2011.11.15 月の国集会
この集会も15年以上続いていてその顔ぶれは不思議なくらい変わっていく。

ものすごい勢いでこれしかないとやってきて、しばらくするとさめてしまう方。
静かに でも着実に深まっていく方。
途中ほかの所に行ってしまいながらも戻ってくる方。
いろいろなところに顔を出し、この集会もその一つという方。
仕事が忙しくなって平日のこの集会には出られなくなった方や、自分で集会を始めた方もいる。

どのような方であれ、世界平和の祈り心に火が付き自身の人生で燃え上がった方々であり、集会に来なくともそれぞれの場で頑張っていっているに違いない。

ただ、集会の時間、みんなで全く同じ想いで世界の平和を祈ることは、一人ではとても及びもつかないほどのエネルギー、パワーをかんじことであり、自分という個人を超えた世界をしる時間と空間なのである。
3次元世界の仕事、家庭は置いておき、時間をかけお金をかけ集まる。

そして個人の肉体にまつわるすべての肉体想念、感情、肉体波動を光に変容し、完璧なる光輝く神の器をして働くことを宣言し、2時間の祈りの集会が始まるのである。

私自身でもまったく新しき自分を発見することがあり、この発見こそが肉体人間としての楽しみなのかもしれないと思っている。


人間何をやろうと自由
ただ肉体人間の自由などは、はかなく束の間の出来事。長くて100年自由でいられたとしても大した意味はない。永遠の命を生きる道を歩みたい。

2週間前の瑞垣山に来た時のエディさんは車椅子であったが、今日は杖もつかずにやってきた。肉体人間としてはだいぶボロボロになってしまったが、無限なる優しさ、無限なる命の中、永遠の自由を生きている方である。

INFINITE SMILE!



それはつまり、こんな人柄の
人間とでも申せましょうか・・・・・

あの人がくると  何だかよくなる
あの人がくると  何だか明るくなる
あの人がくると  何だか暖かくなる
あの人がくると  何だか嬉しい
あの人がくると  何だか慕わしい
あの人がくると  何だか懐かしい
あの人と いつまでも一緒にいたい 

(「人が神に出会うとき」最終節より)


コピー ~ 2011-11-15 002
無限なる命
無限なる健康
無限なる感謝




Secret

TrackBackURL
→http://tukinonini.blog33.fc2.com/tb.php/1224-56866da9