2013.03.06

すっかり春の陽気
相変わらずの東京はあわただしく
母の病院は、整形外科のほうは行ったところで、もうどうにもならないところまで来ていて、痛み止めくらいしかないのだということ。母のほうも92だしとあきらめ気味である。
でも何とか車いすで家の中は走り動いていて、トイレもしてくれている。
今日は車椅子で入れるように寝室のベットの位置を動かし、母が立ち上がれやすいように3つ手すりを付けてきた。
家の仕事として、似つかわしくないビルを3つまわってきたが、どこも行き慣れてきたのか、さほどいやなところでもなくなってきた。みな同じ金融の仕事をしているが、こちらの意識の違いもあるが、入った時の雰囲気が全然違っているのがおもしい。
毎週東京に行き、家のこと、家族のことで終わってしまうが、やはり一番に考えなくてはならぬことは、母の笑顔取り戻し計画である。
今日は、自分のふがいなさに笑いが出ていた。その笑顔こそが母の本領である。何でも自分でやっていた母が、今、できなくなってやっと完全にあきらめたことで出た笑顔であったように感じた。

頂き物の白き蘭、母は立派だ立派だと言って眺めていた。本当にすごい蘭で、まるで偽物のようでもあった。
s-コピー ~ 2013-03-06 072

街を歩いて帰り道、我が家からほんの200mのところ、私が通った幼稚園の前であまりに卑劣な殺人事件、そこに行って手を合わせてきた。思うだけでむかついてしまう事件。このようなことがなくなる世の中にどうしてもしていかないといけない。
s-コピー ~ 2013-03-06 068

s-コピー ~ 2013-03-06 070


人間の本体とは光そのもの
すべての人類は本来光そのもの
そのことを一人ひとりが自覚してゆく道を行こう
絶対にそうなる
絶対大丈夫



INFINITE LOVE



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1678-b4725669