朝9時からこのボロボロの雨戸の戸袋をつなぎ合わせて
s-2015-10-30 001

何とか窓の下に張り付けることができた。
s-2015-10-30 004


小屋下も、古い2、3cmの厚みの板で張っていく。味わいというかこの古さを出すというのが、なかなかどうして難しく、板探しに時間がかかる。
できたばかりというのに、もう枯れゆく姿なのである。
s-コピー ~ 2015-10-30 034

昼ご飯も食べずに、午後1時半からは柿取り
s-2015-10-30 015

3時からは、まだまだ取り残しがある大豆畑で、大豆採り
s-2015-10-30 022

1時間取って集めて8キロぐらいになりました。まだまだ取り残しがあるな・・・・
s-2015-10-31 001


今日の柿とりは風が強くって200個採っておしまいにして、代わりに大豆採りになって、たたいて大豆を落とし、空になったさやや土と一緒に空に投げ上げると大豆はそのまま落ちてきて、土ぼこりやさやは強風に飛んで行ってくれて、ブルーシートには大豆だけになるのでありました。風さんありがとう。

冬前の仕事を一つ一つやっていく時期になってきた。
薪は、毎日家造りで出た木っ端だけで今のところは十分。今年の冬の薪はもう割ってあるし、五右衛門の薪置き場がだいぶ空いてきたのでその薪を作るくらいでいいのでのんきである。でも、来年の薪はこれから作るし、畑もきちんとしないといけないし、川の掃除もあるし・・・・・

ニュースでは季節の行事なのかハロウィンの仮装で町が活気に満ちている様子が映し出されている。こんなことができるのものんきな国には違いない。でもこんなニュースはほとんどのところでは関係ないことであり、それぞれの地域、場所でそれぞれの仕事を必死にやり続けているのが実情。その仕事というのが、私の場合は自分たちの暮らしは自分たちで作り上げていこうとしているので、出来ないものは出来ないままでいいし、やりたくないものはやらないという判断が自分で決められるので、それだけで、のんきな気持ちにさせてくれるのである。

INFINITE HAPPINESS


Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2569-470b18f9