雪が降り始めた
s-コピー ~ 2018-02-01 003aaaa

アトリエの窓から雪の降り積もっていくのを見ながら
s-2018-02-01 012dddde

s-2018-02-01 013jjjjk

s-コピー ~ 2018-02-01 011

薪ストーブに当たりながら、クリスタルとスワロフスキーなんかでサンキャッチャーを3つ作った。今日の仕事でした。
s-2018-02-01 009jjjj


INFINITE CREATION


2018.02.02 トイレの改修
昨日の雪はやんでくれて、
s-2018-02-02 004

車の雪をどかし、道の雪かきをして吉祥寺へ出発
s-2018-02-02 002

今日はアパートの修繕
202の部屋の鍵の取り換え、湯沸かし器の取り付け、
s-2018-02-02 021

和式便座を
s-2018-02-02 008

洋式に変える優れものの便器に改良。ここの部屋は30年近く1人が使っていたので大幅に改良しなくてはいけなく、風呂の改修は頼んだものの、他はみんなやろうということで、トイレを、洋式に改良するのには和式の段差をフラットの床にしないといけなく、今回はめんどくさくて何とかいい案はないものかと探していたらTOTOもINAXにもそのままで完全洋式になるアタッチメントがあったのでそれを買って、それに温水便座を取り付けて完成なのであったが、
s-2018-02-02 022
やはり30年使い込んだトイレの、水をためるロータンクの一番下の止水栓のところのパッキンの劣化で水漏れしていて、なんぼ締めなおしてもダメで、これは交換しないとだめということで完成には至らず、あとは空太に任せる。

続いて、ひかり子と水樹の部屋のトイレも温水便座に取り換えて、何とか予定を完了。
それぞれの部屋のトイレもなかなか大変で、風呂場と一緒のトイレはネジがさび付いていて周らず、ただ2本のネジを取り外すだけで1時間かかり、
s-2018-02-02 020

もう一つは、1本は簡単に取り外せたもののなぜかもう1本が外れず空太がやとこさ外してくれて取付けられた。
s-2018-02-02 012

交換自体は簡単なことなのだけれど、前についていたものを取り外すというところが一筋縄ではいかないことが多く、ここに一番労力がいることがあるので簡単に安請け合い出来ないということであり、仕事で頼まれれば、そういうことも考えて高いということになるのであろう。

足りないものを買いに町に出たが、ほとんどが完成したものだけで工具やそれに使う消耗品などはこの町には売っていない。まあしかたないか・・・・・

なんだかんだと10時ころまで頭はトイレで、疲れた吉祥寺、
夜遅く風香がマッサージしてくれて、水樹もひかり子も一緒に3人でマッサージしてくれてほぐれたのでありました。
1時過ぎひかり子は寝てしまったけれど記念写真撮って、
s-2018-02-03 006dddde

3時過ぎ、月明かりの八ヶ岳に帰り着いた。
s-2018-02-03 040

いい月あかりです。
s-2018-02-03 031jjjj


INFINITE RENEWAL

INFINITE REFRESHING

INFINITE HAPPINESS




節分の日。外は雪景色。
s-2018-02-03 079

小鳥たちはヒマワリの種を頂戴と外で鳴いていて、
今日はアトリとカワラヒワも来ていてにぎやかで
s-コピー (2) ~ 2018-02-03 063

ヤマガラシジュウガラ、そして今年はスズメもいるので5種の小鳥たちがにぎやか
s-コピー ~ 2018-02-03 056

昨日の疲れで何もできないまま、豆まきして
午後、温泉へ
s-2018-02-03 081

森に日が沈むころ帰ってきた。体中の細胞が暖まった泉温泉でした。温泉はいいね。
s-2018-02-03 100

INFINITE HEALTH

2018.02.04 昼と夜の調和
2018年2月4日春分の日
s-2018-01-14 008


今日は「宇宙究極の光を降ろす」行事の日。富士聖地にはいかない。

今まで、宇宙究極の光を受ける器として頭数が多い方が受ける光も多いということで参加する意義を感じていた。しかし一人一人が地上に究極の光を流すことができる時すでにいたり、究極の光を降ろす行事は終わりを告げたのである。それにもかかわらず未だ日程表には「宇宙究極の光を降ろす」行事となっているのはおかしいことで、多分そのうち変わるのかもしれないが、やはりこういう宗教的なことにおいて丁寧さがかけることは会の運営に影響してくるのであろうと感じてしまうのである。二千十七年の終わりの行事も究極の光を降ろすことなく神聖復活の印を組み終わっていたので、2018年2月、今日の行事は世界各国の平和をいのりそして神聖復活の行事というところであろうと思うと、聖地にいかずとも家で日々の暮らしの中で淡々と行って行くことに意識を向けて行くことが、より大切なのだとかんじている。

s-2018-02-03 078


会長が21世紀すべての宗教がなくなるといってから二十年近くたち、
一人一人が意識を高め神聖を復活させて行く時、自然に白光真宏会もなくなって行くときなのかもしれない。それはわたし自身寂しいことであるとともに、試練でもあり、独り立ちするときに至ったということで、覚悟を決めるときなのであると勝手に考えている。
今年はそういう年、そういう時なのであろう。


今年の指針が、「やりたいしたいと思ったならばすぐに第一歩を踏み出せ」

この指針にしたがい、
今年からは出来るだけ富士聖地に行くことを意識せず、自由自在に世界中にいる祈りの同志たちと繋がって行けるように暮らして行きたい

INFINITE FREEDOM

INFINITE LOVE

INFINITE HAPPINESS

INFINITE HARMONY



去年2017年9月にチェコから動画を撮りに来て
その動画が出来たのでと1月に連絡があった。
YOUTUBEに上がっていた。
ストーリーは私が頭痛もちで満月になる頭痛に悩まされていたということをもとに作ってくれたようで
自然と愛と薬草の力で治癒していくというもののようでありました。


小淵沢に住んで絵を描いていたヒロちゃんがチェコの人と結婚してその彼と映画監督と来ていてあちこちでいろんなストーリーを作っていったのがみな完成したようです。
私はアトリエムーンということで月になってしまいました。


チェコの寺院にミニ平和塔を建ててもらいました。
ssssggtgtgt.jpg

securedownload.jpg

securedownloadaaa.jpg

ということで
私の描いた平和塔もチェコ語で
コピー ~ 2018-02-05 016jjjjj

Ať mír vždy vládne na Zemi
アチ ミール ヴジュディ ヴラードネ ナ ゼミ
世界人類が平和でありますように」

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY

INFINITE GRATITUDE


2018.02.06 雪に写る影
屋根の雪は解けて発電してくれている
s-2018-02-06 004

s-コピー ~ 2018-02-06 023hhhhhb

s-コピー ~ 2018-02-06 010hhhh

s-コピー ~ 2018-02-06 011tttt

s-コピー ~ 2018-02-06 017jjjjg

風は冷たいが春の足音が聞こえてくる。
s-2018-02-06 013


INFINITE JOY
2018.02.07 西湖樹氷
富士山へは毎月行っているのに、今まで一度も行ったことがなかった西湖に行ってきた。
寒さを利用して樹氷を作っているその氷の造形がが素晴らしかった。
s-2018-02-07 258ooooo

朝10時、富士山と樹氷をたくさんの老人が三脚立てて狙っていました。
s-2018-02-07 186dddddd

一番上に霧状の水を流しているので今日もどんどん成長しています。
s-2018-02-07 157hyhyhyt

s-2018-02-07 294hhhhhh

s-2018-02-07 142yyyyyg

すべてが凍り付いているのでとにかく滑ります。
s-2018-02-07 118ggggggg

s-2018-02-07 128hhhhh

s-2018-02-07 093hhhhhhhj

一番高いのは10mくらいありました
s-2018-02-07 085hhhhhh

s-2018-02-07 084nnnnnn

s-2018-02-07 057kkkkk

精進湖は凍り付いていたのに、西湖は全然凍っていたいのが不思議。
s-2018-02-07 215jjjjjjjjj


西湖から湖畔の道を河口湖に抜けるルートも初めて通り、ところどころ富士が見える絶景ポイントでのんびりしてきました。
s-2018-02-07 251hhhhhh


河口湖の凍り付いた湖面。フラクタルな模様が面白い。  
s-2018-02-07 352aaaaaa

御坂を下って20号を走って帰り着くと疲れて猫になってしまいました。
s-2018-02-07 362


INFINITE BEAUTY

INFINITE FRESHNESS

INFINITE HAPPINESS


2018.02.08 自由自在
消えてゆく雪の造形
s-2018-02-05 010kkki


全ては現れては消えてゆくときにおこる姿

いいことも

悪いことも

美しいことも

悲しいことも 

今現れては消えてゆく

消えてゆくときにありがとうございますといい

まだ始まる前にありがとうございますという

いつしかそれすらも消えて

土のひびき

水のひびき

空気のひびき

風のひびき

光のひびき

感謝のひびき

全てが共鳴するとき

一つ一つの細胞が無限の力を発揮する

肉体が無くなるその日まで

これでいい

これで十分

s-2018-02-05 011ggggg


INFINITE FREEDOM


世界人類が平和でありますように

INFINITE PEACE




11時過ぎに凍り付いた松原湖の上にいます
s-2018-02-09 035jjjjjjjjjj

釣り人が作った道。どちらに行こう
s-2018-02-09 305

こっち
s-2018-02-09 285gggggg

s-2018-02-09 010

s-2018-02-09 012kkkkkk

ワカザギを釣るために空けた穴があちこちに空いている。
氷の厚みは30cm以上ある。
s-2018-02-09 047jjjjjjj

氷の模様が美しい。
s-2018-02-09 029jjjjjjjjjh

氷の下で波があるのか時々船がぶつかるような大きな音がする。
s-2018-02-09 026hhhhhhh

s-2018-02-09 028hhhhhhh

湖を一回りして、諏訪神社にお参り
s-2018-02-09 306

ご神木のサワラの中へ
s-2018-02-09 312iiiiii

s-2018-02-09 103hhhhhh

清里からの富士山
s-2018-02-09 142gggggg
写真をクリックすればみんな大きくなります。

s-2018-02-09 137jkjkjkjkj

赤岳もまじか 山々も輝いていました。
s-2018-02-09 125

s-2018-02-09 134

ほんの4時間半のドライブながら今日も冬の別世界を楽しんできました。

INFINITE JOY

INFINITE HAPPINESS

2018.02.10 ヒヤシンス
紫のヒヤシンスがようやくおわってきたら今度は白が満開になり、続いて青が咲きだして
s-2018-02-10 023hhhhhh

呼吸しているように香りがながれてくる
s-2018-02-10 029hhhhhh

この花の香りに寒さも忘れ春を感じている。
s-2018-02-10 018gggggh

1月から2月の我が家の香り
写真では伝わらないものだ


INFINITE HAPPINESS

INFINITE LOVE


台所の改装というか大掃除
なべなどを置いていたカラーボックス2つ棚2つを取り払う。
s-2018-02-11 016

雅は使わないものたちの処分と汚れ物たちをきれいに掃除。使わないものたちがたくさん出て、それだけでスペースが広くなっていく。掃除して、新しい棚を付けて
s-2018-02-11 021

とりあえず、2人とも疲れてしまって、ここまでで休憩です。
s-2018-02-12 002

まだリビングなどはゴミの山。
s-2018-02-11 013

ねこたちも薪ストーブの前で寝ている。
ラムはヒヤシンスをかいでいる
s-2018-02-11 010ssssd

日本建国記念日に韓国でオリンピックが始まり、私と雅は1日家のキッチンから

平和を祈りましょう

世界人類が平和でありますように


INFINITE PEACE




2018.02.13 味噌づくり
歳をとったと感じる味噌づくり
2人の暮らしで味噌の量も減って、大豆2キロを味噌に仕込む

大豆ストーブの上で煮ていたが
s-2018-02-13 002

吹きこぼれたりすると大変なのを思い出し、急きょ外のコンロに
s-2018-02-13 003

ガンガン煮て
s-2018-02-13 018

煮あがったところで、2キロの大豆をすりつぶすのはどうしようかと少し考えたが、やはりこれしかないでしょと味噌くり器を物置から持って来て、
初めて部屋の中で使い、あっという間にすりつぶし、
s-2018-02-13 052

2キロのコメこうじと、800gの塩を
s-2018-02-13 054

混ぜ合わして
s-2018-02-13 056

味噌ガメに投げ入れて
s-2018-02-13 062

はい出来上がり。
s-2018-02-13 065

入らなかった2キロをビニールに入れて、ふと考えた。このほうがいいかもしれないと
s-2018-02-13 065

でみんなビニールに移して9.5kg  段ボール箱に入れて冷暗所へ
s-2018-02-13 066

いつから味噌を作っていなかったのかと思いきや。ブログで探してみたら12年ぶりということのようだ。それまでは毎年うまく作っていたのに、2004年のみその失敗に続いて、2005年に仕込んだ味噌もなぜか失敗してしまったのが原因で、そのショックから立ち直れなくなってしまったのであった。 

2005年3月5日の味噌づくり
究極の味噌づくり1

究極の味噌づくり2

究極の味噌づくり3

究極の味噌づくり4

子供たちとわいわいがやがやと作った日々が懐かしい

今日の味噌づくりは、作り終えた時には片付けも終わっていて、手際よかったのでありました。



INFINITE HEALTH

INFINITE YOUTH

INFINITE PEACE



寒い日が続き、薪もどんどんなくなってきている。
s-2018-02-14 003

そろそろ五右衛門風呂用の薪もなくなりつつあって、大事に燃やそうという日々が続いていた時に、Wさんから電話で近くで小さな家を壊すのでその廃材を持って来てくれるという話があって、よかったと思っていたら、それとは別に、WさんからいまH建築工房の資材置き場にある廃材を持って行っていいかというので喜んでOKして持って来てもらった。
s-2018-02-14 009

軽く2トン運んで来てもらい、これでお風呂の薪は1年分きたことになる。
s-2018-02-14 011

そして、15日からまたWさんが解体する廃材が4トンぐらい来るので割ったままの薪をきれいに片付けてその置き場を作る。
s-2018-02-14 013

薪運びで結構腰に来て、五右衛門風呂につかって体を休める。
TVはオリンピック。どうも気持ちがそちらに行かないがTVはついている。
雅も疲れて寝てしまった。私も今日は眠りましょう。

INFINITE HEALTH

INFINITE GRATITUDE


2018.02.15 廃材の薪
午前中から昨日来た廃材の片づけ
s-2018-02-15 006

積んで運んで
s-2018-02-15 005

軽トラに乗せたまま丸ノコでほとんど90cmに切って、五右衛門風呂用の薪置き場に積んでいく。我が家の五右衛門は、今GOOGLEで検索してもほとんど出てこないホーローの四角い浴槽の直火炊きで、たぶん薪風呂の最終形で、見た目は今の風呂と変わりなく、非常に効率もいい薪風呂なのであり、1mの薪がはいるのです。
わが家の五右衛門風呂のページです
s-2018-02-15 007

2時に、ダンプが来た
s-r7wj5eth.jpg

古くてボロボロの小さな小屋の解体で柱も少なく
s-4355nmif.jpg

木端が多い
s-2018-02-15 031

柱を引っ張り出して
s-2018-02-15 044

分別
s-2018-02-15 050

竹も分別
s-2018-02-15 051

そして残りは木端ばかり、あとはこれをどのように片付けるかである。
s-2018-02-15 053

昨日きた廃材はすべて片付いて、思いのほか少なく風呂の薪として半年分くらいであった。
s-2018-02-15 057

ほとんどカラだった薪置き場がここまで増えて一安心。
s-2018-02-15 038

こうして薪になる廃材を運んできてくれるのだから本当にありがたい。
これで、当分は気兼ねなく薪を使える。
ただ、今日もちょっとやりすぎたようで腰がビンビンと痛くなってきた。五右衛門風呂に長くつかってだいぶ良くなった。

INFINITE HAPPINESS

INFINITEGRATITUDE

昨日来た廃材の柱や梁を玉切りにして、これは全く乾いているのでそのまま今年の薪に燃やそうと思う。
s-2018-02-16 005

手前に山積みの木端をまず運んで積んでいく。
s-2018-02-16 008

風呂の薪のところに積む。だいぶいっぱいになってきた。
s-2018-02-16 056

次に玉切りしたのを運ぶ
s-2018-02-16 046

日輪が現れた暖かな日
s-2018-02-16 013ssss

あと少しで空っぽになるところでまたいっぱいになった。この薪は、松ばかりで軽く燃えてしまうので3月いっぱい持つかどうかである
s-2018-02-16 057

昨日来た廃材はほとんど片付き、あとは長めの木端と竹が残っているだけになった。
s-2018-02-16 047

5時、幻日が現れた
s-コピー ~ 2018-02-16 042kkkkk

雨に当てないでほとんど片付けられたのでほっとして、まだ明るい時間に五右衛門に浸かる。
s-2018-02-16 050

木のエネルギーで家を暖め、風呂を沸す生活を1989年から続けているのだから、もう当たり前の暮らしである。ここ10年くらいは、薪も廃材を使うことが多くなってきて、ほとんど運んできてくれるので楽してるというかんじである。ただ何が来るかわからないので来た木を風呂とストーブにより分けるというのが大変なくらいである。
こうしていろんな廃材をもらえるというのは、薪ストーブと五右衛門風呂の二つを使っているからで、今回のような木端ばかりだととても薪ストーブには使えないものがほとんどである。今回はどちらかというと五右衛門風呂用の薪がほしかったのでとてもうれしいのでありました。



INFINITE GRATITUDE

2018.02.17 春近し寒き日
15日きた廃材のやま
s-2018-02-15 031

昨日、ほとんど片付いて、残った竹と木端もきって
s-2018-02-16 047

今日、きれいに片付いた
s-2018-02-17 016

竹は
s-2018-02-17 013

まとめて縛って
s-2018-02-17 014

畑の支柱に使える。
s-2018-02-17 019

日本海側は大雪で荒れていて、八ヶ岳南麓は北風に交じって小雪も舞って来ていて寒い日。
でもイヌフグリの花が咲き水仙の緑を芽を見るともう春が近いというかもう春を感じる。この寒さも今日は気持ちいい。

INFINITE FREEDOM




2018.02.19 御神渡り
昨日、次女水樹が久しぶりに帰ってきたので諏訪神社にお参りに行く。
諏訪湖が全面氷結して、御神渡りが現れていた。
s-2018-02-19 239fffff

5年ぶりということらしいが、私自身も20年以上前に見た記憶があるが、こんなに間じかで見たのは初めて
自然が作る造形は思いもよらぬ世界を作り上げていた。
s-2018-02-19 228ggggg

s-2018-02-19 012hhhhh

諏訪湖の上を歩く。
s-2018-02-19 255kkkkk

岡谷を周り、ハクチョウたちを見て
s-2018-02-19 034jjjjjj

すわ大社秋宮へ
s-2018-02-19 303

平和塔
s-2018-02-19 313jjjjjjj

お参り
s-2018-02-19 094jjjjjj

s-2018-02-19 067mmmmm

さざれ石
s-2018-02-19 052kkkkk

帰り道 高島城へ
s-2018-02-19 154jjjjjjj

天守の下の駐車場に初めて止めて
s-2018-02-19 110

s-2018-02-19 114

空が美しい
s-2018-02-19 125ddddd

平和塔
s-2018-02-19 142

諏訪神社にお参り
s-2018-02-19 145yyyyy

まだ空を見上げている。それにしても今日の雲は美しい。
s-2018-02-19 333ffff

s-2018-02-19 350hhhhh


すぐそばのリビセンでお茶して帰ってきた。
s-2018-02-19 194


INFINITE BEAUTY

この地球世界が完全平和になる日まで一国一国の平和を祈りつづける集会が20年以上変わらず続いている。今日は集会のある第3火曜日、今は集まっても4、5人ということで寂しくもあるが気楽でもある。自分も60歳を過ぎたせいか3次元の肉体世界は何をやるにもそう積極的にはならなくなってきていて、つくづくといつでもどこでもできる世界平和の祈る時間が生活の一部としてあることがうれしい。
s-2018-02-20 008


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

神聖が復活されますように

無限なる感謝

吉祥寺へ、もう東京は梅が咲き出していて花の香りがする春であります。
s-2018-02-21 020kkkkkk

s-2018-02-21 024kkkkkk

井の頭公園はカイボリですっかり池の水が消え
s-2018-02-21 017

s-2018-02-21 035

スワンボートが浮かぶ池には1本の川が流れていた。
s-2018-02-21 032

東京の夜の温かくさえ感じる日。もう春はすぐそこまで来ている。
夜中1時過ぎ、みんな集まり写真撮って帰ります。今日はリサさんの大きなペン画をビルに取りつけました。
s-コピー ~ 2018-02-22 014kkkkkkk

マイナス4度の八ヶ岳に3時過ぎ帰り着き、 猫たちに迎えられ眠りについたのでありました。


INFINITE FREEDOM

INFINITE HEALTH

INFINITE HAPPINESS

紫の花が終わり、その葉の緑が大きく育ち、続いて咲いていた白が終わり、
s-2018-02-23 027gggggg

今は青が咲き誇り、今、ピンクが咲き出した。
s-2018-02-23 014fffff

植えた時期で次々と咲き出し、今ようやく蕾をつけだしているのが最後になるが、このまま水仙の咲くころまでヒヤシンスの香りが我が家に漂い,お香のいらない日々である。

INFINITE FRESHNESS




2018.02.23 寒山  
s-2015-01-12 094


寒山唯白雲        寒山には唯だ白雲のみ

寂寂絕埃塵        寂寂として埃塵を絶す

草座山家有        草座 山家に有り

孤燈明月輪        孤灯月輪明らかなり

石牀臨碧沼        石床 碧沼に臨み

虎鹿毎爲隣        虎鹿毎に隣を為す

自羨幽居樂        自から幽居の楽しみを羨い

長爲象外人        長しえに象外の人と為らん

s-2012-03-06 054



ここ寒山にあるものはただ白雲のみ
寂然としたこの空無の世界は 一点の塵をもとどめない
ここに庵を営むわたしにとって 坐るものとしてあるのは藁のむしろ
そしてともしびは中天に輝やく円やかな月一輪。
みどりの沼に臨んで石のソファがあり
虎と鹿はいつも仲よく遊んでいる
このひそやかな隠遁のたのしみこそわたしの欲するもの
とこしえに象外の道に自適する人でありたい

s-2012-02-20 029


2018.02.24 語り芝居
太宰治「貧の意地」の一人芝居を見に行った。
27657390_2096760787212581_4169290622421574627_n.jpg

ふうふ人でやっていて、
s-2018-02-24 003
  
一人で語り、演じて、一人が音楽を奏で、原作を忠実に再現し、久しぶりに日本の底辺に流れる心を感じたのでありました。語り部のご主人は、私の友達と部落のおじさんを合わせた顔、そして声がそっくりで、そのことのほうに心が動いて、どうしているのだろうと懐かしさをおぼえていたのでした。
s-2018-02-24 005

芝居がおわり茶話会で、くまのパンのサンドイッチとコーヒー飲んで、見渡せばほとんどが高齢者でありまして、私ももう予備軍ということなのでしょう。


INFINITE YOUTH

INFINITE HEALTH


2018.02.25 寒山 Ⅱ
s-2014-01-10 032

智者君抛我    智者よ 君は我をなげうち

愚者我抛君    愚者よ 我は君をなげうつ

非愚亦非智    愚にも非ず  亦た智にも非ず

從此斷相聞    此より相聞くことを断つ

入夜歌明月    夜に入っては明月に歌い

侵晨舞白雲    晨(あした)を侵しては白雲に舞う

焉能住口手    焉くんぞ能く口手を住めて

端坐鬢紛紛    端坐して鬢紛紛(ひんふんふん)たらんや

s-コピー ~ 2014-07-07 027

s-2014-09-21 105


世の智者よ、君たちはわたしをうち捨てる。世の愚者よ、わたしは君たちをうち捨てる。
わたしは愚者でもなければ、智者でもない、そのどちらにも属しない人間だ。
もうこれからは君たちとの関わりを、わたしは断絶する。

そしてわたしは、夜になれば明月にむかって歌をうたい、朝早く起きでて白雲とともに舞いを舞う。
口も手も動かすことなく じっと坐ったままで年老い、薄い鬢の毛をはらはらと額に乱れさせるなんど、このわたしにどうしてできようか。

s-2013-06-21 003qappppp
4時半小荒間にある小さな日記へ
ここのドームハウスには子供たちがピアノを習いに10年くらいは通ったところだ。


今は、ドームハウスの奥に建てたログキャビンでカフェをやっている。そのカフェで、佐藤文幸さんの映画『蛭子』の上映会に招待されて行ってきた。
s-2018-02-26 006

s-2018-02-26 022

それと佐藤さんの「色鉛筆画展」もやっていた。
s-2018-02-26 028

s-2018-02-26 026

佐藤さんは、ある時は七色唐辛子売り、ある時は長靴修理屋さん、そして、絵描き、映画のプロデューサー、先生でもあったりして、そして今後は影男として、身長190cmある細身の体で、真っ黒の服を着て顔も黒くして神出鬼没で八ヶ岳に出没する予定である。
映画は、今作ったデジタルの編集ながら、人と空気は70年代のアンダーグラウンドそのものでそこで止まったままの時間であり、全編に流れる音が郷愁と時の流れを感じさせてくれて、私はおもしろく見せてもらった。
s-コピー ~ 2018-02-26 023

映画終了後のパーティ。9時過ぎまで笑いに笑って終わったのでありました。
s-2018-02-26 031

わが家にお帰るといい月が雲間から現れて
s-2018-02-26 040



INFINITE PEACE


今日は、いよいよ春だと感じる陽ざしが降り注ぎ、植物たちが目を覚ましたに違いない。
s-2018-02-27 019ffffffff


20日と26日に2カ所からのベランダの廃材が来て、まだ使えそうな材も結構あるのでまた何かを作りたくなってきた。
s-2018-02-20 002

s-2018-02-27 014

s-2018-02-27 015

ここ数日、埃だらけになって木工のアトリエの片づけをやっている。
ここを片付けるためには、外の物置のゴミ置き場から始めなければならず、そこがようやく空いたので、アトリエの片づけになったのである。あと数日かかりそう。
s-2018-02-27 020hhhhh

s-2018-02-27 023gggggg


INFINITE SUPPLY

INFINITE REFRESHING



2018.02.28 Hanakoの表紙
2週続けて吉祥寺へ
わが家のアパートが雑誌HANAKOの表紙を飾っていた。
HANAKO1151_001.jpg

で最近の雅のファッションが其のモデルに似ていて、真似して写真撮ってみた。
花屋さんとカフェの「ヒトクサ カタチ製作所」は毎週水曜木曜が休みなので寂しい色合いでありました。
s-2018-02-28 015aaaaa

去年の11月のヒトクサの店先です。
s-2017-11-14 037

まだカフェが無かった頃
s-2017-11-14 031

何度も建て替えや土地を売ってほしいという問い合わせがあったボロアパート。古いものを壊して新しくするのではなく、その古いものを生かしながら素敵にして行く文化が今の若者世代におこっているようで、本当にうれしい。
s-2017-03-06 004

今日は他にもいろいろあって、午後はずっと雅と出ていて夕方又吉祥寺に戻り、花子買いに町に出て子供たちと合流し、
平日にもかかわらずにぎやかな街。
s-2018-02-28 023

夜は賑やかに、
s-2018-02-28 093ffffff

まこっちゃんも絵を加筆していたりして
s-2018-02-28 102

桃も元気に寝ていて
s-2018-02-28 103

丁度0時、3月1日 写真撮って 春の雨降る吉祥寺を出発。2時前にみぞれ交じりの雨の降る八ヶ岳に帰り着いた。
s-2018-02-28 125fffffff

INFINITE HAPPINESS

INFINITE FREEDOM