2015.08.25 時の部屋
我が家はいつもながらあっという間にものでおおわれてしまう。
どうしてこんなことになってしまうのか。それは物を捨てられないからということもあるが、捨てる人があまりに多いから、我が家にまだ壊れてないですからと保護を求めてやってきてしまう場合が少なくない。この時計にいたっては、すでに一部屋、時計の段ボール箱で埋まってしまっている。保護するにはまた家を広くしないといけないかもしれない。

s-20090318 011

私にとっての振子時計は、
地球の重力を感じるとともに時の流れを知るものとして、とてもありがたく大切なものなのである。ただ、1台あればいいものなのだが、こうしてたくさん集まってきてしまっているのは、物質中心の現代ならではのことかもしれない。今ではこの部屋も時計で埋まってきてしまっている。
s-20090318 021

重力と
時の流れの中
すべては変化変滅
現れては消えてゆく

重力という縦の線と
時間という横の線の
十字交叉の真ん中で
この地球に生まれし意味と
いま、生きている意味を表していく。

世界人類が平和でありますように

Infinite Love





Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2505-bf74ebb8