他人の家の井戸の修理というのはそう簡単なことではない。そもそも20年以上前に設置し、その後ずっと使われなくなり、井戸からポンプのある一帯がセメントでおおわれてしまっているので配管がどうなっているかまったくわからない。それに、取り付けてあったポンプはさし水がすぐになくなってしまい、吸い上げ口の弁のところが問題で、ここで時間をとられてはと新品のポンプに交換。
で、配管をしたが水が上がってこない。吸い上げのパイプに水を流すとちゃんと井戸の中のパイプに流れていくのでいいと思っていたが、どうやら配管が途中で破損している可能性が高い。これだと万事休すで、さてどのように配管したらいいのか。
s-IMG_0109.jpg

s-IMG_0160.jpg

春や夏に向かう季節なら気分も軽いが真冬に向かう時期というのが気分を寒くさせる。
なんとか11月中には井戸水を使いたいという主の意向で引き受けたのだが、なかなか思うようには進まない。
セメントをはがして地下に配管するのがいいが、そんな時間がないので地上配管にする。

s-IMG_0179.jpg

10m引っ張りキッチンと外の水場へもっていく。土なら全部配管は埋めてしまえばいいので意外と簡単なのだけれど、地上配管となると凍ることを考え、仕上がりが難しく、買わなくてはいけないものもたくさん出てきた。

今日はこの井戸から無事に水が上がってきて使えるようになりほっとした。
s-IMG_0113.jpg

この時期になると井戸水は気温よりも暖かく、大地に流れ出す水で手を洗い顔を洗った。柔らかな大地のぬくもりを感じた。
s-IMG_0176.jpg


井戸水とは、液体クリスタルそのもの すべてを生み育てる地球の生命エネルギーそのもの

ただ大地に穴をあけただけなのだが、そこに無色透明な水がたまり、その水はすべての命をはぐくむものとなる。
人間が大地に開けたからには責任をもって使っていかなければいけない。大地に感謝し、その水と共に生きていくのが人の道であると思っている。


INFINITE LIFE 


INFINBITE WATER





Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1922-ee1c5c20