2012.09.23 月の国の蜂
玄関の上の月の国の看板にキアシナガバチの直径20cmくらいある巣があった。

s-2012-09-17 002

s-2012-09-17 001


誰も気付く事もなく、刺されることもなく秋になった。寒いのかじっとしている。もう巣の中には守る幼虫がいないので何もやることもないようだ。蜘蛛の巣を払っていたら、ざわざわと動きだしたのでみつけた次第である。たぶんこのまま寒くなっていけば越冬のためにいなくなるだろう。
s-2012-09-17 009

蜂たちもこちらが警戒してさえいればほとんどの場合刺すようなことはない。
もともとは蜂も薔薇も金星で咲いている時には毒針もとげもなかったという。この地球に来てから、必要に迫られ出来たものだと聞いている。いつか金星のような調和した星になることを、この月の国のにいる蜂を見上げながら願い祈る。
s-コピー ~ 2012-09-17 006


今年は、1度だけ蜂に刺された。それも車の中にいた熊蜂に刺された。東京に向かう高速運転中に、突然脇の下の背中側が痛くなりだし、どうしていいのか分からなくなって、助手席の雅に見てもらうと熊蜂がいたのであった。ほとんど攻撃性のないはずの熊蜂であるが、はじめて刺されてしまった。玄関の看板の裏側に穴をあけて巣を作り、毎年、穴の数が増えて面白いのだが、今日は、車に連れてきてしまったようである。勝沼あたりで、やっとのこと窓から追い出したが、どうしているだろう。

そういえば夏以降スズメバチを見ていない。アシナガバチの巣を襲いにくる時期なのだけれど幼虫がいないので襲うこともないのか。以前襲いに来ていた時のスズメバチである。
コピー ~ 2010-09-20 011のコピー



今日の雨、そして霧がわきいきなり秋に変わっていく。夜は、長袖を着た。


INFINITE  LIFE






+-
Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1525-14b3c2a8