2012.02.01 アトリエ
s-2012-02-02 015

s-2012-02-02 014

s-2012-02-02 010


朝、アトリエの温度は0度になっていた。なかなか暖まらないのでここで仕事を始めるのは昼過ぎからになる。しかし最近この部屋は物置と化してしまっていて仕事どころではなくなっていた。ものづくりの宿命でもある作ったものがどんどんたまって、そのために次々と部屋を作って行く今までのやり方を変えていかなければならないとも思うが、ものづくりが大好きな私としては一体どうしていったらいいのであろう。
この疑問 いつもしていて、その解決は増築ということになって、新しい空間を作ることを楽しんできた。
しかしこのハンドメイドの家も母屋は築20年を迎え、いたるところ本格的な修理をやらなければいけない時期に来て、楽しき増築を考えるよりも今あるところをきちんとしなくてはいけないのは間違いない。


30,40代と突き進んできた家づくリも、50代も半ばにさしかかると保守していくことが大きく迫ってくる。

これは肉体的にも全くそうで無理がきいた30代40代から、無理をすると倒れてしまう50代になってきたということである。


家は人の大事なすみかであり

肉体は魂の宿る場

家も肉体も消えてゆくものであるが、人のため、魂のための器として大切にしていこう。


INFINITE HOUSE

INFINITE HEALTH
Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1300-d029e517