2014.08.01 8月は虹から
夏本番、北海道から帰り着き8月になった

アサガオの季節
s-2014-07-24 016

夏の雲 秋の雲  いろいろで
s-コピー ~ 2014-08-01 017

夕立の後 2重の虹がかかった
s-2014-08-01 081aaas
写真をクリックすればみんな大きくなります

緑の世界は平和です。
世界の平和を祈ります

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
イスラエルとパレスチナが平和でありますように
ウクライナが平和でありますように
チベットが平和でありますように
チェチェンが平和でありますように
コンゴが平和でありますように

世界人類が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます

INFINITE PEACE


2014.08.02 日めくり
毎日めくっている五井先生の日めくり、31枚で毎月繰り返し、20年めくっている。ぼろぼろになってしまうので4冊目。
その時その時によって染み渡り方が違う不思議な日めくりで、今月は1日目から心にしみわたる。
s-2014-08-04 001


s-2014-08-04 002



INFINITE GRATITUDE




 午後、庭で汗だくで仕事をしている私の横で猫たちは日陰や草むらで寝ている。このいい気なものの猫たちの寝顔に癒され、時々起こしたくなって無茶苦茶に撫でてやるとゴロゴロとのどをならしてを喜ぶ。私が家に入って30分くらい出ていかないとみな家に入ってくる。そして、夕方、少し元気になるのか一緒に遊ぼうと私の足元でじゃれてくる。
s-2014-08-04 007aas
 
 草たちは刈っても刈っても生えてきて、その草むらの中には虫たちはもちろん蛇、カエル、ネズミやリスもいたりする。逃げればいいが、知らずに踏んでいることもあろう。猫たちも時々、とんでもないジャンプをして驚いている。
この緑の海、たくさんの命蠢く中を、なんともなく歩いている自分が時々怖くなる。
s-2014-08-04 008

日めくり 3日は
s-2014-08-04 003

そして今日4日は、
s-2014-08-05 001

いつも猫たちとも一緒です



INFINITE FREEDOM








今日の雲は乾いているようで、現れては消えてゆく。
s-2014-08-05 033

雨が降らず
緑の草の上もすっかり乾いて、今日はここが仕事場
s-2014-08-05 036

イタリアンレストランのためのプレートが螺旋に積まれていく。
s-2014-08-01 aasjpg


INFINITE CREATION


原爆の日を迎えた広島は雨が降り続く中、追悼の祈りが行われた。
八ケ岳は今日も晴れ渡り、ここで世界の平和を祈る。
s-コピー ~ 2014-08-06 004aasqw

夕暮、廃材を片付けているときにゴジラが現れた。夕日の中にゴジラがいたので、走ってカメラを撮りに部屋まで行って、こけそうになりながらも何とか間に合ったが、最初に見た時よりは崩れ出してしまっていた。
s-2014-08-06 008aaaasd


今日は、平和を祈る日。そして長女風香の誕生日。
 ゴジラも平和を祈り、風香23歳おめでとうと言っていた。
s-2014-08-06 008aaa1212s
写真をクリックすればみんな大きくなります

5日、6日の日めくりです。今日も心にしみわたります。
s-2014-08-05 002aaas

INFINITE PEACE

INFINITE HAPPINESS

INFINITE HARMONY

INFINITE GRATITUDE

2014.08.07 立秋の畑
早いもので暦の上では立秋
昼間は真夏の日差し、夕暮れには光が秋に変わっていく
s-2014-08-07 063aaass

ピーマンの森の中
s-2014-08-07 001

小さな虫たち生きてます  ショウリョウバッタの子供です。3cmに満たない大きさで、全く目立たずたくさんいます
s-2014-08-07 063aas

トマトは雨が降らないせいか甘くフルーツそのものでその場で食べるのが一番です
s-2014-08-07 067

猫たちは畑の草むらにいて、野菜が好きならとても一緒には暮らせません。
ルドベキヤも咲き出す道を、4匹で散歩に出発
s-2014-08-07 071

私は道際の草刈りしながら進みます。猫たちは勝手気ままに寝ころびながら後に続きます。
s-2014-08-07 075


夕暮のフェンネルもキアゲハの幼虫がいなくなってずいぶん伸びました
s-2014-08-07 066


INFINITE PEACE




2014.08.08 今日いた空間
s-コピー ~ 2014-08-08 010

s-2014-08-08 008aaass

木の空間は安らぐ
s-2014-08-08 067aaas

やたらに三角(火)が目立つ空間。
s-2014-07-08 019a

「地球の光 大地の光」のオブジェを聖壇に飾る。
s-2014-08-08 074aaasd

舞台にはたくさんの大きな円い(水)ドラが並び、水と火のバランスが取れていた。
s-コピー ~ 2014-08-08 140aaas


INFINITE SUCCESS

INFINITE HARMONY







2014.08.09 平和祈念
今日は長崎に原子爆弾が落ちた日。夕暮れに平和記念像が現れる。
s-2010-06-23 108aqwsedq
写真をクリックすればみんな大きくなります
しばらくすると浦上天主堂の廃墟が浮かびあがり、その前ひかり輝く玄海原子力発電所現れてきた。
s-2010-06-23 10adf8

暗闇に包まれていた平和記念像がみなの祈りによって光だし、徐々に原発の光が消えていく
s-2010-06-23 108aa2jpg

祈りの力で記念像の光が増してくると、原発はすっかり消え、そして天主堂の廃墟も消えていく
s-2010-06-23 108aa3

しばらく平和記念像だけが光り輝いていたが、
s-2010-06-23 108aa4

それも消えていつもの我が家からの夕焼けにかなっていった。
s-2010-06-23 108




INFINITE PRAYER






2014.08.11 満月の下で
毎日夕暮れが訪れ
s-2014-08-11 020aaas

一期一会の光の一筋 
s-2014-08-11 040aas

夜が来て
月が出る
s-2014-08-11 099aas

明るい月、満月が雲間からのぞく
s-2014-08-11 089aasdd

地上の家は太陽光発電の明かりがついた
s-2014-08-11 092aas

今日は大きく明るいあかい月
s-2014-08-11 079aas
写真をクリックすればみんな大きくなります


INFINITE MOON

宇宙根源の光が降り注ぐ 
月あかり
わたしは大地の寝ころび
天を仰ぐ
静寂の風の中
たくさんの御霊が現れ
父と母も流れる雲に乗ってやってきた。
みんな元気そうですねというと
黙ったまま雲の中に消えてしまった。
私はうれしいのと悲しいのが全く同時に起こって涙があふれた。
ただ、一緒に現れたことがとてもうれしく懐かしかった。
横には猫たちが寄り添ってくれていて
冷たい山からの風が吹き渡ると
秋虫の音に包まれ
低い雲の中に
月も隠れてしまった。
月さんありがとう

INFINITE GRATETUDE











s-2014-08-05 008

s-2014-07-23 aas

今日も日めくりが心にしみる。
s-2014-08-05 009

42日、あと7日  お盆 終戦の日…祈りの日々が続く

INFINITE PRAYER

INFINITE GRATITUDE


人類即神也

我即神也

世界人類が平和でありますように








2014.08.13 両親への感謝
8月、今日からお盆。亡き父と母を思い出す。
s-コピー ~ 2014-07-18 591




私の住む八ケ岳は 観光地でもあり避暑地でもあるので、1年で一番人口が増える時期である。各地のお墓もたくさんの人が集まっている時期と思うと、避暑や観光に集まってくる人たちというのも、過去世のたぶん縄文のころに、ここ八ケ岳に住んでいたことのある人たちに違いない。そして縄文のいい縁を思い出しに来ているに違いない。

あちこちの森が何となくざわついている。
猫たちは時より森を見るがいつもと変わらず眠っている。私も猫と一緒に静かに横になっている。




五井昌久著 「本もの偽もの」より

両親への感謝を

 親子の過去世の貸借の問題は、その親子の生活のやりとりをみればすぐわかります。昔はよく子供が親のために身売りしたりすることがありましたが、これなど子の魂のほうが親に過去世からの借りのあった場合でしょう。
 しかし近頃は、親のほうが子供につくす親子の方が大半になって、 子供は親につくされっばなしで、自分が成長して家庭を持ってからでも、親につくしかえすという人が少なくなってきています。時代の流れともいうべきでしょうが、そ.の時代の流れをつくり出している底流には、神のみ心を現わすための妨げとなる、業の波をいろいろ変化させながら消減してゆこうとする、大智慧の働きがあるわけなのです。時代々々による生き方の変化というものも、人類進化のために必要なので、物質文明の極限にくると、にわかに精神文化が輝き出してくる、という工合になるので、現在はそういう時代にさしかかっているのであります。
 なんにしても、親子というのは、過去世からの深い縁によって結ばれているのですから、お互いに相手の生命の働きが充分にできるように思い合って、愛し合つて生きてゆくべきなのです。 現在父である人が、過去世においては、自分の孫であったなどということも随分とあるのですから、人間というのは、生命の兄弟姉妹と考え、その一番深い縁が父であり、母である、と思つたらよいのでしょう。
 今六十一才の今日でも、私は常に神界の母のことを想いますが、なんの理屈なしに、温かい柔和な雰開気につつまれます。 母という名は不思議な安らぎをもっているのです。
 天と地を、父と母にたとえることがよくありますが、天は光をふりそそく、生命の能動的な働きであり、地は天の陽気を受け、 ふりそそぐ光明を受けて、生命を養い育てる役目をもってい来すので、正に'天は父であり、地は母であります。私は、瞬々刻々、天地の恩恵に感謝するように、あまりに親しくかえって感謝することを忘れてしまっている父母にも、日々感謝の心で接する必要があると思います。感謝は光であり、愛の交流であるからです。
 人間は生命が無くては生きてゆけません。その一番大事な生命は、神から分け与えられたものです。そしてその中継ぎをしてくれたのが父母なわけです。母などは十月十日の間、苦しみに耐えて、自己の体内でその子を育ててくれていたのでありますので、それだけで充分な恩人なのであります。まあそういう理論ぬきにして、世界を平和にする愛の最初の出発点として、親子の愛情を私たちは大事にしてゆかねばなりません。




s-2014-08-05 010




INFINITE LIFE



2014.08.14 お盆の穀物
夕方、ベランダにきちんと置いてあった隣の家の野菜たち、
もう80近い夫婦というのに、新種のピーマンやら、黒いトマトや変わりトマトがあったりで、楽しく作っている。
我が家は、全くの基本的な野菜を育てている。
この時期、とにかく同時にたくさん出来てしまう。我が家もトマトやキュウリは煮たり塩漬けしたりして保存しているが、もういい加減野菜を見るのが嫌になる時期でもあったりする。
今年の一番豊作はいんげんで、うちの分だけでも食べきれないのに、その何倍もいただいて食べ続けている。


s-2014-08-14 011aas

INFINITE FRESHNESS

INFINITE GRATITUDE



2014.08.15 終戦結婚記念

ルドベキアはこの地のあっているようで、何もしてないのに毎年株が増えてきて、どこもかしこも咲き出してきた。
日が沈んでからの時間、影の無い時間に写真を撮るのが今の気分にちょうどいい。
s-2014-08-14 003aas

69回目の終戦の日、そして26回目の結婚記念日
世界恒久平和を歌った君が代を歌います。
s-2014-08-14 aaqqqs


s-2014-08-05 012



INFINITE REACE



2014.08.16 送り火
3時、雨がものすごい勢いで降って、あちこちの排水溝から水が噴き出していた。
s-コピー ~ 2014-08-16 028

5時過ぎ、東京から長女風香も来ていて、三望の丘に行く。
s-2014-08-16 040aasd

強烈な夕日がさしてきて、その光の向こうにある浄土に向かって祈る。
s-2014-08-16 037

お盆の間、来ていた霊たちを案内するように、光が美しく変わっていく。
s-2014-08-16 053aas



INFINITE BRIGHTNESS


2014.08.17 水遊び
夏休みの日曜日 
神宮川に行く。サントリー蒸留所に上がる道は大渋滞というのに、その一本向こうの道は全く誰もいない道で山懐奥まで続いている。その行き止まりまで行くといつも遊んでいる神宮川。

曇っているものの何のその、娘3人は水着を着て冷たい水で遊びます。
s-2014-08-17 043

勝負の場所まで来て記念撮影
s-2014-08-17 071

じゃんけんで負けると滝壺に
s-2014-08-17 114

まずは壁にタッチ、続いて穴に入る・・・・
s-2014-08-17 089

滝壺の後ろに行く 
今年の滝壺は思いのほか深く、この後私沈んでおもいっきり滝に打たれもがいて出てきましたよ
s-2014-08-17 134

潜って滝壺をわたる
s-2014-08-17 147

すでに全員ぬれねずみ、寒さも忘れて、滝壺ジャグジー
s-2014-08-17 190

気が付けば雨が降り出してきて、退散しましょうとほんの1時間の川遊びでした。
すぐ下の大きな石の木陰で休憩
s-2014-08-17 257

今日は五井先生が帰神した日 この場で印を組む
s-2014-08-17 008

帰って来てからバーべキュー 暑かったり、雨が降ったり,日が差したりで、4回も場所を変えながらのんびり食べて、
s-2014-08-17 288

そしてまた水遊びして
s-2014-08-17 331

笑いまくって
s-2014-08-17 346

長女は目いっぱい遊んで、6時、東京に帰っていった。
何となくこれで夏休みも終わっていく。

子どもたちはそれぞれの道を歩んで、家族全員がそろうという事が本当に少なくなっていく。
こうして時々集まってはしゃいでいる姿は、昔と変わらず本当に仲のいい姉妹である。


INFINITE LOVE

INFINITE HAPPINESS

INFINITE JOY 

INFINITE YOUTH

INFINITE FREEDOM  










2014.08.18 日めくり
s-2014-08-05 013

s-2014-08-05 014

s-2014-08-05 015


INFINITE GRATITUDE



朝、神戸から友人の夫婦の86になる2人の母から、わが母の49日の門出にと大きな胡蝶蘭が届き、母の49日の祈りと世界平和の祈りの会が重なり、意味深く感じての集会でありました。
s-コピー ~ 2014-08-19 014あああsss

8月はいつもの倍以上の時間の統一なので、厳しいながらも深く深く、そして7人の縁あるメンバーで母へ最後の光を送ることができたのでありました。

INFINITE GRATITUDE

s-2014-08-05 016

今日の日めくりの言葉、母からの言葉のように響きます。


INFINITE LOVE



2014.08.20 平凡な1日

暑き日は木陰の緑の中にいる
s-2014-08-20 040aas

猫たちは風の通り道で寝ていて、日が西に傾いて散歩に行くのを待っている。
s-2014-08-20 048

とにかく暑い日で、鬼ヤンマも今日は止まっている。 
s-コピー ~ 2014-08-20 aas

平凡な一日が終わっていきます。
s-2014-08-20 056aas

日めくり
s-2014-08-05 017

全くその通りであります

INFINITE HARMONY




2014.08.21 夕暮れ
今日も夕暮れはやってくる。
s-2014-08-21 052aasd

暮れていくと色づきだして
s-2014-08-21 057aas

最後に森の向こうが燃えてきた。
s-2014-08-21 06aasd7

s-2014-08-21 064aas

19X25cmの欅の食器プレート たんに板なれど微妙に削ってある。こういうおなじサイズはつまらないが、木の文様がみな違うので飽きないね。
s-2014-08-21 049aas


INFINITE ACCOMPLISH



2014.08.22 吉祥寺の空

吉祥寺の空も雲高く
s-2014-08-22 038aaas

夕暮の雲の変化美しく
s-2014-08-22 010aas

ビルの谷間の風が吹き、輝きだす雲
s-2014-08-22 041aas

東急の西側に出ると空が開けとうろこ雲が白銀に輝きだしていた
s-2014-08-22 020aas

ゆうぐれの びるのたにまの あつきかぜ みあげるそらの くもとなりたや    月



空は雲(水)と風と光の織り成す雅な世界…ここに月が昇れば我家族になるなぁ。


夕暮て
久しぶりに、空太、風香、水樹、ひかり子、雅と合流した。
s-2014-08-22 026aas

11時、吉祥寺を後にする。
s-コピー ~ 2014-08-22 055









2014.08.23 夕焼け
1年ぶりにシータマタさんに呼ばれてベルクのルーヴェに行った。
s-コピー (2) ~ 2014-08-23 009

ここベルクは、フランス料理のベルクを中心に、ドイツ料理ルーヴェ、そして天然酵母パンのプラティーロの3店があり、甲府を見下ろす双葉の丘に30年近く時と平和の鐘を鳴らし続けている。ここに来ると2002年にケヤキの木の下にエディさんたちと平和塔を建てたのを思い出す。
aasasa.jpg


相変わらず次々といろいろなことをやっていて疲れを知らないシータさんである。
私はエネルギーがなくなっていて、「それは親の死という事で当然なこと。今は親から休暇をもらっているということだと思って、ゆっくり休んだらいいの」といわれた。妻も子供も兄からも言われていることだったが、シータさんに言われて本当にそういうことなのだと理解して、ほっとした。

帰り道、八ケ岳と夕焼けが迎えてくれた。
s-2014-08-23 00aas1

s-2014-08-23 aas

INFINITE BEAUTY

INFINITE HEALTH


2014.08.25 稲生
小学校6年間を小樽で過ごし、小学2年の夏に昭和新山で子熊にかまれ、そこのお店の木彫りをしていたアイヌの長老に手を握られて大丈夫だと言われ、私も小さいながら安心して親にも大丈夫だと言った。それがアイヌの人との忘れられない出会いであった。
それから、中学の3年間を除いて、高校に入った時から、毎年北海道に行っている。それが40年続いている。
なんでだと思っていたが、それはアイヌの聖地にいかなければ気が済まないということなのである。
s-コピー ~ 2014-08-26 026

8月に八ヶ岳に来たアシリレナさんが持って来てくれたイナウを我が家の聖壇に置くと、北の思い出、それが本当のことか、夢だったのか、夢と現実が一緒になってしまったのかと思うくらいにつぎつぎと思い起こされてくるのであった。
s-コピー ~ コピー ~ 2014-08-26 002sasa

世界中の聖地をまわられているアシリレナさんの天命が完うされますように 


s-2014-08-05 022
4時、日がさしてきたので、カメラ持って西の畑に走る。まだ虹は出ていないのかそれとも木の向こうに出ているのか・・・
s-2014-08-26 032

ラムもなんだなんだと濡れむさむらを飛びながらやってくる。
s-2014-08-26 043


4時1分に林の上にうっすらと虹が出だして、
s-コピー (2) ~ 2014-08-26 031

4時4分こくなって
s-2014-08-26 060

4時5分には消えてしまった。
s-2014-08-26 059

INFINITE BEAUTY

s-2014-08-05 023


INFINITE GRATITUDE





次女と雅と私の3人で箱根のポーラ美術館へ、
ナビに従うと変な裏道を行くので迷って3時間。最後の分岐では、前を行くトヨタ車も一緒に間違えて大きく一回りして同じについた。同じ純正ナビを使って同じように迷ったのだろう。トヨタのナビはわかりにくい。

細い道の箱根の山の中、2012年開館の個人の収集としてはすごい規模のミュージアム。
s-コピー ~ 2014-08-27 009

s-2014-08-27 010

最上階に入口があって、はるか下まで一望できる。その大きさに驚かされる。
s-2014-08-27 023

「モディリアー二を探して」  
s-2014-08-27 025

展示室最後ガレ、ドーム、ティファニーのガラスを見終えて、休憩
s-IMG_0199.jpg

大涌谷に向かうが雨と渋滞  まだ夏休みなのだ。今回はやめにしてUターン
御殿場のアウトレットモールの渋滞を横目に
人のいない東口本宮冨士浅間神社へ
敷地内から湧水が湧き出ていて、その横の小径を行くと正面入口で滝となっていた。
s-2014-08-27 062ssa

立派な山門がある 
s-2014-08-27 067

狛犬がいる
s-2014-08-27 074aas

だれ一人いない 本殿へ
s-2014-08-27 003aas

お参りを済ませ、横道をあがると平和塔
s-2014-08-27 052aas

霧が湧き出す中 帰途につく
s-2014-08-27 091aas


INFINITE PEACE

2014.08.28 長なす美人

今日も野菜をたくさんいただいてきた。
そこの畑には猪やテンや猿から野菜を守るための柵がある。
同じ動物でも我が家の猫たちは野菜を見ても見向きもしない。猫が肉食獣であることがありがたく感じる。ただ、カリカリを食べさせてばかりいるといずれは雑食に変わっていくのかもしれない。
s-2014-08-28 00aas9


長ナス美人
s-コピー ~ 2014-08-29 005aaas

トレイの大きさが38X25cm、ナスは40cmを超えています。
s-2014-08-29 002


INFINITE GRATITUDE




野ブドウが色付きだし
s-2014-08-29 02aas7

日が暮れて ルドベキアはいっそう黄色 鮮やかに
s-2014-08-29 08aas4

草むらは大海原のように山風にうねりだして 一足早い秋の香りに包まれていく。
s-2014-08-29 aas
写真をクリックすればみんな大きくなります

INFINITE PEACE




3女ひかり子が、8月5日に原付免許の試験を受けて合格し、待ちに待って29日に免許が交付になった。本来なら即日交付なのに、最寄りの警察署で受けたのでこんなにも時間がかかってしまったようだ。
 バイクは、次女が3年になってほんの少し乗ったバイクでホンダ ジョルノクレア、古いバイクだが4サイクルで静かで燃費もいい。ほとんど駅までの3キロの往復で乗る。
s-2014-08-29 076

この八ヶ岳に住んでいるとほとんど歩きではどこにも行かない。。自転車も坂が多いのでなかなか行けない。子供たちにとっては、バイクが乗れるようになると自由にどこでも行ける世界が広がり楽しいに決まっている。親としては心配事が少し増える。
s-2014-08-29 079aas


 家族のことだけでも次々と心配事があるのに、日本各地、世界中で災害疫病紛争といったことが起こっている。それもニュースで言っていることの何百倍何千倍も起こっているに違いない。遠い所の出来事はいくら意識していてもニュースでやらなくなると忘れていってしまうことがほとんどだ。
 すべての出来事はいいことも悪いことも現れては必ず消えてゆく。すべてはその時その場にいた時の過去世からの必然であり、宿縁であるのだから、おかれたところで真剣に今に向き合って生きてゆくしかないのである。
 自分以外の世界中の出来事に対しては、縁のあるところに行って助けることはできるが世界中に行くことは無理である。21世紀、肉体的な意識を超えて生きていく道、それは祈りによる平和運動。生かされていることに感謝し、光明思想と感謝のこころで生きていくことである。
s-2014-08-29 030aass


世界人類が平和でありますように

無限なる感謝



2014.08.31 時計の修理
 家にある時計の修理をしていて、最近は、明治大正のころの丸型や8角形をきれいにそして動くようにした。作られてから1世紀近くの時が経ち、蝶番が取れていたり、周りの木が取れていたり、ガラスが割れてなかったりとそれぞれ外装がぼろぼろで、中でも一番難しいところが、まるいガラスで、今回、サークルガラスカッターを買って丸くガラスを切るのに挑戦した。意外と簡単に切ることができガラスを入れられた。 みないい音で時を刻んでいる。
s-2014-09-01 014



 100年前は、ぜんまいで8日巻という時代であったのが、60年前の1950年代にはぜんまい時計の最終形の30日巻、そして60日巻から、電気時計に変わっていった時期で、今回はその頃の、電池時計も一緒に直している。
 電気で動く時計もいろいろあってセイコーはトランジスターをスイッチに使って、磁石の極を反転させてその反発で振り子を動かし、マグナー電磁時計とナショナル電磁時計は、振り子の軸に直接スイッチを取り付けて、電極が変わるようにして、コイルの振子を動かす。トタンジスタも使わず、全くの機械スイッチだけで動かすメカは実に素晴らしいものである。このころは、永久磁石と、電磁石を使って振り子を動かしていた。まだまだ時代は機械的式のいい時代であった。
s-2014-09-01 019
八角、丸時計以外はみな電池式の振子時計  
上の段右セイコートランジスタ
中段の左からセイコートランジスタ、めったに見ない東芝トランジスタ、 ナショナルトランジスタ鐘つき
下段の左からマグナー電磁時計  ナショナル電磁時計 、ナショナルトランジスタ鐘つきカレンダーつき 



 ナショナルの電磁時計。機械のデザインが素晴らしいので、改造して我が家の時計になっている。電池は、単3電池1本で、木の裏側に電池ボックスを埋め込んで半年は動き続けている。当時は単1電池使用だったが、単3でも十分で、60年前の電池とは容量が100倍くらいになっているのではないだろうか。
 とにかくこの電磁式時計はトランジスタ、コンデンサ、抵抗は使っていないく、ぜんまい時計から電気時計に変わる最初の時計で、ナショナルや東芝といった電気会社が時計に参入して、時代がどんどん電化していった頃の貴重な時計である。

s-2014-09-01 025



INFINITE FREEDOM