大地からあふれ出す緑のエネルギー

外に出るとどこも歩くことが出来ないくらいすべてが生き物で覆われている。

見渡せば新緑が吹き出てきてそのパワーたるや無限大だ。

木の下に立つと上に向かっていくエネルギーが枝先の今まさに大きくなっている葉に伝わり、その葉からあふれ出したエネルギーが雨のように私に降りかかってくる。

冷たき目に見えぬ大地の歓喜のシャワーである。

今の自分はようやく寒い冬が終わったことに喜び、その余韻を楽しんでいる状態が続いていて
とても植物達のようにはいかない。

特に肉体的な面でついていけない。

そんなときにはこのアメジストの光がとても気持ちを安らかにさせてくれる。

本当に癒されるものだ。

大地の奥深く高圧と熱水の中で数百万年をかけ結晶化していく水晶は、地球の心そのもののように感じる。

そしてこのアメジストの淡い紫は今のわたしの目にはとても心地いい。

20071109 012


あめじすと こころのおくの むらさきと みどりのぱわーと いまちょうわして   月
Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/263-b5b9f80e