今年も半分が終わり、そして始まった。
緑と空の青の世界
暑き夏の日差し
s-2016-07-02 017aas

草刈りしている間に
s-2016-07-02 021

大豆
s-2016-07-02 022aas

整然と並んで伸びてきた。
s-2016-07-02 024

いよいよ藤田家のトレーラーハウスの増築の本筋の廃材の整理が、あゆみ君とシマちゃんも加わり動きだしてきた。いろいろと提案してきたが、施主ヒロさん主導で、あゆみ君が棟梁の形で10坪の増築をやっていけそうだ。
s-2016-07-01 001


INFINITE GREEN

INFINITE ENERGY

INFINITE POWER
2016.07.02 真実の生き方
s-2016-07-02 014aas

人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって、

業生(ごうしょう)ではなく、

つねに守護霊、守護神によって守られているものである。

 この世の中のすべての苦悩は、

人間の過去世から現在にいたる誤てる想念が、

その運命と現われて消えてゆく時に起る姿である。.

 いかなる苦悩といえど

現われれば必ず消えるものであるから、

消え去るのであるという強い信念と、

今からよくなるのであるという善念を起し、

どんな困難のなかにあっても、

自分を赦し人を赦し、

自分を愛し人を愛す、


愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、

守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、

世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、

個人も人類も真の救いを体得出来るものである。

s-2016-07-02 001aas


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様守護神様
神様仏様
ありがとうございます

INFINITEGRATITUDE


2016.07.03 共磁場
富士聖地 
s-2016-07-03 010

天高く
s-2016-07-03 016

日輪の下
s-2016-07-03 021

5次元の光
s-2016-07-03 022

光強くひりひりと焼けて」
s-2016-07-03 032aas

富士に笠雲
s-コピー (2) ~ 2016-07-03 067

帰りに待ち合わせして用事を済ませ
s-2016-07-03 062


宝山の駐車場へ 野外聖地ついさっきまで人で埋まっていたのがうそのように静まり返っていた。
s-2016-07-03 070

天使の階段に向かって 八ヶ岳に帰る。
s-2016-07-03 099aas

思ったよりも早く4時過ぎに帰り着き、そのまま眠ってしまった。

無限なる感謝

無限なる光

無限なる赦し





s-2014-08-05 001

体調がいまいちだったりするとつい忘れてしまいそうになる。
そして、何かにつけ、眉をひそめ地球世界を暗くさせてしまいそうになる。

すべては消えてゆく姿

世界の平和を祈り

光輝く未来の自分と地球世界を思い描き

光明思想家としてスイッチを今一度入れなおしていきませう。


INFINITE POWER




昼過ぎまで、移動する木陰の下で昔作った長椅子をもう一度彫りなおす。
s-2016-07-05 008

上を見上げると虹色に輝く太陽
梅雨の空は、高い雲と低い雲が別々の方向に流れ、そして、夕方近くには湧き上がる積乱雲。その変わりようが美しい。
s-コピー ~ 2016-07-05 001aas

午後、藤田家の家。ここ三日で借り小屋ができてきていた。
s-2016-07-05 011

ヒロさんはトレーラーハウスの前に建つ家の基礎をやっている。
s-2016-07-05 013

その帰りに、平山郁夫ミュージアムへ
s-2016-07-05 038

夏休みの企画でカフェに恐竜がいろいろ来ているのでお茶しに来ればと雅に言われていたので寄ってきた。レプリカの恐竜たちがいましたよ。口にくわえているのは恐竜のうんこの化石、これはどうやら本ものかもしれない。
s-2016-07-05 024aas

INFINITE LIFE

INFINITE GRATITUDE



長野県の茅野市民館へ
s-2016-07-06 052

s-2016-07-06 071

s-2016-07-06 073

s-2016-07-06 065aas

s-2016-07-06 002


中筋純写真展「流転 福島&チェルノブイリ」の最終日
s-2016-07-06 027

s-2016-07-06 018

s-2016-07-06 025

s-2016-07-06 010

2階へ上がり ここもいい空間
s-2016-07-06 050

s-2016-07-06 044

中空の廊下からぎゃらりを眺めた
s-2016-07-06 042

図書館へ続く長い回廊の入り口に七夕飾りが置いてあった
s-2016-07-06 037

短冊に「世界人類が平和でありますように」と書いて 
s-2016-07-06 036

s-2016-07-06 040aas

出口へ この市民館はちょっとしたミュージアムでありました。
s-2016-07-06 051

振り向けば 福島とチェルノブイリを旅してきた写真が緑に埋まり、白光が降り注いでいました。
s-2016-07-06 058aazzz


INFINITE PEACE

INFINITE LIGHT



政治、経済、宗教、民族あらゆる出来事に一切関知せず
今置かれてところで神性を現し必死に生きてゆくのみ
ただ、
いま日本で行われている選挙に対して、私のやるべきことは投票に行くということ。
18歳になった高校生の娘も投票に行けるので、子供たちともに期日前投票をしてきた。
別段迷うこともなく、私は常に野党に入れる。その野党のどの党にするのかということで少しは考えるが、今回のように4党が力を合わせてくれているから迷うこともない。18の娘は山本太郎の話をネットで聞いたらしくあの人のところでいいかと聞いてきたのでそれでいいよと。21の娘にどこに入れればいいのかと聞かれたので民進、共産、社民、生活のどれでもいいよ。私は生活の党に入れるといったので結局みんな生活の党に入れたようだ。あとは東京の2人の子供たちにも選挙に行くように勧めることが親としての役目である。
 政治家の誰も知る人はいない、ましてや好きな政治家という人もいない。自民党だろうと共産党だろうと日本国のことを思って立っているのだからそれぞれの立場でみな頑張ってほしいと思う。

今回の選挙で、与党と野党のバランスがよくなればいい

無限なる調和



山梨市で38.8度
標高830mの我が家も昼間35度あって、昼下がりの時間とても日向にはいられない。
雨も降らないまま夕暮れて 梅雨は終わってしまった感じの日。空が焼けてきた。
s-2016-07-07 033aas  

s-2016-07-07 028aas


s-2016-07-07 021aas

s-2016-07-07 027aas

s-コピー ~ 2016-07-07 071

七夕の日、天の川は雲の中
夜の風は冷たく、昼の暑さを忘れさせてくれる。

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY

INFINITE BEAUTY





雨の吉祥寺
実家に着くと雨が降ると泥だらけになってしまっていた駐車場の道にレンガが敷かれきれいになっていた。空太がここ数日で敷いたという。家に入る時に泥だらけにならなくなりありがたい。まだまだ途中でこれから奥のスペースもきれいにして行くという。楽しみ。
s-2016-07-09 002

屋上の兄のアトリエ 緑に包まれ
s-2016-07-09 039

ヒマワリが次々咲いて
s-2016-07-09 036


今日は、ひかり子の行きたいといっている新宿駅南口から行く学校の説明会に行く。2時から始まるので、もしかして三宅洋平と山本太郎の演説が聞けるかもしれないと思っていたが、すでに終わっていてほかの人の選挙カーが走り去っていっていた。
s-2016-07-09 033

小雨の中、目的の高層ビルの文化服装学園
こんなすごい学校なのかと上を見上げる。
s-2016-07-09 011

そして説明会会場は最上階の20階、今日3回目の説明会で、3,40人くらいが来ていた。ファッションの分野での学校としては規模も大学並みの3300人。卒業生も一流で活躍している人も多く、ファッションを目指すとしたらこの学校がいいのかもしれないと単純に思ってしまうが・・・・・・やはり、これはひかり子の本気度合いで決めるしかない。
1時間、説明を聞き、併設の博物館で『世界の刺繍』展を見て帰ってきた。
s-2016-07-09 005

雨もすっかりやんで、吉祥寺4時半、雅と水樹と空太と待ち合わせてお茶して、今日のもう一つは、空太の28歳の誕生日
夜9時過ぎて、風香も帰ってきてケーキを食べて騒いで笑って・・・・
s-2016-07-09 069aas

夜中1時半、吉祥寺の街も静まり返り、家族写真撮って
s-2016-07-10 009aas

高速も車少なく快適に走って3時半に八ヶ岳に無事帰り着いたのでした。

こうして1日の出来事を書き綴っていないと、本当に毎日何をしていたのか忘れていってしまう。
別に過去に執着することなどないのだけれど、時々あれは何年前のことだったのだろうかと思ったときに、見直すと書いてあるのがとてもうれしく、歳をとるにつれ、このブログで記憶を正しく思い起こされるのがいいと思って、未だに書き綴っている。
それにしても、この世の出来事のほとんどは、我が記憶から消えていってしまい、世の中がどこでどうなって変わっていってしまったのかということは、東日本大震災や、原発事故という未曽有の出来事以外は消えていってしまうものであり、自身には関係ないことのように思えてしまうが、果たして、7月10日の選挙の結果は、記憶に残るものになるのだろうかと思っている今日なのであります。


INFINITE HAPPINESS

INFINITE GRATITUDE

INFINITE FREEDOM

INFINITE HARMONY



夜中3時半に東京から帰ってきて、4時過ぎに寝て8時前に起きて、一緒に朝ご飯食べてコーヒー飲んで、雅は仕事へ。今日は選挙の投票日。あわただしさを感じる日曜の朝。
昼前に、Sさんが一輪車で掘りたてのジャガイモと玉ねぎを持って来てくれて、
s-2016-07-10 012aas

子供たちは昼すぎまで寝ていて、のんびりとした昼下がり、
今度は隣のTサンがささげといんげんときゅうりとジャガイモを持って来てくれた。
我が家はナスピーマントマトはできているが、インゲンやきゅーりはまだ小さいので初物。みなとてもおいしかった。
s-コピー ~ 2016-07-10 011

夕方、空が焼けていた。
s-2016-07-10 023aas

久しぶりの月 
s-コピー ~ 2016-07-10 027aas

六日月
s-2016-07-10 029aas

夜8時から始まった選挙速報いきなり与党圧勝らしく、もうそれだけ知れば十分であり、TVは消してしまった。
いつものことながら選挙というのは投票した人たちだけで決まってしまうので、組織票が強いところが勝ってしまうというのが何とももどかしい。まあ政治の世界というのは、そういうところなのであり致し方ない。
今回の選挙で、ますます与野党の差が広がってしまったことは、政治のバランスが大きく崩れてしまったということであり、強権な政治ができる状況になってきたということなのかもしれない。
選挙に行こうと行くまいと、どのような政治であろうと、どのような経済であろうと、それが今の日本国民の意識の表れなのであるから、それはそれでいいのである。
ただ、この世は、つねに変化変滅を繰り返しながら完成へ、調和へと進んでゆく。
いいことも悪いことも現れては消えていき、
最終的には大調和世界の平和な世界になっていくことを信じて、
これからも世界の平和を祈り、日本の平和を祈っていくだけである。

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように

神さま、仏さま ありがとうございます


INFINITE LOVE

INFINITE HARMONY



2016.07.11 梅採り
今朝、今年、最初の1輪の朝顔が咲いた。
s-2016-07-11 128

庭の梅の日がよく当たる高いところの実が落ちだしてきたので、井戸水で洗って、梅ジュースを作る。
s-2016-07-11 006

ベルガモットがほんとに満開。
s-2016-07-11 068aas

夕方、韮崎の保健所に医療助成金の申請の書類を出しに行った帰りに彩雲を見つけた。
s-2016-07-11 030aas

新府城の桃畑 
s-2016-07-11 046aas

夕暮れ、猫たちが全員出てきて散歩の時間
s-2016-07-11 058aas


5匹の猫たちとともに この美しい日没を過ごす
s-2016-07-11 084aas

今日も平和に1日が終わってゆく。

INFINITE PEACE

INFINITE LOVE


2016.07.12 UFO雲
朝7時前、UFOが南から現れて
s-2016-07-12 003aasss

見ていると普通の雲に変わっていった。
s-2016-07-12 002aas

どうして今落ちてきてしまうのかわからないが毎日クルミが落ちてきて、
昨日と今日でバケツ8分目までたまってきた。食べれるといいが、みなちょっと小さいし、実が詰まっていなそうな気がする。
s-2016-07-12 016

まだ梅雨明けしていないようだが、今日も真夏の日が降り注ぎ、夏の備えてラベンダーの花を摘む。
s-コピー ~ 2016-07-12 014

この時期、我が家の野菜も次々となりだしてきたというのに、それをはるかに超える野菜をいただく。
今年は、というか今、採りたてのきゅーりが格別においしい。

INFINITE FRESHNESS

INFINITE GRATITUDE


2016.07.13 我が家の猫
一番若い ラム メス5歳
s-2016-07-12 043

2011年10月にマジョラムから生後2.3か月でやってきた
s-2011-10-17 016


ミカン メス 9歳
s-2016-07-12 010aas

2007年9月カナディアンファームから生後10日でやってきた
s-20070911 015

テト メス 9歳
s-2016-07-11 080as

2007年6月伊藤物産から生後1,2カ月でやってきた。
s-20070603 019

ルナ オス 13歳
s-2016-07-11 014

2003年8月 シャンティ―の子供としてヒロさんの家から生後1月でやってきた
ルナ20039-

ゼロ オス 18歳
s-2016-07-12 024

あくびをすると ほとんど歯がないが、元気で何でもよく食べる。すごく優しい。
s-2016-07-12 023

1998年 メスのさんと兄弟でやってきた。そのサンはもういない。
s-ゼロあああs

それぞれの個性があり、みな可愛い家族。
今、我が家に3匹の若いオスの野良猫が入ってきて好き放題やって帰っていく。家のいたるところにちょっとおしっこをして帰っていく。それをまねて、あろうことか我が家のメスたちもしてしまう。オスの2匹、18のゼロは他の猫が来ても無視をしてねているし、13のルナはおびえて布団の中にいるし、盛りの時などは家からでなくなり、おしっこもうン子も猫砂でするようになってしまっている。
猫たちの世界も確実に高齢化になってきて、変化していく我が家なのであります。


INFINITE CATS

INFINITE FREEDOM

INFINITE LOVE

INFINITE PEACE

2016.07.14 欅の十字架
光強烈な午前中
気持ちのいい風が吹く木陰で
欅を彫っている
s-2016-07-14 036aas

3時過ぎ、雷が鳴り雨が降ってきた。あわてて片付けるもびしょぬれになり、
それから30分、土砂降り、そして雨がさっと止んで青空が出てきた。
s-2016-07-14 015aas

光降り注ぎ
s-2016-07-14 034ass

緑の中で
s-2016-07-14 004aas

また彫り始めた
s-2016-07-14 035aas

s-2016-07-14 008aas


INFINITE HARMONY

INFINITE POWER

INFINITE PEACE

2016.07.15 アジサイと虹
庭のアジサイが咲きだした
いい色 
この青色に癒され涼みます
s-2016-07-11 138aas


s-2016-07-11 160aas


s-2016-07-11 164aas


s-2016-07-11 165aas


s-2016-07-11 168aas


s-2016-07-11 162aas

夕方、雨降る中、西に向かうと後ろの東側に虹が出た。
s-2016-07-15 025

s-2016-07-15 020

今日も欅の十字架に向かっていたが、なかなか思うようには進まない、木陰で天を仰いでいると、となりのT爺さんが草刈りの刃を研いで2枚持って来てくれた。気分転換に草刈りでもしろといわんばかりで、ならばとを始めたら、気持ちよく刈れて、少しやりすぎだと雨が降りだし、あわてて木陰の仕事場のモノを片付け、外仕事はおしまい。買い物に出かけて、虹を見て帰ってきた。
今日という1日が何となく気まぐれに、そしてあっという間に過ぎ去っていく。見た目の世界では、こんなことでいいのかというような日でもあったが、虹を見てそれでいいんだよといわれたようで

ただただ感謝


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護人様ありがとうございます



無限なる感謝

無限なる自由

無限なる健康

無限なる愛

無限なる創造

無限なる光

無限なる英知






2016.07.16 ヤマカガシ
ヤマカガシ
s-2016-07-11 140aas



マクロで20cmまで近寄ってもじっとしたまま動かない。
s-2016-07-11 143aas

我慢しきれなくなったのか長い舌を出し、スーッと消えていった。
コピー ~ 2016-07-11 154

大きくもなく、怖いとも思っていなかった蛇だが、奥歯に猛毒を持っているということで、あまり近づくのは危険のようだ。


INFINITE LIFE



2016.07.17 秋桜咲いた
初めの小さなコスモスが咲いた。まだ梅雨が明けぬのにこの花を見ると気分は秋まで飛んでいく。
s-2016-07-17 053aas

5月にはピーピー言っていた雛も6月の20日過ぎにはみんな巣立ちしていったところに、また2番目のシジュウガラのつがいが卵をかえしていることがわかった。
s-2016-07-17 031

s-2016-07-17 045

よほどこの火鉢の巣が好きなようだ。
s-2016-06-22 002

花も虫も鳥達も何となくだが少し狂っているように思える今年である。

夕方6時過ぎると、風が吹き涼しく感じる時間、猫たちは散歩に行こうと外に出てくる。
今日は、4匹一緒に出掛けて一回りして、ここに並んだ。
s-コピー ~ 2016-07-17 098


INFINITE LIFE

INFINITE PEACE





大豆畑の草刈り
s-2016-07-18 065

半分終わった。
s-2016-07-18 064

夕暮れ時は猫たちと散歩。そして夕涼み
今日は4匹が並んで、
s-2016-07-18 030

最後にみかんも来てくれて
s-2016-07-18 031

猫の家族写真が取れました。
右からZERO18歳、みかん9歳テト9歳ラム5歳ルナ13歳
s-2016-07-18 033aaa
写真をクリックすればみんな大きくなります
 
夕暮れの美しき時間。 どうやら梅雨明けしたようだ。
s-2016-07-18 003zzx


INFINITE LIGHT

INFINITE PAECE



2016.07.20 大和の精神
今月も月が満ちてきました。
s-2016-07-20 016

そして月の国集会でもありました。エディさんも今日は猫ラムと一緒に参加してくれました。
s-2016-07-19 001aasaa

去年もこの時期、安保法案のことが政治の問題になっていて、今年は憲法改正の国民投票ができる与党が3分の2の議席をとったことで去年を越えた大きな問題になっていて、果たして何が良くて何が悪いのか・・・・
私などは、そもそも今まで70年続いている平和憲法は、この地球の憲法としても通用する素晴らしいものだと思っているのだけれど、世の流れは変化を求めているのか、変えたいという勢いが強くなってきている。しかし、このことは時の政権が少し権力を得ると常に持ち上がることで、すでに今から40年以上前にも同じようなことを憂いていて、あまり変わることがない。
以下の文は、昭和50年出版の五井昌久著『平和を呼ぶ声』から、世界情勢と日本の立場よりその一部を抜粋したものです。



世論を真実の平和に結集させよう

 ソ連の科学者の一人は、この銀河系宇宙には、太陽のような恒星が千億以上もあり、その銀河系宇宙と同様な星の大集団は、更に約千億もある、といっています。こんなぼうだいな宇宙の中に、地球以外に思考力をもった生物がいないなどと思うのは、それこそ奇蹟的な考え方である、といって、地球以外に人類のような生物がいない、と思っている人々をわらっています。
 これはどういうことかといいますと、現在の地球はもはや、単なる一地球ではなく、宇宙の一環としての、使命をもった地球である、ということなのです。自分たちが好むと好まざるとにかかわらず、地球は宇宙の一つの星であることは事実なので、この地球という一つの星は、やがて、宇宙にある他の星々と交流し合い、そこに生存する生物と交流することになるのです。それは夢物語ではなく、やがて事実として現われることなのです。 私はそういう真理を宇宙人との交流によって知っているのです。
 そういう時が近づいているのに、地球の指導者たちが、単に自己の権力を保持しようとして、常に戦争の恐怖を宇宙にまき散らしているということは、真理を知らぬ白痴的な生き方なのであります。
 今こそあらゆる戦争を否定する政策を各国がとらねばなりません。特に大国は戦争否定の政策に踏みきる必要があるのです。それにはまず国内の世論を切実に平和を願う世論に統一しなければならないのです。 それが出来なければ、その国は大国としての価値を失っているのであります。
 世論の中に、自国の権威を守るためには戦争も辞せぬ、というものがあれば、どうしても、そうした威勢のよい言葉のほうに人々はひきずってゆかれます。 大国の戦争は必ず大戦争にひろがってしまうのですから、 何事をおいてもこれを止めなければならないのです。
 しかしながら、人間の想いの中には、プライドがありまして、この自尊心を傷つけられるなら、死んだほうがましだ、という気持がありますので、ここがなかなかむずかしいところなのです。

大調和精神に生きよう

 日本の立場から申しますと、只今憲法改正の問題が出ておりまして、自民党系と社会共産系とが、ハッキリ立場を異にしておりますし、政治間題にあまり関係していない有識者の間でも大きくは二つに、あるいは改正するにしても、どの点をするかなどについて様々な論があるようです。
 憲法となると、国民すべての上にその責任も義務もかかってまいりますので、これは真剣にならざるを得ないのですが、一般大衆は意外なほど関心を示しません。関心を示そうにも第九条一つを取りあげてみても、どちらがよいのかハッキリ自分で割り切るわけにはいかないようなのです。
 第九条の軍備を持つことにするかしないかの問題は、 すでに自衛隊という軍備に等しいものをもってはおりますが、現憲法上では軍備ではないわけです。そこで、どこかの国と国とが戦争をはじめても、国連軍として、その地に派遣される軍隊は日本には現在ないことになっているので、行かなくとも済んでおります。これが正式に軍備を持つ憲法になれば、国連の要請によればすぐにも軍隊を派遺しなければなりません。 インドシナの場合など即座に派遺するようになったであろうと思われます。
 ところが一方、現在のような自術隊では、独立国としての威信にかかわる、独立国はれっきとした軍隊を持つべきで、自国の防衛を米国にばかり頼っているものではない、自分の国は 自分で守るべきだ、という改正論があるわけです。米国は勿論その理論に賛成なわけです。そしてそれに反対なのが、ソ連、中国というわけです。日本を中にして、米国とソ連中国はやはり対立論争をしているわけです。ですから、日本の立場は軍備があるとかないとかいう問題ではなく、国内がもっと何か一つの目的のもとに統一されていなければ駄目なのであります。技術的なものでなくて、精神の根底が確固としたものでなければならないのです。
 それは何か、 核兵器の恐ろしさを身をもって体験した日本こそ、完全平和達成の旗印のもとに国民の心を総結集しないで、他になんの方法があろうというのでしょう。世界平和 の大悲願こそ、日本人すべての大目的なのであります。枝葉末節的な言葉に耳をかす必要はありません。完全平和達成にむかって日本国民の一大結集こそ、世界の運命を神のみ心にしっかりつなぎ得る大光明の道なのです。そのために、 一人一人の世界平和の祈りが実に大事なことになってくるのであります。
 世界平和の祈りと平和の科学、この二つの道こそ世界を真に救い得る道なのです。人々は小乗的な論争を止めて、ただ一念世界平和を祈願する、日本本来の大和の精神に生きるべきなのであります。


s-2016-07-20 011as


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます



2016.07.21 うろこ雲
いつもと変わらの夕暮れにうろこ雲が満ちてきて

s-2016-07-21 047as

光と雲の
s-2016-07-21 037as

美しき時間を
s-2016-07-21 033as

s-2016-07-21 039as

暮れてゆくまで眺めていました。
s-2016-07-21 029as

太陽の黒点も久しぶりに、右下に3つ見えました。
s-コピー ~ 2016-07-21 040as

INFINITE GRATITUDE


甲府の山梨県立美術館へ
砂利とセメントと煉瓦の川のようなS字のアプローチと美術館の煉瓦の直線 そして緑がいいね
s-2016-07-22 004

静けさの中、美し、やまなし、パワー! 山梨の女性アーティストたちを見て
s-2016-07-22 010

いつ来てもここは人が少ない・・・・
s-2016-07-22 011

ここに来れば、岡本太郎に会うことができてうれしいです。 
s-2016-07-22 023as

親子連れと青年がすれ違いざまポケモンをゲットしたと言いながらアートの世界とは全く違う今日から配信が始まった携帯ゲームの世界で遊んでいる。
s-2016-07-22 031

初めて小さなバラ園まで行って芝の丘を登って、夏というのに曇り空で汗かくこともない今日の甲府盆地。
s-2016-07-22 035

野外彫刻は男ばかりの世界なのかと思っていたら、山梨の女性アーティスト展で中でも展示してあった村岡由梨さんの作品が宙に浮いて飛んいた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かもしれない・・・・・・・・・・・・・・
s-2016-07-22 034ssa

文学館は宮沢賢治の特別展をやっていたが、人の気配すらない。これでいいのだろうか・・・・
s-2016-07-22 027

もうみなここにある作品の作者はこの世にいない。
s-2016-07-22 043

遠く離れた山梨の地で野外の作品たちはいつまで佇んでいるのだろう。
s-2016-07-22 044


INFINITE ARTS

INFINITE FREEDOM






安野光雅の世界展へ
s-2016-07-24 055aas
我が家にも旅の絵本やABCの絵本などがある。
ここでの展示は、野の花と信州風景、それと画家になる始まりのころの不思議な絵が並んであった。
s-2016-07-24 068

ミュージアムは展示作品を撮ることができないのが残念である。まあ、このミュージアムは安藤忠雄の建築、ここは外回りを歩くのも楽しい。
s-2016-07-24 069aas

古代の遺跡か
s-2016-07-24 092

要塞かはたまた
これから家が建つその布基礎か
s-2016-07-24 071aaz

そしてここのミュージアムで一番意味深く感じるモノリス
s-2016-07-24 089aas

切って貼ったようなモノリスと雅
s-2016-07-24 076

モノリスに上ると八ヶ岳とミュージアムが眺めることができるのだが、すでに意味の分からない廃墟に変わってきているところがまたいいね。
s-2016-07-24 097aas

松原湖神社へ
s-2016-07-24 126

この神社の御神木のサワラの木 天まで届くように丸いうろの穴が開いていて、そこに星が通る時には昼間でも周りの明るさに左右されないので星が見えたりするのです。 
s-2016-07-24 121

s-2016-07-24 130

静けさの中で一休み
s-2016-07-24 134aas

ギャラリーTRAX 角田純展 月と火星の間が短いとき へ
s-2016-07-24 150

3次元と2次元の間で
s-コピー ~ 2016-07-24 142

昔の点描のころの思い出を角田氏が話してくれた
s-2016-07-24 162aas

角田氏は今、大学教授でもあり、ギャラリーTRAXが始まったころの空太は6歳くらいで、今は写真家となっているのだから時の流れと、変化はすごいものである。
s-2016-07-24 163

6時過ぎ、家に帰り着き、空が焼け平和に終わってゆく。
s-2016-07-24 036aas

INFINITE GRATITUDE

INFINITE FREEDOM





2016.07.25 川遊び
少し大きくなりすぎた桑の木の枝を切る。午前中に終わるつもりで空太とともにやりだしたが、人が来たりして、1時前までかかった。
s-2016-07-25 165

s-2016-07-25 164

s-2016-07-25 167
だいぶすっきりした。
s-2016-07-25 168

汗だくで家に入ると、川に水遊びに行こうということになり、すぐに出発。
s-2016-07-25 001aas

15分で南アルプスのサントリー白州蒸留所の上の神宮川に着く
s-2016-07-25 007

10年前と比べると水樹とひかり子も大きくなったものだ。砂防ダムは変わらないが、土砂がたまってきてしまい狭くなってきて谷全体が迫ってきていている。
s-20060506 018

いつものようにこの滝つぼで水につかり遊ぶ
s-2016-07-25 024

ずぶぬれになって、ぶよに囲まれだしてあわてて退散
s-2016-07-25 026

3時半、2時間の川遊びで楽しく疲れたのでありました。


INFINITE HAPPINESS

INFINITE JOY



2016.07.26 大決意
大決意

文明文化が進んでくると
自分でやらなければいけないことを
人にやらせたり 機械にやらせたりして
自分では悪いことをしていないような感じがする
たとえば
個人的に喧嘩して人を殺してしまえば
悪いことをした と自分でとてもいたみます
ところが国でやったということになれば
ちっともいたみません
人を殺しても 爆弾を落としても
いたまないわけです
それだけ人間はずるくなっている

ずるくなっているということは
表面に 悪いことも全部浮き上がってきているということです
というのは
宇宙の大変化の時ですから
波動が変わって来て
光りが余計に入って来て
内から押し上げて
地獄がそのまま肉体界に浮き上がっちゃっているのです
地獄はもう底にはないのです
地獄も天国も一緒のところにあるのです

地獄が浮き上がって来ているので
悪いことでも やること為すことがすべて大きい
たとえば今迄 喧嘩で殴っていた
それが今はロケットで核爆弾をとばす
ということになって やることが地球的規模になっている
地獄が現れているということは
消えてゆく姿で
やがては消えてしまう
底にかくれていたら
なかなか消すわけにはゆかないけれど
一遍 光で追い出して
表面に出してしまったわけですから
今度は 消す番なのです
本当に世界平和が出来る立場になるわけ
潜在意識の奥の奥に入っていた
人類の底にひそんでいたものが 全部出て来たんですから
ここで間違えれば滅びるわけです
たけども 神さまの方では
”滅ぼさない“とおっしゃっているんだから
滅ぼさないに決まっています
それで世界が本当に平和になるわけです
そのための祈りによる世界平和運動であり
宇宙子波動生命物理学の誕生なのです
ですから私たちのやっている運動というのは
世にも得難い大運動なのです
ただあまり やれやれとはっぱをかけないから そう感じないけれども
世にも得難い大運動です
といって家を捨ててやれ というのではない
家のことは少しぐらい犠牲になっても仕方ないけれど
あまり無理をしないでやって下さいというわけですが
世にも得難い大運動なんです
今にだんだんわかってきます
みんながやがてついて来ます
他に無いからです

コピー ~ asaasa


~中略~

光明思想と暗黒思想というのがあるんです
光明思想がそのまま進めば暗黒思想はなくなっちゃう
ところがみんなは光明思想を使わない
それで武器を使おうとする
権力か金力か武力でもって
世界を押えよう 世界を平和にしようと思う
武力 金力 権力では絶対に平和にならない
何故かというと
武力 金力 権力というものは暗黒思想なのです
人を圧迫しよう
力で人を屈服させようとする
そういう間違った考え方を暗黒思想というのです
暗黒思想と暗黒思想が戦っていたって
いつまでたっても光明になりません
平和になりません
日本はそんなバカなことに仲間入りしてはいけません
いくら共産主義が暗躍しようと武力でもって対そうなんて
ケチな考え 暗い考えを起こしちゃいけないと
私は叫んで 
祈りによる世界平和運動を展開しているわけです
私どもの運動というものは
あくまで大光明思想で
光明思想一点ばり 平和思想一点ばり
死のうが生きようが
病気にかかろうが 何をしようが
私は祈りによる平和運動を推進してゆくのだと
大決意をしているわけで
皆さんもそれに賛同しているわけですね
それ以外に救う道はないんです
そして最後に宇宙子科学が出来てきますから
解決するわけです
そういう運動を展開しているわけです

皆さんのよくよくこれを承知して下さい
これからいろんなところから話が来ると思うのです
このままいけば共産主義にやられちゃうじゃないか
武力を持たなければダメじゃないか
とかいってくると思います
しかしそれは一応の理屈だけれども
本当の平和思想ではないんだ
ということをあくまで皆さんの胸に収めて
祈りによる平和運動
人間の想い 日本人の想いを
平和というもの一つに結集する
ひとまず日本人全部が平和を祈願する
平和の祈りに結集されてしまう
というところまでみなさんが持っていけかなければいけない と思うのです

s-2016-04-07 037as

大決意(五井昌久先生の講和)より
2016.07.27 大善寺
勝沼にある別名ぶどう寺
ここの本堂である薬師堂、ブドウを持った薬師如来を本尊とするのでそう呼ばれるようになったようだ。そしてこの薬師如来のおかげで、勝沼はブドウの産地にもなったようである。
s-2016-07-27 004

山門をくぐり、石段を上がる。
s-2016-07-27 050

国宝の薬師堂
s-2016-07-27 118

築730年、1286年以来ここにずっと建っている。薄暗い中にはいると、薬師如来は逗子の中に入っていて見られなかったが、その周りには日光月光菩薩、十二神将が並び、この寺の歴史をお坊さんがゆっくりと説明してくれた。
s-2016-07-27 022aa

今年前厄の私と、本厄のひかり子は厄除けに護摩の火で厄を焚き上げてもらおうと薪に名前を書いてきた。
s-コピー ~ 2016-07-27 036

24m四方の大きさの木造、ヒノキの皮葺きの屋根、完ぺきに木でできた薬師堂、千年後にも同じように立っているに違いない。ただ、いつかは銅葺きの屋根にするようで寄付を募っていた。ヒノキの皮葺きの屋根の姿はもう見納めかもしれない。
s-2016-07-27 045

大善寺の受付の民宿で、庭園を見ながらお茶を飲み、空太を山梨市駅で降ろし、われわれは夕方八ヶ岳に帰ってきた。
s-2016-07-27 102

INFINITE HEALTH




2016.07.28 生老病死
どうやら梅雨が明けたのだという。すっかり明けたと思っていたのだが、気象庁の発表では今日ということのようだ。遅い感じがする梅雨明けで、もう8月も目の前。

自分の体のことで、県に申請していた医療補助制度の認可が昨日おりて、9月から始まる予定の高額医療費の問題もなんとかクリアできることになったが、果たしてその医療を受けるか受けないか、その判断は8月5日に武蔵野赤十字病院へ行って先生と話してから決めるつもりでいる。

sss-2015-01-29 027aass

 月日の経つのは本当に早い。人生、仏教では、生老病死という四苦の中を進んでいく。父は60で胃がん、母は70で乳がんの摘出施術をして90過ぎまで長い老を元気で過ごしていた。兄は、50で胃の3分の2を摘出、57の時には私と同じ肝炎で入院、未だにリンパ腫ができたまま元気な64歳である。医療の進歩のおかげで高島家は、生病老死のような並びでいいのかとも思う。今の私も数えですでに60歳というのだから老に差し掛かり、そして病も併せ持って進んでいく。病院もない時代であったら、このまま調子悪い状態の中でだんだんと寿命が尽きていくのであろう。すでに、55の時から高血圧の薬を飲みだし、その時以来、一度も片頭痛に悩まされることはなくなったものの、56で椎間板ヘルニアで腰が思うようにならず、足のしびれも出て、同時に、頚椎のすべり症で手のしびれ、肩の痛み、そして今回は慢性肝炎ということで、いまいちやる気が出なくなってしまっていて・・・・・言い出したらなかなかどうして体中ガタが来ているということなのである。
 確かに病は苦であり、今の医療はこの病を直し軽くしてくれるのは間違いないが、果たしてどこまでそれに依存するかは私自身で決めていかなければならない。
 今回の肝炎治療は本来は何百万もかかる治療なので、決断するのは相当な覚悟がいることなのだけれど、国が補助してくれるということなのでやってもいいかなと簡単に決断してしまえるのかもしれない。そして、親も西洋医学の治療を受けながら寿命を全うしているので、私もそうしてもいいかなと、簡単に気持ちの半分は思っている。


 肉体は魂の授かる大事な場。その場がガタガタとなってきている時こそ、世界を平和にするための笑顔を絶やさない心の大安心を出し続ける生き方をしてゆきたい。それが私のメメントモリであり永遠の生命を得る生き方でもある。
この世のすべてを神さまにお任せできるかどうかを今まさに試されているときということなのであろう。



INFINITE LIFE
3年前に少しきれいにした風呂場
ベニヤを張ってペンキで白く塗って1年はきれいだったのだけれど、
s-aa2013-05-27 003

3年たつとやたらと汚れてしまって、とても清潔な感じがしなくなってきてしまったので,
s-2016-07-28 003

またその上に檜や松や杉の板をはりだして
s-2016-07-30 001

s-aa2013-05-27 005

相変わらずいろんな半端の材料をつなぎ合わせてできました。これでまた当分はきれいです。
s-2016-07-30 003

とにかく毎日はいる五右衛門風呂、なかなかリフォームすることができないので、梅雨明けで乾いたところでいっきにやり切りました。
焚口のある脱衣所周りもきれいにするのが大変です。あとひと踏ん張りです。

INFINITE POWER



2016.07.30 今日の虹
今日の虹
s-2016-07-30 023aas

あっという間に消えて ほんの一瞬二重に
s-2016-07-30 021aas

草刈りの途中で雨が降りだして 前を見ると虹 走ってカメラもって撮りだすと消えて また草刈りを初めて
s-2016-07-30 007

夕暮れが来て
s-2016-07-30 030aas

今日も1日よく汗をかきました。

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH

INFINITE GRATITUDE


夕立が来て、でも空が明るいので虹を見に外に出た。
東北、西の空は青空なのに我が家の上を南側が土砂降りで、まさに天気雨
s-2016-07-31 051aas

2階の樋がまだ直し途中で、滝のように水が流れている。ここもそろそろ直さないといけないな。
s-2016-07-31 045

10分くらいで小雨に変わり、黒雲は西に流れ、やがてやんだ。
傘をさしていたのにびしょぬれ、気温も下がり、しのぎやすくなった。
s-2016-07-31 071aas

雨がやんだと蝉は鳴きだし、家にはオニヤンマが入ってきて、窓辺で出られないとガサガサやっている。
指を差し出すと止まってきて、しばしじっとしていてくれた。
s-2016-07-31 033

エメラルドアイ
s-2016-07-31 005aas

このまま吸い込まれてしまいたいと思うほどで
s-コピー ~ 2016-07-31 002

スーッと飛んで行ってしまった。


INFINITE BEAUTY