FC2ブログ
2018.11.01 東外壁完成
久しぶりに今日は家造りを休んで紅葉狩りといいたいところなのだけれど
雅がいるので高いところを手伝ってもらいたいと・・・やはり家造り…・ラムはいつもやってきてはくれるけれど邪魔ばかりする。
fc2blog_2018110209175393e.jpg

高いところをやりだし、不安定な恰好でやっているので今までいたくなかったあちこちの筋肉が痛み出してきた。

s-2018-11-01 003

2階の外壁を部屋内から張っていく。なかなかどうしてこれも大変な作業でありました。
s-2018-11-01 016

一番怖い東側が無事に張り終えることができ、ほっとした日でもあります。
s-2018-11-01 014

南側も1階が終わった。
s-2018-11-01 020

172cmx23cmの明り取りの窓が入る。
s-2018-11-01 029

干し柿のオレンジがこの季節の色。これが干し柿になる前には内装もできていたらと思う今日であります。
s-2018-11-01 022

INFINITE HEALTH


2018.11.02 北壁完成
北壁完成
この北側は母屋との接合したところなので、傾斜の接続が多くて大変で、結局一日かかって完成した。
s-2018-11-02 014

母屋に張ってあったサイディングを使って張り、木の窓枠だけあったので明り取りにしようと取り付けて、廃材の壁板、これは前にもらっていたもので、厚みもあり北風にも耐えられる。というか、すでに20年くらいは使われていたものだ。
s-コピー ~ 2018-11-02 015

2時からは日差しが入り込んで明るく温かい。
s-2018-11-02 012

同じ材がなくなり、つぎはぎだらけで完成。
s-コピー ~ 2018-11-03 003

母屋の屋根がぼろぼろになってしまったので、直しながらつないだところもうまく仕上げていかなくてはいけない…・
やらなければいけないところが次々と見えてきて、屋根もそろそろ屋根材を何にするかを決めて完成させないといけない。冬に向けてのやることも仕事のほうもいろいろとたまってきてしまっていて、だがしかし、家造りをやめられない。  外回りを完成させたところまでは頑張ろう。
さすがに60を超えた体は、固く、身のこなしもだいぶ重く、疲れも次の日まで残っていて、それがだんだんたまってきている感じ。無理をせずやろうと思いながらも、だんだん無理を重ねてしまうね。
雨が降らないのはいいのだけれど、のんびり温泉につかりたいところでありますね。

完成したところで、屋根の上で大の字になって一休み、気持ちのいい夕暮れでありました。
s-2018-11-02 029


INFINITE HEALTH


小雨の中始まるも、すぐに太陽が顔を出し
s-2018-11-04 013ssssss

いきなり虹を見せてくれて
s-2018-11-04 025ggggg

真夏のような暑い日差しが降り注ぎ
s-2018-11-04 044ffffff

富士山も顔を出し
s-2018-11-04 02ssssss1

子供たちと一緒に世界各国の平和を祈り
s-2018-11-04 031

今日は完成前の自然霊園の中に入ることができた。世界中にある聖人のお墓の一つということになるのだろうか。五井先生が千葉のお墓からここに移されて眠っている。
s-2018-11-04 004

富士山に土地を探し、富士聖地が作られ、今、白光のお墓が出来た。 これからここに眠りたいという人たちの募集も始まるのだろう。  昌美先生もここに眠ることになるのだろう。
s-2018-11-04 115sssss

そしていつか聖地であったことも忘れられて、たくさんの生き物たちが暮らす深い森に変わっていくのだろう。
s-2018-11-04 091sssssss


五井先生の「人間と真実の生き方」を学び、世界平和の祈りの実戦でわが人生は大きく変わり、平和な暮らしを続けられている。これからもずっと感謝していくことは変わりない。


今日も人少なく静かな聖地。そして自然霊園という新しき場もできたこの会は一体どうなっていくのだろう・・・・・。



INFINITE FREEDOM

神聖復活

INFINITE GRATITUDE




2018.11.05 南外壁完成
南外壁の2階部分を張っていく。
s-2018-11-05 002

3mから上は2階に上がって張っていく。とにかくある板で作っているので板探しに時間がかかる。同じように見えても皆微妙に違っていて、それを貼っていくのだから難しい。
s-2018-11-05 003

全部張り終えた。南側には欅と椿、それに絡まるように伸びたモッコウバラがあって外から張るのが大変であった。
s-2018-11-05 007

北、東、南の外壁が完成して、残りの西側は大きなサッシと2階は窓が入るので壁は少ない。その前に1階の床張る。そのためにまずは1階においてある材料を運び出し、そして床材をなんで作るかを決めないといけない。
というか、この部屋をなんの部屋にするのかというところが問題で、建てる前は、畳が6枚あるのでそれを使って和室にして、こけしたちを飾ろうというくらいの簡単に思っていたが、2階が出来たことでわからなくなってしまった。
とにかくこれから部屋の中を作り出すと思うと、ついにここまで来たかと思うのである。
全てが行き当たりばったりで、その時その時のベストな答えを見つけながら作っては来たが、少し気分転換をしてみる時期かもしれない。

s-2018-10-31 052

とにかく家造りというのは大変な労働であるとともに、家にいながら、危険なところもあって、命がけでやるというところが面白く、ここまでできてきたということで一安心。
これからも気を抜かず、スピードを抑えて完成させていこう!!

INFINITE SUCCESS

INFINITE HEALTH

INFINITE JOY

2018.11.06 雅のパソコン
雨の火曜日
寝坊して風香の電話で起こされた。出勤中で今から総武線に乗るというところで電話を切った。雅とともに下の部屋に降りてきて時間はというと9時前。雨音が心地よく、仕事を休みなさいと言ってくれていて、久しぶりの寝坊は結構気持ちいい。
すると今日の仕事を宅急便が持ってきてくれた。
1カ月前から雅のPCが、ハードディスクが壊れ全く動かなくなってしまっていた。雅はというとPCは使わなくても携帯でやれるからいいというのであったが、時々必要になるので、やはりいるということでオークションで探していると、今どきはWINDOWS10でメモリー2G,,HD250Gが5000円しないで買えるのであった。ほとんど写真や音楽もわたしのPCで共有できるのでHDもそんなに大きなのは必要なく、スピードが速いということでSSD128Gのほうにしてそれでも6500円というのだから本当に安い。

そのコンピューターが、朝9時に届いた。
EPSON Endeavor NB51E  手のひらサイズで
s-2018-11-06 012

厚みも2cmしかないのだから驚きである。
s-2018-11-06 015

まずは壊れたPCの配線を取り外し、PCとモニターもどかして、私のお古のモニターと交換して、新しいPCのセッティィングとセキュリティーを入れて完了。慣れているので簡単なのだけれど、雅にとってはまた最初からやらなきゃいけないのと面倒がっていたが、あとは雅がやっていくしかないのです。
s-2018-11-07 007sasa

夕方雨もやみ、青空が顔を出したかと思っているうちに空が焼け始め
s-2018-11-06 019

紅葉も今は風が吹けば落葉して
s-2018-11-06 010

蕎麦も晴れたらコンバインが来る。でももうぼろぼろと落ちだしてきたので、どうなるやら。
s-2018-11-06 007

昼を食べなかったので夕食が早く、食後7時前にまた眠ってしまって、12時に目が覚めて、今は夜中の3時、よく寝る日でありました。また眠りましょう。

INFINITE PEACE




2018.11.07 吉祥寺へ
空太に頼まれた柱やセメント積んで吉祥寺へ
珍しくひかり子が学校休みでいて、風香も休みで、私たちが着いた11時に水樹が旅行から帰ってきて、空太は庭造りをしていて、まこっちゃんも起きていて、平日の午前中から皆んないる珍しい日。2時までのんびり過ごして、約束事の仕事を終えて、4時、16歳を超えた桃と太郎の猫たちの薬をもらいに病院行ったり、買い物したりして、もう町はクリスマスのネオン
s-6yofi2yc.jpg

家に帰り、ひかり子の部屋の明かりを取り替えたり
s-v77kkfg7.jpg

ひかり子が作った最新作のコートを私が着てぴったりだったり
s-v18ppgz9.jpg

風香には針と灸をしてもらい、水樹にはマッサージしてもらい、まこっちゃんからはコートを2枚もらって、至れり尽くせりで、0時過ぎ、ワイワイガヤガヤの中、記念写真撮って夜中2時過ぎに八ヶ岳に帰ってきた。  
今日はカメラをもっていったにもかかわらず、バッテリーが切れていて使えず、1眼レフを持たないでいるのは寂しいのでありましたが、iphoneのカメラだけでバックが軽くて楽でな日でありました。
s-ltf16f7tkkkkkjh.jpg


INFINITE PEACE

INFINITE HAPPINESS

INFINITE GRATITUDE


2018.11.08 屋根材が来た
今日も暖かい
午前中、お客さんに起こされて、そして立て続けに人も荷物も届いた。
そして、午後一で仕事のための荷物が届いた。
屋根材だ。道に止めたトラックから軽トラックに積んで運んでくる。いろいろと考えて屋根材は梧空ルーフという坪9450円のガルバリウムで1坪16キロのものを13坪買って、他に水切りケラバと棟包みも買った。
s-2018-11-08 002

雅に手伝ってもらって、屋根にあげる。
s-75jhton7.jpg

ラムも初めて屋根に上がってくるが手伝ってはくれない。
s-8079ul8n.jpg

ケラバを取り付けて、
s-2018-11-08 011

一つは母屋で使って余っていたものを取り付けた。
s-2018-11-08 010

最後まで待っていてくれたラム
s-2018-11-08 015

私の肩に乗ってはしごを降りてきた。
s-2018-11-08 017

1階に積んであった板材を全部どかしてきれいにした。さてどうやって床を張ろうか、思案して今日はおしまい。
s-2018-11-08 031


INFINITE FREEDOM

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH



朝から霧雨が降ったりやんだり、
床材を探して薪置き場に積んであったベランダ材の廃材は使えるかどうか、落葉した葉が降り積もった板を引っ張り出し始めて
s-2018-11-09 033

裏側は朽ち出しているものの表は全然大丈夫な板が結構出てきて、
s-4w6h99be.jpg

それも長いのも出てきたので、これで2階の床はできそうだと、本格的に出し、そこでねじくぎを抜き、車に積んで  
s-meigcunf.jpg

丁度お昼前に雨で中断し、雅のラインの情報でガレージセールにこけしがあるというので、すぐに大泉の徒然草というgalleryカフェへ
s-2018-11-09 039

古民家のカフェの蔵で、
s-2018-11-09 040

箱入りの小さなこけしや民芸品が1つ10円、290円買って大喜び
s-コピー ~ 2018-11-09 041

今日は昼時で混んでいて、今度はお茶のみに来ようと、1時間もしないで家に帰ってきた。
s-2018-11-09 050


続きの高圧洗浄機の洗いが始まり
s-2018-11-09 007


結構ダメそうなのもたくさんあるけれど、一部は使えるということでびしょぬれになりながらも洗い続けて
s-2018-11-09 014


雨で2回中断しながらも 
s-2018-11-09 013

1mくらいのも全部運んで
s-2018-11-09 010

s-2018-11-09 012

日が暮れるころ、もう十分だろうというくらいの材料が集まった。
s-2018-11-09 017


今年の4月にベランダの解体で出た2x6材で、やはりみなそれなりに腐っていて、丁寧に見ていけば使えそうなところもあると思ってはいたが、こうして引っ張り出して点検すると、厚さ4cmのうちの1cmが朽ちている程度で、3cmは問題ないことから、床材として十分な強度があるわけで、使う位置をうまく考えていけば、いい感じの床になると同時に、1階の天井になるに違いない。

私自身、この材が来たときは、一部は使うかもしれないが、ほとんど薪だと思っていただけに、この材を使うという今の心境は我ながら不思議なことなのである。高圧洗浄機があるからそうなったのかとも思えなくもないが、やはり今あるもので作っていこうという気持ちが第一にあるからなのだろう。

INFINITE PEACE

INFINITE ABUNDANCE

INFINITE SUPPLY

INFINITE ABILITY

INFINITE POSSIBILITY

INFINITE FREEDOM




2018.11.10 床張
今日も暑いくらいで、1日Tシャツで過ごせた。
風も強く、昨日の雨とでウワミズ桜と桂の木がすっかり落葉して空が広くなった。
朝から暖かな日差しが降り注ぎ
s-2018-11-10 003

昨日洗った木を乾かそうと
s-2018-11-09 017

広げて
s-2018-11-10 006

北風も乾かすのを手伝ってくれて、午後には乾いてきて
s-2018-11-10 007

2階の床を張ろうと南側の仮床をはがして並べだしたが、
s-2018-11-10 011

西側から張ったほうがいいとやり直し、5段目まで来たところで、残りの板を検証すると、床材の表はいいが、裏側がだめな木が多く、つまりは1階から見ると天井がぼろぼろに見えてしまうので。2階の床にするのをやめにする。
s-2018-11-10 015

そして、1階の床を張ることにする。まずは半端でもらった3mmべニア板を床下にタッカーで止めて
s-2018-11-10 016

その上に防雨透湿紙を貼り、その上に100mmの断熱材を載せて、ここまでやるのに結構疲れる作業で
s-2018-11-10 020

やっと、床を張る
s-2018-11-10 022

5段張ったところでまたべニアを貼り防雨透湿紙を貼り断熱材を載せる。ここで日が暮れだしてきて、
s-2018-11-10 025

明日も晴れそうなのでこのままで終了。
s-2018-11-10 026

家はとにかく木で出来ているということを感じる日々であります。


INFINITE POWER

INFINITE HARMONY



2018.11.11 床張5坪完成
床張も半分を超えた。
s-2018-11-11 012

幅1mごとに床を張っていき、最後の1mになった。べニアを貼り防水透湿シートを張って断熱材を入れて
s-2018-11-11 015

いい材がなくなりかけてきていて、なかなかどうして悩みながらも、厚さ4cm5坪の床が完成。
s-2018-11-11 024

と思っていたが、まだ左奥に1坪張るところがあったのだが、車を動かすのでと板をキレイに積んで片付けてしまった。
s-2018-11-11 031

月がきれいな夕暮れ
s-2018-11-11 087hhhhhhh

s-2018-11-11 117kkkkk
2018.11.12 断熱材を貼る
寝ても覚めても家造り
体もあちこち痛いけど、くぎ袋下げてジカタビはくとしゃんとするから不思議だ。

今日もおだやかな日差し、あたたかい
1階の残った1坪の床張りから、材料は2x6材の残り、もはや朽ちかけているもののいい雰囲気が出せると、サンダーで朽ちているところは削り取り、
s-2018-11-12 004

ぼろぼろの床完成。新材を買ってくれば簡単なところなのだけれど、ある材料にで作るというのは、思いもかけない味が出る。
s-2018-11-12 010

左にある窓は、取り外して、2階の西側の窓になる。
s-2018-11-12 008

続いて、2階の床をどうするか。梁が90cm間隔なので、床板は3cmくらいの厚みが必要。もらってきた床材は12mm、15mm、仮に貼ってあったべニアと合わせて貼ったら22㎜になっていけるかもしれない。もらってきた床材が5坪もないので、どうしようか‥‥
ということで、床の厚みも凸凹でもいいということになり、まだ2x6材の短いのが残っていて、それを使う。
s-2018-11-12 016

s-2018-11-12 020

東側の床が出来た。
s-2018-11-12 021

急に天気が曇りだしてきて、雨もぽつぽつ降りだしてきたので、外に広げてあった材料の片づけをはじめ、明日やる段取りを考えて、裏に置いてあった断熱材を運んできたり、部屋の壁板を探し中に入れたり、母屋の床下に投げ込んであった養生シートを持ってきて敷いたりと、あわただしく動く。 雨もさほど強くならず、2階の床は、先にべニアを白く塗ってから張りたいと思うので、後回し、

4時過ぎると暗くなりだし、明かりも入る。そして断熱材を貼っていく。これを貼っていくと、廃材が見えなり、新築の家のように見えてきた。   
s-2018-11-12 040

ほとんど窓がない空間、壁面はすべて棚になる予定。
s-2018-11-12 038

とにかくできるところから進めていくが、断熱材が入るといよいよ家も完成が見えてくるものだが、ここに張る板材が思案中で、見えてこない。
今回の家造りは、屋根は雨漏りが嫌なので全部新品、あと、壁などに張るルーフィングと、断熱材は買ったが、木の材料はあるものでやろうと頑張っているのでなかなか進まない。床を新材でやっていたら、もう2階まで完成させているだろう。
2018.11.13 内壁張り出す
少し寒くなった曇り空の日。柿は暖かい日が続いたのでカビが生えてきていたが、雅の必死のレスキューでカビも消え,だいぶ小さくなってきた。
家の前の庭はあちこちから運んできた廃材の山が2つ出来ていて、一つは使用後、もう一つはこれから使う山。その他にも材料が運ばれていて、これを片付けるのも大変になってきた。なんとか師走の中頃までには片づけられればいいなと…‥とにかく今は家を完成させることだけで行こう。今できるところを進めていこう。
s-2018-11-13 001

今日は雅が手伝ってくれて、今まで2階の床として使っていたべニアを白のペンキを塗ってくれた。これを乾いたらひっくり返し、1階の天井となる。そしてその上に床材を重ねていく。この白のペンキも2年前に作った家で使ったのが残っているというところが実にありがたい。夕方2度塗りしてくれて白くなった。
s-2018-11-13 002

私はというと、まずは南の明り取りの格子の窓を入れる。これがどうしても入らなく、窓枠を3mm切って入れることができた。原因はというと廃材の間柱がねじれていたからで、こういうところに思いもかけぬ時間がとられるのである。
s-2018-11-13 037

そして1階の壁板を張り出した。それも思いっきり古い材で張っていく。正面は暗い壁にしてと思っていたが、あるだけ張ってしまおうとどんどん張ってしまった。まるで蔵の中という感じの部屋になってきた。
s-2018-11-13 034

この板もだんだんぼろいのばかりになってきて、修復しながら進んでいく。
s-2018-11-13 016

s-2018-11-13 015

こういうところがいい味になる。と思いながら時間をかけ進む。
s-2018-11-13 028

壁板張りなどは本来ならば、簡単に仕上がってしまうのに、廃材というのは頭を使うことが多く、そして細かな作業に時間がかかる。まるでパズルをやっているような感覚で作っているので、肉体は疲れないのがいい。ここではめんどくさいという言葉は禁句である。
板を張ったところで今日はおしまい。次の仕事も板張りなのだが、ここで大きなミスに気が付いた。電気の配線を断熱材の前にやっておくのが順番だった。まあ何とかしよう。今回の電気は、2階の部屋から屋根伝いに引っ張ってこようと思っていて、2階の部屋に電気がl来るので、そこから配線を考えていけば今なら何とかなる。


INFINITE FREEDOM

INFINITE BEAUTY

INFINITE PEACE


2018.11.14 屋根ほぼ完成
電気の配線をしようと、物置を探し、アトリエを探して、何とか集まっては来たが、まだコンセントボックスが足りないのでどうしようかと考えていると、
s-2018-11-14 004

急に空が晴れてきて太陽が輝きだしてきた。私は、買い物に行くというのがとっても面倒で嫌いで、いつも必要なものは、何かのついでに前もって買いそろえておくので、今日は電気の配線はやめようと、いきなり屋根の上に上がった。
s-2018-11-14 032

そして、やはり屋根を張ってしまおうと始まった。先ずは軒の水切りに屋根材をひっかけるので45cmピッチでくぎを打ち付けて強度を出し、東南角から190cmの梧空ルーフというガルバ二ウムの屋根材を張り出した。この屋根張りにはゴムハンマーと木の板が必需品。
s-2018-11-14 038

何一つ無駄なく、切り取ったところが次の段の始まりになり、ひたすら続いていく。
s-2018-11-14 047

午後1時、片面が完成。結構腰に来る作業で、昼の休憩。
s-2018-11-14 051

だいぶ慣れてきたので今日中に完成できるかもしれないと2時前、西側を張り出す。
s-2018-11-14 063

あと2段、こんな10cmの木っ端をケラバに突っ込んで始まる。
s-2018-11-14 065

そして190cmの屋根板が続いていく。
s-コピー ~ 2018-11-14 066

4時半、棟まで上がった。 
s-2018-11-14 068

12坪で90cm余って完成。13坪買ったので、1坪余ってしまった。母屋の屋根の張替えがあるのでその時に使う。
s-2018-11-14 067

棟包みを張って完成だが、風が吹いてきたのでおしまい。結構腰に来ていてもうフラフラ
s-2018-11-14 069

見上げると月がにっこり微笑んでくれていた。
s-2018-11-14 013kkkkkk

5時半、五右衛門風呂に1時間使って腰を温め、夜、雅にお灸をしてもらってだいぶ楽になった。

INFINITE HEALTH

INFINITE HAPPINESS

雲一つない秋晴れの日、箱根までドライブ
朝8時過ぎに家を出て、10時過ぎに箱根カラスの森美術館につく。
s-2018-11-15 403

クリスタルの木を抜けて小さな入り口を入る。
s-2018-11-15 405

そして庭に入ると美しき庭園が広がる
s-2018-11-15 407

奥の山からは大涌谷。湯けむりが上がっている。
s-2018-11-15 246

クリスタルのアーチをくぐってミュージアムへ
s-2018-11-15 410

いきなり別世界
s-2018-11-15 025

s-コピー ~ 2018-11-15 026

s-2018-11-15 019

ここはヴェネチアン・グラスミュージアム   「風にそよぐグラス」の展示がメインなのだけれど、それよりもこの建物とインテリアのほうにそそられながら
s-2018-11-15 028

中へ
s-2018-11-15 034

広間で休みながら
s-2018-11-15 038

奥へ
s-2018-11-15 043

2階へ
s-2018-11-15 425

s-2018-11-15 049

鏡もガラスということで展示されていて
s-2018-11-15 443

その額に目を奪われて
s-2018-11-15 446

外が見える。ここはいったいどこなのだろうそんな気持ちになってくる。
s-2018-11-15 064

s-2018-11-15 060

こんな水面のはじめて
s-コピー ~ 2018-11-15 451

出口を出ると泉湧く庭園
s-2018-11-15 072jjjjj

こんな石畳の庭を作ろうか
s-2018-11-15 076

中庭の先に現代の作家の作品とミュージアムショップ
s-2018-11-15 087

s-2018-11-15 086

そしてまた外に
s-2018-11-15 105

s-2018-11-15 097

水車の回るかわいらしい家は何の意味があるのかジャムショップ
s-2018-11-15 113

何万というクリスタルが付いた木のオブジェたちが生える池を回る。レストランではライブ演奏が始まり
s-2018-11-15 124

キラキラ 写真ではなかなか伝わらないけれど、ほんと美しい。わが家にあるサンキャッチャーたちも外にぶら下げてみよう。
s-2018-11-15 147

ここのガーデンススキがいっぱい、その中にもクリスタルが輝く
s-2018-11-15 161

s-2018-11-15 488

ショップの奥の階段を降りて
s-2018-11-15 179

紅葉の
s-2018-11-15 187

渓谷にあるオブジェ
s-2018-11-15 197

静かなところ
s-2018-11-15 212

散策して
s-2018-11-15 224

戻ってきた。お昼過ぎて、庭園は
人でごった返していて、・・・・・ 
s-2018-11-15 227

早くに来てよかったと思いながら後にする。
s-2018-11-15 250

いい刺激を受けて、春か秋か冬の晴れた日にまた行きたくなるかもしれないと‥‥

帰りに、日本山妙法寺により、お参りして5時に帰り着いた。



INFINITE PEACE

INFINITE HAPPINESS

2018.11.16 電気の配線
電気を2階の今はだれもいない子供部屋から引くことにする。
2階の部屋の穴あけは後ですることにして、とにかく雨のかからないところを通って引く。
s-2018-11-17 011

10m屋根に寝転んで止めていく。結構大変。
s-2018-11-17 010

やっと家のところまで来て、柱に穴をあけてコードがやってきた。
s-2018-11-17 009

まずは2階の配線と1階への配線を考えながら、天井への配線、それにスイッチのことなどを考えていくとごちゃごちゃになってきた
s-2018-11-17 007

1階の天井は、柱に穴が開いていてそこを利用する。
s-2018-11-17 003

とりあえずはスイッチのことは考えるのやめて、コンセントと天井の配線まで
s-2018-11-17 008

ケーブルストリッパーが見つからないのでコードの接続は、道具が見つかってからやる。 

1階の梁、廃材なので角がささくれていたり割れていたりするところを彫ってをキレイにする。
s-2018-11-16 012

続いて雅がオークに塗ってくれた。
s-2018-11-16 015

わが家の柿の葉が落ちたので、書き取りをする、50個くらい実がついていて、そのうち30個採って、あとは鳥さんへ
s-2018-11-16 017


そもそも内装をどのようにするかなんて言うことは全く考えていなく、ただ、新築でありながら、築100年を目指したいというところで、電気の配線も壁を張ってしまったところはもうやめにして、張っていないところに、コンセントをつけるという感じで進んでいる。
内装も、今ある廃材をただ張っていくだけなのだが、そこを今度楽しみたい。 

INFINITE SUCCESS

INFINITE SUPPLY

INFINITE FREEDOM


電気の配線のための道具は、大工道具とは全然違う。それとビニールテープ
s-2018-11-17 052

まず外側をカッターで切って剥いて、続いて黒と白をストリッパーで剥いて、銅線が出てきたところで同じ色でねじって止めて、
s-2018-11-17 054

最後にビニールテープでぐるぐる巻きにして絶縁して完了。
s-2018-11-17 060

これを11か所やった。電灯ところには本当はスイッチの配線も同時にしたほうがいいのだけれど、スイッチは クラシカルなひものスイッチを後でつけるつもり。
s-2018-11-17 061

これで2階の断熱材が張れる。
s-2018-11-17 025

西側の窓は取り付けないで最後まで出入り口として使っていく。
s-2018-11-17 028


塗りやすいので2階の床を白に塗って、3度塗りしてようやくきれいな白になった。廃材できたべニアなので仕方ない。それをひっくり返すと1階の天井となる。
s-2018-11-16 021

そして2階の床は、このべニアの上にまた床材を張って完成させる。
s-2018-11-17 018

今日はあまり進まない感じがする日だが、母屋の天窓やベランダの上の波板に乗っていた寒冷紗を取り外したり、冬支度もしたのでこれで十分。

夜は、メトリヒグラシライブへ 木簡フルートとアイリッシュハープの音色
s-2018-11-17 038

アフターライブも楽しんで0時前に過ぎ帰ってきた。
s-2018-11-17 043


INFINITE HARMONY








2018.11.18 1階の内壁
10月26日に来た廃材の板
s-2018-10-26 022

運んで
s-2018-10-26 026

洗って
s-2018-10-27 015

干して
s-2018-10-27 003

縛ってまとめて積んであった板すべて使い切った。
s-2018-10-27 006

外壁に幅が広くて長いのを使ってしまったので
s-2018-11-05 007

内壁にはいい板がなくなってきてしまったが、築100年の味わいを出すにはもってこいと、全部使いきった。
いつものことながら新材を使えば単純に下から張っていけばいいのだが、廃材の板は幅も違えば厚みも違い、一番厄介なのは幅が左右で違っていて、そこをうまく積んでいかないと見た目に家が曲がって見えていってしまうのである。そこをうまくいくように板を選んだりするのが時間のかかる作業なのである。
s-2018-11-18 020

ふと見上げる天井、ここはツーバイ材で作ったところ、新材が4本混じっていてまぶしい。
s-2018-11-18 026

屋根と断熱材以外はとことん今ある廃材で作っていくと決めた結果、この薄い床材を壁板に張って使うことができた。今までこのような板は五右衛門風呂の薪になっていたことを考えると、今回はよくまあ使ったものだと感心してしまう。

これは去年の7月にたくさんのイチイの根をもらってきて、その土を洗い流そうとして買った洗浄機のたまものである。価格も8000円という安さで、水圧で洗浄することができる道具は、新しい創作意欲を掻き立ててくれる別次元の道具であり、ありがたい掃除の道具でもある。
s-2017-07-25 016dddd

泥のついた一位の根が高圧洗浄機から出る水の勢いで完璧にきれいになり、その美しさに感動したのを、今回は廃材で楽しんだのであった。
s-2017-07-25 017


INFINITE POWER

INFINITE BEAUTY

INFINITE LOVE


家造りばかりやっていて、他のやりたいこと、そしてやらなければいけないことを少しはこなしているが、出来ていないことがたくさんたまってきた。
しかし、何をするにも、家を完成させてしまわないと、気持ちよく次に進めない。

今日もいい天気、暖かな11月
s-2018-11-19 018

ということで朝からトントン金づちを振るう。
1階の細かいところを張り終えて、残リは北側だけになり、窓も白く塗ってきれいになった。
s-2018-11-19 037

2階の南側に窓が入り、
s-2018-11-19 035

西側にも窓が入った。
s-2018-11-19 033

内装に入り、やるべきことが次々と見えているので、とにかくそこに行ってやり切っていく。
今回のテーマでもある階段を作るところまで来たので、その準備として通路の2mの床張りをする。79cmの長さなので2x6材の残ったもので何とか完成。
s-2018-11-19 031

木っ端がたまり、これが今日の五右衛門風呂を沸かしてくれる。
s-2018-11-19 027

そして、2階の床材を2階に入れて今日は終了。べニアの上に重ねて張っていく。
s-2018-11-19 029



INFINITE SUCCESS



2018.11.20 月の国
月の国集会。今日は、いつも来ているH夫婦が来れないというので、誰も来ないかと思っていたら、真白さんが久しぶりに来てくれた。2時終了とともに猫たちもやってきて記念写真。少ないと寂しいけれど気楽でいいというのもホントのところ。
s-コピー ~ 2018-11-20 002

真白さんは仕事があるのでとすぐに帰ったので、私はまた家造りを始めて、階段をどのように作るか、そして材料を探したが、全然見えてこないので時間ばかりが立ってしまった。
他のことをしようと2階の北窓に
s-コピー (2) ~ 2018-11-02 015

ステンドグラスをはめた。
日がくれるのが本当に早く、明かりをつけてはいるが電球が暗くて鉛筆の線が見えない。明るい投光器がほしいね。
s-コピー ~ 2018-11-20 004

外にでると月が明るい夜
s-2018-11-20 009

流石に夜は冷えてきているが、未だに霜がおりたのを見ていない。今年は暖かいことは確かである。



INFINITE PEACE



2018.11.21 2階の床張り
午前中に塩尻まで出かけ、買い物をして戻る高速で彩雲と日輪を見て1時過ぎに家に帰りつく。
s-2018-11-21 00vvvv1

今日も暖かな午後 2時過ぎから家造り
階段を形にしようとしたが、回り階段の3段の幅が40cmの板材がない。あちこち探しているうちに4時過ぎて暗くなり、階段はやめ、明かりを付けて2階の床張りを始めた。
4種類の床材で、厚みも2種類あってそれをコンパネの上に張っていく。
s-2018-11-21 006

新品ながら半端材として長く積んであったものだから反っていたりひねりがあったりでつなぎ合わせるのが大変で、その上厚みも違うのでなかなか厄介な床張り、半分まで来た。外はもう真っ暗闇、でもまだ6時過ぎたところ、まだまだやりたいけれど、今日はこれでおしまい。
s-2018-11-21 005

INFINITE HEALTH



2階の床張が完成した
12mmの針葉樹べニアの上に重ねて12mmの床材を張って、材質も松、杉、と広葉樹の3種類、厚みも微妙に違っている。天井までの高さを取りたかったので垂木を流さず、梁の上に直接張り、間隔が80cm飛んでいたのでどうしてもふかふかする感じではあるが、まあ仕方ない
s-2018-11-22 020

次は壁を張っていくかと、その前に断熱材を張っていく。
断熱材は家を建てだした時に1つに5坪分入っているのを3つ買ってきて全部使いきった。天井と2階の西壁に使うのであと2ついる。この断熱材の幅に合わせて柱と間柱、そして屋根の小屋の垂木の間隔を決めたので、断熱材を張るのは楽な仕事である。
s-2018-11-22 021

2時過ぎ、太陽は西に傾き、あたたかいひかりに包まれるが、4時前には森に隠れてしまうので急に寒くなる。
s-2018-11-22 023

建具屋からもらってきた板材の残りで壁を張っていくのだが、これもいろいろあってどうやって張っていくのかを考えるが、いい案が見つからず、結局最初に上にあげた幅16cm長さ3.6mの杉板を6枚張った。
s-2018-11-22 024

余ったところは屋根材で余ったべニアを張った。
s-2018-11-22 027

まずは腰まで張ろうと東側にも断熱材を張り
s-2018-11-22 028

下3段と厚みも違う材を積んでいくのでその継ぎ目が難しい。それをクリアーすると同じ材なので積みやすいのだが、薄い板なのと、置きっぱなしで歪んでいるのとはめ込むところがつぶれていてやたら難しい。3段目でうまくはまらず、日が暮れてしまった。
s-2018-11-22 032

大きな月がのぼってきた。
s-2018-11-22 012


今日も疲れ果て、五右衛門に浸かって出ると朝までソファーで寝てしまった。


INFINITE HEALTH

INFINITE SUPPLY

INFINITE GRATITUDE



2018.11.23 収穫祭へ
空気はすみ渡った冷え込んだ朝、
甲斐駒のふもとの大江さんちの収穫祭 毎年雅の誕生日でもある11月23日に行われている。
s-2018-11-23 003

甲斐駒も白くなり冬の山に変わった。
s-2018-11-23 007

朝は静かに
s-2018-11-23 064

教来石の前でわかこさんのあいさつで
s-2018-11-23 031

収穫祭が始まる
s-s-2018-11-23 113

餅つき
s-2018-11-23 053

昼過ぎには人が集まってきて
s-2018-11-23 048

s-s-2018-11-23 099

和田夫婦の音が流れる中
s-コピー ~ 2018-11-23 090

雅の誕生日も祝ってもらって
s-コピー ~ 2018-11-23 109

還暦越えの餅つきも4うすついて終了
s-2018-11-23 077

丁度3時、山に火が隠れると、いきなり冷え込んできて
s-2018-11-23 115

のろしが上がる。
s-2018-11-23 118

走り回っていた子供たちも火に集まり
s-2018-11-23 121

夕暮れ時はどんどんと温度が下がり、火を見つめる時間
s-2018-11-23 136

そして今日は満月

月の出を待つ
5時、
もしかして雲があるので見えないかもしれないと、大江さんの家の丸窓で我慢しようかというときに、
s-2018-11-23 153

思っていたところよりもだいぶ左手から光が現れて
s-2018-11-23 159

月が顔を出す
s-2018-11-23 167


風もすっかりやみ、気温も下がり止まり冷え込みもなくなる。これはやはり月の暖かい光のおかげであります。
s-2018-11-23 181jjjjj

月に感謝

そして月の光のような大江さんちをあとにする。まだ5時半ながら気持ちはすっかり夜という感じで帰り着く。
s-2018-11-23 219



INFINITE GRATITUDE



2018.11.24 東南内壁完成
日も短くなって、ようやく霜が降りる日々となった。21日に里芋の葉が霜で倒れて、
s-2018-11-24 002

ピーマンもまだ身はあるものの今日葉が垂れてしまった。
s-2018-11-24 004

秋桜はほとんど枯れてしまっているのに、この変わり種の秋桜だけは寒さも何のそのと花を咲かせていているのが不思議である。
s-2018-11-24 001

平和塔とわが家の景色も
s-2018-06-04 036

茶室と母屋の間に今作っている家が大きく表れてきた。
s-2018-11-24 011

昨日の収穫祭の後に、韮崎のくろがねやの資材館で断熱材を2つ買ってきた。前にもここが安いと買って来ていて、他のホームセンターでは6980円なのに、ここでは5000円なのだからありがたい。それを夜のうちに雅に手伝ってもらって2階にあげておいたので、まずはそれを使い切ろうと、
s-2018-11-24 015

天井に張り出したが、それがなんとも疲れる仕事で、
s-2018-11-24 016

半分やったところでギブアップ
s-2018-11-24 017

2階の階段を上がったところの通路の床材がやはりぼろすぎて歩いているだけでボロボロになってきたので、もう少しいい板を探してきて7枚張り替えた。
s-2018-11-24 020

そして東面の壁、細切れになりながらもいろんな板で張り終えた。
s-2018-11-24 023

南面も、小屋組みの手前まで張れた。
s-2018-11-24 025

空太が送ってきてくれた投光器のおかげで4時過ぎても明るく仕事ができる。
s-2018-11-24 027

残すは北と西側 板材がどんどんなくなってきて、ますます頭を使って張っていかなければいけない感じ‥‥
s-2018-11-24 026

南東側はできた日。新材を使って張るのならもう内装も終わっているはず。とにかく頂き物の板材は釘こそ打ってはいないものの、さねの加工も相ジャクリもいろいろで、それをつないでいくのだからホント頭を使ってごまかして張っていくため、パズルのようで面白いけれど時間がかかるのです。
s-2018-11-24 046

INFINITE FREEDOM

2018.11.25 北壁完成
天気が続いて、雅は韮崎から真白さんが柿を届けてくれたので、せっせと剥く昼下がり
s-2018-11-25 001

布団を干したり、植物たちを家に入れたり、いただいてきた大根を土に埋めたり、薪を集めたりと、冬支度

わたしもいろいろやらなければと思うのだけれど、くぎ袋を下げると、やはり家造りになってしまうのでした。
朝一、天井に断熱材を全部張リ、
s-2018-11-25 004

もうこれで断熱されたので完成といいたいところだけれど、・・・・・・・今日も板張りを始める。今日は北壁と西壁をと始まったが、
s-2018-11-25 006

ここまで出来てきて、小屋のところのいい板がなくて、外に探しに行ったり来たりで、時間ばかりが立ち、なかなか進まず、
s-2018-11-25 009

結局今日は北壁だけで終わってしまった。 これが石膏ボードなんかでやったら、半日で出来ていただろうと思うと、本当にあるもので作るというのは大変なのである。
s-2018-11-25 014

今日の木っ端は三角が多いね。大きな板でやったら簡単なのだけれど、小さな板で積み上げていったので面倒でありました。
s-2018-11-25 016

西面は、もう一つ窓が入る。そうなるとここからの出入りが出来なくなるので、できるだけ最後に作りたい。天井を先に張ってからでいいかとも思うのだが、天井を張るのとってもやりたくない。材料も決まっていないので、やはり西壁からやっていこう。  
s-2018-11-25 020

少しづつしか進まなく、とにかくじれったい。後一面ながら、外壁も張っていないので倍時間がかかるだろうし、出入り口を変えないといけないので、これまた大変だ。まあ完成が近づいてきたということでもあるので頑張るしかない。

INFINITE POWER

INFINITE HARMONY



2018.11.26 西壁完成
ついに西側を作り出す。家の周りは物でおおわれて、薪置き場が未だは入れない状態でちょっとまずい。家を作るまでは仕方ないと雅もあきらめてくれている。 師走には何とかしないと‥‥
s-2018-11-26 002

先ず、窓枠もって上がりはめようとすると、なんと10cm間違っていて、柱と柱の間には取り付けられず、出窓風にして何とかクリアー。この機に及んで大いなるミス、というか柱を刻んでいる頃のミスなのでもうどうすることもできず。柱の外側に窓枠がはまる枠を取り付けて窓枠を取り付けた。
次に足場をきちんと作る。そして透湿防雨シートを張る。
s-2018-11-26 003

もう板材が尽きてきていて、部屋の中に張っておしまいという感じなので、
s-2018-11-26 004

家の周りからかき集めて、幅も厚みも違う板ばかりを重ねて4時半、外壁完成
s-2018-11-26 010

今日も暖かい日
2階の西壁を張り出す。
s-2018-11-26 017

もうこれで最後なので、ある板全部使って張れるので考えなくていいのではかどった。ご飯ですよと下から声がかかり
7時半、半分張れて終了。
s-2018-11-26 022


2018.11.27 2階完成
月が西の空に降りてゆく9時、今日もいい天気で、頑張ろう
s-2018-11-27 063

ラムが結構必死で脚立から登ってきて、切ろうとしていた窓に陣取って邪魔をする。
s-2018-11-27 004

残っていたところを張って西壁を完成させて、
s-2018-11-27 007

次に、南の残った小屋の部分の壁を張り完成。
s-2018-11-27 014

残すは、天井のみになった。 天井はべニアを白く塗ってから張るつもり。

掃除機を持ってきてきれいにする。板ばかり張ったものだから、なんだかしつこい感じ。よく見るとみんな違う板を張っているので面白いかもしれない。でもやっぱりよく張ったということだけで、気に入らないかもしれない。まあそのうち変えていこう。
s-2018-11-27 017

午後は、外の片づけ
10月26日に来た板材もほとんどなくなり、  
s-2018-10-28 008

s-2018-10-28 009

後1階の階段周りで使う分くらいなので、家の中に入れ、パレットはきれいに片付き、 木っ端も五右衛門の薪にと運んですっきりした。
s-2018-11-27 026

いよいよ階段を作り出すことになるが、いくら考えて設計図を描こうとしてもできないものはできない。大体今ある廃材で作るというのであるから、やはりぶっつけ本番でやるしかない。 
s-2018-11-27 037

今日も汗かくくらいの昼下刈り、5時前には日も暮れて、風ない静かな夕刻であります。
s-2018-11-27 041

INFINITE SUCCESS  


2018.11.28 回り階段
ついに階段を作るところまで来た。先ずは階段の柱を3寸角で3.6m材を使って建てる。
その前に周りをキレイに削る。
s-2018-11-28 007

同時進行で、ずいぶん前にもらって来ていたべニア板を引っ張り出してきて、これを天井に張る。
s-2018-11-28 004

なぜかあちこち穴が開いていたので、同じ3mmべニアでふさいで、重しを載せて乾かす。
s-2018-11-28 005

乾いたところで、雅が白く塗ってくれた。
s-2018-11-28 022


そして午後一で大根を取りに来いと言われていたので畑に行って抜いてきた。
s-2018-11-28 017

今年はみんな太くて大きいね。
s-2018-11-28 018


そしてまた階段づくりへ、
s-2018-11-28 003

もう毎日回り階段をネットで調べていて、画像検索で探し、頭に叩き込んではいたのだが、いざ始めると、一番上の1段目というのは幅が50cmは欲しいところであったが、我が家にはなく、一番広い30cmの板で作った。この1段目というのはさほど難しいものではなかった。次の2段目というのはさっぱりわからなく、それに板も幅が50cmで長さも120cmは欲しいのであるわけなく、というよりも全然形が見えてこない。板を相ジャクリでつないで作ればいいというくらいの考えでいたが、それも作れそうになく、果たしてどうしたら形が見えてくるのだろうと木の棒であれこれとあてがっていると、この棒でそのまま土台を作って、その上に板を張ればいいということを思いついた。

細かいパーツながらしっかりと止めてここに板を張れば完成だ。
s-2018-11-28 027

3段目も同じやり方では簡単にできて、
s-2018-11-28 040

4段目からは直線の階段なので簡単で
s-2018-11-28 034

両サイドに高さを合わせて当て木を置いて作っていく。
s-2018-11-28 036

6時過ぎ小雨が降り出してきて、家の中に用意しておいた幅広の板を置いて出来てきた。
s-2018-11-28 044

まだこれは仮の姿、これをきちんと止めていって完成だ。  とにかく形になって表れてきたのでほっとして終了。

INFINITE SUCCESS

2018.11.29 影男
影男の撮影の手伝い。
まずは井戸尻遺跡、影男現れる。
s-2018-11-29 003

s-2018-11-29 010

s-2018-11-29 014

s-2018-11-29 019

s-2018-11-29 031

s-コピー ~ 2018-11-29 027

次は蔦木宿で動画の撮影  ここでは私も雅も参加したので写真がない

続いて駒ケ岳神社へ
s-2018-11-29 066

s-2018-11-29 058

s-2018-11-29 109

s-2018-11-29 088

s-2018-11-29 091

s-2018-11-29 097


般若心経のつり橋を渡る  
s-2018-11-29 123

s-2018-11-29 131

最後に新府城 乙女坂 鳥居をくぐったところで影男急に体が重くなって撮影終了
s-2018-11-29 148

楽しい撮影の1日でありました。動画がどのようになってできていくのか楽しみであります。
s-2018-11-29 155


INFINITE JOY

INFINITE PEACE

INFINITE FREEDOM


2018.11.30 回り階段完成
階段一番上の段 切った端切れをさかさまにしてつぎ足す
s-2018-11-30 001

つぎ足すところに板を挟んでボンドで固め
s-2018-11-30 003

補強して完成
s-2018-11-30 027

次の2段目はやはり難しいので
s-2018-11-30 014

型紙を作り、2枚で完成
s-2018-11-30 012

3段目も型紙作って、2x6を3枚使って完成

とにかく廃材で作っていくというのは、無駄になるものがほとんどない。朽ちているところを除いて使うので、最後に残るのは木っ端のみで、それは全部五右衛門風呂の薪になる。そもそも、今回の家造りは全部薪に切ってしまおうと思っていた材料でできてきたのだから楽しい。
s-2018-11-30 025


これが回り階段の3段のパーツ
s-2018-11-30 026

やはり作ってみないとこの難しさはなかなか伝えられませんね。
s-2018-11-30 030

10段の階段   いろんな板で完成
s-2018-11-30 031

べニア板3枚でできる壁を半端なべニアをたくさん使って張るというのは、本当にめんどくさいことで、なんでこんな作り方をしているのだろうかと後で思うが、家の周りに積んである薪の廃材を探していると使えそうな木が見つかるのだからありがたい。ない時は何とかほかの方法を考えて解決していくというのが頭の体操のようで面白い。
s-2018-11-30 037


今日はこまごまとしたところをたくさんやって、一つ一つ完成してゆく段階に入ってきた。これがまた実にめんどくさい作業であるが、誰もやってくれないことなのでこなしてゆくしかないのである。死語にしたいと思う「めんどくさい」という言葉を今日は口癖のように使い笑い飛ばしてくぎを打っていたのでありました。


INFINITE GRATITUDE