2013.06.28 増殖
虫たちの爆発
静かだった冬がなつかしい
ついに虫たちの世界が始まって
噴き出してきた
それも変なのが次々と現れる
羽蟻から始まり
スズメバチの巣もまだこどもが生まれない時に2つ落とした
何もかもが抵抗しても無駄だと思えるほどの勢いで増えてくる

猫たちにとりつくダニ
付いて来た時は本当に小さくて見つからないが少しすると血を吸ってやたらと大きくなる。だいたいが耳のあたりや目の周りに取り付いている。一瞬でブチッと採るときちんと取れる。殺すこともないので川に流す。
s-2013-06-16 017

マイマイガの幼虫は実に不気味だが目の模様がかわいいニョッキのモデルか
s-2013-06-29 004

それにしてもよくもこんな美しく気持ち悪い色、形に作り上げたものだと感動する。そしてこれが波打って動いている。どこのだれが考えたのかと思ってしまうほど自然は奇抜で創造の力に充ちていて面白い。
s-2013-06-29 008

この糞が桂の木の下にたくさん落ちてくる。見上げるとすっかり葉っぱを食べられた枝にクスサンの幼虫がいる。
s-2013-06-29 018

10センチくらいあって中指くらいの太さがある。色合いと毛の長さは品がある。もうすぐ繭になりそうだ。
s-コピー ~ 2013-06-28 072


梅雨の時期、とくにたくさんの変な生き物に出会う。それも変態の途中の姿でそれが何になるのかもわからないことがよくある。
いまだに見たこともない生き物がたくさんいると思うだけで大地の上に生きていることは楽しい・・・・・のであるが・・・・・反面そのあまりにたくさんの生き物たちが押し寄せてくるので体がついていけなくなってしまう今日である。


INFINITE CREATION

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1783-4ea2dc86