茶室の東側を片付ける。
ここにはログキャビンの解体で出たいい材料が積んであったが、風雨にさらされもうみんな材料としては使えなく、薪として使う。
これを南側に移動。
s-コピー ~ 2015-10-13 023

すっきりした
s-2015-11-22 012


昨日作った基礎に横木を置いて柱を立てて、茶室から屋根の垂木を伸ばして、簡単に小屋を作る。
s-2015-11-22 009


あとは野地板張って、ルーフィングをはって屋根材をはって
s-2015-11-22 015

s-2015-11-22 019


ここは南側に置いてある畑の道具をしまう物置にするつもり。ここが完成すれば南面もきれいに片付く。

今日作った柱や垂木は、結構邪魔なところに積んであった木なので、今年薪で燃やしてしまうものたちであった。
燃やせば、あっという間に全エネルギーを出し切って我が家をあたためてくれるものだが、こうして家として何十年か、その構造材として使われることになったのだから面白い。
とにかく木はどんな時でも秘めたるエネルギーをもって生きているいるものなのである。


今日も月が見守ってくれて、仕事がはかどった。
s-2015-11-22 037aas

明るい月になってきた。
s-2015-11-22 026aas

INFINITE CREATION



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2591-29e1c1cb