ヒロさん麻子ちゃんの家の最後に残ったゴミの片づけをした。家といっても燃えてしまったのだから何もない。その片づけは半年たっていてもいろいろ思い起こされて悲しく寂しい。ヒロさん麻子ちゃんは気丈に元気にしていたが、このバケットがなくなってしまうということはすべての思い出がなくなってしまうということでもあり、心は複雑で悲しいことである。
s-2015-05-24 036

たくさん残っていたごみ袋もみんなバケットに入れてきれいになり
s-2015-05-24 011

燃やせるものはみんな燃やして、
s-2015-05-24 015aas

少し整地もして4時過ぎにはすべてきれいに片付いた。
s-2015-05-24 021

最後に、サチヤ君の生まれた時に植えた桜の木をヒロさんが伐る。
s-2015-05-24 024

そして、根元からひこばえが出てくることを祈った。
s-2015-05-24 027

帰り、約束は5時過ぎだったので少しはやかったが三井ゆいまーる農園へ
三井さんを探してあちこちの畑を回り、トマトの苗を郁子さんと2人で植えているところを見つけて
s-2015-05-24 040

数株植えるの手伝って、
s-2015-05-24 056

タケノコ採りをして、そして、温室へ行って今年も苗をいろいろいただいた。
s-2015-05-24 066

トマト ナス ピーマン、モロヘイヤ、セイクリットバジル
s-2015-05-24 067

帰るとまぶしい夕暮れで
s-コピー ~ 2015-05-24 aas

最後には真っ赤に燃えて
s-2015-05-24 128aas


いい汗かいた日でした。

INFINITE HARMONY

INFINITE GRATITUDE



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2416-9fa298df