2015.10.25 一三夜の月
東側の外壁に、10年くらい前に、今はもう亡くなってしまった井戸掘りと、薬草と、薪と、茅葺のかや集め…何よりも我が家の土地を見つけてくれた不思議な地元では村8部、ではなく村9分半のきよとしさんから、柵に使われていた黒く塗ってある杉板をいただき、ずっとこの物置の軒下に積まれていたもの。まさにここに使うべきものなのであった。
s-2015-10-23 023

この面には、フィックスの窓に障子がはまり、そして中ほどの床近くに大きな木の枝が出ていたところがうろになったものを配置した。これはなかから見ると丁度川の流れが見られるようになっている。
s-コピー ~ 2015-10-25 068

雅に梯子を抑えてもらいながら、上まで張り終えて完成。一番高く危険なところをやり終えてほっとした。
s-2015-10-25 071

続いて北面も、ルーフィングをはり、
s-2015-10-25 035

そのうえに廃材からよさそうな野地板をはった。これからもう一枚仕上げの板を張っていく予定。
s-2015-10-25 093

5時過ぎて、東の空に一三夜の明るい月が昇ってきた。
s-2015-10-25 077aasw

美しき月に感謝
s-コピー ~ 2015-10-25 062dds

INFINITE BEAUTY




Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2564-d3304bc1