FC2ブログ
台風一過の青皿が広がり、濡れていたものたちもすぐに乾く。
s-2018-10-01 024

たくさんの小枝が落ちていたが、どこも問題なく、今日も廃材探しから始まった。
s-2018-10-01 027

そして、増築したところの土台を作る。
s-2018-10-01 032

壁を取り外し、基礎が少し間違っていてそれをどのように修正しようかと、少し悩んで…‥
s-2018-10-01 037

何とかできた。
s-2018-10-01 041

同時に棟の刻みを作っていくが、全長6m以上あるのでどこでつなぐかがむづかしいのと、
s-2018-10-01 045

今また2階をどうやって作っていくのかが全然見えてこなくなってきて、特に増築したところの柱をどのように組んでいくかが全く見えてこない。本当なら通し柱がいいので、4.5mの材を探したが見つからなく、どうしようかと・・・・・・
次々と難題を克服していくのが廃材建築の面白いところで、あきらめと軽くやってしまうところで解決していくのである。
s-2018-10-01 047


6時前にはもう日が沈んでしまう。もう10月なのだ。
s-2018-10-01 065fffffff


INFINITE POWER

INFINITEHAELTH

INFINITE GRATITUDE


2018.10.02 今日の雲
s-2018-10-02 002hhhhh

s-2018-10-02 004hhhhhh

今日の天空ショーを雅と猫たちとで見守った。
s-s-2018-10-02 014

s-2018-10-02 007hhhhh

s-2018-10-02 026tgggggg

そして焼けてきた
s-2018-10-02 058yyyyyy

s-2018-10-02 076hhhhhhhb

s-2018-10-02 066hhhhhh

s-2018-10-02 077fffff

そして終わってゆく。
s-2018-10-02 101lllll


INFINITE BEAUTY



2018.10.02 追加の1坪増築
気持ちのいい天気
家を作らねばと
s-2018-10-02 043

今日は昨日の続きで新しく増築しているところの柱、胴差を刻む。通し柱がないので3.5mの柱を使ってそれを途中でつないで2階を作ることにした。
刻むのは柱2本と、胴差3本。この刻みに結構な時間がかかった。というのも愛用のノミの柄のたたくところについている桂が外れてしまってその修理に時間がかかったりして、午後3時過ぎにようやく組み立てに入った。

母屋とぴったりにくっつけるために壁の板も全部外す。こういうことがめんどくさいね。
s-2018-10-02 039

雅にも手伝ってもらって、無事にぴったりと組みあがる。途中、1本が刻み忘れていたところがあって一度ははめたのに取り外してやり直し。3m近くのところでやっているので疲れがどっと来る。
s-2018-10-02 035

こんなくっつけ方だがしっかりとしている。未だ母屋の屋根を外していないでやっている。そろそろ外したほうがいいね。
s-2018-10-02 053

ドアはこっちにつけようかと考え直している。ここに間柱と筋交いして強度を出せばいよいよ2階を作っていける。
s-2018-10-02 034

道から見るとだいぶごちゃごちゃ似てきてしまっているので、土手を少し片づけないといけないね。
s-2018-10-02 052


INFINITE POWER


2018.10.03 秋の光の中で
秋の木漏れ日の下で木を刻んでゆく。
s-2018-10-03 033

1本1本現物合わせで刻んでは、組んでゆく。
s-2018-10-03 016ooooo

強度をつけようと横木を組んだが、高さを間違えて水平にならず、やり直す。
s-2018-10-03 021jjj

水平になった。
s-2018-10-03 029

刻む木がなくなると廃材を積んだ中なら引っ張り出して切って、くぎを抜き、そして高圧洗浄機で洗う。
s-2018-10-03 026

その繰り返しでここまで立ち上がってきた。
s-2018-10-03 007
写真をクリックすればみんな大きくなります。

今、2階に向かって進んでいるが、母屋との接合と屋根の形状が未だややこしく、やればやるほどめんどくさい方向に突き進み、母屋の屋根の軒を壊す方向で進んでいってしまっている。こんなことになるとは思ってもいなかったが、そうするしかなくなってきた。
屋根裏ではなく2階というのは、強度の面と、上り下りと、荷揚げの繰り返しで、全く持って体力がいることをいまさらながら痛感している。
なんでこうなってしまったのかと上を見上げながら、これはきっと頭の体操と体力づくりかと思う秋の夕暮れなのである。

ゆっくりでいいからわかるところから着実に進めていくしかない。


INFINITE INTEGRITY

INFINITE COURAGE

INFINITE PROGRESS

INFINITE IMPROVEMENT



2018.10.05 紅葉の中で
紅葉
まだまだ緑の世界だけれど、日当たりのいい木々が紅葉し始めてきて、お米も昨日コンバインが来て刈り取っていったし、実りの秋本番に突入したみたい。
s-2018-10-05 001

私の今のメインは増築なのだけれど、いろいろなことが重なってきて、増築をやめれば楽になるというものでもないところがややこしい。

曇り空の中で今日も家づくりが進む。
いろいろと間違いの手直しをして、ここは、土台と胴差が全く違う位置にあり、垂直に柱を立てるために角材を斜めに切って土台を継ぎ足した。
s-2018-10-04 008

柱を縦引きして間柱を作る。この縦引きというのは切りくずが粉のようになって出てくるので鼻がいたくなる。
柱は背割りしてあるので片側だけ切ればいいのでその点は楽なのであるが
s-2018-10-04 016

4本の間柱を増築のところに立てて、筋交いを入れて完成。
s-2018-10-05 035

曇っていたので太陽光温水器は温度が上がらず、今日出た木っ端で五右衛門を沸かす。 
s-2018-10-05 034

直火炊きの五右衛門風呂、もうこの風呂に25年、一回も壊れることなく,家にいるときはほとんど毎日入っているのだからとても優秀な風呂である。
薪としてもらった廃材で家ができ、その刻んで出た木っ端でお風呂が沸くのだから本当にありがたく、こんな暮らしができることに感謝しかない。
s-2018-10-06 011


「世界平和の祈り」を徹底的する10月。

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます

s-2018-10-05 022

INFINITE GRATITUDE


起きたのが9時、完全に寝坊して富士聖地へ行く日だったのだがやめた。そもそも行く気が半分ということであった。2017年10月「究極の光を降ろす行事」が終わり、自立の道を歩んだ1年で、なにものにも依存することなく、自らの力でこの世を平和にしていく道が開かれ、歩んできた素晴らしい1年であった。
未だに、聖地へ行くと意識はクリアーになり気持ちも晴れ晴れとしてくるが、行かなくともクリア-でポジティブに暮らせ、同時に神聖を高めてゆくことができているのだから、富士聖地へは観光(光を観るという本来の意味)で立ち寄るくらいの感じでよくなっているのかもしれない。
s-2018-10-07 014hhhhhh


昼過ぎ、3日間何も食べずに閉じこもっていたルナが外に出てきて、川の水を飲み、
s-2018-10-07 024

そしてキャットニップの草の中で寝ていた。まるで死に場所を見つけに出てきたようで、それも猫の大好きなキャットニップのハーブの中というのはもってこいの場所かもしれないと、風が強いものの日当たりがよく夕方まで寝ていた。
 s-2018-10-07 046

秋晴れの今日、私は、半分休みのつもりで2階を作りだし、始まれば本気になってやってしまうのでありました。
s-2018-10-07 080

めんどくさいと思っていた母屋の軒を壊す。 東側は全部取り壊し、
s-2018-10-05 046

西側は60cmだけ切り取る。 
s-2018-10-07 052

s-2018-10-07 053

作ったものを壊すことには、とても慎重で、2階にいた雅が屋根伝いに来てくれて、何度も測りなおし時間をかけて間違いなく切り取った。
s-コピー ~ 2018-10-07 061


いろいろ目に見えないところの補強や直しをして強度を上げていく。
いよいよ2階の柱もたってきたので、棟が上がる日も近いところまできた。
s-2018-10-07 057



INFINITE ENERGY

INFINITE HEALTH

INFINITE GRATITUDE




ルナはいつの間にが猫の出入り口から外に出て、キャットニップに草むらで曇り空で風もあって寒そうに毛を立てながら眠っていた。
s-2018-10-08 032

私はすぐそばで家造りの一番の大仕事とでもいうのか棟木を刻んでいて、ちょくちょく様子を見ちゃって、
s-2018-10-08 052

それが嫌だったのか、単に居心地が悪いのかキャットニップの中をあっちこっちに移動しては眠っていて、水を時々添えてみたが全く飲まないで、ただじっとしていた。
s-2018-10-08 035

昼頃からは太陽が出てきて暖かそうに眠っていた。
s-2018-10-08 037

2時ごろ少し暑くなったのかふらふらと私のところに出てきて、
s-2018-10-08 042

水を飲むかと思ったのだけれど結局口をつけただけで家の中に入っていってしまい、
s-2018-10-08 045

家の中なら安心と思っていたのだけれど、どこにもいなく外も探して、いよいよ死に場所を探しに出て行ってしまったのかと思ったが、洗濯機の奥の暗がりにいるのをやっと見つけて一安心、寒くないのでそのままにしておいた。しばらくすると今度は、私のアトリエのソファーで西陽に当たって眠っていた。5時過ぎに見に行くと居なくっていて、暗くなる前に見つけないとと、外を探し、今日いたところを全部探したが見つからなく、なんと2階のベッドで棒のようになって、か細くゆっくりとした呼吸で寝ていた。それからはもう動かずベッドにいてくれて、日が変わって、0時半、雅が眠りに2階に上がり、すぐに下りてきてルナが死んじゃったみたいというのでいくと、暗がりでじっとしたままだったので私もそう思ったが、声をかけると頭を少し動かしてこっちを見た。何かこれが最後かもしれないと雅と2人で「今までありがとね」と言って涙ながらのお別れをして、雅はそのままルナと寝て、私が1時に行くと横に倒れて口を開いていて死んでいた。
2003年9月に生後3か月で、ヒロさんのうちのシャンティーの子供として来たルナ、
去年20で亡くなったゼロとともにネコエイズ陽性といわれていたけれど長生きして、亡くなり方もゼロと一緒で、食べること大好きだったのに、なぜかだんだん痩せていき、いつも風邪ひいているような感じで1年、そして急に食べなくなって、どんどん痩せていって静かになくなってしまった。老衰といえばそうかもしれない。

15年、わが家族として居てくれて本当にありがとう
s-RUNA20181091.jpg

Infinite Freedom

Ininitte Life

Infinitte Gratritude

Infinite Peace

Infinite Happiness

Infinite Love
2018.10.09 ルナ通夜
ルナが夜中に亡くなり、朝寝て朝起きた感じの朝、秋桜や百日草摘んだり、キャットニップやミント摘んだりして、ルナの周りに活け、オイルランプをともし、線香をあげて、
s-2018-10-09 045

普通通りに雅は仕事へ、私は外へ出て家造りを始める。
昨日刻んだ棟木と西側の軒桁をあげる。そして西側の軒桁の刻みが間違っていて
s-j2mzxgdp.jpg

ほぞ穴を開けなおす。
fc2blog_20181010011953ab0.jpg

今日は新緑の春のような緑の光の中、季節を忘れてしまいそうな、夢うつつな時間が何度もあって、それがなんとも気持ちよく、ふと現実にかえってルナの死を悲しんだりしながら、窓が入るところに柱を立て、
s-2018-10-09 002

650cmの西側の軒桁が出来た。
s-2018-10-09 006

棟木をあげようかというときに、悦ちゃんと青木君が来たので今日はこれまでということで休憩。睡眠不足もあったのでやめて正解。
s-コピー ~ 2018-10-09 019

夕闇迫るのが日に日に早くなってきて、蓄音機からの音色を楽しんでのんびりして、犬の散歩があるからと帰っていき
s-2018-10-09 022

夜はかわいかったルナのことを思いながら
s-2018-10-09 074

夜が更けていったのでありました。
s-2018-10-09 066

INFINITE LIFE

INFINITE LOVE

INFINITE GRATITUDE

2018.10.10 ルナの埋葬
朝、ルナの棺を段ボールで作って
s-2018-10-10 043


平和塔の東側、ゼロの隣に墓穴を掘って
s-2018-10-10 003

庭に咲いている花いっぱいにして
s-2018-10-10 046

お別れ
s-2018-10-10 053

土の中へ
s-2018-10-10 058

墓石置いて 花撒いて
s-2018-10-10 061

隣の石はゼロ、サン、ハル、ここには4匹の墓石が並ぶ。
s-2018-10-10 062

ラムも来てお別れ、あとでミカンもお別れに来ていた。テトもどこかで見ていたに違いない。
s-2018-10-10 064


わが家の猫、テト、ミカン、ラムの雌3匹になった。
茶虎の雄が毎日ご飯を食べに来るが、とことん野良ですぐに出て行ってしまう。キジのちょび髭は最近来なくなった。チャービルはいなくなって1年、もう会えそうにないかな。

当分はルナとの思いでにふける日々であろう。
s-20070516 008
INFINITE LIFE




2018.10.11 棟上げ
昨日、棟上げ
雅が休みで手伝ってもらって一番高い棟が上がった。これも刻み間違えていてほぞ穴をあけなおす。
s-2018-10-10 026

s-2018-10-10 030

東の棟桁も完成して
s-2018-10-10 073

2階が出来てきて、次なる屋根のことが見えてきて考えることができるようになった。
そして今日は、まだまだ2階部分に使う小屋梁や、窓に使う材を探し、東の窓と、南の梁を取り付けた。
いざやりだすときに材探しから始まるというのはどうにも段取りが悪く時間ばかりかかってしまう。
これは屋根材にどうかとシートを外してみてみたが長さが足りなかった。
s-2018-10-11 004

本当に家というのは木でできているものだと感じる。
s-2018-10-10 108

そして今は2階で木を刻んでいると、はしごで木を3m上まで荷揚げしているのが結構体に来ていて、木は結構重いものだと感じる今日なのである。
s-2018-10-11 011

そしてもう一つ、歳を取ったのか力がなくなってきているのを感じている。
3時前に雨が降り出し今日は早々に切り上げることができた。体が少し疲れているので、ちょうどいい雨であった。

先は長いが、一番高い地上から5mの棟が上がり、屋根が見えてきたところなので実にうれしい。
そしてここまではすべて廃材で作ってきたが、これからは板材で家を覆いながら強度を増していくために、材を買いだしながら進めて行く。均一できれいな材料で進めていくのは実に楽で簡単である。
ただ、5m上までの荷揚げが一番大変なところなので、体力づくりと思ってうまくやっていこうと思う。

ジコボウを森で見つけ、お味噌汁に入れていただいた。毎年の秋の香りで癒された。
s-2018-10-10 085

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH


家造り8月から始まって2か月、ここ最近思うことは、バベルの塔の創造のように人間は上に向かって進みたいということ。今まで見たこともない空間に立ち、今まで見たこともない景色を見て、全く新しい次元に立っているような感覚に喜びを感じている。
ただ、上に向かうということは、重力に反して進んでいくので、とてつもなく重労働で、肉体は悲鳴をあげながらも同時に喜びを感じる不思議さがある。これは重力に立ち向かうことが人間の本能の中にあるのかもしれない。
重力はまさに地球と私がつながっていることを感じる力。その力を知ると同時にその力を超えてゆく世界を知るために、上に向かうのかもしれない。
大地に根差し生きてゆくことを忘れずに、重力を感じながら生きてゆくことで、人間は肉体だけではないということを感じるようになり、この肉体を超えた世界でも同時に生きてゆけるようになるのである。そう思いながら、今日も肉体に鞭打って上に上がる。


昨日の雨は上がり、曇り空の寒い北風が吹く。
始まりは廃材を運んできてきれいに洗う。2階もまだまだ3寸5分の柱がいる。とにかく家は木でできている。木をたくさん使う。
s-2018-10-12 016

s-2018-10-12 011

s-2018-10-12 023

2階もだいぶ固まってきた。 あと2日で屋根に行けそうだ。
毎日材料がなくなり、廃材を引っ張り出してきて運んで洗ってくぎを抜いてというところから始まるので時間がかかるのは仕方ない。
今回の家造り、2階にしてしまったのがちょっとやりすぎの感がある。もう飽きたと言ってもあとを誰もやってくれないから、私がやり遂げるしかない。
とにかく腰が大丈夫なのが不思議だ。毎日お風呂に入ると体中の筋肉が解けていく。

INFINITE HEALTH




2018.10.13 廃材美
2階、間柱もすべて立ち、筋交いも入ってしっかりしてきた。
ここまですべて廃材で作り上げたというところに喜びがあり、そして私なりの美意識が出来上がってくる。
s-2018-10-13 038

s-2018-10-13 041

これでいいのかというところが至る所にあるものの、それを補強し固まっていくところが想像を超えた形が現れてきて面白い。
s-2018-10-13 031

s-2018-10-13 047

そして廃材の美というのがある。
s-コピー ~ 2018-09-24 054

柱として半世紀近く家を作っていた木たちが、今また新しく刻み組まれわが家の柱となって立つ。
s-2018-10-13 033

s-2018-10-13 032

s-コピー ~ 2018-10-13 029

廃材探しも荷揚げもこうして出来上がってくると楽しいもんです。
s-2018-10-13 017

西の空に大好きな5日月が現れて、今日はおしまい。
s-2018-10-13 083yyyyy


INFINITE HAPPINESS


2018.10.14 休日
小雨が降る朝、清里へ、10年前だったカンティーフェアの出店で大忙しの朝なのだが、今はのんびり休日の日曜、今年最後の清里カーブーツのフリーマッケットへ  いろいろ買ってしまった…・
s-コピー ~ 2018-10-14 038

11時半galleryTRAXへ
s-2018-10-14 007sssss

まだ開いていない、入り口で開くのを待っている人がいて、帰るのもかわいそうなので、エッちゃんに電話すると今出るところということで、まずは先に入って25th Anniversary in Gallery Trax vol.2の最終日を見てきた。

s-コピー ~ 2018-10-14 009ssss

s-2018-10-14 005mjmjkjj

静かなTRAXでありました。
s-2018-10-14 006sssss

今日はのんびり、夕暮れまで寝てしまった。
s-2018-10-14 031


INFINITE HEALTH

INFINITE JOY

INFINITE GRATITUDE


電蓄のレコードプレーヤーを手に入れて、フォノイコライザーがついているアンプ、つまりはレコード時代のアンプがないとだめで、古いアンプを物置から出して、プリメインアンプではパワーがありすぎるのかだめで、プリアンプと今どきの2000円アンプをつないで、これが一番いい組み合わせで普通に聞けるレベルまで来た。
s-2018-10-16 015hhhhh

手回しの蓄音機だとどうしても止まってしまうレコードがあったのが、この電気モーターと蓄音機よりも軽いトーンアームのおかげでほとんどのレコードが聞けるようになった。何よりも手軽に聞けるというのが電気の力である。
s-2018-10-16 009


DORIS DAY DOMINO  



INFINITE RENEWAL

2階の構造材もほとんどできてきて、次なる課題の屋根に入りたいと、そのために、ついに材料を買いに行く。ツーバイ材で屋根の垂木を流す。先ずは買ってきて
s-2018-10-15 002

2階にあげて用意万端。材を買ってきて荷揚げして、結構疲れます。
s-2018-10-15 004

そして屋根に行く前にまだやらなければいけないところをやっていく。
仮の筋交いを止めてなかったのでいつの間にか西の柱が曲がっていて、がっちゃで引っ張り、
s-2018-10-17 033

細いところなので変形の筋交いを打つ。
s-2018-10-17 032

西側も2つ筋交いが入って固まった。
s-2018-10-17 037

屋根の垂木が2x4材なので、ちょっと強度が弱そうなのでもう1つ母屋(もや=梁)を流す
s-2018-10-17 043

s-2018-10-17 056

s-2018-10-17 063

これで屋根の準備は整った。2x4を15本流す
s-2018-10-17 057

脚立をあげ、足場板をあげて屋根への準備を整える。
s-s-2018-10-17 138


INFINITE POWER



吉祥寺の屋上は秋桜が咲き乱れ不思議なガマの穂が実る草原で  
s-2018-10-18 037

兄のアトリエは、若き頃の絵が掛けられていたり、
s-2018-10-18 052

ラリーズのチラシが張られていたり
s-コピー ~ 2018-10-18 051

現実はというと足元まで物であふれかえっていて、どうにもならない状態なので
s-2018-10-18 045


草原を通り抜ける秋の風に当たりながらハンモックで揺られていた
s-2018-10-18 027

午後、時間があったので久しぶりに井の頭公園へ
s-2018-10-18 072

曲がった時計やへこんだトイレの屋根が台風24号の傷跡を物語っていて
s-2018-10-18 008


かいぼりが終わって水が張られた美しい水面の公園
s-2018-10-18 074

ボート乗り場の前にはアワダチソウガ咲いて、虫達がいっぱいやってきていて
s-2018-10-18 099

s-2018-10-18 103

家に帰るとタローが元気なく、まこっちゃんも夕食後爆睡していて
s-2018-10-18 021

0時過ぎ写真撮って出発、2時に八ヶ岳に帰り着く。
s-2018-10-19 011uuuuu


INFINITE HARMONY


2018.10.19 台ケ原宿市
朝9時に家を出て白州の台ケ原宿市へ
すぐそばの駐車場に車もとめられて
s-2018-10-19 066

クラフトの出品している小淵沢や武川の古い知り合いに会ったりしながら
s-2018-10-19 020

s-2018-10-19 021

s-2018-10-19 017

七賢の酒蔵の骨董市へ

s-2018-10-19 042

s-2018-10-19 038

ここはいつもそそられる時計が並んでいます。
s-コピー ~ 2018-10-19 045

今作っている家に格子戸をつけたいと思っていて、つい見てしまうのです。でも今回はやめて、
コピー ~ s-ud4fzk5g

SP盤がケースに入って20枚で500円は安いでした。
それと、小さなこけし5つ買って、
s-2018-10-19 077gggggg
写真をクリックするとみんな大きくなります


このどんぐりトトロがかわいくて、体験で作れるというので
s-1nu1tlyz.jpg

人生で初めてのクラフトの体験をでありました。 400円と安いです。
s-zr1ccepc.jpg

わが家族であります。 小雨が降り出し、お昼早々に帰ってきました。
s-2018-10-19 09ssssss


昨日からあまり寝ていないので、昼寝して

そして夜は、SPレコード聴き更けていきました。



INFINITE PEACE


朝一、長ねぎをいただいてきた。全部トラクターでかき回してしまうから好きなだけ持って行っていいというので一輪車山盛り抜いてきた。結構深く伸びているので切れないように抜くのは難しく力もいる。
s-2018-10-20 016

10時から家造りを始めて
s-2018-10-20 017


いよいよ今日から新材の2x4を使いだす。
s-2018-10-20 002

棟木の上に2x4を流す
s-2018-10-20 025

屋根の垂木を流す。 買ってきた材はきれいだ。
s-2018-10-21 004

棟木母屋軒桁に45.5cmピッチでノコで刻んでいく。
s-コピー ~ 2018-10-21 005

これが結構うえでやるので大変で、足場の脚立を移動しながら降りたり上がったりの繰り返し。
s-2018-10-20 006

2時過ぎパラパラと降り出して、これくらいならとやっていたが、すぐに大粒になりだしあわててシートをかけ今日は終了。
s-2018-10-20 011

天気が今日はもうやめたらといってきたようで、家に入ると昼寝してしまった。


INFINITE HAPPINESS

INFINITE LOVE


2018.10.21 小屋組み
秋晴れの日曜日
午前中は台ケ原宿で北杜高校が出店している花、パンジー、ポインセチア、シクラメンを買って、 骨董のほうはすっかりすいていて、素通り、
s-2018-10-21 041

一昨日は見なかったクラフトのところを見て、築300年の家のギャラリーを見てきた。
s-2018-10-21 040

s-2018-10-21 034

s-コピー ~ 2018-10-21 037

お寺でJAZZが始まったので心地よく聞いて、帰りにコメリでねじくぎを買いに近くのコメリに行ったが120mmがなく、長坂のJマートによって帰ってきた。
s-2018-10-21 048

午後、120㎜の釘が入ったので家造り
今日は西側の垂木を載せる。
s-2018-10-21 060

s-2018-10-21 077

s-2018-10-21 079

s-2018-10-21 058

東の一番外側の垂木は母屋がないので強度を出すために2x6で流す。残り3本乗っければ、次の野地板を貼ればいい。だいぶ来た。
s-2018-10-21 064

INFINITE POWER

INFINITE CREATION



2018.10.22 野地板
秋の光いっぱいの中で  端っこの3本の垂木を取り付けた。
s-2018-10-22 064

ツーバイ材30本がなくなり広くなった。
s-2018-10-22 076

垂木と垂木の間の隙間をふさぐために、9cm幅のきを探してきて、見つかった。 
s-2018-10-22 067

だいたい42cmの隙間なのだが微妙にみんな違うので、一つ一つ測って切ってはめていく。     
s-2018-10-22 066

東側がはまった。
s-2018-10-22 068

続いて西側も
s-2018-10-22 069

全部はまった。こういうところが家造りの実のめんどくさいところなのである。
s-2018-10-22 070

3時、野地板を買いにJマートへ
針葉樹合板28枚、それとアスファルトルーフィング3本買ってきた。
s-2018-10-22 078

ここから5m上に運び上げる。先ずは2階へあげて、そこから屋根にあげていく。8枚あげて、
s-2018-10-22 089

とりあえず4隅だけねじ止めして8枚張り置いた、
s-2018-10-22 098

あと20枚運び上げて、明日には屋根のルーフィングを貼れば少し休憩できる。
s-2018-10-22 100


INFINITE HAPPINESS

28枚のべニアを2階まで上げ、
s-2018-10-23 002

そして屋上まで上げる。ここまでで結構腰に来た。
s-2018-10-23 004
 
残りを貼っていく。
s-2018-10-22 108

あと2枚
s-2018-10-23 024

私がべニアの4隅をインパクトで止めて貼り、雅が50mmの釘を打っていく。
s-2018-10-23 020

2時、全部が貼れ、昼食
s-2018-10-23 076

釘1.5キロを全部使いきったところで今日はおしまい。後、1キロいる。釘打ちもエアーくぎ打ち機があればあっという間であろう。そんなものはないので金づちもってとにかくくぎを打つ。

屋根の邪魔になるケヤキと水木の枝を切ったり、しながらだったので、今日はこれでおしまい。結構疲れた。
s-2018-10-23 079

少し東側も明るくなった。
s-2018-10-23 037


INFINITE HEALTH




朝一で、昨日の残りの野地板を貼るためにくぎを買いに行く。ついでに、水切りと垂木が風で飛ばないようにするネジリという金具を仕入れてきてた。
野地板を貼り終えて、そしてついに、屋根の工事で一番大変な破風板を取り付ける。
まずはそのための板探し、廃材置き場で、板物を置いてある屋根のかかった置き場で、幅13cmと11cmの板を見つけて
s-2018-10-25 015

s-2018-10-25 017

引っ張り出して、
s-2018-10-25 027

洗って、干して
s-2018-10-24 004


普通なら家の周りに足場をして取り付けるのだろうが足場がないので、傾斜している屋根から頭を出して取り付けるので、命綱を雅に引っ張っていてもらいながら取り付け。 東側は、下に谷川が流れていて高さが10mくらいあり、今回の家造りで一番怖いと思いながらの破風板取り付けでありました。
s-2018-10-24 011

きちんと取り付けられているかを下から点検して、破風板が貼られると屋根がしっかりして見える。
s-2018-10-24 038

s-2018-10-24 040


西側は、そんなに怖くなく、こっちのほうが傾斜も急なのに、見える世界が違うだけでこんなにも気持ちが違うのかと思うのでありました。
s-2018-10-24 034

昨日、夜雨が降り、野地板が相当に濡れてしまっていて3時過ぎまで乾かし、4時から、ルーフィングを貼りだした。
破風板の上に水切りを取り付けて、下からルーフィングを流していく。風がないので楽にできた。
s-2018-10-24 018

半分貼り終えた。
s-2018-10-24 020

全部貼り終えるころにはタッカーを使っていた手の握力がなくなってきていた。
s-2018-10-24 022

屋根はこれで当分は大丈夫。喜ぶ私です。
s-2018-10-24 027

s-2018-10-25 002

満月までに屋根まででき、これで薪ストーブの火入れもできるところまで来ました。
INFINITE HAPPINESS

毎年秋のこの時期に世界平和の祈りをしに瑞牆山に来ている。
今年は雅と2人で向かう。
最初に岩屋堂へ行ってお参り
s-2018-10-25 069

s-2018-10-25 320

s-2018-10-25 314

続いて修験者が修行したであろう断崖絶壁へ
s-2018-10-25 329

私よりも先に行った雅は
s-2018-10-25 331

写真撮るからもっと先へ行ってと進んでいき
s-2018-10-25 109

振り返ったところで
s-2018-10-25 338

腰が抜けたようで動けなくなって泣きながら戻ってきたのでありました。
s-2018-10-25 116

わたしはここに立って、風と光を感じていると、昔々山々を飛び歩いていたような自分に出会うのであります。
そして、この場所を教えてもらったのが2年前に亡くなった永留さんで、一緒に山々を駆け巡っていたのだろうかと思うのです。
s-2018-10-25 351

11時、平和塔の建つ瑞牆山に到着。
s-2018-10-25 258ghgggg

紅葉の森 静けさの森を散策して

s-2018-10-25 380

s-2018-10-25 388

s-2018-10-25 393

お祈りして、瑞牆山聖地を後にする。
s-2018-10-25 449hhhhhhh

増冨渓谷に降り、ここでも紅葉を楽しみ、3時、我が家に帰り着く。
s-2018-10-25 460

s-2018-10-25 466

s-2018-10-25 281 

満月の今日、そんなに寒くもない夜でありましたが、我が家の薪ストーブの火入れをして、これから始まる寒い季節の準備も万端です。
s-2018-10-25 304sssss

INFINITE PEACE

INFINITE HAPPINESS




屋根が出来たので、雨の心配がなくなり、また下を作っていく。
まだまだ金物でとめたり、細かい造作がたくさんあるものの、これからは板がたくさんいる。そろそろ板を買う計画たてようと、昨夜その見積もりを出したりしていた矢先、部落の建具屋のおやじさんが家を見に来て、よくできてるとほめてくれて、もう使わない材料があるから見に来いと言われ、行って、いただいてきた。
fc2blog_20181026232551f09.jpg

いろいろな4m材を軽トラいっぱい運んできた。
s-2018-10-25 475

時間がたっていて汚れとアイジャクリのところが割れていたりはしているが全部新材。
s-2018-10-25 476

仕分けしてみたが、種類がいっぱいあってどうやって壁にしていくのかと考え込んでしまったが、
s-2018-10-25 295

まあとにかく材料が来たということはこれで作れということで、
s-2018-10-25 478

めでたく、うれしいことであります。
s-2018-10-25 298

そして夕方、突然に、虹梁建設の高桐さんが2トンダンプできて、廃材をドバっと置いて行ってくれた。
s-2018-10-26 020

それも何と板がたくさんあってうれしき悲鳴
s-2018-10-26 022

仕事から帰ってきた雅に板をたくさんもらったのというと、念力使ったんじゃないのかといわれたが、いや念力なんて使ってないよといったが、1日にしてそれも欲しいと思っていた板がこうもたくさんやってくるというのは実に不思議なこと。
s-2018-10-26 015

屋根は材料がなく新材を使い、あっという間の感じでできてしまった。
壁板もなかったので杉板とコンパネなどを買って簡単に張ってしまおうかと思っていたのだけれど、今日は、それではだめですよと言われたようで、まあとにかく、今日来た廃材を使って壁を作っていこうと思うのでありました。
s-2018-10-26 026


INFINITE SUPPLY

INFINITE GRATITUDE




2018.10.28 廃材の整理
夜、雨が降り出したので、昨日来た廃材の板が濡れてしまい、そのままにしておくとそっくり返ってしまうので、きれいに洗って乾かすことにした。
廃材を積んで、運んで、
s-2018-10-27 013

洗浄機で洗って
s-2018-10-27 015

s-2018-10-27 014

そして、時々裏表を返しながら乾かして
s-2018-10-27 003

長さと幅で別にまとめて、まだか完全に乾いていないのでひもでしっかり縛って
s-2018-10-27 006


すべてに板と接して大体使える木と使えない木もわかり、さてどこに使おうかというところです。朝からやって、夕方までかかってしまう大仕事でありました。廃材でやるということは本当に面倒なことが多いのです。
乾かしている間に、昨日来たもう一つの廃材も仕分けするものの、ちょっとした刻みが違っていたり厚さがちょっと違っていたりで わけわからなくなりながらも何となくわかってきて、外壁貼りがこれから始まります。
s-2018-10-28 009

s-2018-10-28 008

毎日家造りがメインの日々でありますが、日々紅葉も美しく、我が家の畑も最後のトマトやピーマンを収穫しながら、小さな大根は収穫できるかどうかで、ちょっと寂しく、冬野菜は周りの方々からいただき物でまかなう今年のようです。


INFINITE SUPPLY

INFINITE GRATITUDE

 
朝月が西の森へ沈もうとしているときに、
s-2018-10-28 001

毎年頂いているSさんの畑の柿採りヘ
s-2018-10-28 015

今年の柿は数は少ないものの大粒であります。
s-2018-10-28 019

あっという間に終了して
s-2018-10-28 022

次なるは家造り 今日から外壁を張りだす。
いろいろ考えて、まずは今年の4月に建築工房の土場の整理で出た廃材を使おうと積んであった木をどかして
s-2018-10-28 025

1枚300cmx45cmで30キロぐらいある外壁材12枚を張っていく。
s-2018-10-28 026

重たいので雅が手伝ってくれて本当に助かります。
s-2018-10-28 028

2枚づつ運んで、切って、東側を張っていく。
その前に透湿防水シートを張ってその上に外壁を張っていく。本当は縦に張っていくと楽なのだけれど、今日張るところだけシートを張って始める。
s-bsi04uuy.jpg

まずは下の2段はアイボリーの外壁で、続いてはグレーの外壁材の2色展開となった。
どこの工務店もこういう外壁材は少し多めに仕入れて、余った部材が捨てられずにたまってしまい、使えないものとしてある程度置いて置くが、結局捨てることになるようで、そういう部材で外壁は完成できそうです。
s-mgmfas3z.jpg

9枚張れたところで今日は終了。1階部分がほとんど張れて、これから上は木を張っていく。部材が大きかったので9枚4坪ぐらいは張ったことになる。結構進んだね。
s-2018-10-28 036


本来ならばこういう部材は好きではないのだけれど、捨ててしまいというのはあまりにもったいなく、いただいてきてしまい、
ふとわが家を見渡せば、そういう部材ばかりのパッチワーク状態で
s-20070712 003

まあこんなデザインは絶対にできない家という家になってきているのであります。
s-2018-10-29 005


INFINITE FREEDOM

INFINITE HEALTH

INFINITE GRATITUDE


2018.10.29 外壁張り
足場を東と南に作り、高さ2mの位置で歩ける。これで2階まで板を張っていく。
今日も、重たいセメント質のサイディングを切っては張って、結構上までできてきた。

階段状に取り付けて、なんだかわからぬが、せめてものおしゃれ
s-2018-10-29 016

他は木の板で張っていく。これで、ほとんどセメントの外壁材は使い切った。重い作業が終わりほっとする。
s-2018-10-29 015

北側は本当は扉を入れるつもりでいたが、やめにして小さな窓を入れる。
s-2018-10-29 008

この窓は今は亡き藤さんの家の建具で、一応ガラスが2枚入っている手造りのペアガラスなのだが、片側が割れていて、あとで入れなければならない。
s-2018-10-29 009

窓の幅が80,5cmで、柱の間隔が80cm、柱を5㎜張り込んでやっとうまくはめた。
s-2018-10-29 010

今日は風が強く、一人で透湿防水シートを貼るのがとても大変で、こういう時一人助手がいれば楽なのだけれどと思ってみても雅は仕事です。まあ今回の家造り、一人で、それも体を壊さないで特に腰が痛くならないようなやり方でということで、そこを頑張ってやっているので時間がかかり、じれったくなりながらも、着実に安全に進んでいるという状況であります。

INFINITE HEALTH

2018.10.30 板を張り
今日もいい天気、コントラストの強い日であります。
s-2018-10-30 005

家を建築中なので、庭にはどんどん材木が置かれ、すでに片付けるだけでも1日はかかりそう。
s-2018-10-30 021

毎日あちこちから持ってきては使えたり使えなかったりで、木っ端もたまり、そして今は板類がたくさんやってきて、どうにもならなくなってきた。 
そして、廃材といってもまだ使われていない材ながら厚みも違えば幅も違い枚数も長さも違う。それにすべての接続の仕口加工のアイジャクリも違っているのでどのようにつないでいくかをいくら考えてもわからないので、まずはこれだと思うものから張っていった。
s-2018-10-30 016

東側、登って降りての繰り返し、4種類の杉板を貼り続けて、もう足場からは張れないところまできて、今日はおしまい。
s-2018-10-30 025

1階に窓がないのがさみしいかもしれない。
s-2018-10-30 022



INFINITE SUCCESS

INFINITE POWER

INFINITE PEACE



日に日に秋も深まり、北風が冷たくなってきた。
今日は、まず、窓を引っ張り出してきて、雅に手伝ってもらってきれいに洗い。
s-2018-10-31 001

2階の東側に入れた。2階の南側にも窓が欲しいと、間柱を動かし、1階の南にも明り取り用の窓を取り付けるべく枠を作った。
s-2018-10-31 005


そして、南側の板を張りだす。
廃材で作るというのは本当に難しい。幅も厚みも、仕口も違う木たちをつないでいくことの大変さを思い知らせれながら、5段張ったところで先に進めなくなった。幅が同じ板がなく、自分で作って張ったのだが、もう板を探すのに疲れてしまった。
s-2018-10-31 052

まだ板はたくさんあれのに、これは上の方で使いたいとか・・・・・・・
これは部屋の中がいいとか、たくさんあるのは、幅30cmで長さが180cm薄い床材の廃材。
s-2018-10-31 021

先日水洗いしたものの果たしてこれで張れるのかと思いながら、少し張ってみた。
雅は先日採ってきた柿をむいて干しだし、
s-2018-10-31 049

10月最後の今日は、秋の深まりの中の1日でありました。
s-2018-10-31 044


INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY