2012.10.24 家の補修
我が家はハンドメイドハウスなので、常に作りそして直し続けながら住んでいるので、いつの間にか補修は得意分野になりつつある。
木の家というのはメンテナンスをしていかないとそう長くはもたないものであり、別荘でほとんど住んでいないということであれば、どんどん壊れていっても仕方ない。
今回直しているリッチな別荘は、森の中、そこはもともとアリたちの住む世界に建てたこともあって、用心してもアリの住居になってしまうこともよくあるところだ。
この別荘も落ち葉の掃除を怠り、樋があふれベランダにどんどん水が落ち、ベランダが腐りだすと母屋の土台までもが腐っていってしまったという典型的な管理不足の家であった。

何軒か直してわかったことは、木造の別荘の場合は極力基礎を高くして、ベランダは独立型にして母屋に取り付けるとしてもピンポイントで固定するというのがベストかもしれない。

今日は、母屋の土台まわしの腐ったところを取り外して、どこまで腐ってしまっているのかを調べて直してきた。やはり相当な痛手で、腐った土台をとっていくとオオアリが泡のように噴出してくる。
s-2012-10-24 001

s-2012-10-24 012

まだ築10年というのに、こんなになってしまってしまうか。
s-2012-10-24 006

アリにはどいてもらって、防腐剤をたっぷり塗って土台を2,5m切って、3.5分の栗の角材を回わした。床も落ちていたのでそこにもクリ材をあてがい、これで床が下がることはなくなった。
s-2012-10-24 017



それにしても家の南西の角、本来は一番腐らないところ。きちんと土台がまわり家もしっかり建って見えてきた。

ぴったりと直すことができて一安心。後は化粧を回して完成させればいい。




INFINITE LIFE




Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1554-837a036a