s-2015-03-31 aas


こんなに汚れた世界が平和になることはない、とある一部の人々はいっていますが、平和になることはない、と思っている想念の人には永劫に平和になることはないでしょう。それは「汝の信ずる如く汝になれ」というキリストの言葉のように、信ぜぬものは成就できないのは真実だからです。
しかし、思わぬこと、信ぜぬことが成就できぬとすると、この世の大半が、世界平和達成に不安心を抱いているのですから、そうした大半の人の理念で、とても世界平和は成り立たないことになります。それではせっかく世界平和の祈りの誕生も何もならぬことになってきます。
ところが、幸いなことに、そうした不安をもつ想念というものは、やはり消えてゆく姿であって、業想念なのです。この業想念は、世界平和の祈りの持つ大光明によって、消え去ってゆくものなのです。そのところが、実に大事なところでありまして、今日までの宗教のように、信ぜぬ者たちは神から遠のくのではなく、信ぜぬ者たちまでも浄め去り、救われてゆくのが、救世の大光明の働きである、世界平和の祈りなのであります。
この祈りの運動は、嫌がる者たちを無理やりに入れたり、脅しつけて仲間にしたりするのではなく、すべては自分たちの自由意志で祈りの運動に参加しているのです。そして、祈りに参加した人たちは、おのずと自己の運命の開拓ができてくるし、同時に他への救済の光を投げかけることもできてくるのです。

s-コピー ~ book_06のコピaasー
クリックすれば大きくなります

界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます


「人類の未来」  五井昌久著より




INFINITE PRAYER



2015.04.02 看板
毎日、家にいるだけだが、次々といろいろなことが起こってとても書ききれない。
とりあえず撮った写真で今日を振り返る。

すでに夕方、ひかり子のバイクのヘッドライト、ウインカー、そして当然セルもまわらない。キックしてエンジンかけて何とか帰ってきた娘だが、明るいうちにバイクやに行ってみてもらえといったが、友達が来ていたので今日は無理だというので、原因を調べる。ヘッドライトの電球が黒くなっていたがロウもハイも切れていない。ヒューズが飛んでいるのかと調べると、案の定飛んでいて、うれしいことに予備のヒューズが付いていて、それをつけると無事にライトもウインカーも点いてくれて解決した。でもどうやら、ヘッドライトのハイビームが付かないのでそれでヒューズが飛んだのかもしれない。電球は交換しないといけない。
こんなことでも解決できるとうれしいものだ。
s-2015-04-02 001

s-2015-04-02 006

すっかり春、
Tシャツ1枚で外仕事。
夕方やっとカフェピンネのほかの看板の形が出来上がった。

Pと魚はパーキングの看板
s-2015-04-02 051

それとオープンとクローズ
s-2015-04-02 056
彫が終わり一段落。あとは色を付けてほぼ完成。

八ケ岳が紅く夕陽に染まるころ
s-2015-04-02 020aas

いい月が上がる。
s-2015-04-02 014aaassd
写真をクリックするとみんな大きくなります。

手持ちで270㎜。よくまあ撮れるもんだ。
s-2015-04-02 03aaaas5


花々も咲き出してきて虫たちもたくさん飛び出して、このスピードは相変わらずとてつもなく早い。猫たちの盛りの時期が少しおさまり、野良たちの興奮も覚めたのか、我が家の老猫のオスたちが今日は外の日向でくつろいで寝ている。メスの3匹も日向や日陰で寝ている。
何をあくせく作っているの。こんなにいい日なのだからのんびりしたらといわれる・・・・・・確かにそうだ・・・・・いつも猫達にはそういわれて、心が落ち着くのである。

INFINITE HEALING

INFINITE HEALTH


2015.04.03 花見
春休み、吉祥寺へ
子供たちも休みなので全員が会えました。私はたまった仕事を一つ一つこなして、夕方、公園で待ち合わせ花見の散歩。

今頃は繁殖のために遠くシベリアあたりに向かっている白鳥たちであるが、ここの大白鳥たちは笑顔の人を乗せ窮屈そうに浮かんでいる。
s-2015-04-03 078

橋の上はすごい混雑
s-コピー ~ 2015-04-03 043aas

満開の桜が時おり吹く風に散っていく。
s-2015-04-03 100

桜の木の下は宴会でにぎわい
風に土ぼこりが舞って人々に降りかかる。
s-2015-04-03 097

どんよりとした曇り空、ほんの少しぱらついたらいいのかも
s-2015-04-03 122

今日の空はどこまでもグレー。時おり日がさすと夏のような日差しに桜が輝き新緑が光る
s-2015-04-03 119

人ごみに疲れてしまうが、家族の笑顔と桜色に癒され他のでありました。
s-2015-04-03 008


0時過ぎ、まだまだ季節が違う八ヶ岳に帰り着きました。

INFINITELOVE



2015.04.05 富士宣言
富士宣言 
DECLARATION_FujiDeclaration-Japanese.jpg


霧の中の聖地

s-2015-04-05 056aas

s-2015-04-05 054aas


来月5月17日 宗教、宗派を超えて、共に世界の平和を祈る「世界平和交響曲」が富士聖地で行われる。そこで富士宣言の発足を祝い、いよいよ神聖復活が始まります。ひとり一人の意識をどこまでも高めて行きましょう。

無aasd題

INFINITE HARMONY



春の朝 うっすらと霧の中の平和塔
s-2015-04-06 006

道端の水仙も咲き出して
s-s-2015-04-06 021

チューリップも明日咲くかしらん
s-2015-04-06 017aas

春、土がもごもごもごも動き出し
スーッと緑が伸びてくる
世の中も4月から新年度のスタートで
気持ち新たに加速する
わがアトリエムーンも毎年のことながら5月の連休や夏に向けてお店に置くアクセサリーの注文がたくさんくる
でも在庫がなくなったので当分はもうおしまい
ごめんなさいね
花が咲くたびにそのスピードの速さに驚き、わが身の鈍さに嘆いて、この時期体調不良に陥る暮らしはもうやめました
日々作り続けているのでまた出来たころに注文してもらえると送れると思います。
アクセサリーに関してはやはり見に来て頼んでもらいたい。
ボタンに関しては色や大きさを言ってくれればいつでも作ってます。
看板やオブジェなんかはすべて任せてくれるのならば目一杯楽しく頑張って作ります。
猫たちと自然の中で暮らしているのだからゆったりのんびり無理なくつくる・・・・・
これからのアトリエムーンはそうしていきます

s-2015-04-06 005

INFINITE FREEDOM








宇宙人曰く


 真の宗教心とは、神を求める心であり、自己の本心開発を願う心であって、単なる自己の利害関係だけを願う心ではないのです。肉体生活をしている人間ですから、誰しも、自己の肉体環境の利益を願わない人はないと思いますので、自己の利を願うことを、私は決して悪いとは思いません。しかし、その利益を願うと同時に、自己の本心の開発を願い、神のみ心の正しい在り方に、自己の日常生活を合わせてゆこうとする、そういう真実なものがなければ、その人の信心などというものは、神を認めない唯物論の人々と全く一つのものだと思います。 かえって変な依頼心があるだけに、自主独立の精神かなくなって、唯物論の人より、進歩の度合が遅れてしまうのではないかといます。
 宇宙人に言わせると、今日までの地球人類に伝わっている宗教は、この際一掃してしまつたほうがよい、とまで極言しているのです。 何故そんなことを宇宙人が言うかと申しますと、今日では古来の聖者達の真の教えは、わずかその片麟を現わしているのみで、全くゆがめられ、神のみ心を損なうような教えとなって、地球人類の進歩を阻害しているからだ、そうしたゆがめられた教えを真の宗教と思い違えていることは、業想念の波を強める結果となるから、この際、宗教の大改革が必要なのだ、と言うのであります。
 宗教というのは、神のみ心をそのまま教えとして、日常生活に現わしてゆくものでなければなりません。 神のみ心というものは、大調和しているものでありまして、愛そのものでもあるのです。 大調和の心と愛の心とは全くつのものであるのですから、愛即ち大調和ということが根本となるのです。
 宇宙神という一つの心が、多くの心として、分かれ分かれの生命を持って、各自の生命を生ききってゆくのですが、この生命体である各自の心は、常に根本の一なる心から発せられていることを自覚しながら、また横のつながりとしては、一つの生命が分かれ分かれの仕事をするために、仮に分かれた生命として存在しているので、各自が自己の仕事を分担しながら、一つの生命の分かれなのだという、愛(合)の精神の下に、宇宙神のみ心をこの地球界に現わしてゆくことが、宗教精神そのものであるのです。
 ところが、こうした宗教精神というものが、宗派というものかできてくると、次第にゆがめられて、折角大調和して、神と一つの心になって生活していたものが、宗を分派として分かれさせたものだから、その派ということに把われて、私達の派、彼らの派というように、大調和の心を乱し始めたのであります。神のみ心の根本である大調和の心を乱すということは、もうそのこと一つで、他にどのようなプラス面があろうとも、真の宗教としては、存在し得ないマイナスの要素となってしまうのです。
 こう考えて参りますと、宇宙人が、今日までの宗教を一掃してしまつたほうがよい、という極言もうなずけることでありましょう。.
 宗教信仰というものを一言にして言えば、大調和精神を実行してゆくこと'だ、と言えるのであります。他の宗派を折伏するのだと言ったり、 この世の業想念の渦中にある政界に置いての勢力を拡張しようとしたりする宗教などというものは、神のみ心を遠く離れたものなのです。

新しい画像 (71)

「これからの文明文化」   五井昌久著  より




INFINITE HARMONY


お花まつり

お釈迦様の生まれた日 朝から雪が降る。真冬に舞い戻ったような寒い日です。


s-2015-04-08 aas


s-2015-04-08 094asd




INFINITE GRATITUDE

INFINITE HAPPINESS


2015.04.09 物置
物置の解体を頼まれていて3月中という話が伸びて伸びて今日解体。
丁度息子が東京より来てくれたので手伝ってもらえてとても助かった。
345cmX210cmの広さ2坪の物置で、もったいない精神をくすぐられ我が家に置くかということで、きちんと解体してきたのであります。息子曰く、なんでこんなトタンのものを我が家に建てるのか気がしれないとのことでありました。
s-2015-03-13 008

10時半に行って
s-2015-04-09 035

1時半解体は終わり、
s-2015-04-09 036

長物を積んで、大泉の農協のガススタンドでタイヤのパンクを直してもらって、スタンドを出ると340cmの長物たちを交差点でばらまいて大騒ぎ、やっとのこと積みこんで、遅い昼食、そばを食べて、部落に戻ってきて、丁度神田の大糸桜の通行規制のT字路でまた積み荷が落ちて、2度ともそこに人がいて、積むのを手伝ってくれたのでありました。後続の車がいなかったことも幸いでありました。
s-2015-04-09 044

思いっきり引っ張って縛るとみんな薄いトタンでできているのでへしゃげてしまうので緩めに縛っていたのが落ちた原因ではあります。2度落ちたのでありますが、ほとんど無傷で運び終えたのでほっとしています。
築30年のこの家も間もなく壊してしまうのです。住む人がいなくなり、物置も車庫もみんな壊してしまうのです。まだまだ住めると思うのに買った人は全部壊して新しい家を作るようです。
s-2015-03-13 012

4時、荷を下りして、次はブロックを運んでくる。
s-2015-04-09 105

夕方より日が出てきたので、花見しながら
s-2015-04-09 085

s-2015-04-09 097


夕暮れの中、軽トラのタイヤ交換をして冬ともお別れです。
いい汗かいた充実感のある日なのでありました。


INFINITE POWER

INFINITE HEALTH

INFINITE FREEDOM




2015.04.10 基礎と土台
昨日持ってきた物置をここに建てる。
そのための片づけ 予報では雨が降るというので、降り出すまでに何とか片付けたいと朝から始める。
薪や、60cmの樽の蓋を100枚移動、
s-2015-04-10 003

この樽は、我が家に来て23年外に積まれていて、だいぶ朽ちてしまっている。三分の一は薪へ
樽を積みなおしたりしていると、この家を建てた30代のパワー全開のころの自分がいつも思い起こされて来て懐かしさに包まれる。
この奥にあるありあわせのトタンとコンパネで作った物置も作ってもう22年、さすがにボロボロなので、今作っている物置ができれば壊してしまおうと思っている。
s-2015-04-10 007

やっとスペースができた
s-2015-04-10 011

そして測量。
まずは3.6mX2.1mの大きさの外まわりに木杭をたてる。続いてバケツに水いれて、細いホースでバケツに入れた水を流し、バケツを同じ水面を木杭に書き込んで、各所の水平をだす。
s-2015-04-10 015

ほんのちょっと斜面で対角線で30cmの高さの違いがある。
s-2015-04-10 017

道側は15cmの差があるくらいなので意外と簡単にブロックだけで基礎の水平が出た。
s-2015-04-10 018

直角は物置の土台をそのまま使って出していく。 
s-2015-04-10 032

雨も降りだしてきた4時過ぎ、ブロックをただ置いて足りないところは木を挟んだりした「これでいいのか?こんな簡単でいいのか?基礎」ができ、そのうえに土台をネジで止めてが出来上がった。まあ、物置なのだからたくさんモノを置いていけばその重量でびくともしなくなるはずなのだ。ここまでくれば完成は見えた。昨日解体してきた物置。時間が経つととても作れる気がしなくなるほどたくさんのパーツがある。とにかく早く完成させたい。
s-2015-04-10 039

朝から見守ってくれていたラム。木を取りに行くとついてきて、道具を取りに行くとついてきて、昼を食べに家に入ると一緒にパンを食べて、私が基礎を作っている間、とにかくずっと屋根から私を見ていてくれました。
一日つきあってくれてありがとう
s-2015-04-10 022


新しい空間づくりは楽しい
が、体力がいる。

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH


2015.04.11 ぴんころ地蔵
昨日札幌から雅の母が来る。羽田まで雅が迎えに行って、5時過ぎに雨降る小淵沢にやってきた。毎年夫婦で来ていたが、2011年に父が亡くなり今回は一人で5年ぶりにやってきた。まだまだ元気の78才。
今日は、佐久にあるピンコロ地蔵のある成田山薬師寺に行きたいというので向かった。

山門の前にぴんころ地蔵おいてある まだ新しい地蔵でご利益をあまり感じない・・・・
s-2015-04-11 025

s-2015-04-11 031

立派な本堂
s-2015-04-11 035

毎月第2土曜日は門前で市が開かれるということで、今日はちょうどその日でにぎわっていた。
s-2015-04-11 042

小海の八峰温泉へ、ほとんど人いない温泉。くつろげました。
そこに並んである安藤忠雄設計の作った小海美術館を展望できるところが作られていて、上ってみた。
s-2015-04-11 050

s-2015-04-11 052


わが部落にある神田の大糸桜
西に10mくらい伸びていた枝が枯れ、小さな桜になってしまったが、たくさんの添え木に支えられて今年も咲き出した。
s-2015-04-11 060

遠くに見える子供の枝垂れ桜が満開だ。
s-2015-04-11 aa


INFINITE LIFE

INFINITE PEACE



2015.04.12 片倉館へ
雅の母は熱いお風呂が好きなので久しぶりに諏訪湖の片倉館へ
s-2015-04-12 072

桜が咲き出す日曜日、午前中だったので人も少なくゆったりと千人風呂につかり、
s-2015-04-12 061

2階の休憩室で休んで、
s-2015-04-12 044

大正のころの洋風建物の温泉を楽しんできた。
s-2015-04-12 037

s-2015-04-12 042

s-2015-04-12 047

いい季節のんびりさせてもらってまーす
s-2015-04-12 074aas


INFINITE HEALTH


2015.04.14 薪が来る
2日続けて雨
予定してい物置の組み立てができないでいる。空太に手伝ってもらって、あと少しのところまで来たのになー
s-2015-04-12 093

国道141のこいのぼりたちも雨に打たれて干物のよう
s-s-2015-04-13 089aas

昼過ぎに予定外の廃材がやってきた。まだ3.4台やってくるという。釘の少ない廃材はうれしい。
s-2015-04-14 004

s-2015-04-14 002

雨の中、空太が夕方帰るので手伝ってもらって、次来る場所を確保した。
s-2015-04-14 007

昨日一昨日と雅のお母さんと観光して、温泉行ったりするのは身体も休まり楽しいが、意外と疲れるものだ。そして、2日続けての雨は予定が進まない。
薪置き場、せっかく片付いたと思ったらやっぱり次の廃材が来てしまった。いつも思うが、片付けると次が来てしまうのだ。
それにしても、毎日次々といろいろなことがあリ、次々といろいろなものが入ってくる。
この分だと今作っている物置は、すぐにいっぱいになってしまうであろう。
何はともあれ、人生一度きり、今できることを余裕を失わず必死にやっていくしかない。

肉体さんありがとう

天象さんありがとう

空気さんありがとう

太陽さんありがとう

山さん、海さん、大地さんありがとう

水さん食物さんありがとう、

植物さん、動物さん、鉱物さんありがとう




すぐそばの道わきにいる気になる生き物。
s-2015-04-15 02aas2

ラクダさん
コピー ~ s-2015-04-15 02aas2

潤いの雨には違いないのだけれど、3日続くと我が家の駐車スペースは、次女の車が増えたこともあってぬかるんで砂利を入れないとまずくなってしまった。
今日は2台とも仕事に行ってないので、雨降る中、0.5立米の砂利を2回買いに行ってまいた。丁度、車に乗っているときは土砂降りで、まく時はやんでくれた。
s-2015-04-15 013

s-2015-04-15 016
1立米で5000円でありました。あと2立米まけば軽トラのところと道が良くなる。
s-2015-04-15 019


夕方、風が吹きようやく晴れ渡った
s-2015-04-15 029

INFINITE LIGHT

INFINITE HOPE


2015.04.16 物置完成
午前中に完成させるつもりでいたが、屋根の構造がわからなくなってしまって時間がかかり、2時過ぎに完成。
s-2015-04-16 002

雅に掃除してもらってきれいになりました。
s-2015-04-16 013

4畳あるのでたくさん入ると思うが、あっという間にモノで埋まってしまうだろう。
s-2015-04-16 011

物置ができたからといって終わったわけではない。これから、この奥にあるトタンの物置を壊し、また新しいスペースを作っていく。20年手を付けていなかったところの大改装が始まったということなのである。
s-2015-04-16 019

今日はここにいる間に、廃材が2回来ていた。どうしよう・・・・片付けられないよ・・・・
s-2015-04-16 029



INFINITE HEALTH

INFINITE POWER

INFINITE ENERGY



2015.04.17 息子の記事
山梨日日新聞に息子空太の記事が載っていました。
s-aasIMG_0691.jpg
写真をクリックすれば大きくなります

空太のホームページもありますのでよかったら見てください。


INFINITE CREATION

INFINITE LOVE

INFINITE PEACE


2015.04.18 cafePINNE
北海道砂川に出来るカフェの看板がようやくできた。
s-コピー ~ 2015-04-18 006aas

s-2015-04-18 008

去年のまだ建設中のカフェピンネに看板をつけてみた
aas無題


INFINITE PEACE

2015.04.19 春の勢い
外に出ると、南には廃材が山積み、裏は物置がたったもののごった返していて、そのうえ頼まれモノの期限も迫っていてどうにも落ち着かない。
とにかく現場に立って今そこでやるべきことをやっていくだけ。


s-2015-04-17 021

廃材の一山は切って裏に片づけた。
s-2015-04-17 031

雨が降ったりやんだりで降れば家で、やめば外での仕事を3回繰り返した。
夕方、猫がもうやめたらと散歩に出かけた。
道の水仙が満開 
s-2015-04-19 023

たらの芽もたくさん出ている。
s-2015-04-19 033

カフェピンネの看板、廃材についていた錆びた鉄板を回す。
s-2015-04-20 004

s-2015-04-20 005


結局看板は3つ作り、名刺も看板のロゴを使って作り、すべて完成した。


INFINITE SUCCESS



2015.04.20 不思議
4月6日

s-コピー ~ 2015-04-06 015aas

4月20日

s-2015-04-20 aas


チューリップも満開
それにしてもこの赤がどこから来たのかと不思議で仕方ない。
人生いくつになっても自然の神秘に感動する。


INFINITE GRATTITUDE

INFINITE HAPPINESS


新しい画像 (39)
心のひびき、一言のひびき   -言は神なりきの時代-
五井昌久


 この世の中は、本源の世界が、言のひびきによってできていると同じように、やはりひびき、つまり波動でできている世界であることは、私が常に申し上げております。
 原子、素粒子というような存在が物質の素ではなく、それも波動の現われである、という科学の学説も現われはじめていて、単なる物質論、精神論などとは異なった、 波動の研究というのが、本格的にはじめられようとしているのです。
 いよいよ、言(ひびき)は神なりき、の真理が現象の世界にもはっきりわかってこようとしているのです。
人類が、想念波動、いわゆる心のひびきを大事にしない限り、地球は滅亡の方向に向かうより仕方がないのであり、心のひびきを、神のみ心に合わせて生きる時、地球が真実の平和世界になってゆくのである、 ということなのです。
 ただなかなかむずかしいことには地球人類は生まれ変わり死に変わり肉体身というものを守るために、自己保守の本能というものに心を縛られて、自分を愛すると同じように他を愛するといいうことができない、習慣性をもってしまったのです。神のみ心がここでゆがめられてきてしまったのです。
  ですから、どうしてもこの習慣を神のみ心の通りに生きてゆく、という本来の人としての生き方に変えなければならないのです。それでなければこの地球界は、神のみ心の通りの平和な調和した世界にはならないでしまうのです。
 そこに祈りの大事さが大きくあらわれてくるのです。祈りだけが、神本来の言の中、光そのものの世界に、人間を昇華させてゆけるからです。近代の人間は祈りのというものを知らなすぎます。祈りをただの願いごとのように思っています。祈りは人間の本心を開く方法であり、神の言、神のひびきの中に人間を導きあげてゆく方法なのです。
 坐禅観法で空になる修業をするのも、無為になる道を見出すのもよいでしょうが、正しい言葉によって、本来の神の言に正しくつながることが、近代の忙しい生活の中で、その日常生活をこわすことなく人間の本心が開発され、神のみ心をこの地球世界に顕現することができる一番やさしい方法だと思うのです。
 この世の言葉を正しく使い、頭脳を駆け巡る想念を神のみ心につながる方向に習慣づけてゆくことが、地球を完全な平和世界の築きあげてゆく光明の道なのです。この世には本心を開発し、神仏との一体化を計る、いろいろの宗教の道がありますが、私の広めている道は、現在の日常生活をいささかも崩さす、この世だけの言葉を、言は神なりきの神の世界にまでひきあげる、世界平和の祈りの道なのであります。

天地をつらくコトパ

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊さま、守護神さまありがとうございます


 この言葉は誰にでもわかるこの世の言葉でありながら、言は神なりき、の神のコトバでもあります。言と言葉が全く一つになった、しかも誰にでも、意味の明白な、そして深いコトバです。
 こうした天地を貫いた祈り言葉を時ある毎に使い、この祈り言葉の中に、真剣に想念をいれて生活してゆけば、その人の心は常に神と一体の状態になってゆきます。
 言葉や想念は、大事に使わなければなりません。世の中を暗くするような混乱させるような言葉や想念をふりまいてはなりません。いたずらにむずかしい言葉だからよいというのでもなければ、やさしい言葉だから悪いというのでもありません。
 ありがとうございます、という感謝の言葉など、やさしい言葉でありながら、人の心を潤わす実に善い言葉であります。そのように明るく親しい言葉、人を勇気づける言葉、柔和な言葉、親切な言葉、ユーモアのある言葉等々、この世を明るく楽しくし、未来の発展を導き出すような言葉が善い言葉といえるのでしょう。
 ところが現代は、まるでその反対で、暗い言葉、不調和な言葉、乱暴な言葉、愛のない人を傷つける言葉、人を責め裁く言葉などが多く、天の理想から次第に言葉は低次元の世界に落ちこんでゆくようです。
 なんで、自分がいわれて喜ぶような言葉を人にいってあげられないのでしょう。暗い言葉や、乱暴な言葉も、人の心を愉快に楽しくするわけにはゆきません。
  そこへゆくと、 世界人類が平和でありますように、というような、人類愛の言葉は誰がきいても善いものにきまっています。 他のつまらぬ言葉をしゃべっているより、どうにもおもいならぬ心配事で想い悩んでいるより、「世界人類が平和でありますように」ではじまる、世界平和の祈りを神と人類にささげるつもりで祈ったらどれ程気持がよいかわかりません。
 世界平和の祈り言こそ、真理の言葉であり、天と地をつなぐ、光明の柱でもあるのです。暗い言葉、汚れた言葉を、一度神にお還しして、神のみ心で洗い浄められた、正しい美しい言のひびきをいただき直す、そういうためにも、世界平和の祈り言は大事なものです。
 

「霊的存在としての人間」より抜粋  著者紹介 五井昌久(ごいまさひさ)
大正五年東京に生まれる,昭和二十四年神我一体を経験し、覚者となる,祈りによる世界平和運動を提唱して、国内国外に:共鳴者多数,昭和五十五年八月帰神(逝去)する,



今日は八ヶ岳月の国集会 10人で世界各国の平和を祈り、光明思想と感謝の波動のみの美しき時間でありました。
s-2015-04-21 002

INFINITE  POSSIBILITY


虫たちも飛び出して、静まり返っていた大地が動き出してきた。このエネルギーに引っ張られてしまわないように、今日は早く寝よう。とにかくこの時期は、肉体が二つほしくなる。いや三つほしいくらいにあちこちでやることがある。これを無理なくこなしていかないと本当にガタが来てしまいそうなのである。

INFINITE HEALTH

まあ何はともあれ美しい時期であり、いい空気を思いっきり吸って元気になろう!

平和塔と南アルプス
s-2015-04-22 04aas2

春の小川  山吹が咲き、
s-2015-04-22 049

雪柳が咲き 欅も芽吹き 標識も原発禁止に変わっている
s-2015-04-22 029as

太陽さんありがとう
s-2015-04-22 002aas

毎日夕陽に手を合わせます
s-2015-04-22 059aas


INFINITE LOVE

INFINITE GRATITUDE


2015.04.23 春爛漫薪割り
春爛漫
我が家にあるすべての木々、そして見える林の木々たちの芽吹きが始まったようで、朝と夕方ですっかり景色が変わった。
s-2015-04-23 001

草たちが伸びる前に廃材の片づけは終わっておきたい・・・・・
s-2015-04-23 002

廃材もだいぶ塊のように片付いては来ているが、まだ6トンほどが片付いていない。
s-2015-04-23 003

午前中はひたすら丸鋸で切れる細い廃材を切る。
s-2015-04-23 005

薪にはもったいないと畑に置かれた廃材であったが、
s-2015-04-23 006

今日はみんな切る気分で切ってしまった。
s-2015-04-23 008 

午後からは、太い角材をチェンソーで切り続けて、
s-2015-04-23 011

4.8m高さ1.8mの山の4列目を積んでいる。
s-2015-04-23 029

振り向けば我が家が緑の向こうに見えるようになっていた。
s-2015-04-23 026

うれしき緑の季節ではあるが、薪たちが虫に食われ、腐りだす季節の始まりでもある。廃材は雨にあたると水をよくすう。そして腐りも早い。 あと二踏ん張り



INFINITE POWER

INFINITE HEALTH




どこに生きていようと
木たちのように大地に根差す
これしかありません
s-コピー ~ 2015-04-24 024

s-コピー ~ 2015-04-24 028

どのようなことが起ころうとじっとして不動心を養います。
s-コピー ~ 2015-04-24 018

s-コピー ~ 2015-04-24 021


新しい芽吹き 
s-2015-04-24 039aas

新緑の下で宴会 大地色のシートがあったらいいのにね
s-2015-04-24 aas

のどかで
s-2015-04-24 040

静かな
s-2015-04-24 064

井の頭公園でした
s-2015-04-24 085

藤が満開の屋上の吉祥寺の家は、兄の作ったスピーカのようでした。
s-コピー ~ コピー ~ 2015-04-24 009aas


夜中おぼろ月が南アルプスに沈んでいくのを眺めながら帰り着きました。母の相続の手続きが無事に終わり、ほっとして力が抜けてしまいました。

INFINITE PEACE

2015.04.25 あなたは誰だ


あなたは誰だ、私の詩をこれから百年後に読んでいる読者よ


s-2015-04-25 005


私はこの春の富の中のただ一つの花、彼方の雲の黄金のただの一筋をも君に送ることができない


s-03,4,30 012


君の扉ロをひらいて外を見たまえ


s-2015-04-25 001aas


花咲いている君の庭から、百年前に消えた花の香ばしい思い出を集めたまえ


君の心の喜びの中で、ひょっとすると君は、百年という歳月をこえて、その喜ばしげな声を送りだした、ある春の朝の詩人の生き生きした喜ひを感じるかも知れない


s-2015-04-25 005

タゴール詩集より

s-2015-04-25 aas


INFINITE LOVE









今宵は無限の彼方へ吸い込まれてゆくような空
そして金星が輝きだす夕暮れの時
s-2015-04-26 aas

月と木星が金星を追いかける
s-2015-04-26 012aas
写真をクリックすれば大きくなります


INFINITE HARMONY

INFINITE BEAUTY


2015.04.27 緑と光の中
清里大橋からの八ケ岳
s-2015-04-27 049aas

s-2015-04-27 028aas

s-2015-04-27 031aas

s-2015-04-27 026aas

s-2015-04-27 054aas

s-2015-04-27 051aas
写真をクリックすればみんな大きくなります

北杜高校に苗を買いに行く。
午後は、軽トラで砂利を1立米買って、道と、先日作った物置の通路にまく。
いい汗かいて今日も日が暮れる
s-2015-04-27 073aas

夕暮れでも日が降り注ぐと真夏のような光線であった。30度を超えたところがたくさんあったようだ。
s-2015-04-27 097aas


INFINITE BEAUTY

INFINITE HEALTH





午前中、今年初めての草刈り
U字溝の川筋は暖かいので草がよく伸びる。この川筋両サイド100mの草を刈る。薪割りに変わって草刈りが始まった。
s-2015-04-28 003

物置周りに砂利をまいてこれで泥だらけにならなくなる。
s-2015-04-28 007

午後、春の引っ越し
s-2015-04-28 025

小淵沢から富士見へ画家夫婦の引っ越し
s-2015-04-28 024

新しき世界を求めていい所からいい所へ
すぐそばなので何回も往復出来るので気が楽だ
軽トラ2台で2回運んで大物はほとんど運べた。
s-2015-04-28 030

最後に冷蔵庫を降ろして今日は終了
s-2015-04-28 042

連休明けくらいに引っ越し完了すればいいというのであと1日手伝いに行けば大丈夫。
今日もいい汗かきました。


INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY




蓄音器のあるところの改装をしていて、今まであったものを片付けてレコードを置くための棚を作った。
s-2015-04-30 019

家のあちこちにある廃材を見繕って、結局一番厚い板を使って
s-2015-04-30 015

レコードは重いので丈夫な棚ができた。レコードが増えてきたのでどうしても必要だったのである。
s-2015-04-30 021

作ってしまえばあっという間だが、ここに来るまでにはなんだかんだと重たいものを動かし、掃除をして、こまごまとした配線を直したりもして1日仕事になった。

今日で4月も終わる。4日間の断食も無事に終了。結構暑い日が続いて外でガンガンやっていたので体重も5キロ減で、目標の65キロ台に戻りました。

INFINITE HEALTH

INFINITE PEACE