2016.06.01 日輪の下で
6月になった。
9時過ぎは飛行機が東から西にひっきりなしに飛んでゆく
s-2016-06-01 002

この飛行機雲がどんどんと膨らんでいって
s-2016-06-01 017

高度が高いので丁度いい感じで日輪を作る雲に変わっていくのかもしれない。
s-2016-06-01 020

天頂の薄雲の中に月を見つけた
s-2016-06-01 028aas

11時、日輪が現れた。
s-2016-06-01 090aas

s-2016-06-01 088aas

木陰を移動しながら木皿を作っている。
s-2016-06-01 064

欅の月皿、イチイとモミの小皿ができた。
s-2016-06-01 069

午後には雲がすっかり消え、飛行機も全く雲を作らないで飛んでいく。強烈な光のまま夕日が沈んでいった。
s-2016-06-01 075

INFINITE CREATION


2016.06.02 小さな額と器
小さな額3つ 
s-2016-06-01 073

名刺ぐらいの絵が入る予定
s-2016-06-02 030

これも小さな器 
s-2016-06-02 120aas

金平糖でも入れて
s-コピー ~ 2016-06-02 119aas

0時を過ぎるころ火星土星、そして銀河が天を覆う
s-2016-06-02 006aas


今日1日に 無限なる感謝



吉祥寺へ 今日は久しぶりに全員で会うことができる。
11時半に着き、私は、2カ月に一回の血圧の薬を処方してもらうために森本病院へ
どこの病院も待合の部屋というのは、重い空気が感じられるのだが、今日は不思議と全くそれを感じないまま終わった。
病院というところは、ここに働く人たちと来る人たちの平和を祈るところであることは間違いない。  
s-2016-06-03 002

昼過ぎに帰り、女子たちはすぐに街に出かけていって、私は兄の屋上にいたりしてのんびり、
s-2016-06-03 028

s-2016-06-03 033

2時町で待ち合わせ新宿へ
s-2016-06-03 043aas

南口にできた高層ビルとバスターミナルですっかり見える世界が変わっていた。
s-2016-06-03 053

ギャラリーのあるビルに着いた。
s-2016-06-03 072aas

この階段の幅しかない細いビルの5階へ
s-2016-06-03 073

5階ギャラリーマッチバコ モノクロの世界
ss-2016-06-03 080

オーナーと作家空太 そして窓の外には緑が揺れている
s-2016-06-03 100aas


小さな空間ながら光一杯世界。欅の緑がうれしいです。
ss2016-06-03 092aas

帰り道、風香の携帯の液晶画面の交換ということで、新宿3丁目のとあるマンションの一部屋に行って
s-2016-06-03 135

直す時間、すぐそばにあった、ビルの何ともぼろいエレベーターで4階「アナログカフェ新宿」へ
30分で交換してくれて、12000円。
s-2016-06-03 147aas

新宿はやはり広いです。いろいろ行くと疲れます。5時半混んでる電車。
この時間は八ヶ岳ではいつも夕日をまぶしく感じているころなのだけれど、そのことがどうしても信じられないのが不思議であります。

家に帰り、10時過ぎ、風香の彼氏も来て、にぎやかにお祈りもして、記念写真
s-2016-06-03 163aas

展示会をしているにもかかわらず、それはオーナーに任せて空太が急きょ来ることになって、運転をしてくれて、2時前に星降る八ヶ岳に帰り着いたのでありました。

INFINITE HARMONY

INFINITE PEACE

INFINITE HAPPINESS





昨日の東京とはうって変わっての緑の中 庭のアトリエ
s-2016-06-04 015aas

うろの空いた木株を2週間ここに置いてある。
s-2016-05-19 131

気ままに彫って、ようやく天使の顔が2つ現れて
s-2016-06-04 007aas

明かりと花器になる予定。
s-2016-06-04 001aas

ネコもいて
s-2016-06-04 006aas

今日も日輪の下、写真を撮るのが遅くて消えかけてしまいました。
s-2016-06-04 013


まだまだ彫はこれからなのだけれど、このまままた雨風に当てて時間が流れてゆきそう・・・・

INFINITE GRATITUDE



2016.06.05 富士聖地
富士が時折顔をのぞかせていた雨の富士聖地
s-2016-06-05 003

11時、行事が始まるころには富士山はすっかり雲に隠れ、小雨ながら雨もやむことなく2時間、
究極の光を地上に降ろす時、いつものことながら雨がやみ、
s-2016-06-05 008

太陽が顔を出し光降り注ぎ無事に終了
s-2016-06-05 010

富士山も顔を出す。
s-コピー ~ 2016-06-05 028

帰り道
空雲美しく
s-2016-06-05 042aas

晴れ渡る八ヶ岳に帰り着き、一休みして、
もっと伸びてからでいいのだけれど、空太がいるし、草刈り機も2台になったということで、小一時間、草刈り。やはり一人でやるよりもあっという間に倍できた。
s-2016-06-06 002

汗だくで、終わってみればいつもの夕日。
雨の富士聖地が今日のことではないように思えて
カッパが干されているので確かに今日のことだとわかるのだけれど
数千人の人たちと雨の中の2時間の出来事が
不思議なくらい別次元のことだっとということを感じるのでありました。
s-2016-06-05 048

INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE

INFINITE HARMONY






水道の配管ができ、水道手続きも終わり、いざ水を流すと、トレーラーハウスの洗濯機置き場のところの床下から大量の水漏れがして、今日はその床下の断熱材をはがして原因の究明をする。
このトレーラーハウスというのは全く寒冷地仕様ではなく、細い塩ビかポリかわからないけれど13mm管よりも細い管で配管されていて、たぶん凍結で縦に長いひびが入っていてそこからの水漏れ。
s-IMG_0367.jpg

原因がわかったことでほっとはしたが、どうやって直していくのか・・・・・
このクリーム色の管の止めの栓を買いに行ったが特殊で売っていない。13mmの塩ビ管を温めてひとまわり大きくして突っ込んでやるしかないと金物屋で言われてしまった。難しいことだし、凍結でまた壊れてしまいそう。
午後、ヒロさんが来て、洗濯機置き場のところは洗濯機を置かないので水道入らないということで、床下に回っている細い管を鉄管に近いところまで追っていき、そこで何とか止めることができた。
s-2016-06-06 009

これで大丈夫ということで栓をあけて、水を流し点検。
トイレとバスルームの水道はOK。
キッチンの水道はたらたらという感じでどこかが詰まっている。
洗面台のところは、洗濯機と同じところから来ているということで水が出ない。 
でまた床下に入り点検すると、バスルームに行っている配管が中でひび割れていて漏れ出しているのが判明、
どうやらトレーラーハウスの床下に回っている配管は、みんな細いプラスチック管なので真冬のことを考えたらみんなやり直したほうがいいかもしれない、ということが判明・・・・まだまだ先が長い。
だがしかし、一応これで、多少の漏れはしているものの水が使えるようになったことはうれしきことであります。
s-2016-06-06 016

簡単に置いてあった10カ所の基礎の4つにコンクリを打ってきちんとするということで、穴が掘られていて着実に進んでいる。水が使えるので、今度コンクリのはん練りを買ってきて,基礎を打つことができるようになった。
s-2016-06-06 014

工事も着実に進んでいるということである。主のヒロさんも家造りだんだん楽しみだしてきたようだ。
s-2016-06-06 018


INFINITE POWER

INFINITE FREEDOM


2016.06.07 矢車草


s-2016-06-07 027aas

開いた
s-2016-06-07 003aas

s-2016-06-07 026aas

s-コピー ~ 2016-06-07 025aas


INFINITE BEAUTY


庭ではラベンダーが咲きだしました。
s-2016-06-07 024aas

ノコギリソウの花にバッタの子供がたくさんいます。秋になるころにはこの花にのれないくらい大きくなるんだなあ
s-2016-06-07 019aas


材料と荷物積んで、これから神戸に水樹と行ってきます。夜中走ってパーキングで寝ながら、ゆったりと向かいます。
距離420キロだからそんなに遠くではないね。
予定では3つの家、88歳になる母たちの住む家を少しでも住みやすくする改修工事なのですが、他にもいろいろありそうでどこまでできるかが勝負です。

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH

INFINITE PEACE



水樹が行ってくれることになって、夜中、2人で小淵沢を出発、250キロ走って3時に養老のサービスエリアに到着、6時半まで休憩。
彦根から大津まで1車線規制でのろのろと、朝の通勤ラッシュの中を150キロ走って、9時、大阪吹田インターを降りる。いつもここを通る時に見ていた太陽の塔を今回はまじかで見ようと降りたが、道がややこしくいきなり道に迷ってひとまわりして9時半、やっとのことで万博記念公園駐車場に入る。
入場料250円を払い、一目散で太陽の塔へ

黒の太陽 直径8m
s-2016-06-09 019

まわって正面に来た 
s-2016-06-09 046aas

塔の高さ70m、基底部の直径20m、腕の長さ25m。 太陽の顔 直径12m
s-2016-06-09 191aas

黄金の顔 直径10.6m、目の直径2m
s-2016-06-09 196aas

いつか 中の『生命の木』をみてみたいとおもうが・・・・
s-2016-06-09 199aas

現在過去未来の3つの顔がある太陽の塔
過去を表す黒の太陽
十字架の中で大きく手を広げ私に問いかけている
s-コピー ~ 2016-06-09 213aas

私が中学1年の夏にあったEXPO70.帰りがけ振り向くと
今はもういない芸術家岡本太郎と丹下健三。2人の作品、太陽の塔と大屋根の骨組みが仲良く手をつないでいた。
s-2016-06-09 066

インスピレーションを与えてくれた岡本太郎に感謝し、公園を後にする。
今日の目的地神戸へ
朝の渋滞で12時ゼロ宅に到着。

しばしの休憩後、ゼロさんのお母さんの部屋の
s-2016-06-09 091

26cmの段差をなくすための床材を買い、我が家から持って行った材料とで、
s-コピー ~ 2016-06-09 092

s-コピー ~ 2016-06-09 093

何とか完成させ、手すりを付けベットの高さをかさ上げして今日は終了。
s-2016-06-09 095


垂水の秀子さんの家に水樹を送っていく途中の夕陽
s-2016-06-09 268aas

明石大橋と夕陽
s-2016-06-09 132

蒸し暑かったのがうそのように風が気持ちいい
s-2016-06-09 279

秀子さんと夕食を食べに行って、
s-2016-06-09 184

私とゼロさんは灘区のゼロさんの家に帰ったのでありました。


INFINITE HAPPINESS






2016.06.10 ゼロ母入院
神戸の朝は暑く、
朝から汗をかいている。
午前中にゼロさんは、微熱が続く88になるお母さんを近くの主治医の病院へ車いすに乗せて行き、私はまだ途中の改装の続きをして、11時、帰ってくると、お母さんのクレアチニンの数値が5.8に上がっているので、急きょ入院ということになってしまった。
s-2016-06-10 022

気持ちは元気なのでけれど、やはり腎臓が弱ってしまっているので、それを何とかしないといけなく、食事と水分も制限があるもののこの病院の食事はおいしいと全部食べて、私とゼロさんは一息ついて、
s-2016-06-10 023

あわただしい時間が少し落ち着き、3時過ぎ食事をして、
sss-2016-06-10 012

どこかわからない洋館でお茶を飲む。
sss-2016-06-10 016

夜は歩いて灘温泉へ。アーケードがたくさんあって、小さなお店もたくさんあって、そこに高層マンションがそそり建っている。電車がそこに何本も通ってけたたましい音で通り過ぎてゆく。どこか近未来の都市のようなブレードランナーを思い起こさせる町、11時過ぎに帰り着く。

ゼロさんのお母さんは、熱は下がったものの、足には水が溜まってしまって痛そう。
私があわただしく改装してしまったのも行けなかったかもしれない・・・・・

INFINITE HEALTH





2016.06.11 神戸縦断
とにかく神戸は坂に家が段々にあって、家の同じ階にも段がある。若いうちはいいが歳をとると1戸建ての家は実に住みにくいところであり、そういうのを解消するためにマンションに住みたくなるのかもしれない。来るたびに高層のマンションが増えている。

今日、土曜日、いろいろな予定があって、朝8時からこなしていく。まずはゼロさんの家のBSアンテナの設置、すでに設置はしてあるものの5年映ることなく、断線したものをつないでみたが映らない。分波器と分配器をつなぎなおしたり、アンテナのところもつなぎなおしたり…どうせなら新品で最初からやるほうが確実にできるのだが、なかなかつながらない。アンテナが壊れているんじゃないかといったことも疑いたくなる。ゼロさんは9時半まで待ってくれたが映らないので、一人でやることになり、2階のTVを窓の外に向けてアンテナレベルが上がるのをアンテナを動かしながら直接見れるようにした。アンテナ位置は、iphoneのソフト「BSコンパス」で合せるので確実で、一瞬レベルが1になった後、ショートしている可能性があるという画面が出たので、同軸ケーブルの接続を今一度確認する。一つ固く締めすぎたところが怪しかったので付け替えるとショートはしなくなり、アンテナレベルもきちんと上がりだし、最高のところで止めて、2台のTVのBSが映りだし完了。
s-IMG_0446.jpg

大工道具や材料を車に積み込み、家を片付けて、ZEROさんのお母さんの病院によって、垂水の秀子さんの家へ、
ZEROさん、秀子さんは夫婦ながら、22キロ離れて住み、2人とも88歳の母の介護をしながらの別居生活をしている。
今日はピンコロ合唱団の練習日ということで、先生に来てもらっての練習。もう一組の郁子さんと87歳のお母さんが来て、なぜか私も歌わされて・・・・
s-2016-06-11 034

3時からは茶話会
s-2016-06-11 039

庭に出る階段と手すりをみんなが歌の練習の時に作ってしまい、終わってから手直しして完成。
s-2016-06-11 047

いい庭です
s-2016-06-11 045

8時前にお見舞いに行って、
s-2016-06-11 059

再度山へ
土曜の夜ということでにぎわっていて
s-2016-06-11 062

s-2016-06-11 080ssa

光輝く夜景はクリスタルのように美しいのだけれど、些細なことですべてが崩れて壊れてしまいそうな危うさを感じてしまうのでした。
s-2016-06-11 121aas

9時、芦屋にあるヒーちゃんのお店「港式餃子舗 福福」まで行って、ゆったりと楽しくごちそうになり、
s-2016-06-11 096aas

11時過ぎ垂水まで帰ってきて、今日も長い一日が終わったのでありました。

INFINITE HAPPINESS



午前中、ZEROさんはお母さんの病院へ、私は暇だったのでポストと樋の排水管の修理をして、11時過ぎ、明石にタコ焼きを食べに出発。丁度お昼。すでに並んでいた。
s-2016-06-12 002

店の名前では玉子焼きとなっていて、中にはタコが入っているだけで、味付けはだし汁につけて食べる。
s-2016-06-12 017

おでんも食べて腹いっぱい。
s-2016-06-12 018

市場に行って
s-2016-06-12 023

1時半、今度はゼロさん秀子さんの裏千家の先生のお宅へ。
s-2016-06-12 069

秀子さんのお点前
s-2016-06-12 042

私もさせていただいた。
s-2016-06-12 046

ZEROさんは正座でギブアップ、85歳の先生に介助されている。あとで、きちんと正座ができるようにならないとと先生に言われていた。
s-2016-06-12 036

小雨降り出して5時に、家に帰って来る。ゼロさんと片足バランスの勝負をしている。
勝負好きで、みなを笑わせて過ごす。
s-2016-06-12 081

8時まで寝てしまい、夜12時過ぎ、お母さんも起きていてくれて、記念撮影して、八ヶ岳へ出発
s-2016-06-13 006aas

INFINITE GRATITUDE

2016.06.13 馬籠妻籠
夜中の神戸の街を走り、
寄り道しながら1時半、西宮インターから高速に乗る。来たときは、大津から彦根までずっと1車線規制だったので、そのことを思って夜中に出たのだが、その集中工事は11日に終了していて、あちこちに「ありがとうございました」という看板が光っていて、すんなりと走ってこれたのでした。

100キロ走った草津SA で休憩、そのまま朝になってしまい、7時前に出発、中津川インターで降りて、馬籠宿へ
s-2016-06-13 015

結構な急坂でハイヒールの水樹は歩くのが大変
s-2016-06-13 024

一番上まで上がって
s-2016-06-13 020

今度は下りて戻る。
s-2016-06-13 029

中ほどにある島崎藤村記念館に入った。
s-2016-06-13 063aas


初恋

まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛の 花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは 薄紅の秋の実に 人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの その髪の毛にかゝるとき たのしき恋の盃を 君が情に酌みしかな

林檎畑の樹の下に おのづからなる細道は 誰が踏みそめしかたみぞと 問ひたまふこそこひしけれ


懐かしきかな、私もこの詩を10代のころ暗唱していたのを思い出す。


続いて、9キロ先の妻籠宿へ
s-2016-06-13 096

この宿は平らなので歩きやすい。
s-2016-06-13 099

小雨もやんで
s-2016-06-13 113

脇本陣奥谷 明治10年に建てられた総ヒノキ造りの国の重要文化財
s-2016-06-13 116

s-2016-06-13 136


s-2016-06-13 154

明治13年天皇陛下が30分休んでいったそうな
s-2016-06-13 128

もしかしてお風呂も入るかもしれないと作ったが入らなかったそうな
s-2016-06-13 129

なにもかもが立派である。とにかくすべてがヒノキで作ってあるというのが木曽の家
s-2016-06-13 161




20m先にある本陣は20年前に復元されたものながら、古さも出ていてよくできていた。
s-2016-06-13 191

とことん木で 木が生活の糧であり、木が生活そのものであった時代
s-2016-06-13 223

いい時代だ
s-2016-06-13 226

s-2016-06-13 235

傘を忘れて取りに戻る。 午後1時半歩き疲れた。
s-2016-06-13 318

さあ八ヶ岳に帰りませう!

INFINITE PEACE

高速を使わず、5時過ぎに我が家に帰り着いた。

INFINITE JOY





2016.06.15 猫いる暮らし

猫たちと外で遊び、一緒にご飯を食べて、一緒に寝る。
猫たちのいる暮らしは我が人生そのものだ。

ルナ
s-2016-05-05 013

ラム
s-2016-06-01 037

テト
s-2016-06-01 039

ゼロ みかん
s-コピー ~ 2016-06-02 062

INFINITE LOVE


2016.06.17 検査結果
先日の肝生検の検査入院の結果を聞きに武蔵野赤十字病院へ空太と一緒に行ってきた。
s-2016-06-17 019

結果の発表というのはドキドキするもので、待合で待っている時間は長く、そして迫ってくる自分の番号が気になるものであった。

結果はF1からF4までで、F0が正常な人で、私の肝臓はF1という初期の段階であった。
私の肝炎はC型の1a。日本人の場合は、C型の場合ほとんどが1bであり、1aはほとんどいないという状況で、今後の治療はどのようにして行くのかということを相談してきた。
s-2016-06-19 002

まあとにかく、F1という状況はうれしき状況で、これで少しは心配してくれている人たちにも安堵してくれることは間違いない。

帰りがけ、幸せを呼ぶハトが赤十字にとまって見送ってくれていた。。
s-2016-06-17 025aas

INFINITE HAPPINESS

INFINITE GRATITUDE


2016.06.18 基礎打ち
昨日は夜中の2時過ぎに東京から帰ってきて寝たのが4時、
朝は普通に起きて、雅は仕事に、ひかり子も文化祭の支度ということで学校へ、
9時過ぎに、ひろさんとあゆみ君が半ねりのセメントを運ぶために軽トラを借りに来た。

s-2016-06-18 001

夏のような空の中、10時過ぎ、ヒロさんが祝詞をささげ、
s-2016-06-18 006

トレーラーハウスに基礎を打つ。
s-2016-06-18 010

0.65立米を流し込んでおしまい。
s-2016-06-18 013

いよいよトレーラーハウスの前に増築して,今年の秋には住みだす。

電気も使えるようになっていて、着実に進んできている。
水のほうは、バスルームに行っている配管のどこかがからほんの少し漏っている。台所の水道は、水が出ないので、今日、管の中のゴミを取り除くと相当にゴミが詰まっていて、勢いよく出だしてくれて、ほっとする。
しかし、キッチン、お風呂、トイレ、洗面のトレーラーハウスの中の配管が、細いプラスチックの管で、このままでは冬に破裂してしまうので、取り換えなくてはいけない・・・・・今日は床下の断熱材を切って手探りで探っていったが、すでにあちこちで断線した配管見つかり、何度も破裂していたということなのであろう。まあ何とか直してゆくしかない。

昼過ぎ、今日は早く帰ってきて、陽ざしの強さにつかれて、夕方まで寝てしまった。

INFINITE PEACE

INFINITE HEALTH


2016.06.19 父の日
父になって28年、
人生半分近くは父として生きている。
母と比べたら父という存在は大した仕事はしていない。3次元世界で、生きてゆくための経済的な援助をするのが一番の仕事ということなのかもしれない。父として子供たちとともに生きてゆくことは、とにかく、我慢と赦しを学び、見守ることのできる大きな人間になるための修行の道でもある。いよいよ修行も山場を超えたのか、子供たちが私の体のことを心配くれている。ありがたいことではあるが、まだまだ全開で走っていきたいと思っている。

赤いバラの花束を子供たちから頂いた。

ありがとう!!!

s-コピー ~ 2016-06-19 019aas

INFINITE HEALTH

INFINITE GRATITUDE

INFINITE HAPPINESS







2016.06.20 満月
夕暮れの田んぼ
s-2016-06-20 001

日々緑が濃くなってゆくね
s-2016-06-20 006


ストロベリームーンというので7時前に東の空を見に行ったが雲が沸いていて月はなく、
8時半、波雲の中、南に上がった月
s-コピー ~ 2016-06-20 017aas

s-2016-06-20 019aas

10時半、やはり今日は雲の中
s-2016-06-20 040

水面に写る月明かり
s-2016-06-20 044aas

いよいよ明日はけじめの夏至、そして月の国集会
今宵もホタルが田んぼの上を1匹とんでいた

INFINITE PEACE 

INFINITELIGHT

INFINITE FREEDOM


世界各国の平和をその国の言葉で祈る。
その国が平和でありますように
その国の人々が真理に目覚めますように
と心を込めて祈る。
そのことだけのために集まる。今日は遠方よりの参加もあり、力強く夏至の日の祈りでありました。
s-2016-06-21 018aas

夕焼けが水面を赤く染め
s-2016-06-21 056aas

長く蒸し暑かった昼間が終わり、心地いい風が吹く夜へと変わっていきます。
s-2016-06-21 060aas


 PRAYER FOR THE PEACE OF THE WORLD

 May peace prevail on earth.

 May peace be in our homes and countries.

 May our missions be accomplished.

 We thank you,Guardian Deties and Guardian Spirits.





2016.06.22 生命力
今年もここでシジュウガラが子育てをして巣立って行った。今日はまた遊びに来ていた。
s-2016-06-22 006

マロウは今満開
s-2016-06-22 008

ベルガモットも咲きだして、
s-2016-06-22 013

小さな多肉植物たちも元気です
s-2016-06-22 007

なにもかもが生命力に満ちていて、元気をもらっています。


INFINITE LIFE

INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE



2016.06.23 ○△□
降ったりやんだりの午前中
小雨の時は、屋根の下で途中のもののやすり掛けをしていると、急に日差しが強くなってきて、汗をかき、木陰に移るとまた雨が降りだすというのを2回繰り返す梅雨の日
2時過ぎてからはブルースカイと白雲がまぶしく、欅の花器を一気の彫り進んだ。
○△□
○は水
s-2016-06-23 017

△は火
s-2016-06-23 016

□は大地
s-2016-06-23 015

まだ明るい7時前の散歩

ゆく手に鳥がいる。
s-コピー ~ 2016-06-23 026

日々、緑が濃くなっていく。オタマジャクシたちがいっぱいいるね。
s-2016-06-23 038


家に入ると、7時半。本当に昼が長いです。


INFINITE FREEDOM



息子の空太の写真展が、新宿のギャラリーマッチバコで明日までやっている。
空太の作品はどこかノスタルジーを感じさせてくれる。
写真を重ねてゆく手法は昔からあるものの、こんな写真はあまり見たことがない。
写真好きの、そして親の私が見て言うのも親バカかといわれてしまいそうだが、新鮮で面白い。

s-新しい画像っくぁsw

s-新しい画像っここ

s-新しい画像1

s-新しい画像qqw

s-新しい画像wswせ

s-新しい画像xsxさ

s-新しい画像ああwっうぇr

s-新しい画像llk

s-新しい画像cxz

INFINITE BEAUTY

INFINITE FREEDOM

INGINITE LIGHT



2016.06.25 風香来て
昨日、風香と彼氏が来て、2日間遊び三昧
雅は両日仕事で、今日は3分の一でそばを食べ、雅が仕事をしている平山郁夫ミュージアムへ
s-2016-06-25 008

丁度今日から平山郁夫絵画 『平山郁夫 道遥か』の特別企画展が始まって、あらためて平山郁夫の人となりを順を追ってみることができた。それにしてもよく描くものだと感心する。

ソフトを食べたいというので、清里へ
s-2016-06-25 041aas

家に帰り、今度は薪を割ろうと
s-2016-06-25 051

楽しく割っていた。 背が高いのでちょっと割りにくそう。
s-2016-06-25 053

5時ころから用意して雅が帰ってきてバーベキュー
s-2016-06-25 022

そして8時半のあずさに乗ってコンクリートジャングルへ帰っていった。家族と彼氏が加わって、楽しき日でありました。

INFINITE HAPPINESS

INFINITE HARMONY


梅雨の晴れ間の日曜日
久しぶりにのんびりとした日曜日
昼前まで家の中でぼーっとしていて、昨日帰っていった風香はもう恵比寿で鍼灸の仕事をしているのかと思うとすごいことだと感心しながら、昨日買ってきた、白のガザニアを庭に植えたり、草取りをする。
雲は低く流れ、光はすでに夏、太陽が現れると汗が流れる。
s-2016-06-26 001

そして夕方
s-2016-06-26 004

コントラストが強烈で
s-2016-06-26 018

沈みゆく最後の光を浴びて緑が輝きだす
s-2016-06-26 066

この西の空を毎日見て暮らす幸せに
s-2016-06-26 041

無限なる感謝

無限なる幸福

無限なる喜び

無限なる平和




2016.06.27 椅子再生
半雨ざらし状態でここ5年外に置かれていた椅子をきれいに再生させた。
今ではこの太い木を伐るパワーもなく、そしてこうして加工することもほとんどなくなり、もうこういう作品は作れないのかもしれないと思うと、大切にしておきたいと思ったのでありました。
s-2016-06-27 003ssd

s-2016-06-27 004aas

みかんと
s-コピー ~ 2016-06-27 013

ラムがいいねといいに来てくれた。
s-2016-06-27 019

赤松の木の持つ力を感じる椅子なのです。


INFINITE ENERGY


2016.06.28 猫の器
梅雨の日の外仕事はうまくいかない。
というよりも家の中で仕事すればいいのに、外でしたくてしょうがなかったりする時期で、それも木工のアトリエでできることなのに、木陰の下の仕事場で作りたくなっているものだから、少々ぐらいの雨でも木の下はなかなか濡れないので、気が付けばびしょぬれになっていたりする。

細かいものを作っては、途中のまま箱に入れて、それがどんどんと増えていき、その合間合間に、変なものを作っている。
今日はこんな栃の木の器
s-2016-06-28 005

裏にかえすとネコさんです。お面になるかもしれない。
s-2016-06-28 006

まだこれからです。
s-2016-06-28 007

雨降る田んぼ  土の中、水の中、空にも生き物たちが乱舞しています。   
s-2016-06-25 061


INFINITE HARMONY

INFINITE POWER

INFINITE LIFE



長女が卒業し、今三女のひかり子が通う。この高校は、サッカーの中田英寿や去年ノーベル賞をとった大村智が卒業している。
私はいつも駐車場までは来るが、高校の中に入ったのは今回が初めて、
s-2016-06-30 002

s-2016-06-30 003

体育館へ
女子6人のバンド『ルピナス』
s-2016-06-30 103

s-2016-06-30 071

s-2016-06-30 038

s-コピー ~ 2016-06-30 031

INFINITE YOUTH

INFINITE HARMONY