2017.02.03 太陽光発電+
2月2日東京へ
s-2017-02-03 001aaas

夜中12時半すぎて出発。八ヶ岳には3時前に帰り着いたものの、薪ストーブが付かずに、石油ストーブを付けたもののすぐには温まるはずもなく、猫たちといっしょにねましょうと・・・・・
で朝一番で煙突掃除、といっても煙突キャップだけ掃除しておしまい。この煙突キャップが壊れてしまっていて何度か針金で直したのだけれどそれがかえってすすをためるようで、
ここまでこびりついてしまうと、煙突の中にも、3cmくらい油煙が付いてしまい、今年は一度掃除しないといけないかもしれない。燃やしている薪がほとんど松やヒノキの廃材で、夜寝る前には空気口を閉めてしまいうので油煙が付くのは仕方ないのだけれど、朝、全開で燃やしだすことで煙道についている油煙も勢いよく外に飛んでいってくれていたので、煙突掃除はストーブを使わなくなるまではしないで平気だったのだけれども、煙突キャップがつぶれてしまっているところがあるのでそこに油煙が付きだすと結構すぐに詰まりだし、そうなると煙突にもどんどんと油煙がたまりだしてしまうようである。やはり、煙突キャップも使いだして24年目であるから新しいのに交換する時期のようである。
s-2017-02-03 012

4.8キロの太陽光発電は、我が家の当たり前になってしまっていて、いったい何ワット発電したのかということも気にしなくなってきている。というのも、売っているのが東電ではなくパナソニックなので、半年ごとに振り込まれ、あとのことはネットで見るのだがそれがいまだによくわかっていなく、1年の合計が159879円。単純に1kw/h38円なので、4207KW発電したという感じ。家の屋根の片側に載せただけでこれだけ電気を生み出してくれるのだから本当にありがたく、太陽の無限なるエネルギーにただただ感謝である。
s-s-2017-02-03 017

それと、南の屋根に乗せてある1050wの独立型の太陽光発電と600wの風力発電も同じように発電し続けてくれていて、コンピューターとTVと部屋の明かりの電気を供給し続けてくれている。
s-s-2017-02-03 018

100Aの韓国製バッテリー2つはおととしには駄目になってしまい、現在は24V320Aで蓄電してくれている。さすがに冬は雪や日照が悪いので2日曇りだと電気が落ちてしまうが、その時は東電に切り替えているので全く不自由なく過ごせている。このバッテリーは発電が増える4月ごろよりきちんとメンテしないと、バッテリーの寿命が短くなってしまうので、とにかく蒸留水の補充は今でこそ当たり前になっているが、やらなければいけない仕事である。このバッテリーの廃棄とそして廃棄しないでもいいようなバッテリーがいずれ出てくることを期待している。そうすれば、今使っている売電型のパネル全部を独立発電に切り替えることもできるはずである。
s-2017-02-04 004


INFINITE ENERGY

INFINITE POWER

INFINITE GRATITUDE