-02-25 027

大きな木もたくさんあるが、細い木もどんどん増えてゆく。
s-コピー ~ 2016-02-25 042

歩いても数分の距離の博山ギャラリーと大山公房、そして私も数分のところに住んでいて、どことなく共通なものを感じる」3人なのであります。

博山さんの家に帰ると今度は、番茶をごちそうになる。
番茶道 博山流の初代家本からお点前も教えていただく。
s-2016-02-25 049

私がお茶の道に入ろうとしてからというもの、次々とお茶の道を行く人たちに出会う。そして、そこには自由に広がる世界が見えてくる。
一つ一つが個性的な山々のように、お茶の世界も千の道があってよろしく、高い山、険しき山、やさしき山、・・・・そのどれかの山頂にたどり着くことができればいいのかもしれない。

博き山、大きな山、さしずめ私は高き島に上ればいいか。

無限なる自由

無限なる感謝

無限なる愛

無限なる平和









Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2680-b4a3ffcd