2014.03.13 携帯屋さん
 この時期、学生の卒業と入学の時期なので携帯会社は必死で売り込み作戦をしている。
 田舎ではAU,DOCOMO,SOFTBANKがそれぞれ店を構え、キャンペーンは、その会社の既存のものだが、吉祥寺に行くと大手の3社全部売っている携帯屋がたくさんあり、大きな看板で安さを前面に出して売っている。
 その商戦は、新規の割引は全くといっていいほどなく、乗り換えということで盛大に割引をしている。そのうえその方法が、家族みんなで乗り換えるという荒ら技で、1人よりも2人、2人よりも3人で乗り換えたほうがいいとうたっている。
 どうしてもひかり子のために1台、契約しないといけないので、ほとんど気にしていなかった携帯のことを考えざる得なくなり、子供たちの意見も聞き、今後のことも考えると、乗り換えが一番いいと結論が出た。
他社への乗り換えは、違約金や、携帯の返済がまるまる残っていたとしても、キャッシュバックがあるので実質ほぼ無料で、逆にお金をもらえる。
 吉祥寺には携帯屋が、目と鼻の先に乱立するくらいたくさんあって、それぞれの店によって、割引が違うし、キャッシュバックもポイントや商品券と現金といろいろだ。
「他店よりも少ない場合はご相談ください。』という文句がある店は、融通がきくということで、一番安くなりやすい。
s-2014-03-13 004qwe

ヨドバシ1階のメインが携帯3社で競っているが、みなヨドバシのポイント還元なのでやめる。
s-コピー ~ 2014-03-13 qwe

夜7時半、風香が仕事を終え吉祥寺に帰ってきたところで、約束していた店に私と、本人確認が必要なので4人の子供たちで突入。
s-コピー (2) ~ コピー ~ 2014-03-13 002qwe


 今回は、2台持ちの水樹の携帯をひかり子に使うことで6人全員が乗り換えということで、家族全員iPhone5sを無料で、しかも、友達紹介を使ったので、ソフトバンクからは1台24000円(1年間1000円引きになるので、月1940円、と友達に12000円の商品券)のキャッシュバックと、店からは6台で20万のキャッシュバック(現金)がもらえた。(乗り換え費用も20万くらいはかかる予定だが、)
 一体全体どうゆう仕組みなのか、どうしてこういうことが起きるのかわからないが、携帯会社の獲得戦争は、熾烈なまでの赤字の割引なのかもしれない。2年後、いまだに獲得戦争をしているようならば、また乗り換えますので、よろしくといって店を後にした。


6台の乗り換えは時間がかかり、終わったのが9時過ぎで、雨も上がりかえってきた。
s-コピー ~ 2014-03-13 009qwe



子供たちは携帯の設定に夢中、というより早く設定したいとやっていた。
夕方、気持ち悪いと吐いていた母もすっかり落ちつき、イチゴを食べ、薬も飲んで寝てくれた。



2時過ぎ、森に沈む月のある我が家、八ヶ岳に帰り着いた。

s-2014-03-14 014qwe



INFINITE MYHOME



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/2018-fdca2ef1