2012.05.17 家の修理
廃材の梁を使って階段を作りに行ったが、それどころではない状況で、
急きょ、朽ちている外まわりの修理となる。
s-2012-05-16 008

5月からはアリの家づくりが始まり、目に見えぬところで何万もの羽をはやしたアリたちがいのちがけで新天地を見つけに飛び立つのを待っている。この家は既に黒アリの家であり、今年もたくさん壁を歩いていた。
s-20120517a 013

森の中にあるこの木の家は、軒がないので雨が降れば壁を伝わって流れ落ち、すっかり腐ってしまっていて、4年前にも雨どいや屋根をつけ修理したが、ここにきてまたとんでもない状態になっていた。
ここまでひどいと建て直すしかないという人のほうが多いかもしれない。おしゃれな家なのだけれど、本当に外回りはボロボロ。それに比べ、家の中はほとんど無事であるのが不思議で仕方ない。

ここまでぼろいので私の出番ということのようだ。 

朽ちていく姿、
それも家が朽ちてゆく姿というのもどことなく美しく感じる。
s-2012-05-16 014

s-2012-05-16 026

つい先日解体ではがしてきた古びたトタンが、この家の色にぴったり。
朽ちたところに防腐剤をたっぷりしみこませ、ベニヤを張り、その上にトタンを張っていく。
s-2012-05-17 002
ドイツ帰りの息子が小淵沢に帰ってきているので、手伝ってくれて助かる。
s-2012-05-17 007

1階の基礎部分は1日で直すことが出来た。
s-2012-05-17 028

s-2012-05-17 027



INFINITE LIFE

INFINITE PEACE



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1402-367d263e