新しい画像 (1) - コピー


 今日まで、武というものは、すべて戦うためのもの、荒々しいものとしてみられていたが、植芝盛平先生が合気道をひろめられてから、武というものが、実は絶対調和への道、世界平和のためのものであるということが、はっきりしてきた。
 植芝盛平先生と私とが、全く一つの心に融け合っているのも、合気道と世界平和の祈りとが、現われの形が異なってはいるが、その根底において全く一つのものであるからなのだ。
s-新しい画像 (18)

 合気道の実技をみていると、虚が実の前に消えてゆく姿となってゆくのがよくわかるのである。光の前に暗はなく、調和の姿の中に不調和は存在し得ない真理が、その技のうちにそのまま現われている。
 この世は力の関係だから、武力の均衡が破れれば、戦争が起こる、といわれるような、そうした武力でない、そうした相対的な武力を超えた大調和の力を、個人個人がその場で現わし得ているのが合気道なのである。
 相対的な力と力の関係は業の波の世界のことで、いつかはその均衡が破れて破綻を来すことは必定なのだが、合気道のもつ力は、相対的でない、大調和の世界から流れでてくる光明力であって、調和していない業想念をもった行為は、その光明力の前にみずから勝手に消え去ってゆき、形の上においては、打ち掛かった相手が、打ち掛かった業の力だけの損失をまねくのである。
 この合気道の道は全く真理なのであり、世界平和の祈りによって、病気や不幸が知らぬ間に消え、いつの間にか敵対していたものが消え去り、安心立命の生活がおのずからひらいてくる、というのと同じ真理なのである。
 すなわち神一元、大調和統一の姿しか、この世には無く、あるようにみえている不調和、不完全の姿は、過去世の業想念行為が、今現われて消えてゆく姿にすぎないのだ。
 だから、そうした消えてゆく姿を掴んで、ああでもない、こうでもないといっているより、合気の道に入り、世界平和の祈りの日常生活から、自分たちの生活を踏み出してゆくことが、この世を天国、神の世にするための真実の道であることは、明らかな事実なのである。

 絶対調和の道、敵のない光明の姿が、いかに心強いものであるかを如実に示している、合気の道こそ、世界平和の祈りと等しい常住神我一体の道であると私は思っている。この道のみが、世界を平和にする道であることを私はかたく信ずるものなのである。
s-新しい画像 (17) 
『心はいつも青空』五井昌久より




いかなる地球上の出来事、状況、ニュース、情報に対しても、又、人類の様々なる生き方、想念、行為に対しても、且つ又、小智才覚により神域を汚してしまっている発明発見に対してさえも、これらすべて「人類即神也」を顕すためのプロセスとして、いかなる批判、非難、評価も下さず、それらに対して何ら一切関知せず、世界の平和をただただ祈る第222回八ヶ岳月の国集会でありました。


INFINITE PEACE

Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2586-98911bd8