2015.08.01 落雷を楽しむ
8月に入り、今日も暑い一日でした。
吉祥寺の実家にいる8キロある猫、太郎が熱中症で倒れて、入院しました。
aasd.jpg

おりしも実家では、日曜日というのにリビング以外の3つの部屋のエアコンの取り換え工事を朝から6時くらいまでかかって完了したということで、これで、この夏は各部屋涼しく気持ちよくモモも太郎過ごせると思います。そして何よりも人間が心地よく過ごしてこの夏を乗り切ってほしいと思います。

ここ標高830mも日向は38度を超えました。日陰で28度です。
エアコンはいりませんが夕立がほしいです。


6時過ぎから雷が鳴り始め、猫たちと一緒にすずみながら眺めていました。

西の空にまた積乱雲が昇っていくと、
s-2015-08-01 024

おじいさんのように見えました。
s-2015-08-01 026

雲の中から稲妻が不気味に光ります。
s-コピー ~ 2015-08-01 051

ほとんど雨は降らずじまいでしたが、きれいな落雷を楽しめました。7時半、家に入るころにはだいぶ涼しくなりました。


今宵は小淵沢の花火大会、雨も降らずに、月も輝き、夏らしい8月に始まりです。

太郎もガンバレ!

INFINITE PEACE


怒り、嫉妬、妬み、誹謗,中傷などの想いを、愛の光に変えてゆく。
光こそが転変地変、自然災害、人為的災害を無くし調和した世界を作る道なのだと信じている。
それは当たり前の、地球への感謝であり、同時に地球に住む人類が平和になるように祈りを捧げ続けること。

s-2015-07-31 017

地球さんありがとうございます

大地さんありがとうございます
海さんありがとうございます
山さんありがとうございます
水さんありがとうございます
火さんありがとうございます
食べ物さんありがとうございます
植物さんありがとうございます
動物さんありがとうございます
鉱物さんありがとうございます
微生物さんありがとうございます
天象さんありがとうございます
空気さんありがとうございます
太陽さんありがとうございます
宇宙さんありがとうございます
肉体さんありがとうございます

s-2015-07-30 011

安保法案賛成の人々も反対の人々もみんなが調和していきていけますように


世界人類が平和でありますように



三日から家族全員で遊ぼうと計画していて、二日水樹も6連勤でやっと夜9時過ぎに帰り、東京から空太も10時過ぎに帰り、風香が11時過ぎに帰ってきた。
全員そろい、猫たちのごはんを用意して日が変わり三日、0時半いざ出発。
高速に乗り、空太と運転を交代ながら柏崎の手前の大潟SAに3時半到着して休憩。5時に目覚めて出発。5時50分に柏崎原発の良く見える海岸に到着。何のことかわからない子供たちを起こして、あれに見える原子力発電所は、7基の原子炉を有し、合計出力821万2千キロワットを発電する世界最大の原子力発電所だと説明し、
s-2015-08-03 026

記念撮影と、無事を祈るとともに、この発電所がこのまま廃炉となってくれますようにと願いました。
s-2015-08-03 047

発電は停止したままでしたが、大きなクレーンがあり工事が進められているようでした。
s-2015-08-03 049

そして、次の目的地、出雲崎の天領の里に6時50分に到着。道の駅のきれいなトイレで水着に着替え、いざ海へ。
まだ7時前だというのに、水温は暖かく、風が吹いているので木陰は涼しい中、女子3人は大はしゃぎで海の中。私も体調不良も何のその海に入れば治ってしまうと突入。空太と雅は木陰でのんびり。
s-2015-08-03 084

s-2015-08-03 104

s-2015-08-03 166

s-2015-08-03 285

9時半までほとんど海に浸かって遊び、ひかりこはまだまだいたそうだったが、ボチボチを海水浴に人がやって来ていたので、着替えて、180キロ先の次なる目的地へ。

今度はいっきに山の中、群馬の四万温泉午後2時に到着
千と千尋の神隠しのモデルにもなったような赤い橋のある積善館
s-コピー ~ 2015-08-03 441

ここの宿は 佳松亭 山荘 本館の3つがあり、一番山手で奥にある新しい佳松亭から入る。
部屋は昭和11年に建てられた中ほどにある山荘の角部屋に6人で泊まる。
s-2015-08-03 371

3つの時代の違う建物が長い廊下と階段でつながっていて、レトロ好きの私にとっては散策が楽しい。
s-2015-08-03 378

下って下って
s-2015-08-03 470

やっと本館の入り口に来た。
s-2015-08-03 430

この建物の一階がお風呂
s-2015-08-03 429

s-2015-08-03 395

s-2015-08-03 496

夕食
s-2015-08-03 478

その後、夏休みのイベントなのか、無料のゲーム大会で水樹が一番小さな穴にボールを入れて、1泊無料券をゲットしてみんなでよろこんだ。
s-2015-08-03 481

子供たち4人と一緒に笑い遊んで、昔のお風呂、露天風呂二も入って今日の全プログラム終了
クタクタでいつ寝たかわからない感じで寝てしまいました。

INFINITE HARMONY

2015.08.04 浴衣着て 

朝、女子たちは浴衣に着替えて写真を撮った。
s-2015-08-04 080

s-2015-08-04 444

s-2015-08-04 054

出逢ってから32年 信じられないくらいいろいろなことがあって、今がある。
s-2015-08-04 459

こうして朝ごはんを全員で食べることも本当に久しぶりだ。
s-2015-08-04 493

温泉に浸かり、10時半ホテルを出発。
水樹のリクエストで榛名湖へ向かう。ここは漫画のイニシャルDの舞台となった所
ここでお茶して休憩、そして涙流して大笑いして、又出発
s-2015-08-04 523

最後の目的地「鬼押し出し」へ
3時半、私も35年ぶりに来た。ほとんど人もいない。
s-2015-08-04 547aass

s-2015-08-04 552

のぼりであせだくになる
s-2015-08-04 563

s-2015-08-04 575
浅間山の真っ白の噴煙がのぼっていく
s-2015-08-04 589

猫石があり、我が家の猫たちに会いたくなって、一目散に、といっても9時前に帰り着いた。
s-2015-08-04 349aass

夕食はみんなでバーベキューをして、旅の疲れで、みんなリビングでそのまま寝てしまう。


INFINITE JOY

INFINITE HAPPINESS





夏真っ盛りの日の朝
今日は長女風香の誕生日であるとともに
広島に原子爆弾が投下された日

核廃絶と世界の平和を祈ります。
s-コピー ~ 2015-07-24 00aas7


風香誕生日おめでとう
s-2015-07-24 03aas7あくぁq


INFINITE LOVE







2015.08.08 日本の天命
s-2013-12-ssss146az.jpg

 日本は昔から神ながらの国といい、大和の国といい、霊の本(日本)といい、日章旗に示されているように、白地に太陽、つまり霊光がまん丸く統一されて輝いている、そういう本質を自ずと現わしているのです。
 日本という国は、調和の本質をそなえておりまして、中国文化が入ってくると、それをいつの間にか、日本文化の中に融かしこんでしまう、 ヨーロッパ文明が入ってくれば、これも直ちに日本流に調和させてしまう、というように、なんでも日本にくると調和されて、日本流になってしまう、という不思議な要素をもっています。
 各国の料理なども、日本人の手になると、なんでもこなされてしまいまして、日本に来ると、どこの国の料理も美味しく料理され、ものによると、その国の料理よりも日本人の手になったほうが美味い、という程になっています。
 そういうように、各国の特徴を巧みに融合させ調和させてしまう特技をもっているのであります。ですから今日まで、日本人の発明になるものというのは甚だ少なく、外国の発明発見を、日本人がよりよく改善してゆく、ということになっております。日本人はよく猿真似が上手だといいますが、確かに発見発明するより、そうされたものをよりよく生かしてゆく調和さいせてゆくとうことが上手なのであります。
 すべてを融和させ和合させるという、日本の本質は、大きくは世界平和ということに重大なる役目をもっているのでありまして、 どうしても必然的に世界平和へ向う智慧や方法は日本から生れてくるようになっているのです。これは現在うなずかない人がいても、後には成る程と肯かざるを得ないようになってきます。
 日本が現在唯一の核爆弾の被害国であることなどは、日本が核戦争を阻止し世界を平和に導いてゆかねばならぬことを、実証してみせたようなもので、核兵器核装備に対して日本が拒否することは、日本としては当然である、と各国に思わせる充分なる立場をつくってくれています。
 核爆撃をされることなどは、日本政府としても、日本国民としても、その日の近ずくまでは知るよしもなかったことで、すべて日本の天命が完うされるための神仕組なのです。

日本の進むべき道を誤またせるな

 そこで日本の理想と使命を一口にいうと、世界のあらゆる文明文化を融合させ、世界の完全平和の実現のための先達となる、ということであります。
 右のものと左のものとを融合させ、その和の中から新しいものを生み出す、これが日本の天命の一つなのであります。右のものに組して左のものを叩いたり、左に組して右のものを叩いたりするのは、日本人のすることでもなければ、日本国のすることでもありません。日本人はすべてを生かす中庸の道、調和の道を歩むことがその天命なのであります。
 ですから、その道を外れてしまえば日本の天命は果されないのですから、日本国は滅びるより仕方がありません。日本国が減びれば、世界完全平和実現の先達となり、中心となる天命の国は他にはないのですから、世界は滅びてしまうに違いありません。これを逆説的にいえば、宇宙は大調和にむかって進んでいるのであり、神々や古来からの各聖賢が力を揃えて、地球人類の平和達成のために働いておられるのですから、地球が滅亡することはない。だから、日本の天命は果されることになる。従って、日本は滅亡することはない。ということになり、やがては世界は完全に平和になるに定まっているということになります。
 しかし、現実の世界は一触即発の危険な状態にあり、現象的にみれば、各予言のように最後の審判的な恐ろしい事態にならざるを得ないようにみえます。
 ですから人によると、世界の平和などという夢のようなことを考えずに、如何にその場その場を他国に侵かされずに切りぬけてゆくか、ということを問題にして、日本は処してゆかねばならぬ、といっております。それには米国としっかり手を組んで、共産主義の侵略を防いでゆくことである、そのためには日本の軍備を強化することは勿論である、というわけです。
 この人たちには、日本の本質も、理想も天命も無いわけです。 そういうことはひとまずおいて、現在に処するということなのであります。 現在に処して後はどうする、そういう後のことはその時になって考えるわけです。
いつでも他国の動きによって動くわけでありまして、敵と思われる国々をすっかり絶滅させるまでは、世界平和ということは考えられないわけなのです。
 ところが、私どもの霊的考察によりますと、敵があるとか無いとかいう問題ではなく、
字宙の進行による地球渡動の変化につれて、どうしても変化させねばならぬ、宇宙観、人生観の問題でありまして、地球人類側にその変化に対応する心がまえがなければ、人間としての敵ばかりではなく、地球波動の変化による天変地異による、 大悲劇がもたらされるかも知れないのです。
 ですから共産主義国のすべてを叩きふせても、それは一時のがれのものであって、無駄骨折りに過ぎないものであるというのであります。 しかもその無駄骨を折るのには、やはり地球人類の運命をかけ、多大の犠牲をはらい、時によれば、地球人類減亡の危険さえあるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

暗黒思想を消減させるもの

 問題になってくることは、やはり、世界制覇をめざして、着々と思想謀略を計っている国家や集団があることと、虚無主義的な破壊思想をもっている集団のあることなのです。
 これらの国家や集団は、日本の労働争議や学校騒動などを牛耳り、あらゆる手段をもって、日本の現在の政治体制を根底からくつがえして、自国や自分たちの思想のままに、日本を操ろうとしているのであります。
 それは単なる共産主義者たちだけではなく、もっと奥深い暗黒思想なのです。ですから表面に現われている共産主義者や、共産主義国を叩いたとしても、それでよいのではない、と私はいっているのです。
 こういう謀略をよく知っている憂国の人たちは、 その謀略を防ごうとして必死になって活動しているのでありますが、現実的には、そういう謀略を受け入れ易い状態が世界中にあり、日本にもありまして、現在の宇宙観や人生観では、とてもその侵略を防ぎ得るわけにはいかないのです。
 そこで憂国の人たちは、心痛しながらも、そういう謀略があるのだ、日本の危機だ、世界の危機なのだと叫びつづけるだけで、どうにも具体的な手が打てずに切歯扼腕(せっしやくわん)しているのであります。そこでどうしても、国内防衛のためにも、外交政策のためにも、軍備を充実させねばならぬ、というように武力に頼る方向にその主張が向いていってしまうことになるのです。
 私なども現実的な面だけをみている時には、その人たちの気持がよくわかるのですが、そういう主張がかえって、暗黒思想団体の謀略のうまい口実になり、日本の右翼が日本を再び軍国主義にさせようとしている、というような喧伝をして、民衆は大体もう戦争にはこりごりしていますので、そういう喧伝にうまく乗ってしまい、 日本の思想が分裂させられてしまうのです。
 このように、日本の思想が分裂していることが一番危険なことだと私は心配するのであります。 日本の思想が分裂していることは、何かの拍子に火がつくと、内乱にまで発展しないとはいえないのです。
 暗黒思想の謀略は実に危険であり困ったものですが、これを抑えるのに軍備というのも、業因縁の流転でありまして、これではいつまでたっても日本の平和も世界の平和も成り立たない、と私は説いているのであります。
 ですから、どこからどこまで考えても、結論としては、神のみ心の大調和精神に沿って、世界平和の祈りを根底にして、 すべての行動としてゆかねばならないということになるのであります。
 今日の世界では、今までのような神を離れた、小智才覚だけの生き方では、自分をも国をも人類をも守り得ないことが明らかになってきているのです。そのことを、 つきつめて考えて'みることが、人々にとって必要なのであります。


goisennseiaasssa.jpg

「日本の心」 五井昌久著


No Nukes One Love
s-2015-07-27 055ssaad


INFINITE PEACE





s-コピー (2) ~ 2011-07-28 063aass


 長崎と広島に核爆弾が爆発してそのすさまじいエネルギーを手に入れた人類。その平和利用という目的で原子力発電が始まった。
 人類の科学は未だに調和したものではなく、必ずや便利なものの裏には害がある。車も飛行機も爆音とともに多大なる廃棄物を地球上に撒き散らし蓄積し、現代の農業もビニールハウスの中で、多くの石油や電気によって管理されたものたちは、その代償として、本来とは逆に二酸化炭素を排出してしまっている。都市化した世界では、人間中心のあまりに偏った世界が出来上がり、それを維持するために多くの自然の摂理を無視した無謀な管理世界が出来上がってしまっている。
 このような人間中心,そして物質偏重の世界の頂点であろう原子力開発。その無限とも言えるエネルギーを何としてもコントロールし使いたいという人間のあくなき欲望。
 原子力発電は未だ、そのゴミ問題は全く解決していないまま、突き進んでいってしまっている。

 そして、東京から遠く離れた鹿児島の原発が、稼働を始めてしまった。日本の原発がすべて止まりほぼ2年ぶりの稼働である。稼働していないときも、稼働をしているときも、ウランが出している放射能をコントロールし続けているので、状況はさほど変わらないと思うが、いよいよ、稼働させるとなると制御棒を引き抜くことで一気に核分裂が加速していくのだから、緊張もするということだ。
 何事もなく発電が始まればいいとは思うが、いずれにしても、3.11の想定を超えたことを考えていくという教訓が全く生かされていないということは困ったものである。

 核分裂によるあまりにも危険でリスクのある発電は調和世界には全く必要のないものであることは間違いない。いづれはすべてなくなることは確実であると、私は信じて疑わない。

INFINITE HARMONY

INFINITE ENERGY

INFINITE LOVE

INFINITE PEACE



2015.08.12 ひまわり畑
夕暮れ時に、明野のひまわり畑
s-2015-08-11 073aas

日差しも雲に隠れ、人も少ない時間
s-2015-08-11 086aass


s-2015-08-11 049

s-2015-08-11 084

とりあえずひまわりになりましょうということで
s-2015-08-11 069

最近よく見かけるこの顔を入れる看板。つい入れてしまう。そのうち100枚くらい集まったらベストテンでも作ってみたいものだ。
s-2015-08-11 072aas

s-2015-08-11 008aas

INFINITE POWER

INFINITE LOVE



2015.08.13 額作り
今日はお盆の入りで夕方いとるところで迎え火ののろしが上がる。

我が家では、だいたいこの時期はみんな仕事に行く。
私も家で、淡々と作り続けていく。

木を決めて、
s-2015-08-12 015 

色紙の大きさの穴をあけて、彫って、周りに板を回して、
s-2015-08-13 001

それも彫って
s-2015-08-13 002

色を塗って乾かし、やすりをかけて、陰影をつけて完成に向けて加速する。
s-2015-08-13 004

できたー
s-2015-08-13 006


INFINITE SUCCESS


2015.08.14 新月に白鳩
クリアーな空 湧き上がる雲
s-2015-08-14 014

6時過ぎ、白鳩が現れ
s-2015-08-14 032aasaas

何事もなかったように夕暮れてゆく
s-2015-08-14 047


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

INFINITE LOVE


2015.08.15 記念日
日本は70年目の終戦記念日 
 天皇陛下、皇后陛下は世界の平和と日本の発展を祈り
s-s-2014-08-20 048aas

私たちは27回目の結婚記念日 
 夫婦の健康と平和を祈るとともに、世界の平和を祈ります。
s-s-2014-08-20 04qqqqw8

s-2015-08-15 011aassd


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます


2015.08.16 野菜顔

野菜たちがたくさんできて、まわりの家からもいただき、とても食べきれません。トマトもどんどん煮て、キュウリもキュウちゃん漬けに・・・・・でもどんどんやって来て今日はウリ顔になりました。
s-コピー ~ 2015-08-15 016aas112

平和ですね
s-コピー ~ 2015-08-15 012aaあ1s





ナスとトマトも入ってピースさんになりました。
s-コピー ~ 2015-08-15 025ああsdf


大地の上、土の上に暮らしているというだけで幸せなんだと感じます。


大地さんありがとう
植物さんありがとう
周りのみなさんありがとう


2015.08.17 自然に
KOUUUUUJ.jpg


世界平和の祈り

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます


リラックスして自然に
やさしく力まず
明るく朗らかに
歌うような軽い気持ちでやっていく。

なにごとも力まず自然に
それはあらゆることの原則で一番自由な道。
寝ても覚めても平和の祈りが鳴り響く。
そういう人が一人でも増えることが世界を平和にしてゆく。

やさしく、本当にやさしく真実の道を説いてくれた五井昌久先生
35年前1980年8月17日、五井先生は移行しました。
今日はしみじみとそのことを感じるのであります。

守護霊様、守護神様、五井先生ありがとうございます。

ITUKUSIMI.jpg


今日は、長野県原村の縄文の原風景の広がる関戸農園で平和の祈りの集会が行われた。
s-2015-08-18 032

ここは標高1000m、
s-2015-08-18 030

広大な土地に5棟の家が建っていて、
s-2015-08-18 028

秋の気配のススキ、オミナエシが咲きだして
s-2015-08-18 022

今日はこの家の2階で世界平和の祈りの集会
s-2015-08-18 024

主の恵子さんが迎えてくれる。
s-2015-08-18 005

富山、横浜からも来て集まり、いつもより30分遅く、そして8月は統一が長いプログラムで、
3時終了の記念撮影
s-コピー ~ 2015-08-18 016aas

終わって1階で茶話会
s-2015-08-18 018

s-コピー ~ 2015-08-18 017aas

きれいな眺めに誘われて、縄文の庭を散策して、あっという間に5時過ぎて、
s-2015-08-18 019

平和塔の2本建つ縄文の関戸農園を後にしたのでした。
s-2015-08-18 013


INFINITE GRATITUDE

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY



黒いのやオレンジのトマト、そしてイタリアントマト
s-2015-08-17 012

s-2015-08-17 010

s-2015-08-17 011

いただきます
s-2015-08-17 003aっうぇas


自然に感謝

大地に感謝

水に感謝

空気に感謝

植物に感謝

トマトさんありがとう



無限なる供給


2015.08.20 ボタン
今年もルドベキアが咲きだして、
s-2015-08-16 024

この小さな花があっという間に増えて行くのを見て、ボタンを作っている。
s-2015-08-16 022aasd

600個ができてきて、今月中にあと400でノルマ達成。
s-2015-08-20 006aas



Infinite Freedom



ひと月ぶりの吉祥寺
8月の初めに熱中症で5日間入院していた13歳の太郎も元気になって、再開。
s-IMG_1636.jpg

最近の兄は、こんな壁掛けの燭台や、
s-コピー ~ 2015-08-21 065aas

鐘の鳴る明かりを作っていて、今日はずーとこの鐘の音が涼しさを演出してくれていた。


近くのM家のひまわりは、今までにないくらいに背が高く咲いていた。
s-2015-08-21 079

9時、仕事から帰ってきた風香と散歩でみにいった。
s-2015-08-21 073

0時過ぎて、吉祥寺を出発、2時前に八ヶ岳に帰り着く。


INFINITE PEACE


s-2015-08-22 020-ああs復元


神なき人類の悲哀

神から離れていると云う事は
何んと哀しい事なのであろう
一度ならず二度までも
世界中の人間が戦い合って
多くの兄弟を無意義に死なせた昨日までの事を
もうすっかり忘れ去ってでもしまったように
自我欲望に盲いきった国々が
又も戦の火華を散らす

自分が死にたくないと云う事は
人も死にたくないという事
自分が自由を欲するように
人も自由を欲するもの
人を死なせて自分だけ生きようとする
人を縛って自分だけ自由になろうとする

そうした生き方は神の世界では許されもせず存在もしない
そんな判りきった倫理さえ
神を離れたあなた方には判らない
判らずやの駄々子の年端もゆかぬ幼児か
教養も思想もまるでもたぬ市井無頼(しせいぶらい)の徒のように
弱小国から腕づくで自分の欲しいものを強奪する
あわれと云うか愚と云うか
魔性の虜の三大国

力と力とぶつかり合う
修羅の姿の地獄絵を
三度び此の世に繰り返えそうと云う
大底抜けの大白痴業想念の明き盲
どんな罵倒にも値しない無明界の闇芝居

日本よ日本人よ
如何なる無明の闇の中でも
神から離れてはならない
神の子である事を忘れてはならない
業想念の波にさらわれ
修羅の巷に足を踏み入れてはならない
世界がどのように砕けようとも
私たちは心に神の光明を輝かし
世界平和の祈りをつづけてゆくのみだ


詩集『ひびき』 五井昌久



s-2015-08-22 001


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

守護霊様 守護神様ありがとうございます


今年もキアゲハの幼虫にフェンネルの葉を全部食べられてしまいそうだ。
s-IMG_1599.jpg

夕方、じっとして風の谷のナウシカに出てくるオームのように全員動かない。
s-コピー ~ IMG_1598

薪置き場もいんげんとズッキーニの緑で埋め尽くされてきた。
s-IMG_1612.jpg


水車の中に箱を入れて、砂を入れ回転させると、数時間でボタンやアクセサリーの角が取れてさわり心地いいものに変わる。原始的ながらとてもいい道具。


砂とボタンを入れて、水車の中に入れて回転させて、
s-2015-08-23 009

4時間ほどで、
すべすべの角の取れたボタンになっている。
s-2015-08-23 010


INFINITE WISDOM

INFINITE FLOURISHING

INFINITE SUCCESS





s-2015-08-22 052aas



地球人類の業想念が
放射能灰となって
自らの空や大地を汚しきっている時
澄み清まった躰をもつ
聖なる人たちが私たちの身辺に近づいてきた
その人たちは宇宙をそのまま住として
星々のように輝き渡っている存在者
神のみ心そのままを
自己の生活に現わしている人類
キリスト、仏陀と全く等しい光明体だ
その人々には一切の敵はなく
悲嘆も憎怒も恐怖も不安も
そうしたあらゆる業想念はさらさらない

平和を望みながら自ら世界を乱している地球人類よ
敵を見る思想の中には平和は来ず
武力に頼っている卑弱な信仰心では
神のみ心に融合することはできない

宇宙人の声はそう私たちに伝えてくる
私たちはその真理を知っている
私たちのすべての生活は
世界平和の祈り心から生れてくるもの
すべての人類が神の子であることを
身をもって現わそうとしているものだ

宇宙平和の中心者
大天使宇宙人は
今私たちの身近にいる
世界平和の祈りのひびきに交流して
地球人類救済のため
その慈愛のみ光りを
あらゆる地域に放射しはじめているのだ

私たちは祈る
世界平和を祈る'
地球人類が宇宙の聖なる使命を果すための
清らかな躰に生れ変わるようにと
私たちの世界平和の祈り言は
今日から明日へ
明日から明後日へ
益々ひろがりつづけてゆくのである



昭和30年代の五井先生の詩集「いのり」より



宇宙人の声は未だ変わらず私に響いてくる。
その声ははるか昔から変わらず
地球人類よ平和であれと応援してくれている。
その声にこたえるべく私は、
「世界平和の祈り」を祈りつづける。

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様、守護神様ありがとうございます









2015.08.25 時の部屋
我が家はいつもながらあっという間にものでおおわれてしまう。
どうしてこんなことになってしまうのか。それは物を捨てられないからということもあるが、捨てる人があまりに多いから、我が家にまだ壊れてないですからと保護を求めてやってきてしまう場合が少なくない。この時計にいたっては、すでに一部屋、時計の段ボール箱で埋まってしまっている。保護するにはまた家を広くしないといけないかもしれない。

s-20090318 011

私にとっての振子時計は、
地球の重力を感じるとともに時の流れを知るものとして、とてもありがたく大切なものなのである。ただ、1台あればいいものなのだが、こうしてたくさん集まってきてしまっているのは、物質中心の現代ならではのことかもしれない。今ではこの部屋も時計で埋まってきてしまっている。
s-20090318 021

重力と
時の流れの中
すべては変化変滅
現れては消えてゆく

重力という縦の線と
時間という横の線の
十字交叉の真ん中で
この地球に生まれし意味と
いま、生きている意味を表していく。

世界人類が平和でありますように

Infinite Love





2015.08.26 平和塔

我が家の庭に建っている平和塔
2002年、同じ所に建っていた平和塔が腐ったのでに2本目として杉の木を6角形に削って作ったものだ。
s-2015-08-27 022


この平和塔を今年行った会津の山に張り付け
s-コピー ~ 2015-08-27 023aas

八幡平の鉱山    こうして貼り付けて見るといつか本当に平和塔が建つ気にもなってくる。
s-2015-08-27 022qwqwas



INFINITE PEACE
2015.08.27 緑の変化
にょきにょきと伸びた蔓などの緑で覆われた我が家も、お盆を境にその成長がとまり、いろあいも濃い緑が抜けてきている。
s-2015-08-16 030

s-2015-08-27 003

今年のアサガオは肥料が多すぎたのか葉だけが大きくなってほとんど咲かずじまい。今頃になって少しづつ咲きだしている。
s-コピー ~ 2015-08-27 004


INFINITE GREEN






愛することが哀しい時があつても

友よ 愛しつゞけていかなければいけない

あなたの愛がたとえ地上に燃える焔であつても

神はあなたの愛が天上界のものであることを知つている

愛は神のみ心そして地上の光明

愛することは深い喜び

愛することは深い哀しみ

この世のいのちの流れの中で

縁(えにし)美しく花開くは

人と人との愛の交わり

国と国とが愛し合えない悲哀の時代にあつても

せめて人と人とは愛し合わなければいけない

人はみな神のいのちの分れ

本来一つのもの

私とあなたは一つのいのち

私たちの愛の心が

光明となつて国に充つる時

それはやがて世界の平和を導き出してゆくことになるのだ



友よ

愛して心哀しい時があつても

愛しつゞけていかなければいけない

その愛はやがて

輝やかな喜びとなつてあなたにかえつてくるに違いない

神があなたを愛していて下さるように

あなたの愛も相手を柔らかく包んでいるに違いないのだから


詩集「いのり」 五井昌久


s-コピー ~ 2015-08-23 005

こんな風に生きよう

自己をかばうために
他人の能力をけなしつけ
自分の手柄を誇るために
他人の悪を責めたてる
そんなちっぽけな人間に
君たちはなってはいけない
人にはそれぞれ欠点はあるが
その人なりの長所が必ずあるもの
自分の失敗も消えてゆく姿
他人の嫌な行為も消えてゆく姿
欠点はすべて消えてゆく姿とみて
人間神の子の本体をつかみ出そう
人がほめられるたびに
自分の心が喜んでいられるような
そんな広い心の人間になろう
いつも他人の幸福を祈り
世界人類の平和を祈りつづける
光り輝いたそんな人間で生きつづけよう

詩集『純白』 五井昌久


s-2015-08-23 007aas

カムイモシリ ピリカ ノミ

世界平和の祈り

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



2015.08.31 紫陽花
8月の終わりに
紫陽花の花を摘む。来年も咲きますようにと花芽を摘まないように切っている。
s-2015-08-31 008

s-2015-08-31 003

ガクアジサイは今では花に見えるまわりの額が下を向いてしまって、
s-2015-08-31 005

下から見るとまだ水色が残っている。
s-2015-08-31 004

夏から秋へと確実の季節の色が変わっているのを感じる。



INFINITE HAPPINESS

INFINITE PEACE