2012.02.07 五右衛門風呂
わが家の五右衛門風呂は、常に沸かし続けていかないと6人が入るには湯の量が足りなく、10年くらい前、シャワーを使いたいとの子供たちのリクエストにこたえ、取り壊す家から石油ボイラーをいただき取り付けた。だが2人の子供がこの家を離れてからは、太陽光温水器のシャワーとお湯の量も十分足りるようになり、この2年全くボイラーを使わなくなっていた。
いまだに未完のままのお風呂場はもう20年たち、風呂釜はびくともしていないが、部屋のあちこちがくさったりしてボロボロになってきている。
s-2012-02-08 015

寝ている時以外はいつでもついて来るラム
上の写真の中にいます。
コピー ~ 2012-02-08 015

今日、あたたかい雨が降る中、風呂の裏の仕事場に行くとボイラーから水のもれる音がしている。どうやらボイラーが破裂してしまったようだ。ということで、ボイラーの配管を切り離した。風呂場の水道より無理やり引いた配管で、今見るとよく取り付けたものだと感心する。あたたかくなったらこれらをみんな取り外し少しはすっきりする。

ボイラーの中にある銅の配管が破裂してもれてしまっているので私には直せない。今では修理より買い替えたほうが安いのかもしれない。どちらにしてももうこのボイラーはもう使わないので処分する。
s-2012-02-07 001

ボイラーさん
今までありがとう。



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1305-7ac3aaed