明けましておめでとうございます
5匹の猫と2016年は6匹の猿の家族でございます
我が家の近くにも本物のサル軍団がやってきておりまして、
くれぐれも害獣と言われぬように精進して人間になれるように頑張り増すので
なにとぞよろしくおねがいいたします

s-2015-11-19 037-aas復元

s-コピー ~ 2015-11-19 037-aas復元


世界人類が平和でありますように
世界猿類が平和でありますように

INFINITE LOVE


江戸後期から
s-IMGP5367.jpg

1950年代の街に行ってきた。
s-IMGP5354.jpg

s-IMGP5343.jpg

写真館もあった
s-IMGP5420.jpg

s-IMGP5394.jpg

洋館は天井が高い
s-IMGP5401.jpg

そんなに大きくはないけれど十分に楽しめた。
s-コピー ~ IMGP5507

s-IMGP5474.jpg

s-IMGP5459.jpg

s-IMGP5483.jpg

大きな銭湯もあった
s-IMGP5487.jpg

s-IMGP5492.jpg


ここは小金井公園にある「江戸たてもの園」 今日と明日の3日は無料で入れますよ。
北海道の大麻にある開拓記念館と似ていて、ただ規模は北海道のほうが断然大きく、見て回るのに1日たっぷりかかるけど、ここは半日あれば十分見れるので、また平日の人のあまりいないときに見に来たいところでありました。


INFINITE HARMONY




2016.01.03 家族写真
きりっとした空気ではなく、あまりにもあたたかな陽気なので、どうにも正月の気持ちが薄れる三が日であります。
s-2016-01-03 031

家の陽だまりでのんびりしていると寝るだけになってしまうので少し歩こうと、2時過ぎに兄と空太と3人で公園へ
s-2016-01-03 013

雅と風香と待ち合わせ場所で休憩
s-2016-01-03 018

5人で記念撮影
s-2016-01-03 042aas

今年は、水天宮の池のかいぼり(水抜き)をやっていて、池はすっかり干上がって
s-2016-01-03 050

それを見ながら、みんなで馬鹿な話をして笑いながら、
s-2016-01-03 072

帰ってきて、 夜10時過ぎに吉城寺をで出発、12時に次女、3女の待つ八ヶ岳に帰り着きました。
s-2016-01-03 118

八ヶ岳でバイトしていた次女3女も右側に仲間に入れて、これが今の高島家家族写真です。
s-2016-01-03 042aasss


INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY





1月4日に諏訪神社に来たのは初めてで、駐車場は満車で10分待って
s-2016-01-04 001

いつもは底冷えする回廊も寒さを感じることなく、今日は初詣ながらも目的はひかり子が本厄のお参り。本殿の改修も終わっていて、少しきらびやかになった本殿にお参り。
sa-2016-01-04 049 aas

いつもはほとんど人のいない静かな諏訪神社本宮に、まだ正月ということでたくさんの人がお参りに来ていて驚く。
s-2016-01-04 008

参道に並ぶ屋台は、見たこともない食べ物や牛肉の串刺しが並んでいた。この諏訪の地は縄文のころからの狩猟と、そして農耕の入り混じる地。串焼きを食べながら鳥居に向かっていく人の姿が何ともこの地ならではのやり方なのかもしれないと思ってしまった。
s-2016-01-04 014

参道を歩き、諏訪市博物館に初めて入った。
諏訪の工匠・立川一門―社寺建築と山車彫刻という企画展であったが・・・
sa-2016-01-04 036

建物は面白い形であったが、中身は果たしてこれでいいのだろうか・・・・・という感じでありました。・・
sa-2016-01-04 064


世界人類が平和でありますように

INFINITE LOVE


2016.01.05 お茶の道
人間と真実の生き方

人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって、業生(ごうしょう)ではなく、つねに守護霊、守護神(しゅごじん)によって守られているものである。
この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世(かこせ)から現在にいたる誤てる想念が、その運命と現われて消えてゆく時に起る姿である。
いかなる苦悩といえど現われれば必ず消えるものであるから、消え去るのであるという強い信念と、今からよくなるのであるという善念を起し、どんな困難のなかにあっても、自分を赦(ゆる)し人を赦し、自分を愛し人を愛す、愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、個人も人類も真(しん)の救いを体得出来るものである。


s-2016-01-05 00aasz1



お茶の道は自由で無門であろうと思いはじまり、次から次へといろいろな門が開きいざなわれてゆく。
まずは形からということでお点前の作法を教えていただいている。
それにしてもいろいろな流派があるもので、今日も初めての流派のところへ。未だ一番多い裏千家にはyoutubeで見るくらいで出会っていない。作法についてはどこの流派で教わってもいいと感じているが、茶道の真髄へと導いてくれるものはと思うと、すべては自分自身で体得していかなければならぬものなのだということである。
茶室にて一人茶を点て、「人間と真実の生き方」を繰り返し、和敬清寂のひびきの中で世界の平和を祈ることが今年の茶の始まりである。
s-2015-12-11 110aas



世界人類が平和でありますように

無限なる自由


2015年5月17日世界平和交響曲で行われた

大宗匠 茶道裏千家今日庵 第15代家元 千 玄室 (大正12年京都府生まれ 92才)による「世界平和祈念」 御献茶の義



何度見ても心が浄められてゆくのを感じます。


INFINITE HARMONY

2016.01.08 仕事始め
今年もいろいろと動きだしてきた。
昨日と今日、予定していたこととは全く別の思いもかけないところから電話で家の解体を頼まれたが、それは私の仕事ではないと断ったものの、片づけを手伝ってきた。
長坂の別荘地帯に建つ20坪の家、
s-2016-01-07 006

ほしいものは何もないものの、壊されてしまう家のことと、残された家具や食器などのことを思うと誰かが使ってくれたら、モノたちも喜ぶに違いないと、昨日は、ファンヒーターや、鏡をもってきた。
s-2016-01-07 004

今日は、私が使えそうな、水道管や、階段の手すり、小さな扉、雨どい、北窓についていたアルミの格子を取り外してきた。
s-2016-01-07 005


3畳の絨毯やこたつ、食器棚、ガス炊飯器、ガスボイラー、TVのアンテナ、布団なんかもまだまだあるけれど・・・・あと数日は取りに行けるので、何か必要なものがありそうでしたら連絡してください。

帰り道、ラピュタの雲が八ケ岳の東に
s-2016-01-08 012

s-2016-01-08 018

富士には笠雲
s-2016-01-08 029


夕方は、薪割り、廃材の片づけ、茶室で使ったあまりの材料を今度こそ薪に切っていく。
s-2016-01-07 018


INFINITE HEALTH

INFINITE BEAUTY


暖かな日差しの降り注ぐ昼下がりから、外のテラスでじっと作って、いつしか日が森に隠れ・・・・・冷たき風が吹いてきた。

つるつるだった桑の木の棗を自由に刻んでいって、
s-2016-01-09 002ssa

蓋に『水』『心』と刻み
s-2016-01-09 011くぁws

月と太陽と光、川の流れ、植物・・・・・・思いつくまま
s-2016-01-09 004sasad

もうこれ以上刻むところがなくなって、これでおしまい。あとは時が磨いていってくれて完成。
s-2016-01-09 007aas

小さな世界ながら、彫りがいがありました。

INFINITE FREEDOM

INFINITE CREATION



2016.01.10 新年祝賀祭
雪のほとんどない富士へ
s-2016-01-10 qas


真冬の標高800mを越えた朝霧高原に、緑の牧草生えているというのが信じられなくて、そして柔かく暖かくどこまでもやさしい草畑の今日の聖地。
s-2016-01-10 029

風もなく、雲もなく、紅白の旗の中で寒さも感じない3時間。
s-2016-01-10 aadddf

2016年の始まりを祝い、未来へ向けて全員で祈ったのでありました。
s-2016-01-10 041aas

帰りの精進湖は光に包まれて
s-2016-01-10 082aasd


いよいよ2016年も始まったのであります。

INFINITE LIGHT

INFINITE BRIGHTNESS

INFINITE PEACE





2016.01.11 錆びた月と空
これは甲府にあった望月木工の看板の月の字を、新月の昨日、その木工所を解体したWさんがわざわざ取り外して持って来てくれた。それを早速、その木工所の板を使った茶室の軒下に取り付けた。
ss-コピー (2) ~ 2016-01-11 002

取付けてすぐ、森から雲が上ってきて美しく虹に輝きだして、
ss-2016-01-11 006aas

その光の中、日輪が左に右にとあらわれては消えてゆき
s-2016-01-11 055

s-2016-01-11 059aas

ss-2016-01-11 093aas

ss-2016-01-11 090aas

神々しさに包まれた甲斐駒ケ岳にしずんでいった。
ss-2016-01-11 102aas


INFINITE BEAUTY

INFINITE GRATITUDE





2016.01.12 5匹の猫
冬光降り注ぐ庭
暖かい昼前、猫たちが外に出てきた。
キャットニップに猫たちが酔っている。
s-コピー ~ 2016-01-13 020

気持ちいいとみんな寝転んでリラックス
s-2016-01-13 044

ルナはちゃんと順番を待っていたが
s-コピー ~ 2016-01-13 039

ゼロがなかなかはなれないので
s-2016-01-13 033


みかんがもうおしまいといって突っかかる。
s-2016-01-13 029


テトは遠くで見ていて、みかんもあきらめてテトのところで日向ぼっこ
s-2016-01-13 053

我が家の5匹のねこ達はみな元気です。

INFINITE PEACE





解体の家からいただいてきたトタンの雨戸を床下の隠しに使った。今までは木の雨戸を置いていたのだが、もうボロボロになってしまっていて、これで当分は大丈夫であろう。
s-2016-01-13 070

それから11月に畳を12枚もらって、茶室に5枚使い、残りの7枚は縁がどれもボロボロなのでやはり使えないと、川の斜面に穴を掘り
s-2016-01-13 075

平らにならした斜面に積んで埋め落ち葉で覆う。全然わからない。これで少し家周りの邪魔なものが片付ききれいになった。
s-2016-01-13 077


INFINITE HARMONY

INFINITE LIFE


2016.01.14 茶の湯
午前11時、東京から悟空里山のH氏がお茶の道具をわざわざ持って来てくれた。我が家の井戸掘りの時に初めて出会い、すぐそこの土地を開発するからよろしくということで知り合い、悟空里山の開発をして、それから10年ほとんど来ていなかったが、去年、悟空里山の一番上に分譲の家を3軒建てる計画で、また来るようになり、私が茶室の作っているときによく見に来ていたのである。

茶室が完成したのでそのお祝いに来るというので、朝から炭を付けて風炉で湯を沸かし、下手ながらお点前をした。釜がぐつぐつと煮えていて、茶室が暖かくなっていい感じの時間でありました。
s-2016-01-14 003

そして今日はお茶の日なのか、
s-コピー ~ 2016-01-15 020

s-2016-01-15 026

s-2016-01-15 016

午後2時過ぎ、表千家の先生が突然に来てくれてお点前のおけいこ。松尾流、大日本茶道学会、表千家と次々と教えていただく方に恵まれて、多少の所作は違うものの基本は同じ、私がYoutubeで見て覚えているのは裏千家のお点前で、時々どうしたらいいのかわからなくなって・・・・
ただ、どの流派も、習い事としての形から入り、いきつくところは心の世界。それも一碗のお茶がすべてであるというところが何とも素晴らしく、習い事を嫌っていた私であるが、所作の一つ一つが美しく洗礼されていくことが、これからを生きてゆくうえで、大切なことであろうと、58歳、これぞ日本の文化、もてなしの極意と今更ながら思い、頑張ろうと思うのであります。


INFINITE GRATITUDE

INFINITE HAPPINESS








・・・・
・・・・・
・・・・・・
・・・・・・・


年があらたまったことによって
人はおのずから心に
新しい生きる力 新しい理想 新しい道への開発を見出そうとする
新年おめでとうございますと人々は一様に言う
めでたい人もめでたくない人も種々様々でありながら
新年を祝いたい心が日本人の心の中に潜在している

人間の命の流れは 川の水のように
昨日ここで見た水は 今見ている水とは違うのである
昨日の水は もうすでにどこか遠くに流れ去っているのである
人間のいのちも そのように間断のない光の流れであって
ひととことに留まっているものではない

肉体人間というものは
命の流れに各様の想いをのせて流れているもので
昨日の命は今日の命でないように 昨日の想いはまた今日の想いではない
したがって昨日のあなたは今日のあなたではない
昨日のあなたがいかような善事をなしたとしても
今日のあなたがしたのではなく
昨日のあなたのした過ちも
今日のあなたのしたものではない
だから昨日の善事に誇ることもなければ
昨日の過ちを嘆くこともない
それらはすべて消え去って行った想念行為にすぎない

人間は常に 今の瞬間瞬間を
正しく清く愛と真に満ちた生き方をしてゆけばよい
新年はそうした生き方をあらためて思い起こさることによってめでたい
元旦を契機として 人間は日々新たな命を生かしきってゆきたいものである

s-2016-01-15 028aas



世界人類が平和でありますように

INFINITE LOVE

2016.01.16 反断捨離
 ここ三日、家の周りを片付けながら、同時に創造の世界で遊んでいる。
 とにかく作ることばかりだったので,どこもかしこも溢れかえったモノが山積みで、それらをきちんと片付けていくのが、一月のやらなければいけない最重要課題である。
 今どきの言葉で断捨離というのがあるが、そもそもモノたちの悲鳴ともいえる声が聞こえてしまう私には、とても断捨離というのは可愛そうでできないのである。そして、自分のもとに来た以上は、最後の最後まで責任をもって見守るという覚悟があるべきで、飽きたからとか邪魔になったということで捨ててしまうのはもってのほかなのである。その行先の世話まできちんと責任をもって出来ぬならば、そもそも買ったりもらったりすることはしてはいけないのである。だいたい捨てればおしまい、そして人間だけが良くなるというという考え方がどうにも納得がいかない。どんなモノであろうとその心を知ることこそ大切な生き方であり、人の道のはずである。
 私が小さいころに、捨て猫を拾って、一時期11匹にまで増えてしまったことがあり、その時の母の苦労は大変であった。邪魔だからといって捨てるわけにも行かず、(そうはいっても避妊するということもなかったので、どんどん生まれてきてしまい、母に、どうか捨ててきてといわれて、井の頭公園の池に生まれたばかりの猫を捨てに行ったのを覚えている。あの時の悲しみはもうしたくない)猫屋敷といわれてしまうほどであったが、冬にジステンバーにかかり、次々と死んでしまい、それからは3匹以上にならないように飼っていったのを思い出す。今の我が家でもそうであり、ある時から4匹になり、今では5匹までは大丈夫という感じで、ここ4年はみんな元気で過ごしている。
 モノと猫は違うといわれてしまいそうだが、私にとっては可愛さは違うが、我が家に来たということにおいては全く同じ意識で、来た以上は最後まで責任をもってともに暮らしていこうと思っているのである。
 であるからとにかくものが増えてしまい、増築を繰り返し入れてきたが、すでに許容量を超えて、軒下に置かれだしてきた。もう使われなくなった子供の勉強机と椅子を解体し薪にした。今日のお風呂は椅子や机たちの最後のエネルギーで沸かし、そのエネルギーを一杯いただき感謝してお別れをした。
 それにしてもこの物質世界は、川の流れのようにモノが流れて来る。我が家は薪で暮らしているのでその許容量は燃やせない家とは比べ物にならないくらい大きい。木のモノであったらまだまだ受け入れていきたい。

INFINITE SUPPLY

まだまだだが、
s-2016-01-15 037

あちこちに溢れるほど置かれていたモノたちをきちんと仕分けて片付け
s-2016-01-15 041

冬の間はバイクも玄関に置けるようになり、
s-2016-01-17 002

ベランダも歩けるようになってきて、ほっとしている。
s-2016-01-17 001

ここは、茶室の前の物置にあったものたちがたくさんあってまだだが、それでもだいぶすっきりしてきた。
s-2016-01-17 004

茶室周りもすっきりとした。
s-2016-01-15 045


INFINITE PEACE



2016.01.18 白銀世界
一夜にして別世界
丁度家周りが片付いたところで、40cmの雪世界。
昨日、鳥たちのエサ台に屋根をかけたところだったのでぎりぎりセーフ。
s-コピー ~ 2016-01-17 056


雪が被ったところにヨンジュウガラが頭を突っ込んでヒマワリの種をとろうと頑張っているのでその雪かきから今日の雪かきは始まった。
s-コピー ~ 2016-01-17 012

三女の高校は公休、次女のアウトレッドの仕事も休みとなって、子供2人が雪かきを始めてくれて、
s-2016-01-17 058

続いて雅が、
s-2016-01-17 020

4人でやると何とも心強い。昔は私一人でも雪と戯れる楽しみで頑張れたが、いまは肉体がやる気になれないで、1時間遅れで雪かきを始める。
s-2016-01-17 072


1時過ぎて、やっと道まで出て、少しみぞれ模様になってきたので一時休憩。くたびれたがまだまだ終わらない。
s-2016-01-17 086

昼食を食べて、太陽が輝きだすとなんとありがたくそしてうれしい。
s-2016-01-17 088

s-2016-01-17 087

ひかり子が友達と猫を作って、夕暮れて、全員くたくたで寝てしまい、夕食は9時でありました。
s-2016-01-17 102


INFINITE POWER

INFINITE ENERGY


世界平和の祈りで人類愛の実践を    五井昌久


s-新saassadfghhjj

 愛の最も深いものは人類愛です。人類愛の実践こそ、 最高の愛の生き方だと思います。 世界平和の祈りの実践は、 そのまま人類愛の実践なのです。 ですから世界平和の祈りをしていることは、 自分で人類愛などとは意識してやっていなくとも、 そのまま人類愛の行為となるのであります。
 自分のことさえ満足にできないのに、 世界平和など、 とんでもない、と思われる方もあるかと思いますが、そういう人は、 はじめは自分の運命改善の為にだけ、 世界平和の祈りをしていてもよいのです。 祈りつづけているうちに自分がいつの間にか、本気で世界平和を祈っていることに気づいてゆきます。 いつの聞にか自分の心が広くなり、 立派になっていることに気づくのです。
 世界平和の祈りというのは、 そうした祈りなのです。 禅宗の悟りのように、 自分で突きつめてするというより、 或る軌道に乗ると自然に車が走り出すように、 世界平和の祈りという、 神界ヘのエレベーターに乗りさえすれば、 その人はいつの間にか、肉体界と神界との道を自由に往き来できるようになるのであります。
 人間には、 各人それぞれの想念波動の磁場がありまして、 いつまでも同じ磁場を廻っていたのでは、 その人の過去世からの想念行為は変化しませんので、 その運命を変えようと思えば、 その磁場を広げるなり、 高めるなりしないとなりません。 ところが 一 体どうしてよいのか判りません。 そこで祈りが必要になって<るのです。 まして世界平和の祈りのような高さも広がりも無限のような光明の磁場に、 祈りによって引きあげて貰えば、 祈りだけで、 いつの間にか、 自分が立派になってしまうのも当然なのです。 何故かといえば、 自己の今までの想念波動の働き場所である磁場が、 神界にまで広げられ、そして、 その神界の光明波動によって、 今までの磁場も明るい磁場にして貰えるからなのです。

人類の原罪を浄める

 人間の想念の流れにも習慣的こ道がついていますので、 それが今いう磁場のようになってぐるぐる廻っているのです。仏教の言葉に輪廻という言葉がありますが、 人 の 想念行為 は輪のように廻っていて、 なかなかその輪の中をぬけられないものだ、というのです。 そしてその輪廻をつづけている限りは、 その人は神界に昇ってゆくわけにはゆかなぃのです。
 それが現在では、 世界平和の祈りのような素晴しい祈りができていますので、 この世界平和の祈リをエレベーターにして神界まで昇ることもかなり容易になってきたわけです。
これからは地球人類も、 輪廻転生の業生の生き方から、 本心のままの自由自在な生き方のできる、神の世そのままの生き方のできる世界をつくりあげくことになるのです。 世界平和というのは、 そういう世の中になることなのです。

 そういう世界になれば、 病も貧も不幸災難もすっかり無くなり、 誰も彼もが本心でつきあえるし、 死という状態も悲しいものではなくなる時代になるのであります。 そういう世界に 一 曰も早くならせたいと 私たちは世界平和の祈りの宣布に 一 心をかけているわけです。
 そういう時代がくる前に、 どうしても通らなければならない道は、人々の心をすベて、 神のみ心に合わせる、 という、 いわゆる波動調整の時代の到来なのです。 無神論者も唯物論者も誰も彼もが、 一度は、 心の汚れをすっかり取り払われる時がやがてやってくるのです。 それをしなけれぱ、 この地球世界は、天変地異か、 大戦争で滅亡してしまわねばならないのです。
 地球世界は今や大きく変ろうとしています。 いつまでも旧い殻にとじこもっていたり、自我欲望のとりこになっていたりしたら、 その人は、それだけの苦しみをなめなければならぬことになるのであります。
 人間はどうしても、 最後には神の子の姿を現わさずにはいられぬものなのです。 苦しみなく神の子の姿を現わす方法、 それが世界平和の祈りなのです。 キリスト教でいう人類の原罪とは、 肉体人間が神のみ心から離れ、 神の子の資格を忘れ果てたことをいうのです。

「純朴の心」著五井昌久より抜粋


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私達の天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



2016年第224回目の世界平和の祈りの集会は、たくさんの守護の霊たちに囲まれ、7人で始まりました。
s-2016-01-17 104aaa


INFINITE PEACE





今日の太陽は遠く寒い
s-2016-01-20 008

毎日の夕暮れ
s-2016-01-20 100




 ある本の副題に「あなたはどちらですか月のように他の力で輝くのかそれとも太陽のように自分で輝くのか」と
月を悪く言ったような何とも下手なたとえなのだろうと、そして悲しくなったことを覚えている。

 私はなぜか小さいころから月のことばかりを思う人間で、そのことの意味がわからなかったのだけれど、とにかく何もかもが月ばかりになってゆくのでアトリエムーンという工房を作り、月のマークを入れたものと作っていくうちに、月の力を身にしみて感じるようになったわけで、月にはただただ感謝の日々なのであります。



今宵の月
s-2016-01-21 019

0時過ぎて
s-2016-01-21 001

s-2016-01-21 022

雪雲に覆われて龍となっていく太陽・・・・・このくらいに光を抑えた太陽が見る分には美しい
s-コピー ~ 2016-01-20 071aas


太陽に感謝

月に感謝

地球に感謝


INFINITE HARMONY



大寒の日
つららが伸びて
s-2016-01-20 015

1mを軽く超えてきた。ここは母屋の雨だれが流れてくるところ。まだまだ大きくなるだろう。
s-2016-01-20 023

ちょっと歩くといろいろな顔に出会う。


何となく美しい口
s-2016-01-20 035aas

ここにも何となく顔が見つかる
s-2016-01-20 034as

極めつけの川を挟んで向かい合う顔
s-2016-01-20 031zzaax

こよみどおりに寒い日となりました。


INFINITE ENERGY

INFINITE BEAUTY




2016.01.22 携帯変更
吉祥寺へ
今年も東京の仕事が始まったのだが、二つは終わったものの時間が足りなくなってしまった。

というのも、今日は子供たちが全員集まることができたので、携帯をソフトバンクからDOCOMOに変更するために、ヨドバシカメラに行った。

s-2016-01-22 008
数日前に降った雪で街路樹が倒れたのか変なところで切られてしまっているのが痛々しい。

 もう携帯を他社に乗り換えたりするのはやめにしようと思うが、家族乗り換えと2年の縛りのおかげで相当に安いプランでやって来たのだが、3月でその縛りがなくなり、一気に倍になってしまうのと、八ヶ岳の我が家ではあまりにソフトバンクの電波が弱いということで、変えるしかないのである。
 平日で店はすいていて、すんなりと買えると思っていたが、一人1時間かかるという感じで、なんと6時間、閉店近くまでかかって5台の携帯を契約することができたのである。家族での乗り換えは、いろいろな条件がそろうと安くなり、今までのiphone5s16Gも1台21000円で下取りしてくれて、乗り換えポイントや複数台の割引、25歳以下の通信料の増量などで、iphone6s64Gが実質3万円、本体を一括で買ってしまうと、かけ放題で家族で25Gまで使えるプランに、ドコモの保障などを付けて、最初の1年は5台で月3456円、2年目が月16956円という、そして3年目からの話は軽く済んだが、それぞれの合うプランに変えていくことで、3万くらいになるのではということであった。

s-2016-01-22 069

 とにかくこの携帯料金というのはなんだかんだとポイントや割引があってよくわからない。しかし6時間も店にいて、聞いていくと、割引がある1年は本当に安く、2年目はまあ安く、割引がほとんど消える3年目からはとんでもなく高くなるということは確実なのである。その3年目からは、それぞれの自分にあったプランに変えてゆくことで対応してゆけばいいということのようだ。あと2年後には、今では考えられないようないろいろなプランが出てきて、それに乗り換えてゆけばいいということであろう。

すっかり夜になっていて、
s-2016-01-22 023

なんだかんだと契約の時に問題があり、買い物中の娘を呼び戻したりしながら、9時過ぎにすべての契約にたどり着き、無事に買うことができ、疲れて帰る我らであった。
s-2016-01-22 040


10時の遅い夕食を食べ、
みんなで記念撮影して0時過ぎに出発、久しぶりの睡魔で、双葉で雅に運転を変わってもらい、2時半過ぎに猫たちが待つ凍り付く我が家に4人で帰り着いたのでした。
s-2016-01-22 073

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH

雪が降り
鳥たちが次々に食べに来ている。
今日はカワラヒワが50羽以上で降り立って、シジュウガラ、ヤマガラ、メジロなどはヒヨドリがいる間は近づかないていたのに、そのヒヨドリを数の力で追い出してしまった。シメは誰のことも怖くないのか好きな時に来て食べていた。
s-2016-01-24 aas

s-コピー ~ 2016-01-24 078aas

窓にガンガンぶつかってくる
s-2016-01-24 085

どこに行ったのかと探すと暖かい陽だまりの木の枝にみんないた。
s-2016-01-24 107
写真をクリックすればみんな大きくなります

INFINITE PEACE

2016.01.25 平安な日
ニュースでは全国的の大寒波、八ヶ岳もそれにもれず厳しい寒さになってきた。
つららがだいぶ成長してきた。
s-2016-01-25 172

夕暮れ前に猫たちと散歩
s-2016-01-25 216

やはり雪は冷たいといっていた
s-2016-01-25 218

日が森に隠れる時間 めまぐるしく変化して
s-2016-01-25 196

木の影が長く伸びてゆく
s-2016-01-25 224

夕暮れて大きな月が上がってきた
s-2016-01-25 233


今日も平安に1日が暮れていく。

INFINITE PEACE

INFINITE HEALTH

INFINITE ENERGY




こんな寒い日は、薪ストーブを2つガンガンつけて、小さなアクセサリーを作って過ごしている。
アトリエのアクセサリーの机に来て座ると、ただただ今の感覚でピアスやイヤリングができてくる。

s-2016-01-26 063

暖かくなれば、木工のアトリエで木のオーナメントなどを作り、ここで組み立ててゆく。
ストーブの上に置いたポットから湯気が上がり、乾いた空気を湿らせて、この時期の香はいつものローズ、流れる音楽はチルアウト。
午後になると日が差し込んできて暖かくなるこの部屋で、猫たちと日向ぼっこをして少しうとうとしながら、出来てきた。この寒い時期100ペア目指して作りだめしていく。
s-2016-01-26 066

夕方は、薪ストーブ2つと五右衛門風呂の3本の煙突から煙が上がる。一番寒い時期の我が家の姿である。
1キロの独立発電用の太陽光パネルは雪かきしたので発電をしているが、売電の4.8キロのパネルはいまだ雪の下である。晴れているのにもったいないが仕方ない。


INFINITE ABILITY

INFINITE POSSIBILITY




2016.01.27 PCテーブル
s-2016-01-26 074

ここでは、写真の編集したり、このブログを書いたりしている。この時間は自分がPCを使っている気分になる状況で、それ以外のメールやオークションやショッピングのチェックなどは単なる日課で、いうなれば双方向TVのようなもので、暇つぶしの感がある。それに、3画面あるのでBSやDVDも見ながら、買い物が出来るので、時々とんでもない間違いを犯してしまったりする・・・・・
ただ、お店に出向いて買いに行くよりも、PCで買うほうが送料もかからないし安いのだから利用するのは当たり前のこととなっている。田舎暮らしには本当にありがたいシステムなのである。

そして、今では、ipadやiphpneなどの携帯端末が大きくなったり小さくなったり自在に変化しながら、どこにいても買い物、閲覧、動画、そして音楽を聴けるのだから進化したものだ。
s-2016-01-26 071

もうこれで十分だと感じているPC環境であるが、まだまだ変化してゆくのであろう。
楽で便利になっていくといいながら、気が付けばこのブラックボックス的なものに囲まれた暮らしは、人間同士のかかわりが少ない暮らし方に変わり、物質中心の唯物的な暮らしを加速させていく・・・・・物質の中心はやはりお金であり、すべての物事がお金あっての人生というのではあまりに悲しく顛倒した世界になってしまう。

この物質世界がより良い世界になってゆくことを願い、そしてその恩恵に感謝しながら、
目に見えぬ精神の世界の正しい在り方を大きく広げてゆく生き方をして行きたい。
そのための精神とはいかなるものか
それについてはすでに半世紀前に五井昌久先生の書かれた『世界平和の祈りの運動精神』の通りで、祈りある暮らしの実践しかないのである。
是非ご一読を
2016.01.28 太陽光発電
屋根の雪下ろし
というか晴れているのにいまだ雪をかぶったままの太陽光パネル。
ほんの少し発電を始めたが、一昨日は0.3kw/h、昨日は0.7kw/hしか発電しないのはやはり悲しいので雪かきをする。
s-2016-01-28 001

上の5枚はすでに見えていて、残りの15枚の雪をどかした。
s-2016-01-28 004

 太陽光発電はいまこの北杜市ではいろいろと問題が出てきてあちこちで反対運動が起きている。
 もとはといえば、赤松の森が松枯れでどんどん枯れてゆく状況で、需要もなく売ることもできなかった赤松が、3,11の大震災で合板の需要が高まり、針葉樹合板を作るために松が売れるようになったことで、それなら今でしょということで広範囲で赤松が倒されていったのであり、 本来は、この里山の針葉樹たちというのは植林をし30年から50年くらいで建築材料に使う目的で植えられたものであって、伐って、また植林していくことで山が美しく守られているのである。

 ただその状況が、次なる植林をするのではなく、日照率のいい北杜市なだけに、自然エネルギーである太陽光発電なのであった。もう原発はいらないと思っているので、私も屋根に取り付け、何とか自給して原発や化石燃料を使わない暮らしを目指しているのであるから、北杜の森が伐られて、その空いたスペースに太陽光発電を作ろうということはまんざら間違ってはいない気がしていた。
 だがしかし、雪が降り積もると晴れているのに全く発電をしないのだから弱ったものである。それに大雪などで壊れてしまうこともあるし、ましてや森の跡地に作ったところは、これからいろいろなメンテナンスがあって、設置すればそれでおしまいということはないであろう。たぶんお金儲けを目的で作った人たちの多くは、大いなる誤算であったことに気付くのかもしれない。
 まだまだあちこちに太陽光パネルが並んで小さな発電所が作られていくと思うが、これは80年代からの別荘やペンション、ホテル、それにゴルフ場開発と似ているような気がしてならない。とにかく今の世の政治経済というのは産業としてお金を動かしていくことが最優先課題なのであろう。

すべては時の流れの中 淘汰されてゆく。

そして変化変滅を繰り返し調和世界へ向かってゆくと信じている。


s-2016-01-28 006
屋根の上、この太陽光パネルが見えると、我が家の電気は十分足りている。ありがたいことである。
北杜市も1KW/Hで2万5千円の補助が出る、それに国の補助もあり、一般の家の屋根につける場合は十分採算が合う日照率日本一の北杜市である。
八ヶ岳南麓を中心とする北杜市、愛すべき我が町である。

INFINITE ENERGY

INFINITE SUN

INFINITE SUPPLY

2016.01.29 アトリエ
先日までの寒波が嘘のような雨
そして霧も出て、部屋はストーブがガンガンついて暖かい
s-2016-01-29 001

今日は1日家にこもって

未完の絵たちがどんどんたまってきたアトリエ
s-2016-01-29 002

描きながら整理
s-2016-01-29 003

作ったものでいっぱいになってきた部屋は、もう整理できなくなって・・・・・これでいいかとあきらめている・・・・
s-2016-01-29 009


INFINITE CREATION


2016.01.30 小鳥たち
今年はカワラヒワが一度に50羽もやってくる。その多さに圧倒される。みんな無表情ながら、何か会話をしているのだが、仲がいいという感じではなく、じゃまだどけといっているのが多い。
s-2016-01-30 041aas

ひとまわり大きなシメが来た
s-2016-01-25 078

アトりも中に入って食べている。 カワラヒワがどこかに行くとヒヨドリ、山雀、シジュウガラ、メジロが次から次にやってくる。
s-2016-01-30 046aas

今年は25㎏のヒマワリを買ったのでどんどん食べてね。

INFINITE HARMONY

2016.01.31 窓辺の猫

昼下がり 窓の外の小鳥たちに見飽きてこちらを向くラム(油絵風)
s-2016-01-31 026aas
写真をクリックすると大きくなります

窓辺のジャスミンは今年は1月14日に咲きだし、強い香りを放つ。
s-2016-01-16 001

 携帯をドコモに変えたことで、光ケーブルをNTTのフィレッツ光からドコモ光に変える。これでセット割りが利くということで契約が安くになるのだが、プロバイダも変更しなくてはならず、今まで使っていたヤフーを解約しなくてはならない。いろんな契約をずっとYahoo!アドレスで登録していたのでそれをみんな変更していかなくてはならないのがややこしく面倒だが仕方ない。
 今日は子供を韮崎に送りに行くついでに、ドコモショップに行って変更の契約をして、2,3週間で書類が届き契約が完了する。
日曜とあって30分待ちであった。とにかくこの携帯と光ケーブルとかの契約というのはわかりずらく、そしてややっこしい。同じ光ケーブルでも、1ギガタイプと100メガ、200メガタイプなどがあり、どれも同じ値段というのが変な話で、今は1ギガタイプが普通なのか、最初のころに契約した遅いタイプの人たちは、ずっと遅いままで、契約を新たにし直さないと早くはならないというのである。価格が同じなら早くしたほうがいいのかもしれないが、それには変更の手数料がかかるというのである。何ともめんどくさい話である。そもそもNTTもドコモも同じ会社に感じるのは私だけか。とりあえず、1月いっぱいに契約の変更の手続きが済んだのでほっとしている。


1月最後の夕暮れは、白州の道の駅から 甲斐駒に沈む
s-2016-01-31 029aas

今日の光に感謝
s-2016-01-31 aas

平和に1日が終わってゆく

INFINITE LOVE