s-コピー (2) ~ 2011-07-28 063aass


 長崎と広島に核爆弾が爆発してそのすさまじいエネルギーを手に入れた人類。その平和利用という目的で原子力発電が始まった。
 人類の科学は未だに調和したものではなく、必ずや便利なものの裏には害がある。車も飛行機も爆音とともに多大なる廃棄物を地球上に撒き散らし蓄積し、現代の農業もビニールハウスの中で、多くの石油や電気によって管理されたものたちは、その代償として、本来とは逆に二酸化炭素を排出してしまっている。都市化した世界では、人間中心のあまりに偏った世界が出来上がり、それを維持するために多くの自然の摂理を無視した無謀な管理世界が出来上がってしまっている。
 このような人間中心,そして物質偏重の世界の頂点であろう原子力開発。その無限とも言えるエネルギーを何としてもコントロールし使いたいという人間のあくなき欲望。
 原子力発電は未だ、そのゴミ問題は全く解決していないまま、突き進んでいってしまっている。

 そして、東京から遠く離れた鹿児島の原発が、稼働を始めてしまった。日本の原発がすべて止まりほぼ2年ぶりの稼働である。稼働していないときも、稼働をしているときも、ウランが出している放射能をコントロールし続けているので、状況はさほど変わらないと思うが、いよいよ、稼働させるとなると制御棒を引き抜くことで一気に核分裂が加速していくのだから、緊張もするということだ。
 何事もなく発電が始まればいいとは思うが、いずれにしても、3.11の想定を超えたことを考えていくという教訓が全く生かされていないということは困ったものである。

 核分裂によるあまりにも危険でリスクのある発電は調和世界には全く必要のないものであることは間違いない。いづれはすべてなくなることは確実であると、私は信じて疑わない。

INFINITE HARMONY

INFINITE ENERGY

INFINITE LOVE

INFINITE PEACE



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2491-bba357a7