家にいながら、モノを世界中から買うことができ、その上、中古のものや、不用品をオークションで売ることもできる。
1234567812345

先月、娘が起こしたバイクの事故で破損したフロントカバーとフロントのアンダーカウルをバイク屋が出品しているオークションで見つけ、ようやく交換した。後、バイク下のカウルを交換すればもとどおりになる。ただ今回のフロントカバーは色が艶消しでちょっと雰囲気が変わった。
事故を起こしても本人が無事であったことが何よりで、こうしてバイクのほうは何とか直ってくれるのだからありがたい。
これをバイク屋に聞いても、古いバイクだから見つかるかどうかわからないと言われ、新しいのを買ったほうがいいみたいな感じになる。
確かに、今年次女がバイクに乗ることになり、ボロボロであったこのバイクをやめて、新しいバイクにしてやろうかとも考えていたが、このSUZUKIのZZは、もう12年前のバイクなのだが、いまだに多くのファンがいるらしく、そのパーツがオークションでたくさん出品されていた。2サイクルの原付を発売しなくなったいまでは、2ストの早いバイクは中古しかないのである。その一番売れていたバイクらしい。N氏の息子が3年、そのあとにわが家に来て、息子、長女と乗り継いで今次女が乗っている。よく持つバイクだ。
結局、次女が乗るときに、壊れていたパーツをネットで探し交換し、そしてすっかり整備したので見違えようになったのだが、今度の事故でまたボロボロになってしまった。
白のカウルがあったので、白にしていいかと聞いたが白はやだというのでようやく見つけ艶消しの黒になったのである。
今の時代、モノはネットで手に入ることが多い。ましてや、店に行っても売っていないものをインターネットで探せばいくらでも見つかる。そして、すぐに届く。
モノに関しては地域よりネットの世界のほうがありがたく便利であるが、やはり自分の住む地域とのつながりは大切なことであり,そのつながりをどのようにしていくかがこれからの田舎暮らしのテーマでもある。
これからは、モノを通してのつながりよりも、思いやる気持ちの付き合いが大切になってきていると思う。これは、田舎といわず人間としてやはり一番大切な道なのかもしれない。


INFINITE HARMONY



Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1244-1c1d66d3