師走ということでいろいろと

自然農のM氏のPCが全くモニターもつかなくなってしまったというので持って帰り、何とか直してみようと、我が家のモニターでも全く信号が検知されず、PC本体の問題ということで、グラフィックボードがオンボードなので壊れていたらお手上げで、そうでないことを信じて分解、まずはエアーでほこりを飛ばし、確認。だめなので次はハードディスクを取り出して使えることを確認、
s-2017-12-02 001

もう一度PCにセットしたら映りだした。何回かオンオフを繰り返して大丈夫なのを確認して蓋を閉めて完了と思っていたら、また点かなくなった。
s-2017-11-30 003
今度はメモリーを抜き挿ししてみると、また動くようになった。1日たって10回ほど電源を入れててみたが問題ないのでこれでおしまい。
s-2017-11-30 004

使えるようにはなったが、結局は原因がわからないままであり、静電気とか、ほとんど使わないので更新ができていなかったとかといろんなことが絡んでいるとは思うが、一番考えられる原因はマザーボードのどこかにあるのかもしれない。


昨日、鉄くず集めの軽トラが来てくれて、なんだかんだとたまっていた鉄やゴミを持って行ってくれて暮れの大掃除に助かり、Tさんもやって来て鉄くずを一緒に出し、そのときに物置に入って棚を作ってほしいというので、今日はTさんの家のにいく。
s-2017-12-01 018

我が家にある材料で言われたとおりに簡単に作ってきた。道具や材料を何度も家から持って来たりしたので2時間かかってしまった。
s-2017-12-01 020

帰りがけ思いもかけず背負うタイプの草刈り機を使わないからといただいてきた。これからも草刈りちゃんとしろということのようだ。
s-2017-12-01 021

やってみようと、隣の畑の土手を刈ってみた。やりやすいし、腰に負担がかからないのがいい。
Tさんありがとう!

今日もあたたかい日
師走ということで気持ちまでもがあわただしくならないようにゆったりとすごしていきたいものです。

INFINITE LIFE

INFINITE HARMONY




アトリエムーンを作って早28年。いまだにポチポチとかわいいアクセサリー作り続けているのだから我ながら感心する。
この引き出しに入れてあるアクセサリーはもう古く売れ残ったものばかりだが、今また見ると懐かしい。
s-2017-12-03 006

s-2017-12-03 010asas
写真をクリックすれば大きくなります

冬にこの空間が暖かいということは今までなかったが、今年は暖かくなりそうである。
薪ストーブ2台とファンヒーターで1階のほとんどが暖かい空間になる。夫婦二人の暮らしには家が小さくていいと思うかもしれないが、われはその逆で、家のどこでもモノづくりができるようにしていきたいと思っているのである。

INFINITE CREATION


2017.12.03 富士へ
笠雲かかる富士へ
s-2017-12-03 026ddddd

山頂を流れる笠雲
s-2017-12-03 084

薄れてくると
s-2017-12-03 087

城跡のような
s-2017-12-03 095

目的地
s-2017-12-03 085

ここに向かって進んでいく
s-コピー ~ 2017-12-03 089zzzzzzz

今年最後の聖地は、7分遅れて始まった。この遅れが集まった人たちを一つにさせるような静寂を作りだしていた。
1時過ぎに終わると山頂は晴れ渡り
神性復活の文字が浮かび上がっていた。
s-コピー ~ コピー ~ 2017-12-03 089zzzzzzz

小春日和の緑の聖地を後にして
s-2017-12-03 120

八ケ岳に帰ると今年最後の満月がむかえてくれた
s-2017-12-03 145llllll

いい1日に感謝です


INFINITE LOVE

INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE



2017.12.04 薪を切る
今年の春に持ってきた楢や桜の木の枝を丸鋸で、太い欅と楢はチェンソーで切る。ふといのは何か作れないかと思っていたが、邪魔になるので玉切りにする。
s-2017-12-04 003

ラムが早く辞めて遊ぼうといっている。
s-コピー ~ 2017-12-04 011

切ったのをみんな薪小屋に運んで終了。
s-2017-12-04 028

少しすっきりした。まだまだ切らなければいけない木があるのだけれど、還暦過ぎたので少しづつやって片付けていくのがいいね
s-2017-12-05 001

曇天の暖かな日
どこもかしこも茶色に染まった日
夕暮れ前の2時間仕事です。

INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE BEAUTY


2017.12.05 家の植物
月桂樹も11月末に家に入れ
s-2017-11-29 033

その前の11月13日に入れた百日草 他のは全部チューリップを植えるので抜いてしまい、一株だけ家に入れて1月近くたつ。
光がほしいというわけで外に向かって曲がってしまった。もう150日は咲いているということになる。
s-2017-11-29 034

森の向こうに日が隠れると急に寒くなる
s-2017-12-05 013aaaaaz

家の中は薪の炎が揺れてあたたかく
Wさんからいただいた庭の薔薇が少しつぼみが膨らんできた
s-2017-12-06 009aaaaa


植物のある暮らしは水やりをする自分がいやされていくのです


INFINITE HARMONY

2017.12.06 師走の東京
8時家を出て東京へ
雅も私も今日はまだ陽ざし明るい武蔵野赤十字へ
s-コピー ~ 2017-12-06 033

私は半年ぶりの肝臓の検針
午前中にエコーと血液検査、2時半から診察そして雅も3時から診察、なんだかんだと5時過ぎまでかかり、病院を出る頃には日も沈んで・・・・まあ好きなところではないし、体に少しガタが来ているということで行くところなので、言われるまま待ち、そして修理工場のように解決策を見つけて次なるステップに進む。
私は少し肝臓に脂肪がついているということで、ダイエットしろと言われ、雅は30年前の子供が生まれる前から言われていた卵巣脳腫をとるかとらないかという決断に迫られて、とりあえずは取りますということで帰ってきた。
s-コピー ~ 2017-12-06 042

今日の予定はまだあったのだけれど、おしまいで、吉祥寺に帰り夕食の買い物へ、
クリスマスで町はイルミネーションできれいだろうと思っていたが、駅前はシンプルに
s-2017-12-06 059

s-2017-12-06 064

昔の材木屋さんの家だけががいまだに残っていて、銀杏の木もいまだにあって、私が子供の時に住んでいた時と同じ風景が唯一残っているところ。コンクリートジャングルに残っている戦前の木の家。いい家です。
s-2017-12-06 068

夜はモモと太郎のようにのんびりして
s-2017-12-06 083

日が変わり1時前、みんなで記念写真撮って
s-2017-12-07 006dddds

AM3時過ぎ、凍り付く八ケ岳に無事に帰り着く。長い一日でありました。
s-コピー ~ 2017-12-07 020


INFINITE HEALTH

INFINITE PEACE


2017.12.08 茶を点てる
蓄音器の部屋の奥。元は物置、その前は外。
s-2017-12-05 044

茶室の扉。ここは引き戸がいいのだけれど・・・・
s-2017-12-05 033

畳を2枚敷いて
s-2017-12-05 023aaaaa

お茶を点てる
s-2017-12-05 026zzzzzzzx




12月8日。外は雪が少し積もり、寒い日になりました。

INFINITE HRAMONY

INFINITE PEACE
2017.12.09 雅の机
朝雪が少し積もっていて、寒いけれどすがすがしい
s-2017-12-09 002

昨日から雅の部屋の大改装中。今まであった机や棚を全部出して
s-s-2017-12-08 005

今日の午後に届いた机をセットして、夜中までかかってきれいになった。今まであった机や箪笥を移動してその場所を作るために又そこにあったものを片付けてと、なかなか他が終わらずまだまだ大変な状況なれど、雅の場所が新鮮になってめでたしめでたしというところです。
s-2017-12-11 010


INFINITE PEACE



2017.12.10 茶を一服
母屋が改装とその片付けでごった返しているので、茶室で一服
s-2017-12-10 037


離れの2階ということで、支度が大変なのだけれど、ここに入って茶釜のふたを開けると湯気が立ち上りその造形に時を忘れてしまう。
s-2017-12-10 033

茶の道をまずは茶室から作り上げて入った私は、いまだ手習いはYoutubeで見て習っている程度で、これでいいのかどうか知らぬままである。
s-2017-12-10 049

西日がきついので和紙を張り、ひかりがやさしくなって
s-2017-12-10 048

畳の間に座ると日本人としての心の記憶がよみがえってくるようであります
s-2017-12-10 052

s-2017-12-10 046

妻の雅と二人、これからここで幾度お茶をともにして行くのだろう
s-2017-12-10 034

ほっとした一服の時間は炭起こしから1時間。まだまだあわただしきかな我が暮らし、母屋の片づけに移ります。

INFINITE LIFE

INFINITE HAPPINESS

INFINITE FREEDOM


この時期、お茶の時間が多い。今日も3人来てお茶を点てた。
やはり人にお茶を点てるとなるとなかなか難しいものであります。
s-2017-12-12 008fffff

s-2017-12-12 005ddddd

お茶を始める原点は、世界平和のための御献茶の儀式を見てからで、これこそがお茶の道であります。
その時の映像です。



日本の道、平和の道、お茶の道、そして私の道でもあります。

On the road


2017.12.13 桑の木を伐る
薪置き場にひとりでに生えてきて早10年以上、大きくなってきて、今年はほとんど桑の実ができず、夏ごろにはところどころの枝が枯れてきた。実がなればなるで薪にたくさん落ちて薪を腐らせるのに一役買い、葉が落ちるとまた薪を腐らさるのに一役買うわけで、やはり大きくなりすぎたということで、今日伐った。 毎年美味しい桑の実ありがとう
s-2017-12-13 003

s-2017-12-13 015

s-2017-12-13 009

薪にすればほんのちょっとでした。
s-2017-12-13 016

木々の葉もすべて散ったので、屋根の溜まった落ち葉を片付ける。
s-2017-12-13 001

今年はいつもの半分くらいで掃除が楽に終わった。
s-2017-12-13 002

いよいよ今年もあと少し、
今年の反省をしつつ、来年に向けて光明まっしぐらで行きましょう。

世界人類が平和でありますように

今日は、お昼を和香子さんにごちそうになってきた。
s-2017-12-14 007aaaaa

s-2017-12-14 008zzzzzzz

おおえさんが母の入院で四国に行ってしまっているので一人でのんびりしていて、和香子さんの手作りの器で心のこもったお茶いただいた。
s-2017-12-14 009

3時に諏訪湖までドライブして、ちょっと諏訪赤十字に寄って
s-2017-12-14 012

帰り道、回転ずしに行ったことがないというのでじゃ行きましょうと混む前の5時前に入って6時過ぎ帰ってきた。
fc2blog_20171215014106e13.jpg

一期一会

今日という日に感謝

INFINITE PEACE



2017.12.15 絵を変える
リビングの東の絵を総とっかえ
s-2017-12-15 005

南側も取り換えた
s-2017-12-16 015

ジャスミンとアロエ。窓辺の緑に癒されて
s-2017-12-16 006

薪ストーブの前でほとんど寝ていたミカンが今起きてきてなんか食べたいと机に乗っていってきた。
s-2017-12-16 047

畳2枚の大きさの天窓いっぱいにローズゼラニウムが葉を広げ、昼間は上に葉を伸ばし、夜は下向いて伸びている。この下にいると今の季節を忘れてしまう。
s-2017-12-16 058

二人の暮らしも早8カ月。夜はゆったりとした時間が流れてゆく。 
s-2017-12-16 044

師走の平和

INFINITE HARMONY

INFINITE PEACE


2017.12.16 地水火風空
冬の空。雪が舞ってきそうな午後。
s-コピー ~ 2017-12-16 060

風がないので裏の落ち葉を燃やし、
s-2017-12-16 076

s-2017-12-16 075

葉も落ちて明るくなって見やすくなった東の家の壁に、20年ぶりに5つを並べて取付ける。
s-2017-12-16 062

地水火風空
s-コピー ~ 2017-12-16 062
写真をクリックすればみんな大きくなります。

今日も冬支度で1日が終わってゆく。
s-2017-12-16 066


INFINITE HARMONY


雪残る土手にタンポポ
こんな時期に咲いて受粉して種を飛ばそうとしているのだからすごい生命力だ。
s-2017-12-17 004

畑のトンネルにはホウレンソウが春までじっとしている。
s-2017-12-17 005

夕方、イルミネーションを取り付ける。
s-2017-12-17 006

今年もみんな無事でクリスマスを迎えられますように
s-2017-12-17 009

今年の夏からの課題であった印3500回が無事に終わってほっとしていたら、また毎日49回組んでと連絡が来たので続けている。


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

全ての人の神性が復活されますように

風もなく陽ざしが暖かな昼下がり、アクリル板を洗う。雨ざらしと熱のせいで新品にもかかわらず、張ってあった紙が媚びるついて剥がれない。昨日から川につけていたのだが、高圧洗浄機でも剥がれないので、たわしとスクレーパーで雅と2人で1時間かけて2枚をきれいにはがし終えた。
s-2017-12-18 002

結構くたくたです
s-2017-12-18 008

これをどうするかというと、冬の西北風よけにベランダのところに取りつける
s-2017-12-18 013

これで、少しは雪の吹込みも減ると思う。
s-2017-12-18 014

本当は、2.7mx3.6mの透明なビニールカーテンを買って取付けたらいいかと思っていたのだが、まずは家にあるもので何とかならないかと考えたあげくの策で、アクリル板の掃除に時間はかかったが、ビールカーテンよりはだいぶいいものができたと思っている。そして、まだあと2.7mx5mくらいをかこいたいとおもっているが、それをどの材料でやろうかと今また考えているところである。

いい天気、風が全くない暖かな日であった。
s-2017-12-18 016

夜9時前に、燃えるごみを出しに行くと、中央線で、あずさが止まっていた。シカが衝突したらしく前後の電車もとまっているようで、時間に正確な日本の鉄道も鹿1頭で止まってしまうのだから危うい世界である。
s-2017-12-18 043


日本が平和でありますように

イスラエルとパレスチナが平和でありますように


2017.12.19 月の国集会
2017年最後の月の国集会
今日はエディさんと永留さんと吉田さんが久しぶりにあちらの世界から参加してくれた。
エディさんは所定の場所でじっとしていて、永留さんと吉田さんとは日常の話をして、変わらずであるといっていた。ほかにも何人か来ていたが、統一中の出来事で誰だかがわからないで終わってしまった。
時々、肉体ではない人が来てくれるのを感じる時がある。今日はエディさんは何も言わず岩のように微動だにせず私の横にいて、深い呼吸が私にまで感じられ、私はとても緊張し、統一リーダーとして力が入り、寒いのに汗をかいていた。統一が終わると皆スーッと上に消えていってしまった。

s-2017-12-19 001aaaaaaa






宗教問答1  五井昌久 

問89
 現象世界の出来事は、心の現われ、三界は唯心の所現だから、心を直せば病気は直る、と教えられ、ろくに医者にもかからず死んでしまったり、薬毒だ薬毒だと薬や医者を敵視するように恐れて、薬も飲まずに死んでしまう人がいるかと思うと、科学迷信式に、なんでも医者だ注射だ、と宗教的関係、神の救済ということに一向無関心で死んでしまう人もいますが、医学と宗教の融合点についてご説明下さい。



答 
 何事にも片寄るということはいけないことです。かたくなの宗教信者の医薬嫌いというて全く困ったものです。それは自分自身が自己の信念のままに行動するのは結構ですし、医薬を超え得る悟りの状態ということはかなりあることなので、その人はそれでよいのですが、自己の信仰を他に押しつけて、病人が医薬に頼りたい心があるのに、医薬をけなして、よせつけないなどの態度は、実に宗教精神として最も大事である調和精神に欠けている自分よがりで全く困りものです。
  と云って、人間の精神の力というものを全然無視した医学万能主義の人にも閉口します。現在の医薬には、まだ多くのマイナス面があり、医薬以外に精神面·心霊面において治病することも多々あることを知らねばなりません。
  宗教というものは、人間の心を、神のみ心と一つにつなげる。神と人間との関係を明らかにする教えでありまして、その要 は、調和した心、平安な心、明るい愛にみちた心などでありまして、それらに外れた想念行為は、宗教心のマイナスである業想念であるのです。
  宗教の根本は、病気を直すことでも、生活を富裕にするためのものでもありませんが、宗教精神を自らの生活に行じていれば、おのずから、直るべき病気は直り、入るべき物資は入ってくるようになるのですが、一般大衆は、自己や自己の周囲の現象世界の生活環境の善くなることを願って宗教入りをするのであって、真実道を求めて宗教入りをする人は数少ないのです。
 ですから、現今のような業想念行為の波が表面にすっかり浮き出している時代には、はじめから高遠な理想や理念を説いて、これが宗教なのだ、と云っても、ついてくる人はあまりありません。そこで方便として、病気も直し生活も改善されるように指導するわけです。
 ところが、近頃は、こうした現象面の問題の方が主になってしまって、真実の宗教である、神と人間との関係を明らかにすること、永遠の生命の問題などは、どこかへ置き去られてしまうような教えが多くなってしまっているのです。
  こうした病気直しや、貧乏直しに血道をあげるような宗教者が増えてくると、つい自己の宗教の治病効果や、その他の効能を宣伝するために、医者や薬による効果を大きくけなす結果になってくるのであります。
実際に病気の大半は精神活動の抑圧によると云っていい程、精神と肉体とのアンバランスによるのですから、抑圧されていた想念を、なんらかの形で噴出させれば、抑圧されて病念となっていた精神状態が他の方向に転移されて直ることが多いのです。
  お題目や唱え言を一心につづけてやっていると病気が直ったなどというのは, みな想念の転移によるからで、何も神様の力が特別に働いたわけではないのです。そうした方法で治癒した人は,病気の変形として、凝り固った宗教観念の人物となり、心の自由を失ってしまって、自己の宗教団体以外はすべて邪悪視してしまう、狭い心の不調和な人間となってしまって、病気をしている方が余程、よかったのではないかとさえ思われるようになってしまったりするのです。
  宗教団体がそうした宗教本来の生き方にそむいてしまうようではいけばせん。すべての病気は過去世から今日までの業因縁の消えてゆく姿なのですから、医者にかかろうと薬を飲もうと、それが宗教信仰となんのかかわり合いもないことで、医者にかかったから、その人の宗教信仰が浅いとか、薬を飲んだからあの人の信仰は駄目だ、と云うのはおかしな話です。
  ただ私の云いたいことは神と一つになっている信仰、神への全託に生きていれば、そうした一挙手一投足も、自然法爾的になされるので、飲むべくして飲んだ薬はきくのであり、かからなくともよい医者にはおのずとかからないことになるのであります。すべては世界平和の祈りの生活が根柢になって、はじめて神と一つにつながっている神の子的人間の肉体界における生活がなされてゆくのです。
  あまり自己の想念で、ああだ、こうだと物事を限定してゆくことは宗教精神に反することであるのです。善いも悪いも消えてゆく姿であり、ああだ、こうだも消えてゆく姿なのであって、あるものは、神と人間とが一つになって光り輝いている祈りの姿だけなのであります。そうした心持ちで、この世の万々の事柄に処してゆくことが最良の生き方だと私は思っております。  


INFINITE HEALTH

INFINITE FREEDOM

INFINITE GRATITUDE



2017.12.21 片付け三昧
モノがあふれ、片付けそしてまたあふれるということの繰り返し
それはつまり作り続けているからなのだけれど
床に置いてあった絵たちを壁に掛けると、いよいよもって掛けられる壁がなくなってきた。
s-2017-12-22 009

小物のアトリエは今はあふれかえり、机の上もいっぱいで片付けが大変、でも月桂樹の緑でほっとして
s-2017-12-22 008

ここのテーブルの上もやっと片付けて、
s-2017-12-22 006

こんなん粘土のモノものたちが出てきました。まだ未完です。
s-2017-12-22 007
写真をクリックすればみんな大きくなります。


今日は1日片付け三昧で、夕方温泉に浸かり、また夜も片付けていた日でありました。

INFINITE LOVE


2017.12.22 冬至の微笑
今年の冬至は22日。
冬至の日にはかぼちゃとゆず湯につかるのだが、ゆずはジャムにしてしまいなく、ゆず茶を飲んで暖まる。
そして冬至の日というのは父の命日でもあり、年によって21日と22日があって今年も1日遅れで思いだす。
甲斐駒も
s-2017-12-21 005

赤岳も
s-2017-12-21 001

三つ頭か権現か
すでに人を寄せ付けない孤高の峰々
冬至の祈りを捧げると
s-2017-12-21 003

三日月が微笑んだ
s-2017-12-21 011aaa


INFINITE PEACE








2017.12.23 クリスマス会
家族みんなで来てわいわいがやがやしていたのが今では子供がほとんどいない何か寂しいクリスマス
19日にひかり子が帰って来てくれてクリスマスツリーづくり
Jマートでツリーのパーツが大安売りしていて、今までで一番豪華なツリーができた。
これを玄関の前において、みんなを迎えるはずが、誰一人として玄関から入ってくる人がいなく、全員ベランダから入ってきた。
Image_85e083d.jpg

今日は、始まりを3時ころからといっていたので、明るいうちに少しずつ来て、
ゆるゆると始まり。いづみさん(いつ改名したのかキラキラはやめて本名の泉と呼んでといわれた)と相方のたっちゃんが早速ピザを焼いてくれて、
s-2017-12-23 006

5時には帰らなくてはいけない原村から来たコットン村の拓童さん蓬さん、そして自転車で日本を周っているポーランドからの2人が身延山から小淵沢に来たところを我が家に寄ってくれて、澄江さんヒロさんかっちゃん、ミホさんが来たところで乾杯して明るいうちに始まったのであります。
s-2017-12-23 007

それからは、あれよあれよと集まりだしててんやわんやの大騒ぎ、
s-2017-12-23 025
総勢30人のクリスマス会、みんなが食べ終えたころで自己紹介。知っている人ばかりというのは私だけで、初めて出会う人たちも多く、新しい交流もはじまり
s-2017-12-23 028aaaaaa

わいわいがやがや
9時過ぎから、ダーツの部屋で、不用品争奪戦で笑いころげて
11時半、楽しく終わったのでした。


INFINITE HAPPINESS

今日はクリスマスイブの前日、というか天皇誕生日
我が国にだけいる天皇の誕生日、再来年には天皇が変わるので、この記念日も来年で終わってしまう。
キリストの誕生日という記念日も1万年後にはあるかどうかわからない…
たくさんの記念日も、いつかは消えてゆくのかもしれない。
そんなことを思いながら今宵は更けてゆく。

INFINITE GRATITUDE





鳳凰三山の地蔵岳のオベリスクと平和塔
s-2017-12-24 007ggggg


s-2017-12-24 016gggggg


s-2017-12-24 028ggggh

予報は雨のクリスマスイブ
静かな日曜日
ひかり子が帰ってきているので、のんびり映画を見ながら聖夜を過ごします。

Infinite Embracing

Infinite Gratitude

19日からいたひかり子が今日東京へ帰っていってしまった。寂しいね
駅まで送って、そのまま武川の実相寺の上にある高龍寺へ、
途中にアルミ缶で作ったLOVE and PEACEハウス いいね!
s-2017-12-25 050ggggg

高龍寺の山門
s-2017-12-25 053

ちょっと変わっている
s-2017-12-25 054

日当たりのいい参道
s-2017-12-25 056

池のあるところまで行って
s-2017-12-25 060bbbbb

引き返し、すぐ上の
s-2017-12-25 072



塩原夫妻のくまのパン屋さんへシュトーレンを分けていただきにいくと今は葉が落ちて明るい森の中
s-2017-12-25 030

家の中まで光が降り注ぎ
s-2017-12-25 040

母猫と4匹の子猫たちが迎えてくれた 
s-2017-12-25 042

皆おっとりしていて優しい
s-2017-12-25 044

何よりもお母さんを含めみんな若若しい
s-2017-12-25 036

大きな薪ストーブ、外にはもっと大きいパンを焼ける薪ストーブがある。
s-2017-12-25 039

s-2017-12-26 001

シュトーレン分けていただき色がたくさんある森のくまのパンを後にした。
s-2017-12-25 034
写真をクリックすればみんな大きくなります。


INFINITE HEALTH

INFINITE GRATITUDE




2017.12.27 創造の館
この赤い椅子に座ると、ペンチとニッパーを使って、ビーズやクリスタルを使った小さなアクセサリーができてくる。ここはそういうところ
s-2017-12-26 054

ここは蔵材で作った7畳の和室で、今は時計の部屋。
s-2017-12-26 030

ここは変わらない部屋。
s-2017-12-26 021

薪ストーブがある部屋なので冬は一番暖かな部屋
s-2017-12-26 049

ランプはみんなほう葉のシェード
s-2017-12-26 059

絵を描く部屋
s-2017-12-26 064

一番奥の部屋
s-2017-12-26 046

アクセサリー置き場
s-2017-12-26 068
,
時計の修理をしている部屋
s-2017-12-26 066

大掃除して、どこもここちいい空間になった。
s-2017-12-22 021

壁にかかっているもの、棚に置いてあるもの、そしてこの家自体もみんなハンドメイドなのだからよく作っていると我ながら思う。
s-2017-12-22 041
写真をクリックすればみんな大きくなります。

INFINITE CREATION

INFINITE FREEDOM

INFINITE ART

2017.12.28 餅つき
毎年12月28日は三井さんの家で餅つき
s-2017-12-28 005

朝は寒かったけれど風もなく晴れた餅つき日和。
s-2017-12-28 007

丁度4臼が終わったところで参加して4臼小突きをして参加。
s-2017-12-28 024

s-2017-12-28 028

s-2017-12-28 036

s-2017-12-28 055

陽だまりで猫と休憩
s-2017-12-28 046

1時前に、8臼ついてお昼
s-2017-12-28 066

s-2017-12-28 069

s-2017-12-28 076

お昼の後はしめ縄づくり
s-2017-12-28 074

s-2017-12-28 080

そして女子はお餅を切って
s-2017-12-28 082

3時、みんな終わって、家に入ってお茶して、長居してしまって夕食もごちそうになって今年の餅つきも終わったのでありました。


INFINITE GRATITUDE

INFINITE HAPPINESS






眉をひそめてはいけない
      ―平和の祈りの新しい同志に!―

光明思想のあなたが
眉をひそめていてはいけない
眉をひそめて地球に暗い影を投げかけてはいけない
眉はいつでも明るく開いて
天の光を受けているもの
ひそめた眉からは暗い影しか生れてこない
眉目を正しく開き息を丹田にひそめておくと
自ずと本心が明らかになってくる
あなたも今は祈りの使徒
世界平和の祈りの中で
天の理想がやがて生々と現実のあなたの生活に輝いてくるだろう
その日がほれ もうそこに近づいているのだ

『純白』 五井昌久



今年もS木工から、軽トラック一杯の木の木端が来た。
使えそうなものを見つけながら降ろすのが楽しい。
s-2017-12-29 002

風が冷たい日。空気は澄んで甲斐駒ケ岳に沈む夕暮れは美しい。
s-2017-12-29 013hhhhhhhh


世界人類が平和でありますように

人類即神也

無限なる自由



「人類即神也」

s-コピー ~ 2017-12-27 006

3mm幅の円を108周。中心から息を止めて人類即神也と書いて、2000年3月30日に完成、妻の雅は12月に完成し、17年以上も絵を描くアトリエに掛けてある。
s-2017-12-26 039kkkkkj

今年は神聖復活の目覚めの印を夏から3500回組み、用意を整え
コピー (2) ~ s-コピー ~ コピー az~ 2012-05-05 059のコピー

来たるべき時が来るのを待っている。


INFINITE GRATITUDE