5月に入り、
日がどんどん長くなってきて、6時過ぎてから散歩に出かけた。今日のお供はゼロとルナとミカン  
s-2015-05-01 021aas

最近は野良猫がよく来ているのと、狐に狸、
s-2015-05-01 027
そして今日はこの大きな足跡を発見、大人のグーにした手ぐらいの足跡を発見。猪か?まさかのクマか?それにしても私の足跡と比べてみても穴の深さが深いので相当重い動物であるには違いない。
そんなわけで猫たち、とくにオスで年寄りのゼロとルナは、怖いらしく私が外にいる時しか出てこなくなっている。
s-2015-05-01 028

いつものところに桜草が咲いていた。
s-2015-05-01 016aas

夕焼けが燃えている。
s-2015-05-01 036aas

月もだいぶ満ちてきた。
s-コピー ~ 2015-05-01 009aas
写真をクリックすればみんな大きくなります

INFINITE PEACE



2015.05.02 五月晴れ
新緑の風が吹き抜ける
s-2015-05-02 029aas

見上げれば太陽はまぶしく
s-2015-05-02 034aas

そして強烈な光を放つ夕暮れ
s-2015-05-02 053aas

ふりむけば月が輝いて
s-2015-05-02 080aas

紫の空から冷たい風が吹き降りてきた
s-2015-05-02 058aas
写真をクリックすれば大きくなります

INFINITE BEAUTY

2015.05.03 家族
夜、2012年の5月以来の3年ぶりに八ケ岳で家族がそろった。
今日は、朝から次女と3女はアウトレットとレストランヘバイトへ
9時、車で次女をアウトレットに送り、そのまま雅と風香と私の3人で岡谷のフリーマーケットへ
200件くらいの店が並んだ山中のスケートリンクのマーケットはどこかアジアの市のようで面白い。ただ食べ物がなく、物しかないというのは本当のここならではで、ちょっと寂しい。
s-2015-05-03 005

あれやこれや買って気が付けば2時間近くいて、空太が神戸から帰って来ていて、丁度お昼ころ塩尻駅つくというので急いで迎えに行き合流。
おそばを食べようとということで、朝日村の[ふじもり]というお蕎麦屋へ
s-2015-05-03 020aas

忙しいにもかかわらず、丁寧な心配りのもてなしに雅はとても気に入って、おそばもおいしくいただいた。
s-2015-05-03 018

一緒にいる長男長女ももう27と24になるのだから、私たちもずいぶんと歳をとったものである。
s-2015-05-03 013

帰り道、眠たくなってしまったものだから、急きょ駐車場が空いていたら入ろうということで諏訪湖の片倉館へ、すんなりとすごくいいところが空いていて温、泉も丁度人がいないときに浸かる。
s-2015-05-03 050

2階の休憩室の上の展望台ですずみ
s-2015-05-03 024

それにしてもこんな洋館の温泉はちょっとないと改めて感動する
s-2015-05-03 02aas1

片倉館の外に出ると、車も満車で人でごった返している中、牡丹がひっそり緑に隠れて咲いていた。
s-2015-05-03 aas

親と上の2人は休日で、次女は9時、一番下の3女が一番遅く9時半にへとへとになってバイトから帰ってきた。みんな仕事ができる歳になリ、兄妹の話も弾んでいる。
s-2015-05-04 010as

こうして、八ケ岳の家で家族が全員集まるということも3年ぶりなのだから貴重な時間であるとつくづく思う。

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY



2015.05.04 満月そば
雨という予報も外れて、今日のお昼もお蕎麦
子供たちもいつしかそば通になっていて、じゃあ行こうと量は少ないながら、我が家から一番近くて有名な翁へ、相変わらずの人気で30分待、何度食べてもどこかに疑問が残りながらも蕎麦の本道を感じさせてくれる店ではあるのです。
そのいりぐちです。
s-2015-05-04 007aas

そばを食べていると平和な気分になるのは私だけでしょうか。

INFINITE PEACE


蔵屋グリーンズの新緑の木漏れ日の森で
s-2015-05-05 007

朝10時からコンサートが始まっていて、行ったのが昼過ぎだったので、ピミエンタの演奏がきけなかったのが残念でありましたが、
s-2015-05-05 021

こだわりの食べ物屋さんもいろいろ出ていて、
s-2015-05-05 024

春風めぐるコンサートは
始まりはボブさんの変わらぬ心地いい歌声が森を躍らせ
s-2015-05-05 016

そしてナーガさんの詩が春の風に乗って森に吸い込まれていく。
s-2015-05-05 032

ゆっくりと時間が流れて
s-2015-05-05 037

3時過ぎから、キコリさんのオルタナティブアーカイブストーク
1970年代のヒッピームーブメントの流れをスライドを交えて話してくれた。
s-2015-05-05 055


懐かしい時間、懐かしい人たち
時の流れの中、すっかり歳をとったことを感じた日でもありました。


INFINITE YOUTH

INFINITE LIFE

INFINITE FREEDOM



花の香りに上を見上げると藤が咲き
s-2015-05-06 033

モッコウ薔薇の蕾が膨らみ
s-2015-05-06 036

山々がどんどん緑に埋もれてゆく
s-2015-05-06 017318" />

春がどんどん標高を上げてゆく
s-2015-05-06 007

田んぼは下からどんどん水が張られてゆく
s-2015-05-06 016

この時期の変化にゆっくりと心を落ち着かせて今日を過ごします。


INFINITE HARMONY


普通の引っ越しはつまらないけれど画家の引っ越しは絵になります。いい天気で4回運んで大物はほとんど終わる。
s-2015-05-07 017

引っ越し先の隣には廃墟と山が広がっていて
s-2015-05-07 006

絵になりますよ
s-2015-05-07 008aas

s-2015-05-07 011aas

廃墟の前の使われなくなった田んぼにレンゲが咲いていて、モンシロチョウが乱舞していた。
コピー ~ 2015-05-07 013

INFINITE FRESHNESS




2015.05.09 守矢史料館
この変わった建物 ここは守矢史料館
s-2015-05-09 005as

そして屋根から突き出た変な4本の自然の木はいったいなんなのだろう。御柱の始まりを意味しているのかしらん
s-2015-05-09 026

よく見ると可愛いカマの刃で作ってあるオブジェが付いている
s-2015-05-09 083aas

これは建築史家の藤森照信が自分の生家の裏ということで、初めて建築を手がけた家ということのようであります
s-2015-05-09 089aas

入場料100円で中に入ると、ウサギの串刺しや、シカと猪の頭が並んでいて、
ここ諏訪の地を収めていた守矢一族の縄文から続いていたしきたり
s-2015-05-09 079aas

神様事を一子相伝で司り受け継いでいたことを記すものを保存してある史料館なのであります。
s-コピー ~ 2015-05-09 008azs

ただここを建てたのが、建築家でもある藤森照信ということで
この史料館を見に、世界中からたくさんの人がやってくるようになってしまったのです。
s-2015-05-09 017az

裏山に行くと
s-2015-05-09 081

お墓の前に、2つの変わった茶室があり、
s-2015-05-09 072

何がいいのかよくわからないけれど
s-2015-05-09 036aas

どう考えても木は枯れてしまっていていつ倒れてもおかしくないツリーハウスの茶室
s-2015-05-09 043aas

どちらも非常に落ち着かない気分になるであろう茶室であり、もっと素晴らしいツリーハウスがあるけれどと思ったりするものの、建築家として真面目に作ったということが評価されているということなのでしょうか。家に帰ってからこの方の建築を見て見ると、皆遊び心いっぱいで人生を自由に形に表している方でありました。
s-コピー ~ 2015-05-09 055

そして何よりも、今、守矢氏の縁ある人々を世界中から集めるという意味に置いて、とても貢献していることは間違いありません。
s-2015-05-09 060aas

裏山の墓地の一帯には守矢一族のお墓もあるだろうと行ってみると、まるで縄文の神のような曲がりくねった赤松の大木が迎えてくれました。ここでお祈りと感謝をして帰ってきました。
s-2015-05-09 062aas


INFINITE PEACE




 1925年大正末期に作られた蓄音器ビクター ビクトローラ・クレデンザのある部屋が落ち着く空間になり
s-2015-05-02 aas

春の夕べを100年前のレコードを聴いて過ごしています
s-2015-05-07 041

SP盤は回転が78回転と速く1枚5分程度、1曲聞くたびに針を交換し、ゼンマイを巻きます
s-2015-05-07 034aas

今までは祖父からいただいたコロンビアの蓄音器で聞いていたのですが、1年前に来たクレデンザは次元の違う素晴らしい音色で、この春の時期と秋には聞くのに最高の時間を持てているのであります。
今宵は、ショパンのバラードが心地いい日であります。


INFINITE RENEWAL



2015.05.11 外仕事
立夏(5/6)を過ぎ、朝の光は夏のよう 
s-2015-05-11 003

午前中、TRAXに軽トラで2回1立米の砂利を運んで凸凹になった道にまいてきた。
今、ギャラリーでは伊藤桂司展
s-コピー ~ 2015-05-11 006

午後、1回、我が家にも砂利を運んでまいて、それから空太に手伝ってもらって、薪の片づけ、長物がみんな片付き、スペースができた。当分は廃材は来ないでいいと思っているが・・・・・
s-2015-05-11 008

夕方、遅ればせながら畑の開墾、そして、今年は草刈りをしっかりしている。
s-2015-05-11 024

INFINITE POWER







2015.05.13 今は緑の惑星

s-IMG_0687aas.jpg

5月13日
s-IMG_1559aas.jpg

s-IMG_0706aas.jpg

s-IMG_1562aas.jpg
写真をクリックすれば大きくなります


INFINITE FREEDOM

2015.05.14 水面を眺めて
昨日、田んぼに水が張られた。、ここをやっていた82才になるおじいさんが元気になったので、3年ぶりに美しい水面が現れた。すべてが光り輝いている。
s-2015-05-14 027

湖面に映る世界のほうが現実よりも色がよく
s-コピー ~ 2015-05-14 029

そして絵画的である。
s-コピー ~ 2015-05-14 026aas

うえを見れば緑
s-2015-05-14 039

下を見ても緑
s-2015-05-14 038


ものすごいパワーで緑が広がってゆく。今日はこの水面に映る世界の中に入り込んで新しき世界を想像している。

INFINITE CREATION



s-コピー ~ 2015-05-16 001aas
トマトの苗でぬれた羽を乾かしているウスバシロチョウ
s-2015-05-14 010aas


マクロで寄っていくと点描の極み
s-コピー ~ 2015-05-14 010

乾くまではばたかせることなくじっとして、どうして乾いたのがわかったのか、何事もなかったように飛んで行った。
s-コピー (2) ~ 2015-05-14 012aas


INFINITE BEAUTY




朝から夜までアトリエにいる。
暗いアトリエは、緑のパワーを防御してくれて、とても過ごしやすい。だがこの暗さのおかげで描く絵がどんどんと昔に戻っていく。描きかけの未完の絵たちにまず筆をくわえながら、新しきキャンバスに向かってゆく。
s-2015-05-17 017

いつものことだが、アトリエにおかれた絵には完成はない。いつまでも描き続けていくだけだ。
s-2015-05-17 004

5月の新緑のエネルギーにはめまいがしてしまう。今日ようやく緑に埋もれた我が家を見て、そして森の中で水木の花が咲きだして少し安堵した。
しかしこれからがまた生き物たちの弱肉強食の生存競争が始まると思うと家の中でじっとしていたい気分である。
今、イーゼルに蟻たちがのぼってきた。まもなく羽アリたちが一斉に地中から這い出して飛び出していく。その前ふれだ。

INFINITE POWER

INFINITE FREEDOM

始まる少し前に日輪が出て
<s-2015-05-17 058aas

特別なSOPPがはじまった
s-コピー ~ 2015-05-17 071



s-s-2015-05-17 050aas



富士宣言の発足式が行われ、その理念に共鳴し賛同してくださった方々
s-2015-05-17 080


右から、以前小淵沢に住んでいた河野 秀海さん、尾崎マナミさん、お二人は去年からの参加。
富士宣言に賛同してくださって参加してくださった小淵沢に住む増川いずみさん、鈴木さん
わが町小淵沢で出会い、そして富士聖地で再開できうれしさもひとしおです。
s-s-2015-05-17 10aas6

すべてが終わり静まり返った野外聖地  
s-2015-05-17 110aas

帰りは、6人で、ワイワイと芝桜まつりで混み合う道を帰り、4時前にはいつもの蕎麦屋で9人で今日の日をお祝いしたのでありました。
s-2015-05-17 093


SOPPの映像です。
http://www.ustream.tv/recorded/62358835






DIVINE SPARK



富士宣言を書いて覚えて身にしみこませます。

s-コピー ~ 2015-05-20 009aas

今日は月の国集会
生きとし生けるものの多様性を認識し尊重し、我が家では特に猫達とともにいきいきと活きていきます。
s-2015-05-19 001aas


INFINITE LOVE


2015.05.20 虫さん
若葉色なのでワカバグモ ハエを捕まえ嬉しそう 
s-2015-05-20 01aas7

ピンクなのでベニスズメ  昼間はじっと寝ています
s-2015-05-20 00aas1

蜂に見えるよハナアブサン ハルジオンの蜜おいしいですか
s-2015-05-20 023aas

小さな小さなイナゴさん 早く大きくなってくださいね
 s-2015-05-20 027aas

黒く大きな蟻はその名の通りクロオオアリさん 元気に動いていたけれどよく見ればケガしてたのね大丈夫?
s-コピー ~ 2015-05-20 047


いろんな名前の虫さんが次から次へとあらわれます


INFINITE PEACE



満開のモッコウ薔薇

s-2015-05-21 11aas4

s-コピー ~ 2015-05-21 117


2002 13年前
s-02-05-20 15

私は三つ編みだった
s-02-05-20 14

2002年といえばデジタルカメラを使いだしたころだ。ちょっと前のことのように思うが・・・・13年の時が流れて、子供たちはみな大きくなり、親の私たちは明らかに歳をとったということである。

s-2015-05-21 aas

s-2015-05-21 061aas


INFINITE LOVE

INFINITE HARMONY

INFINITE LIGHT

INFINITE HEALTH


2015.05.22 吉祥寺の夕陽
屋上の兄のアトリエ 今は紫の染にはまっていて、皮のジャケットを染めている。
s-2015-05-22 003

夕陽が東急横の道の先に沈んでゆく
s-2015-05-22 021aas

強烈な光で
s-2015-05-22 016aas

前を見てはすすめないほどだ
s-2015-05-22 014aas

今日は予定していた仕事が全くできないで、
帰りは、風香と、今日できた紫染のジャケットを着た兄が見送ってくれました。
s-コピー ~ 2015-05-22 030

INFINITE PEACE

K”MOPAヤング・ポートフォリオの授賞式に行く。
s-2015-05-23 044

清里フォトアートミュージアムが開館して今年で20年ということで、その記念式も行われていて、盛大に行われていた。
2時過ぎから授賞式は始まり、18人の受賞者が来ていて、一人ずつ挨拶をし、それを選出した審査員の細江英公、森山大道、瀬戸正人の3人がコメントを言って、賞状を渡していった。
ここの館長でもある細江英公氏が笑いを誘ってくれて、和やかな雰囲気の中で、4時半に終わった。


はじまる前 みんな緊張感もなく和やかな中
s-コピー ~ 2015-05-23 046

授賞式が終わり、懇談会で、選出してくれた森山大道氏とともに
s-コピー ~ 2015-05-23 059

新宿にあるアートがラリーのmatchbaco(マッチバコ)のオーナーのケンイチさんとともに
s-コピー ~ 2015-05-23 070

雅は細江英公さんの話に感動してあいさつ、
s-2015-05-23 116

8年くらい前に私とまだ学生であった空太がここのミュージアムに来た時に、受付にいたおじいさんが出てきて、「写真が好きならどんどんと撮って、いい写真をここの公募展に出しなさい」と言ってくれた方が、実はここの館長の細江英公さんでありました。そして、空太もぜひ応募して収蔵してもらいたいですと言っていたのでありました。
それがこうして現実になったというのもなかなか感慨深いものであります。
s-2015-05-23 111



INFINITE HAPPINESS

INFINITEGRATITUDE


ヒロさん麻子ちゃんの家の最後に残ったゴミの片づけをした。家といっても燃えてしまったのだから何もない。その片づけは半年たっていてもいろいろ思い起こされて悲しく寂しい。ヒロさん麻子ちゃんは気丈に元気にしていたが、このバケットがなくなってしまうということはすべての思い出がなくなってしまうということでもあり、心は複雑で悲しいことである。
s-2015-05-24 036

たくさん残っていたごみ袋もみんなバケットに入れてきれいになり
s-2015-05-24 011

燃やせるものはみんな燃やして、
s-2015-05-24 015aas

少し整地もして4時過ぎにはすべてきれいに片付いた。
s-2015-05-24 021

最後に、サチヤ君の生まれた時に植えた桜の木をヒロさんが伐る。
s-2015-05-24 024

そして、根元からひこばえが出てくることを祈った。
s-2015-05-24 027

帰り、約束は5時過ぎだったので少しはやかったが三井ゆいまーる農園へ
三井さんを探してあちこちの畑を回り、トマトの苗を郁子さんと2人で植えているところを見つけて
s-2015-05-24 040

数株植えるの手伝って、
s-2015-05-24 056

タケノコ採りをして、そして、温室へ行って今年も苗をいろいろいただいた。
s-2015-05-24 066

トマト ナス ピーマン、モロヘイヤ、セイクリットバジル
s-2015-05-24 067

帰るとまぶしい夕暮れで
s-コピー ~ 2015-05-24 aas

最後には真っ赤に燃えて
s-2015-05-24 128aas


いい汗かいた日でした。

INFINITE HARMONY

INFINITE GRATITUDE



2015.05.25 下地作り
135cmⅹ112cmの障子の枠にキャンバスをはる。F80号に近いサイズ
s-2015-05-25 009

他にもいろいろなサイズがあるので時間がある時に張っていこう。
s-2015-05-25 011

数日前には板とF30号3枚に下地を塗った。
s-2015-05-21 003

フェンネルの影
s-2015-05-21 020

ひなげしの影
s-2015-05-21 019

s-2015-05-26 005

薔薇の影
s-2015-05-26 008

白く塗った下地に花々の影が落ちて絵になっていく。

2015.05.26 次々と
川の斜面に歩きやすいように2mの橋を渡す。
s-2015-05-25 056

ついでにここにも渡した。
s-2015-05-25 055

来年へ向けて薪ストーブをきれいにメンテナンスをするが
わが家のエフェル社ハーモニーは1986年製で22年使い続けていて2重構造の中はボロボロ。特に今年、煙突に抜けるところの一番重要な壁になっていたところが割れてしまった。
s-2015-05-26 016

今年こそはきちんと直そうとエフェル社の総輸入元でもあった長野総商株にその旨をメールしたら、パーツリストが添付されたメールが来た。
s-{BF2526A5-D812-4D52-B517-B0CDE6521920}

これで交換できると喜んだが、どうやらちょっとだけ仕様が違っていた。其れと30年近く前のものなので製品がないかもしれないとのこと。でも、何とかなるような気になって来た。

夕方、大きな鏡付きのサイドボードをいただいてきた。
180cmx53cmx85cmで9つの引き出しがあって・・・・
s-2015-05-26 026

鏡が140cmx90cmと大きい。どうも鏡が付いているものはひかれてしまう。
s-2015-05-26 028

鏡の国で遊べそう
s-2015-05-26 02aa7

s-2015-05-26 037

毎日、のんびりとしながらも次々と起こる変化を楽しんでくらしているが、
昨日、水樹の乗っているシエンタを雅がぶつけて、前のバンパーを壊してしまった。大したことないと思っていたが、エアコンのコンプレッサーもいかれてしまっていてどうやら重症のようだ。
本当にいいことも悪いことも次々と未知なる新しき世界が展開して、苦しくも楽しいものである。

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY


2015.05.27 天象
今日も夕日が美しく
s-2015-05-27 043aaas

s-2015-05-27 035aas

そして月が輝きだす
s-コピー ~ 2015-05-27 073aas

INFINITE HAPPINESS



2015.05.28 関戸農園
広い敷地に2本の平和塔の建つ関戸農園は緑の楽園になっていました。

5棟の家が点在している広い農園で、その5棟を住み変えて、今は一番大きなここに住みだしている恵子さん。
s-コピー ~ 2015-05-28 002aas

温室からの景色も最高で
s-2015-05-28 024ass

s-2015-05-28 104aas

向こうに見える家には関戸さんが住み、
s-2015-05-28 032aas

昔々の牛舎も緑に覆われて
s-2015-05-28 044

ふきのとうの道を行くと
s-2015-05-28 007

最初に建てた高床式の家がある。
s-2015-05-28 036

薪が置いてある家もあった。
s-2015-05-28 03aas7

そしてこの家はバスのシェルター 
s-2015-05-28 049aas

一番西のこの高床式の家は以前ギャラリーもしていた。
s-コピー ~ 2015-05-28 069

ルピナスが咲き
s-2015-05-28 052

花も木も野菜も渾然一体となってあり
s-2015-05-28 090

東の隅には大きな柳が揺れている。
s-2015-05-28 092

心落ち着く世界でありました。
s-2015-05-28 089
写真はクリックすればみんな大きくなります。

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM

INFINITE GRATITUDE









平和塔の建つ庭
s-2015-05-29 009

庭のような小さな畑は,93年に植えた小さなクルミの木がおおきくおおいかぶさリ、11時くらいから日が当たる。
s-2015-05-29 007aas

T字路に建つ平和塔もノイバラが満開になって
s-2015-05-29 035

今日も夕暮れが美しく
s-2015-05-29 021aas

うえ見上げれば膨らんだ赤い月
s-2015-05-29 018ああs
写真をクリックすれば大きくなります

世界人類が平和でありますように

無限なる感謝


2015.05.30 地震雲
夜が明けて
s-2015-05-30 003

田んぼに 一筋の朝日が差し込む
s-2015-05-30 031aas

天頂からの光
s-2015-05-30 aas

緑がぐっと濃くなった日
s-2015-05-30 042aas

昼時に雅が南に向かって大きな地震雲が出てるといった
s-2015-05-30 040

夜8時20分、小笠原の地下でとてつもなく大きな地震が発生し日本全体を揺らした。
広角で撮っておけばよかった。これは地震雲に違いない。
s-2015-05-30 039aas


INFINITE ENERGY

INFINITE POWER



2015.05.31 猫と散歩
久しぶりに猫たち5匹そろっての散歩
いつも散歩するのは白黒のおじいちゃんのゼロ、キジのみかん、そして毛の長いラムの3匹。夕方になると散歩に行こうと私を誘う。わび猫のテトをキジの白黒のルナはラムが嫌いで一緒に行かない。
夕方、ようやく日が陰って草取りをしていると、3匹は日陰でのんびりしていて、水樹が家から出てくると一緒にルナとテトも出てきて畑の周りに5匹がそろっていた。
s-2015-05-31 006aas


畑の草取りはやめて散歩へ行こうと声をかけると、5匹がそれぞれのペースでついてくる。
s-2015-05-31 023

s-2015-05-31 027

一番若いラムが真っ先で付いて、続いてみかん、そしてゼロ、この3匹はいつものパターン、ルナは別のルートから先回りしてくる。テトはマイペースでついてくる。
s-2015-05-31 047

今日は強烈な真夏のような日差しが降り注いでいたが、風が心地よく家の中は涼しく、暗いアトリエにこもって外の世界を窓から眺め猫は足元で寝て過ごしていた。

すでに始まっている動植物たちの爆発的な繁殖の時を、出来る限り心静かに迎えたいと思い、今年のテーマでもある、庭づくりを、薪割りに変わって夕方の時間、少しづつ庭に出て草取り以前の小石集めをして、土を触りきれいにしていっている。

INFINITE FREEDOM

INFINITE LIFE

INFINITE HEALTH

INFINITE PEACE