2014.06.27 生老病死

s-s-コピー ~ IMGP8168
東京にはしょっちゅう来ているものの10日もいるのは人生24年ぶり。
それもほとんど実家にこもって、母と兄と一緒にいることなどは、子供の時以来で半世紀ぶりである。何とも懐かしい暮らしで、家族のきずなを感じている。今の母は赤ちゃんのように何もできずにベッドで寝ていて、その母の部屋に花を生けたり洗濯は兄で、食事や身の回りのことを私がしている。

「生」そのものを改めてみつめている母、
「老病死」を自らの肉体で私たちに教えてくれている母

毎日眠るときに観音様とお天道様に感謝していた母は、手を合わせてこの状況を受け入れ「生老病死」の四苦をこえて、永遠の命の世界に向かう感謝の祈りをしている。

肉体の親としての天命をしっかりと歩んでいる母と
私を母とともに暮らすことを許してくれている妻や子供たち家族にただただ感謝
s-コピー ~ コピー ~ IMGP8496qwe

生まれし実家から夕日が沈むほうに、我暮らす八ヶ岳がある。日曜の夜には、久しぶりに帰る予定である。
s-コピー (2) ~ IMGP8171


INFINITE LIFE

INFINITE GRATITUDE



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2110-0b05eee5