2014.11.30 煙突の移動
新築と違って増築は、今まであったものをどかして作らなければいけないことがたくさんある。今日は今まで壁に出していた薪ストーブの煙突を、屋根に直に穴をあけて付け替える。これは煙突の取り付けとしては一番いい。しかし、屋根に穴をあけるというのは雨漏りのことを考えると勇気がいる。それを今日は実行した。
s-2014-11-30 014

家の中、ブルーシートを敷き、2.1mの脚立を入れて天井に15cmの四角い穴をあける位置を決め、4隅をドリルで屋根まで貫通させる穴をあける。ここの屋根はアスファルトシングルなので簡単に貫通する。そして屋根の上に登り、4つの穴が開いたところをジグソーで切り落とす。
s-2014-11-30 019

さてここからが屋根工事で大変なところであるが、1階の屋根に開けた穴は、丁度2階の屋根の軒下に近く、煙突の上側にはあまり雨も当たらないであろうからと,90cm四方のトタンに、傾斜を考えて10.5x12cmの楕円の穴をあけ煙突を通し、トタンの裏側のヘリには、上、左右に2cmの厚みの隙間止めのスポンジテープを張ってトタングギで止めた。左側は、ここも増築増築で屋根材が違ってセメントのコロニアルの屋根材なので、くぎは打てず、鉄の棒で抑えた。最後に、煙突とトタンの継ぎ目は本来はシリコンで止めるのがいいが、なかったのでアルミのテープを何重にも重ねて貼って完成。
s-2014-11-30 025

家の中、空いた穴を今まで使っていた煙突用のステンレスの抑えで止めて
s-2014-11-30 047

夕暮れせまる中、2階の軒に煙突を固定して完成した。明日は雨になるというので丁度いい。
s-コピー ~ 2014-11-30 035

雨どいの移動もしたし、これからは風力の電線の移動、そして隣接する北と東の壁板も取って、作り直さなくてはいけないのが、新築にはない手間のかかる仕事である。

 今日は午前中に2回、午後に1回、廃材が来た。
 昨夜東京から帰って寝たのが4時。その廃材の片付けに追われてしまいクタクタの中、ちょっと空いた時間で煙突工事を始めてしまったのが、安易ながらも幸いして、悩まないで半日で完成させることができた。
薪ストーブの煙突として、今までは横に3m伸ばしていたのが無くなり、一番いい直だしになり、掃除も楽になり、引きもよくなるであろう。強風の時の雨や、雪が積もった時に雨漏りがするかもしれないし、きっと数年で補強しなければならないが、又その上に重ねていけばいいと思っている。


INFINITE SUCCESS

INFINITE POWER




Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2258-055c1a79