久しぶりの天気、母屋の屋根の修理から始まり、
木工のアトリエの雨漏りの修理、雨をよけるためにあちこちにいろんなものを積んであったので、足の踏み場もなくなっていた。久しぶりの大掃除がはじまってしまった。
s-2014-09-01 028

段ボールが片付き、これでもだいぶ広くなってきた。
s-2014-09-02 001

たまりにたまったゴミを出し、どうしてこんなになるまで掃除をしないのかといつものことだが思うのである。
あっという間に日が暮れて、五右衛門風呂の掃除をする。10リットルのバケツ一杯のススが出る。
五右衛門風呂の掃除は、10回焚くと焚口にたまった灰をかきだす。煙道は、2か月に一回はかき出す。そして煙突は半年に1回掃除する。といった感じで、石油やガスを使った完全燃焼のものと比べると手間がかかるし、汚れるが、それをはるかにこえる木と水と太陽の暖かさ美しさ、ありがたさを感じている。
s-2014-09-02 006

太陽光温水器のおかげで今日はほとんど焚かなくても湯船も熱い、汚れも疲れも消えてゆく。

太陽に無限なる感謝

大地に

水に

火に

木に無限なる感謝


INFINITE GRATITUDE








2014.09.04 大掃除続く
どうしよう   一部屋片付けると隣の部屋がゴミ山になってしまった。本当に山となって、まだまだ増えてくる。
s-2014-09-04 001


木箱の中のものを整理したら中に入っていたものはみんなゴミになって、箱だけがたくさん残ってゆく。
外に行くのも大変になってきた。 さすがに3日目で、疲れてきた。
s-コピー ~ 2014-09-04 002


12畳の仕事場は、夕方、ようやく6畳ほど床が見えてきた。まだまだものがいっぱいのアトリエである。
s-2014-09-05 019


写真左の蛍光灯の下が木工の小物を作るところなのだが、ここはこのまますぐにも仕事ができるし、すぐに木端だらけになるので何もしていない。椅子は息子の空太がいらなくなった椅子に変わった。椅子が変わるだけでも十分気分転換になるものである。
s-2014-09-04 031


ここは6畳の時計の部屋、物置と化していたので、そこのごみを出しだしたら訳が分からなくなって途方に暮れていたのが昨日。今日はだいぶ片付いてスペースもできてきた。
s-2014-09-05 009

時計の部屋からの眺め
中央の段ボールや下の薪などが積んであるところの壁の向こうに五右衛門風呂がある。こんな燃えるものばかりのところで火を使ってガンガン燃やしているのだからすごいことである。 煙突火災などになったらひとたまりもないので、その辺のところはいつもながらきちんとこなしている。
s-2014-09-05 017
写真をクリックすればみんな大きくなります


何はともあれこうしてスペースができたことはうれしい限りである。
あとは少しづつ燃やせるものは燃やし、ごみを出していけば片付く。


INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE FREEDOM

INFINITE JOY


夕焼けの中の月
s-2014-09-05 103asssd

十二日月
s-2014-09-05 103aaaas

7時、漆黒の中の月
s-2014-09-05 103assasa

INFINITE MOON

月さんありがとう

INFINITE  BEAUTY

アトリエの片づけでいらなくなった道具入れの木箱
s-2014-09-06 035

小物の飾り棚にでもと
s-2014-09-06 036

j完成
s-2014-09-06 040

こんな感じで使おうと思います。
s-2014-09-06 aaas

 昨日の夕方、亀の十(ジュウ)が入れ物を乗り越えて逃げ出してしまった。二十五cmにもなっていたので入れ物から出ようと思えばいつでも出れたのに、今まで逃げないでいてくれたのは、居心地がよかったのだろう。
 赤ちゃんの銭亀を買ってきてはや九年、一緒に飼っていた七(なな)は早々と逃げ出してしまい、十だけが残っていた。  その十も、九月の天気のいい夕方、自然の中へ旅立って行ってしまった。
今日は草を刈ったりしながら、ずっと探していた。呼んでも鳴かない亀。川も歩いたし草むらも探しつくしたが見つからない。もう見つからない気がする。
十にとってもそのほうがいいのかもしれない。これからまだまだ長い亀の生を自然の中で全うしてもらいたい。


INFINITE LIFE







2014.09.07 地球黎明祭
精進湖でほんの少し富士が見えたが、すぐに雲の中へ入ってしまった。
今日の聖地は、みたままつりー歴史の浄め祭ーそして2006年地球黎明祭と名前を変え続いている行事。
地球は黎明期、闇が完全に消えるのはもはや時間の問題なのだが、いまだに闇を引きづり続けていて、その深く潜んでいる闇に光を届けるために全国から多くの人が集まり、祈りに徹する。
s-2014-09-07 aass

雨も風も何のそのぐるぐるぐるぐる螺旋を描いて光を送る。全員が大きな渦となってとけてゆく。
s-2014-09-07 009aas

終わってみれば、えでぃさんが祭壇に祈りをささげていて、s-2014-09-07 008ssa

気が付けば、ちちもははもつまのちちもみんな見守ってくれていた
s-コピー ~ 2014-09-07 008wqa111s


INFINITE LIFE

INFINITE GRATITUDE

アトリエが片付き、たまっている時計の修理を始める。
あちこちでチクタクチクタク振り子が時を刻む。その音がみな違う。
広い部屋が似合う音。天上が高いといい音。静かな部屋でも心地いい音。
地球に生かされていることを感じる重力の音に包まれて
s-2014-09-08 005

雨に当たっていてぼろぼろバラバラだった時計、パーツがそろっているので無くならないうちに組み立ててゆく。
本当は機械だけを使い、自分流の時計に仕上げるつもりだったが、昔の形のままに残しておこうと組み立てている。
ぜんまいの掛け時計というと50年前が最終で、それ以後は電池に変わっていく。もう作られることのない時計であるから、その時代の時をその時のまま刻んでいってもらうのもまたいい。
s-2014-09-08 004


もうすっかり秋のような気候、今日も汗をかかないで日が暮れていく。
s-2014-09-08 012

6時過ぎ 空が焼けてきた。
s-2014-09-08 034aasd
写真をクリックすればみんな大きくなります


雲の中から我即神也 人類即神也と神が現れた
<a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/t/u/k/tukinonini/20140909000250140.jpg" target="_blank">s-コピー ~ 2014-09-08 034aassdsd


INFINITE GRATITUDE


どこにいてもいつも 空を 雲を 太陽を 月を みている。
光の織りなす天空ショーをたのしんでいる。

明るい夜 雲が低く垂れこめる中
s-2014-09-09 158aas

東の空から雲は切れだし
s-コピー ~ 2014-09-09 093

ロバに乗る仙人が現れ
s-2014-09-09 105aaa
写真をクリックすればみんな大きくなります

今日の月は明るくまぶしい
s-2014-09-09 119

孫を抱く老婆と老人があらわれた
s-コピー ~ コピー ~ 2014-09-09 aas


INFINITE BEAUTY

INFINITE LIGHT

庭だった実家の空き地はここ数年何も手入れをしてなかったせいで草ぼうぼうになってしまい、ここ最近のデング熱のことで、蚊が毛嫌いされ、蚊の隠れ家である草ぼうぼうの空地をきれいにしないといけない状況になり、子供たちも手伝ってもらい草刈りをした。
s-2014-09-10 004
どこへ行っても似たようなことをやっている。こうして緑の中にいると疲れるが時間を忘れる。
紫陽花とみょうが、そしてそれらをすべて覆う勢いのジャスミンをとにかく切りまくって、4人で3時間、目いっぱいやって蚊の居場所を減らした・・・・のだろうか・・・・
s-2014-09-10 023

4時に別世界 空太の個展へ
家を出ると突然のゲリラ雨、100m歩いただけでびしょ濡れ、川を歩いている感じ。待ちはどこも溢れた雨水でてんやわんや、電車は定刻通りに動いている。
新宿3丁目、世界堂の隣の築50年以上は経っているであろう細い6階建てのビル。その5階スペースのmatchbacoへ
ビルの入り口、いきなり急階段 これがなかなか面白い。s-2014-09-10 051awswa

幅が狭い台形のビルの苦肉の策の階段ながら折り返しは2手に分かれていてそれぞれの店に行ける。
5F
s-2014-09-10 051aasdf

s-2014-09-10 090

s-2014-09-10 076aa

現実世界午後7時
めちゃくちゃ込み合う駅、電車、 あー田舎へ帰りたい
s-2014-09-10 109

風香に鍼打ってもらって、大分体軽くなって、夜中の2時過ぎに八ヶ岳に帰り着いた。

INFINITE HARMONY

2014.09.11 秋の気配
夕方みょうがを採る。 
きれいな色です。
s-2014-09-09 053

なんにもかわらない家の前の道・・・・
気が付けばススキが道に出て咲いている
夜 虫たちが全く鳴いていない不思議な時間
秋の気配に包まれた
s-2014-09-09 087aas
写真をクリックすればみんな大きくなります 


がいとうの しろきひかりに すすきゆれ        月



無限なる感謝




コスモスが畑を覆う
s-2014-09-12 aas

アサガオがいんげんを覆い尽くし
s-2014-09-12 013aas

何もかもが緑で覆いつくされて 
s-2014-09-12 031azas


私たちが住む高原も稲穂が揺れて実りの秋にまっしぐら
s-コピー ~ 2013-09-17 00zzz5


植物さんありがとう
虫さんありがとう

INFINITEGRATITUDE


9月の第2日曜は長野県原村のハセヤンのところのフリーマーケット
ここ数年ハッコウの行事と重なっていけないでいたのだが、久しぶりに行くことができた。
s-2014-09-14 011

すぐに元気で笑顔のハセヤンにあい、時計をくれるというので木工のアトリエに向かう。
s-2014-09-14 013

その途中に最新作のオブジェがそそり建っていた。
s-コピー ~ 2014-09-14 016

宇宙船か ハセヤンの箱舟かもしれない
s-2014-09-14 074

御柱の木を伐るところの森から出た杉材を、、放射状に組んである構造は、もはや誰にもまねできない。
宇宙科学の設計か、神からのメッセージなのか、
s-2014-09-14 062

ここが正面か 
コピー ~ s-2014-09-14 077

木が大地からそのまま立ち上がり、宇宙船に地球のエネルギーを送り込んでいる。
s-コピー ~ 2014-09-14 07aas7

いつかはこんな感じで旅立つのだろう。
s-2014-09-14 073saaa



子供たちも来ていて、孫もいて、還暦をむかえたハセヤン。
全くおじいちゃんではない。
まだまだこの地球に男としてのパワーを現わし続けている。
ハセヤンのこの作品を見て私も元気になった。

INFINITE GRATITUDE

INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE YOUTH

INFINITE FREEDOM


昨日のカナディアンファームのフリーマーケットでは、ハセヤンの息子の大樹君から素敵なアンティークのミシンを分けてもらった。
シンガーの箱入りで、鍵がなかったので家に帰ってから開けてみたら、依然持っていたのとまったく同じ金のスフインクス模様が入ったミシンでした。金の模様がきれいで、いい形のミシンですね。
s-2014-09-14 055


後、時計を2台ハセヤンからいただいて、
丸時計はなんと松下 ナショナルと書かれてあり、松下電器もぜんまいの時計を作っていたという事なのか。時計屋としてはほとんど無名で、たぶん作っている時期もほとんどないのかもしれないが、電気に変わる前野の少しの時期に作っていたという事なのだろう。貴重な時計かもしれない。掃除して油をさすと元気に動き出した。
s-2014-09-14 056

この大きな時計は、せっかくこの森に来たのだからここに置こうと、壁にぶる下げてみたが、調子悪く動かない。鐘もならなかったので文字盤をあけると、直した跡がある。これはきちんと直さないと駄目だと思い持って帰ってきた。調節して、半日動いていたが、止まってしまった。半日は動くという事と、半日で止まってしまうという事、原因がなかなか難しい・・・いまいち微妙な時計である。
<a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/t/u/k/tukinonini/2014091509083704e.jpg" target="_blank">s-コピー ~111 2014-09-15 002

いつものことながら、壁は修理中の時計が次から次へと置かれてチクタクチクタクいっている。
s-2014-09-15 004


INFINITE TIME

INFINITE HAPPINESS



2014.09.16 月の国集会
なぜかIEが停止してせっかく書いたのが消えてしまった。
それも昨夜に2回、そして今朝も止まってしまった。
書きたいことがあったのだけれど、消えるというのも意味があることなのだろう。
ファイヤーフォックスも2ケ月前から動作がやたらに遅くなって、いやいやながらインターネットエクスプローラーを使いだした。ファイヤーフォックスに慣れたものとしてはIEもグーグルクロームも使いづらい。

今日は月に一度の祈りの集会でありました。
世界各国の平和を世界各国語で祈ります。
s-コピー ~ 2014-09-16 002aas

本日のご参加誠にありがとうございました。

イスラエルとパレスチナが平和でありますように
コピー ~ s-2012-07-11 071のコピー
写真をクリックすればみんな大きくなります


INFINITE PEACE



コスモス街道
s-2014-09-17 002aas

内山城下に住むH氏を訪ね、
s-2014-09-17 025

家の上にある萩の花咲く園城寺にお参り。
s-s-2014-09-17 032

真言宗のお寺で、四国八十八箇所めぐりをあっという間にしてきた。
s-2014-09-17 036


3時、旧軽井沢にある作家やに納品
s-2014-09-17 06aa3

オーナーのしん子さんはここ数年骨董にはまっていて、食器や家具も売っている。
s-2014-09-17 062aas

帰りは、シン子さんの小諸にある麦草公房によって林さんにも会って帰ってきた。
車も乗らず、鉄のクラフトもやめて…丁度お酒飲んで水戸黄門を見ている最中でありました。新しい鉄の作品を楽しみにしていたのだけれど、つくっていないというのはちょっとさみしいことでした。まあそういう時期なのでしょうか、今度はまたガンガン作って、そしてたくさんの人を笑わせてくださいませ。
s-コピー ~ 2014-09-17 069


INFINITE CREATION




2014.09.19 納骨
今年も、庭の彼岸花が咲き出した。お彼岸前日の今日
s-2014-09-18 047aas

母の納骨式が午後1時から行われ、無事に終了した。
s-2014-09-19 012aas

わが兄、4人の子供たち、そして妻の7人家族   みんな仲良く元気で暮らしていきたいものです。

INFINITE HEALTH

INFINITE FAMILY

INFINITE HARMONY



2014.09.20 キノコ採り

次女と一緒にいつもの森へ
s-2014-09-20 004

去年は信じられないくらいたくさんあったが、今年は例年並み
s-2014-09-20 008

三女を駅に迎えに行くまでの少しの時間で小さなのを採りました。
s-2014-09-20 017

カラマツの森のジコボウ 妖精見つけは楽しいね
s-2014-09-20 013as



INFINITE BEAUTY

INFINITE HAPPINESS

2014.09.21 彼岸の空
秋の空 家の中は寒いくらいの朝
s-2014-09-21 080aas



天窓と、ベランダの屋根に置いてある日よけシートを取り除いた。
s-2014-09-21 084

これで部屋もベランダも明るく暖かくなる。
s-2014-09-21 087

うろこ雲が飛行機よりもだいぶ高い所に浮かんで空を覆う。
s-2014-09-21 038aas

夕暮れ 空が光り輝く
s-2014-09-21 107

INFINITE  BRIGHTNESS



2014.09.22 トンボの目
s-2014-09-22 011-aas復元

コピー ~ コピー ~ 2012-07-26 aas

s-2014-09-22 01aas1

s-コピー ~ 2014-08-20 aas


INFINITE BEAUTY



地球 日本の八ヶ岳に住み、四半世紀が経ちました。
みんな仲良く平和を祈り秋分の日をむかえます。
p 2005 1210 007



INFINITE HARMONY


2014.09.24 屋根の修理
今年の大雪で雨どいのほとんどが壊れたり外れたりしてしまった。未だ直していないところが多い。
今回直しているのはお風呂場と木工のアトリエをつないでいるV字になっているところで、ここは大雪とは関係なく、ずっと雨漏りがして、構造的にも難しいところ。
そして、五右衛門風呂の屋根自体も、苔が生え腐りだしているのでこの屋根を覆うようにガルバニウムのトタンを載せる計画。
s-2014-09-23 003

2,1mに切った3.5分のヒノキの角材10本と野地板などの材料を雅に手伝ってもらい上げた。
今回は45cmの幅のトタン板をU字型にして6mの大きな雨どいをつくり、たくさん降った時も大丈夫な水の道を作る。とにかく雨どいというのは屋根全体の水が集まり、そこに落ち葉なども溜まってしまうのすぐにあふれてしまうのである。
s-2014-09-24 004

猫たちも何を始めたのかと気が付けばあちこちにみんないた。
s-2014-09-24 011

夕方小ぶりの雨が降ってきて、急遽雨どいを取付けてみた。水がきれいに流れるかどうかも検証できた。
s-2014-09-25 010

何でもかんでも古くなれば壊れてゆく。そして壊れれば直してゆくのであるが、直す人も歳をとってだんだん壊れてゆくものだから、昔のような勢いではできなくなってきた。無理せず時間をかけてやっていく。


INFINITE YOUTH

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH


2014.09.25 霧の朝
乗って8000キロというところで、高速で小石が当たりフロントガラスにひびが入った。リペア材を入れて治すのと保険を使ってガラス交換するのとでさほど変わらなかったので交換ということになった。2日間台車が来た。
s-2014-09-25 005

今日は霧の朝から始まった。
s-2014-09-25 007aas

雨も上がりと暑いくらいの日がさした。
柱を並べて野地板をはった。あとはネットで注文してある屋根材が来たら張って完成。
s-2014-09-25 018

ここまでは全部あるもので作ったのでお金はかかっていない。みんな今年、薪として燃やしてしまう木たちであった。
s-2014-09-25 016


INFINITE SUPPLY



標高800mラインも今日の日差しで、わずかに紅葉が始まった。
s-コピー ~ 2014-09-26 042aas

暑く、汗を流しながら、家のあちこちの修理、
雨どいは、今年の大雪でめちゃくちゃになってしまっていて、ようやく直して回った。そして、これから迎える落ち葉の季節、樋の掃除もした。
s-IMG_0304aas.jpg

kireininaotte,雨水は5mのパイプで外の道に流れてくれる。これで、家の下の湿気が減る
s-2014-09-27 062



雨が窓の木枠に当たり続けていて、何とかしないといけないと、高さ4mのところにある出窓の屋根の軒を8cm出す。
足の調子が悪く、梯子に登ったりするのが怖かったが、ようやく上り下りできるようになってきた。これはすごくうれしいことである。
s-2014-09-26 043

夕方、家を一回りする感じで修理が終わると、西の空に彩雲が輝き現れた。
s-2014-09-26 aasjpg

見とれていると、疲れも癒されて ただただ感謝
s-2014-09-26 aas

INFINITE GRATITUDE




2014.09.27 コスモス満開
コスモスはつい全体を見てしまうことが多いが、その蕾も、種に変わっていくところもかわいらしく美しい
s-2014-09-26 168

s-2014-09-26 167

一輪だけ咲く花であったなら見方も変わるのかもしれないなあ
s-2014-09-26 165AAS

s-コピー ~ 2014-09-27 042

満開の中の平和塔
s-2014-09-27 009aas


INFINITE BEAUTY


2014.09.28 屋根完成
ガルバニウムの波板8尺を10枚がきた。220cm必要なので24cmだけ切る。
s-2014-09-27 064
頼んだのは10枚なのに11枚入っていた。ありがたいが10枚でぴったりなのだ。そのうえ杉材のパレットもついているのだからこれもまた材料に使えるとそのままばらして片付けた。
s-2014-09-27 072


価格は送料無料で13000円。ホームセンターで売っているカラートタンよりも全然安い。


さっと釘打って完成させてしまおうと、昼過ぎから始まったが、煙突のところの穴と、その穴をふさぐコーキング材のところで時間がかかって日が暮れる羽目になった。コーキング材はあるのにコーキングガンがなくそれを探すこと1時間、結局なく、なしでもできると、コーキング材の後ろから棒で押しながら完成したのであります。
s-2014-09-28 019

2重にしたので完璧なのであります。
s-2014-09-28 022

s-2014-09-28 023

s-2014-09-28 027


INFINITE SUCCESS



2014.09.29 カマキリの目

人間の瞳のような黒い点がいつもこちらを見つめている。でもよく考えてみるとおかしいので、調べてみた。
s-2014-09-26 134aas

やはりカマキリは複眼なので瞳孔があるわけもなく、この目は偽瞳孔といって、光が吸収したところが黒く見えるそうで、何人で見ても、みなこちらを向いて見えるもののようです。
s-2014-09-26 142aas

s-コピー ~ 2014-09-26 147aas


s-2014-09-26 138aas


INFINITE FREEDOM


2014.09.30 コスモス
今日もコントラストが強くコスモスがきれいです。
s-2014-09-30 003

花をよく見ると周りから種ができていますね。
中心は太陽そのもののような星の集まりで、ピンクの放射状の光線を放っているようです。
s-2014-09-30 064asds

9月があっという間に終わっていきます。

 今年の大雪で傷んだところや、これから壊れるであろうところを冬の前にきちんとしておかなくてはいけないのでやっています。
 細かなアクセサリーもちまちま作ってはいるのですが、今は大きな家の修理をしていきたいと思っています。でもその前の隙間ができたところにコーキングをしたり、はがれた壁を直したり、水回りを新しくしてみたり、断熱材をきちんと巻き直したりとといったこまごましためんどくさいことばかりをやるのです。
 家、それもハンドメイドの木の家、それもそれも廃材ばかりで作った家というのは、とにかく作っては壊れ、壊れては作るという状態で、まるで生き物のように変化して行きます。他人の家を直すのなら壊れないようにしっかり直すと思うのですが、自分の家を直すというのは、今そこにある材料で10年持てばいい、いや、ここは5年持てばいいという感じで直すことがほとんどなので、20年住んでいるとあちこち直すところだらけということになっているのです。そしてこの時期になると、毎年の冬に備えるため、やらなくてはいけないことがたくさんあるのです。とりあえず、風呂場の屋根が終りほっとしています。


 五右衛門風呂の煙突の隙間埋めで使ったコーキング材の余りを母屋の煙突の周りにたっぷりと塗り重ねます。コーキング材は取っておいても固まってしまうので全部使い切らないといけないのです。久しぶりに屋根に上ると、やらなくてはいけないところがまた見えてきます。木工のアトリエのトタンがすっかり錆びています。これもやり直さなければいけないところです。
 太陽光発電は、今年の夏は天候不順だったのか思ったほど発電はしてくれませんが、電気代を払うことはなく、差し引きして毎月1万円以上は稼いでくれています。これはとてもありがたいことだと思います。
s-2014-09-30 079

南側の1階の屋根を見下ろすと、温水器の下に柱などが置いてあるところ、玄関の天窓があるところが雨漏りがひどく、もうほっておけない状況です。秋晴の乾いたところで完ぺきに直そうと思います。 
s-2014-09-30 082

こうして宣言して自分自身に言いつけて頑張ってやっていくしかありません。
そして薪を集めたり、割ったりする時期にもなってきました。


INFINITE HEALTH

INFINITE POWER

INFINITE FREEDOM