FC2ブログ
2012.11.10 望んだ暮らし
7日の風でみんな飛んでしまった。
s-コピー ~ 2012-11-06 025

そして空が日に日に広くなってゆく
s-2012-11-10 025


ケヤキの葉も半分落ちて、今はモミジや楢が美しい
我が家の柿は日蔭のせいで、いまだに緑の葉である。そして今年はほとんど実が付いていない裏年である。
s-2012-11-10 016

この紅葉と落葉の中で次々やっているのだけれど、やることがどんどんたまってくる。一体全体どうしてなのだろう・・・・・
毎日薪を作る暮らしというのも現代ではあまりないことなのかもしれないが、とにかく割っていかないと次に進まない。毎日軽トラック1杯分の薪を作り、運ぶ。次なる木が来るのでそのスペースができるまでは割り続けている。
薪を燃やし、五右衛門につかり、ストーブで暖をとり23年、変わらない暮らしが続いてゆく。薪は常に2年先の分まで確保してあるようになって10年以上がたつ。これは薪で暮らすものとしてはベストなやり方で、2年乾かしてある薪はどんな薪でもよく燃えてくれる。



すべては望んだ生き方
望んだ暮らし
この1度きりの人生
すべては完璧
かけたるものなし
大成就である!





Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1570-a16e62c4