2日夜中の2時半、函館に上陸

月満ちた函館山 仮眠
s-2012-07-31 460

夜景は霧にかすんでいた。
s-2012-07-31 457

朝、霧の中
s-2012-07-31 531

函館山 直下の八幡宮にお参り
s-2012-07-31 567


北海道に来たからにはコンビニはセイコマート、それもHOTCHEFがある所と、バイクで何回も来ている息子がいうのでその店を探しながら札幌に向け走る。
s-2012-07-31 570
s-2012-07-31 571

洞爺湖、
2000年の噴火で廃墟になったその時は新築であった温泉と集合住宅
時間の中で、建物は古びれ、
泥流の上には、すっかり緑が覆い、その痛々しさがだいぶなくなってきていた。
s-2012-07-31 598

s-2012-07-31 629

s-2012-07-31 613


昭和新山
ここは、有珠山に登れるロープウエーに乗れば素晴らしい景色を見ることが出来る。
s-2012-07-31 659


アイヌの土産物を売っている「熊乃屋阿野みやげ店」
営業していない店も多く、唯一店先で、熊を彫っている人がいる、中には昔からの二ポポやフクロウがたくさん並んでいて、まるで博物館のよう。わが家にある彫りが同じ二ポポもここにあった。

たぶんこの店の横に、47年前は小熊がいて、私はそれにかまれたのである。その時のアイヌはいないが、変わらずここは、アイヌの伝統を受け継いでいる店である。
s-コピー ~ 2012-07-31 655

皿とペン立て、それにブレスレットを買う。二ポポは途中の長万部で手に入れた。
s-2012-08-09 006


登別へ

大湯沼
奥の湯も大湯沼もすっかり水の量が減っていて、大湯沼などはもはや小湯沼になってしまっていた。
これでは巨大な温泉ホテルもなくなってしまうかもしれない。
s-2012-07-31 669

私は硫黄の匂いのするところが大好き、子供たちもいつもこんなところばかり連れて行く。小さいころから何回もこの場で写真を撮っている。久しぶりにまたここで撮る。
s-2012-07-31 689
 
地獄谷
年々、中国や韓国の人ばかりになってきていて、ここも、ほとんどが韓国人の観光客ばかりであった。まるで外国のようである。
s-2012-07-31 703

s-2012-07-31 717

白老にいければと思っていたが、時間がなくなり札幌へ

今日も長い1日でありました。


Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1479-2730af74