2月、今日は風もなく気温も+で、凍っていた土が溶け出した。
s-2014-02-01 004qwe

木が切られた林は、中が荒れたまま残り、春、光を浴びると木たちよりも早く蔓たちが伸びだし緑で覆いだす。そしてうっそうとして中に入れない林になってゆく。今でも紐がこんがらがったような世界で入りにくい。
s-コピー ~ 2014-02-01 009

それにしても今日は暖かい。外で仕事していても寒さを感じることはなかった。
このまま春になってくれたらうれしいなー


INFINITE PEACE


2014.02.02 富士へ

今日は4人で八ヶ岳を出発
朝霧高原は霧に包まれて
s-2014-02-02 003qws


この時期、雪でいいのにあたたかくさえ感じる雨が降る。
s-2014-02-02 006


いつもザックに詰め込んだままのカッパ、たまには使わないとと着る
s-2014-02-02 004

小雨が降り続く中、2千人位で世界各国の平和を祈る。今日、私はグレナダ
そしてみんなが思っていたとおり雨がやんで、日がさした。
s-2014-02-02 050

青空も顔を出し
s-2014-02-02 058

雲間から現れる太陽には黒点がよく見えた。
s-コピー ~ 2014-02-02 080

肉体エネルギーがすっかり切れて、家に帰ると早々寝てしまった。


INFINITE HEALTH




家の周りにある木

ピースマークのボタンは桜の枝  

s-2014-02-04 002

赤い木は梅 黒いのはエンジュ
s-2014-02-04 003

周りの四角と丸は欅の皮   
みんな薪 
ほとんど燃やしてしまうけど、こうしてボタンに変わっていくものたちもある。
s-コピー ~ 2014-02-03 011



INFINITE CREATION




2014.02.04 ポストカード
写真を毎日撮っているので、いい写真も少しはあるので、それをポストカードにしている。
去年は8種類作り、今年も8種類作って、昨日それが刷り上って届いた。

今回のお気に入りは、水彩で描いた2枚の絵をPHOTOSHOPで合体させたもの

s-猫と天使2-復元




去年作ったカード8種

s-2014-02-05 010



今日、8種類が刷り上ってきた。
s-コピー ~ 2014-02-05 011



16種類になった。 
s-2014-02-05 008
写真をクリックすればみんな大きくなります


INFINITE BEAUTY



2014.02.05 猫の王子様
簡単にエアーブラシで描いた絵で、ずっと玄関の外に飾ってある。
これをポストカードにしようなんて思ってもいなかったが、これがいいと妻に言われたのですることにした。
はがれたり、汚れたりしていたのをPhotoShopde修正して、出来てみると意外とかわいいものである

s-hagaki 縦 ねこAIR1


s-2014-02-06 001


INFINITE HAPPINESS

2014.02.07 寒い日
祈りの部屋に活けてある花瓶の水もすっかり凍り、その部屋の洗面所の水道も、蛇口が固まって動かない。バーナーで温めてしばらくして出るようになった。
外を見れば、横の小川もすっかり凍っていた。
s-2014-02-07 047


相当に寒い日、というかいつもの寒さということかもしれない。
母屋のリビングだけはストーブは朝まで付きっぱなしで燃えている。

今日の赤岳
s-2014-02-07 013
写真をクリックすればみんな大きくなります

キッチンからの眺めは秋のままの景色である。明日から大雪になるというのが信じられない、
s-2014-02-07 053


INFINITE PEACE



ソチで冬のオリンピックが始まった日

大雪 雪かき 大変で、体はすっかりクタクタです。

それでも白銀世界は気持ちいい

5匹の猫たち4匹は寒くていやだと全く出てこなかったけど、

寒さしらずのラムだけは私と一緒に遊びます。

ジャンプしてみたものの埋まってしまった。これは何だとテンションあげて
s-2014-02-08 035

靴跡の穴を見つけてやってくる
s-2014-02-08 042

一穴ごとにジャンプして
s-2014-02-08 044

穴に飛びこみ
s-2014-02-08 045

狸に変身
s-2014-02-08 046

ジャンプ 
s-2014-02-08 047

ジャンプで
s-2014-02-08 055


もう嫌だ。家に入ろうと泣いてきた。
s-2014-02-08 031


とにかくすごい雪でした。70cm位は積もってます。夜に雪もやんで一安心

猫は1日ストーブの前で寝ています。




INFINITE HEALTH




2014.02.09 道をつくる
昨日のことがうそのように朝から白銀の静けさとブルースカイ
s-2014-02-09 011

南の入り口まで雪かきをしようと始めると
すでにラッセルした跡が付いていて驚いた。 猫かと思っていたが、足跡が大きく、狐か狸のようである。道具も何もないのによく作ったものだと感心してしまった。
s-2014-02-09 053

右側が人間の私の足跡  ここで360°パノラマを撮る。
s-2014-02-09 055

そしてこれが今日の白銀の星
s-IMG_0738.jpg
写真をクリックすればみんな大きくなります

南の道まで道ができた
s-2014-02-09 065

朝は雪で埋もれていた車道も
s-2014-02-09 028

10時過ぎに除雪車が来て、そして太陽さんさんと降り注ぎ雪を溶かして、雪の壁があるもののいつもの道になった。
s-2014-02-09 069

真ん中に道が走る星   やはり道は大事です
s-IMG_0739.jpg

すべての生き物は道を作って生きている。その一番作っているのが人類

そして今日は日本の道

日本最大の都市である東京の知事選挙の投票が行われ、自然エネルギーに向けての舵が取られるといいと思っていたが、そうはならなかった。もはや政治の世界というものはそういうものだと気づきだした人も多いと思うが、すべての報道メディアも規制されているし、決して民意が反映するものではないのである。
ましてや、批判や非難、誹謗中傷は、意識を低下させはするが、高めていくことはできず、よりよい未来は見えてこないし、作り上げる力にはならないのである。
 この世界を調和させ、平和にしていくためには、一人一人の意識を高めていくことが何よりも大切なことで、
敵も味方もない世界、対立を超えた世界に生きてゆく道を歩んでいきたいと、
真っ白の雪をかき分け、新しき道づくりに汗したのでありました。

平和な地球世界完成に向けて祈ります

INFINITE HARMONY



2014.02.10 一安心
雪の影響で、中学校が休校になり、4日連休になったものの、今日は前期試験の発表ということで、本当は学校があったほうがよかったのである。学校から電話がかかってくるのを待つという何とも落ち着かない時間が午後3時過ぎまで続いた。

今日もいい天気、午前中に妻と2人で、まずは太陽光と温水器のところの雪下ろし。
s-2014-02-10 015

雪がどけば温水ができ、発電が始まる。 太陽のエネルギーを最大限に利用する暮らしをしていきたい。
s-2014-02-10 018


午後は、物置や、薪置き場、そしてベランダの波板の雪を下せるだけおろしていると、電話を待っていたひかり子がにこにこ笑顔でやってきて、無事に長女と同じ韮崎高校に決まって一安心。
s-2014-02-10 036

材料を置いてある屋根の梁が割れていまにもぶち壊れてしまいそう。雪が融けたら作り直すしかない
s-IMG_0749.jpg

屋根の雪というのは太陽に照らされてどんどん融けて流れてつららになってもいくが、ほとんどが雪の下の屋根にシャーベットのようになって溜まっていく。それが夜、氷に変わり、日が経つにつれてどんどん軒のほうに溜まっていく。
母屋の屋根も氷の厚みが10cm位になって、軒のところが相当に重くなってきている。
s-コピー ~ 2014-02-11 025

軽い構造の波板の屋根が、軒のところや真ん中付近でもう歪みだしてきて、雪がまた降ったりしたら、絶対に壊れてしまう。雪を下すしかない・・・・

妻には、もう安易に家は作らないでねとくぎを刺された。確かに不安なことはなくしていったほうがいい。

INFINITE CREATION




日が昇り
s-2014-02-11 018

あまり気温は上がらなかったが、
日に照らされて、ベランダの屋根の雪は10cm位の厚みの氷になっていた。
母屋から延々と融けて流れてここまでやってきて、夜となり凍り付く。
s-2014-02-11 011

このままでは危ないと、今日も笑顔で雪かき
s-2014-02-11 009

氷かき たんたんと
s-2014-02-11 016

今日は何の日? 何する日?


雪かきする日

オリンピック見る日

建国の日

やっぱり雪かきする日でしょ



青の夕暮れ 
s-コピー ~ 2014-02-11 043

この美しき星に住んでいることに感謝。
五右衛門風呂につかれば極楽で、今日も一日終わります。
s-IMG_0757.jpg




日本に感謝

無限なる感謝



2014.02.13 ごみの神様
井の頭公園は今、池に水がない
s-2014-02-13 017

池に沈んでいたごみを取り出している。
s-2014-02-13 015

酔っ払い雪だるまも消えてゆく
s-2014-02-13 044

3件の店の解体に出会った。吉祥寺は本当に変化が激しい。
全部我が家に運んでくれたら薪になるなー
s-2014-02-13 046

実家のそばのごみ置き場
s-2014-02-13 005qwjpg


よく見ると何かいる。
s-コピー ~ 2014-02-13 005qwjpg


よくよく見たらごみ神様
s-コピー (2) ~ 2014-02-13 005qwjpg



変化変滅の世界

永遠の命に目覚めた人たちと

世界の平和を祈り

いきてゆく。


INFINITE LIFE



午前10時、オリンピックを見ながら外を見ると雪がやんだ。
さて、雪かきを始めよう。

玄関前
s-2014-02-15 010

2階から
太陽光も温水器も1m以上の雪に埋もれて
s-2014-02-15 020

北側の2階の窓から
ここの屋根の雪を下さないと木工の仕事場が危ない
s-2014-02-15 004

南のベランダの屋根の梁がまんなかが5cmたわんでしまっている。
s-2014-02-15 001

急きょ、柱を立てた。
s-2014-02-15 032


スコップ持って
美しき白き世界へ
2014.02.15 月美しく
オリオン座も森に沈みだしてきた11時過ぎ
s-2014-02-15 132

月あかりに誘われて外へ
s-2014-02-15 168

疲れも癒される静かな光の中
s-2014-02-15 159

白に埋もれた今日の一日を思う
s-2014-02-15 153

木の影が風に揺れて、すべてが凍り付く
s-2014-02-15 173

明日も屋根の雪かきだ

まだ当分 車が出そうにない・・・・


INFINITE POWER

INFINITE HEALTH

INFINITE LIGHT



今日も朝から雪かき
予定の仕事などできるはずもなく
ひたすら雪をかく
自分のうちのことは自分でやる
あたりまえのことだが、家の屋根の面積を考えると100坪ほどあって、とても全部やりきれないので、危険なところから順番におろしていく。
ビニールハウスはあちこちでつぶれているという。確かにこの雪ではビニールのハウスはひとたまりもないだろう。
我が家の薄っぺらいトタンやポリカ、それも20年たっている波板の屋根たちが頑張ってくれているのが不思議である。
先週降った雪と今回の雪で、1㎥の重さが200kgは超えている。どこも相当つらい状況で、一刻も早く降ろさないと危険である。

天窓のあるところ すでに天窓が割れて歪んできている
s-2014-02-16 005

裏のお風呂場と木工室 
s-2014-02-16 012

材料置き場 ここはもう危険で、恐る恐る雪をかく。合わせて30坪の屋根の7割の雪を落とし、これで一安心
s-2014-02-16 016

落とした雪が1階の屋根よりも高くなる。
s-2014-02-16 029

我が家は東と西に川が流れているので、この川に雪を落としてやればそれでなくなっていく。
本当にありがたい。
部落の人たちが軽トラックに積んで、川に捨てに来ている。どこもかしこも雪の捨て場に困っている。


夕方、南の道まで
雪かきをするよりも体で突き進んでいくほうが早いので
ラッセルして道をつけていく。
s-2014-02-16 091

それを待ってましたとラムが付いてくる。
未だ腰まで埋まるところを70m道をつけた。
s-2014-02-16 063


この美しき雪の世界。

日本海側では当たり前の冬の景色も、ここ八ケ岳南麓では、そう続かない。
日が出てどんどん融け出してくれてはいるが、今回のような大雪には対応が追い付かない。
仕方ないことである。
これ以上被害が増えないようにしていくためにも、余裕を失わず全力でやっていくしかない。

以前あった大雪の時は、子供たちが大雪を遊びに変えてはしゃぎまわり、大人の苦労もすっかり癒されて、いつも間にか雪かきが遊びに変わっていったのを思い出した。
雪かくよりも雪と遊んでいるうちに雪もかけていたし、道も全部できていた。屋根の上からそりですべっていたし、スキーはいて滑っていた。
今回も同じくらいの雪が積もったが、そんな遊ぶ子供がいないので、やらなければ・・・・・という使命感のほうが強く、さみしい。
このめったにない経験を活かし、どのような状況の中にあったとしても、各自がそれに対応できるように前もって準備をしていけばいい。そして、出来ることは住んでいる地域の人たちと協力をしていくということである。それがあれば、どんな状況であれ乗り越えてゆけるのである。そうはいっても、いまだ自分のところで手いっぱいで、人のところまでは手が届かないのが実情であるが、みんな今のところ自分のところをやっていればいいのである。

そんな中、とりあえずは、ライフラインである道がきちんと除雪していない状況では、車での外出はもちろん、歩いて出るということも除雪の邪魔になるだけなので控えることが大事なことで、緊急性のこと以外は家にいることが一番いいことだと思う。


すべては必ず良くなる

絶対大丈夫

めったにない経験をさせていただき
天象さんありがとうございます


INFINITE POWER






2014.02.17 雪かき三昧
今日もいい天気 
昨日は風が強かったが今日は風なく雪下ろし日和

昨日おろした1階南の屋根の太陽光発電ははガンガン発電している。
s-2014-02-17 001

今日は母屋の雪かき
先週の雪と今回の雪が合わさって軽く1mを超えて相当重い
s-2014-02-17 002

西の1階の屋根に積もった雪の上からラムがジャンプして2階の屋根に登ってきた。
s-2014-02-17 012

ダンプも屋根に上げてどんどんおとす。雅とひかり子がすごく頑張ってくれた
s-2014-02-17 025

西の1階と2階の屋根の雪を下した量がとんでもなく多く、そしてそやたら重い。落としたすぐ横が川なのでそこにどんどん落す。
s-2014-02-17 043

すっきりした母屋の屋根
s-2014-02-17 063

祈りの部屋の屋根がまだ重い。暖かくなれば落ちてしまうと思うが、また雪が降るという予報もあるので、やはりおろさないといけないかなー
s-2014-02-17 060

きれいな白の世界で、いい汗かいて肉体はくたくた。


3.11以来、いついかなる時に起こるかわからない災害に備え、食料はもちろん、電気、燃料、水といったライフラインをきちんとしていこうと暮らしてきたので、今回の孤立された状況に関しては何も問題はなく、このまま家にいても当分は変わらない暮らしができていられる。
一番は、猫たちのごはんを雪揺る前にたくさん買っていたことが何よりもよかったことであった。


今の山梨はまさに鎖国状態。ライフラインを物流が支配している世界では、交通手段が閉ざされると大騒ぎになってしまうが、雪かきさえすめば何事もなかったようになってしまうだろう。
ここで気付いた人たちは、自給自足、もしくは地産地消の道を真剣に考えるのかもしれない。
今回の停電地域が電力に関して、太陽光、風力そして水力の発電による小地域での発電を目指していけばいいと思う。そして、自然豊かな多くの地域で電気を自給していける道を進んでいけばいいのにと思う。



INFINITE ENERGY



今日も雪かき
祈りの部屋の雪をかく。ここは傾斜もあるし、ポリカの波板なので滑り落ちると思っていたがなかなか落ちずに、東南の屋根が曲がってきてしまった。ここは滑るので命綱をつけて始まった。一番下の軒のところが凍り付き固まってしまっているのが落ちない原因で、その氷を落とすとどんどん滑り落ちてくれた。
s-2014-02-18 047



今回の雪かきで、ポリカのスコップは2つ壊れ、一つは完全に折れてしまって修復不能。ダンプも壊れてしまった。
根雪になって圧縮されて重くなり、融けて凍ったところを取っていると壊れてしまうのだ。
こういう時は、どこに行ってもスコップは売り切れなので、少し割れたところで修理し、それを繰り返し今回の雪にも対応できた。

ひびの段階で修理、
s-IMG_0791.jpg

s-IMG_0793.jpg

結局、凍ったところは鉄のスコップが一番信頼できるものであった。TVで自衛隊がポリカの雪かきをもって出動していたが、たぶんみんなすぐに壊れてしまっていたに違いない。夜のTVではみんな自前の鉄のスコップでやっていた。

道具というのは、その時々の状況によって使い分けないと壊れてしまう。わがハンドメイドの家も、屋根に重量を持たせるようには作っていないので、これにまた雪が積もってしまったら壊れてしまう状況であった。壊れるというのは、この世の宿命であるが、それを時間的に持たせていくことも大切なライフラインなのである。

2度目の修理で、完全復活
s-IMG_0792.jpg



世間の動きは、道をつけて孤立したところを無くすということでライフラインができるということらしいが、我が家のような、自給自足を目指した暮らしでは、出来る限り、国家とか行政とかからの独立であり、そのようなところにお世話にならないでも生きてゆける道を目指していたのである。
この時期に本当に必要なものは、屋根の雪下ろしのための軽いポリカのスコップと、歩くためのかんじきや山スキー。そして身近な地域の協力が一番必要なものだと思うのであった。
本当に車社会になってしまっていることを少し反省、車つまりガソリンに依存しないで生きてゆける世界になっていかないといけないかもしれない。
そして、医療に関しても、大きな病院に行くのではなく、地域医療、それは薬に依存しない、自然の医療の道を目指していかないといけないと自分自身思う今日であった。



INFINITE LIFE

INFINITE PEACE

INFINITE SUPPLY

INFINITE ENERGY


今日は第3火曜日「月の国集会」の日であったが、誰もこれない状況、そして屋根も危険な状況でありました。
そういえば、16年前の大雪の時もできなかったことを思い出しました
集会というのは、人が集まってできるものではありますが、今では、それぞれのところで同時に、同じ想いで祈ることでいいのかもとも思っています。
今日もたくさんの方々が、大雪のことで祈ってくれているのを感じます。
祈る力を感じることができるようになってきたのかもしれません。

ありがとうございます

祈りの力がこういう時に現れてやさしさに包まれます。

本当にありがとうございます


INFINITE GRATITUDE



月の国のアトリエは、薪ストーブをガンガンつけていないと寒いが、西日が当たる時間になると光り輝く。
そして太陽の暖かさを感じる部屋へ吸い込まれる・・・・
s-2014-02-20 011

今は、ボタンに埋もれた部屋になっている。
中旬に送るといってあったボタンが、全然送れない状況が続いている。
数日以内に送れるようになると思うが、まだわからない。
s-2014-02-20 003





 我が家のリビングの出窓には、3,11の計画停電の時に使ったオイルランプがいまだにぶら下がっている。見るたびにあの時のことを思い出す。と同時に肝に銘じている。
自分のことは、自分たちで乗り越えてゆくしかないのだということ。そこができないと人を助けることなんてできないということ。そのための備蓄であったり、自家発電であったりと、自分の人生で、思ってもいない方向を示させてくれたものであった。
 大きな災害は、1週間やそこいらで終わるものではなく、人生を変えてしまうほどの大きなもので、それはまさに自分たち家族に降りかかってくるものなのだから、出来うる限りの用意をしていくことこそ大切で当たり前のことなのだということ。
 今回の大雪も、予報では今日も降るはずだったものの、快晴となり、除雪も進み復旧されていくだろう。我が家ではいまだに1歩も出ることなく過ごしている。この辺の部落の人たちもまだほとんど出ていない。昔ながらの保存食やあるもので暮らしている。
s-2014-02-20 022

 そして何よりも思うことは、そんな災害に遭わないようにしていくために日々何をしていったらいいのかということ。
物質的な備えはもちろんだが、やはり一人一人の想念を美しく平和にしていくことが一番大切なこと。
怒り、嫉妬、妬み、誹謗,中傷などの想いを、愛の光に変えてゆく行為こそが転変地変などの自然災害、人為的災害を無くしてゆける道なのだと信じている。
それは当たり前の、地球への感謝であり、同時に地球に住む人類が平和になるように祈りを捧げ続けること。

地球さんありがとうございます

大地さんありがとうございます
海さんありがとうございます
山さんありがとうございます
水さんありがとうございます
火さんありがとうございます
食べ物さんありがとうございます
植物さんありがとうございます
動物さんありがとうございます
鉱物さんありがとうございます
微生物さんありがとうございます
天象さんありがとうございます
空気さんありがとうございます
太陽さんありがとうございます
宇宙さんありがとうございます
肉体さんありがとうございます


世界人類が平和でありますように



INFINITE HARMONY





16日から断線していた光ケーブルの修理がやってきた。600件くらいの断線があって、修理のチームだけでは間に合わず、本来は光ケーブルの取り付けのチームまでが修理に回っているという。我が家に来たのは2輪駆動のチェーンなしの車でよくこれたものだ。
s-2014-02-20 023

屋根の雪が落ち2m位積もっているところで危険で仮に取り付けてくれた。また雪がなくなったらきちんと付け直してくれるという。
s-2014-02-20 034

私のように家でモノを作っていればいい人間と違って、世の中の働く人たちは自分のことはさておき、必死で人のために働いている。光ケーブルが切れたといってもこんな時期に直しに来てくれなくてもいいのに、本当にありがたい。
そして、今日はゆうぱっくもアマゾンも届いた。道がだいぶ回復したということなのだ。
 我が家も、心強いH氏の乗る4輪駆動のプラドとともに、いまだ車では出られないN氏をむかえに行って、食料の買い出しに行ってきた。1週間ぶりの買い出しで周りの家から頼まれた牛乳や卵を買って帰ってきた。まだあちこちで大型の除雪車の雪かきが行われていて車が邪魔してしまっていて、出来るだけ走らないほうがいいと感じる。
s-2014-02-20 037


今日は夜にかけて体調がひどく悪くなり、首は痛いし、腕も痛い、そして一番痛いのが神経ぬいたはずの歯がビンビンと痛くなっている。疲れがたまっているということのようだ。
ストーブの前で寝ていると不思議な夢を見た。
久しぶりの夢であった。


すべては必ず良くなる

絶対大丈夫


INFINITE HEALTH

2014.02.21 美しき雪
1億五千万キロの彼方から光り輝く太陽のエネルギーが降り注ぐ

s-2014-02-21 013

雪が波打ってくる
s-2014-02-21 026qw

雪の山が
日光と月光と風の中で
s-2014-02-21 034

透明に光だす
s-コピー ~ 2014-02-21 031
写真をクリックすれば大きくなります


INFINITE BEAUTY


INFINITE GRATITUDE






大雪の日からずっと快晴の日々

ありがとうございます

太陽さんに無限なる感謝です

この白き世界にも感謝です。

s-2014-02-23 004

今日は南風が吹いています。
大雪の時からずっと風力発電機がしっかり発電してくれています。太陽の出ていないときには風力がありがたいものだとつくづく感じました。
s-2014-02-23 002

わが肉体はこの美しき世界とは裏腹に非常に悪くあちこちが痛んでいます。
体が不調だとどうしても精神も萎えてきてしまって、気力もなくなってしまっています。

午後のやさしい陽ざしに誘われ外に出ると、なぜかスコップ持ってふらふらと雪をかきしだしてしまいます。

今日は薪を運ばなくてはならないのですが、妻とひかり子がやってくれました。
この寒き時期は一番いい薪、楢を燃やします。廃材や松とはまるで違う火力で、とろとろと、でも熱量は半端じゃなく暖かいのです。
s-2014-02-23 007

私は、プロパンやボイラーがあるところの雪かきをします。ここは日陰で、物置とアトリエの雪を落としたので2m以上積もったままで、踏み固めてスロープ状にしてみました。
26日にいよいよ太陽光パネル4.8KWを載せる工事が入ります。
その為の梯子をここに置いて上げる計画です。この大雪で無理かと思っていましたが、屋根の雪を降ろしたので、今日はすっかりなくなって、工事が出来るということで予定通りに進められることになりました。
s-2014-02-23 010


オリンピックも終わり、大雪も終わって、日常の暮らしに戻ります。
日々の暮らしは淡々と、そして着実に進んでいます。

すべての人々が平和で幸せでありますように

そして、白銀の世界の中で生きている生き物たちの天命をいのります

満天の星々に手を合わせて眠ります

GOOD NIGHT




2014.02.24 雪の警鐘
スケートリンクができてきた。
昼になると溶け出して水たまりができ、朝になると凍り付く。
当分はこの繰り返しだ。
s-2013-02-20 004


今回の大雪で農業用の温室が相当潰れたことがニュースで取り上げられている。
確かに、薄いビニールと細い鉄のパイプでは1mを超える雪の重みに耐えられそうにはない。
この雪が100年に一度のことだからつぶれても仕方ないということなのかもしれないが、ここ八ケ岳では、16年前にも同じような大雪に見舞われている。

 最近の農業は温室栽培という、完全管理されたなかで野菜や花を作り、そのためには温度や光、そして水がいる。温度管理のためには石油や重油を燃やし、光(明かり)は、夜もずっと電球をつけて栽培している。
 最近、ベンチャー企業が白州町で、直径30mのエアドームで水耕栽培によるレタス栽培を始めた。すでにドームが40棟もたち栽培を始めているという。一つのドームが300坪規模という大きなものなので、近隣の友人は、ドームの送風の音に悩まされているという。これは明らかに大都会の食に合わせた農業工場なのである。しかし、今回の大雪で、みなつぶれてしまっているという。
 経済優先の金融システムと流通システム、それは競争世界であり、その中で、農業を考えていくと、いつの間にか、均一な品質、収穫時期の調整などをコントロールできる農業となって、大切なことを忘れてしまうことがある。
何のための農なのか。何のための食なのか。
野菜の気持ちも自然の変化も、そして育てる環境のことも気にならなくなっていく。
どこか人間の強引なやり方が自然と人との調和を壊してゆく。

 もしまた今回のような雪が降ったらまたみなつぶれてしまうようなビニールハウスの農業の在り方を今一度考えなおせと自然が警鐘を鳴らしていると思えてならない。

 私の周りには、自然農の友達がたくさんいる。
大地とともに、季節とともに、心と体の調和を図り、植物を育て、いただいている。
あたりまえの農ある暮らしをしている。


 いつか、やりすぎの農業もどんどん規制が入って、

 季節の野菜しか作ってはいけない。

 種は土にまかないといけない。

 ひかりは太陽の光に限る。

 水は自然の水を使う。

などという規制がかかる日が来るのかもしれない。


そうならないために


私自身もこの雪でたくさんのことを学んだ。

電気のこと、ガスのこと、水のこと、食料のこと、燃料のこと、

そして地域のこと

いのちのこと



INFINITE HARMONY


INFINITE GRATITUDE




2014.02.25 雪の結晶
六角の結晶
それは水の惑星の記憶
コピー ~ コピー ~ 2011-02-11 044のコピー



コピー ~ 2011-02-11 086のコピー



コピー ~ 2011-02-11 083のコピー
写真をクリックすれば大きくなります



INFINITE BEAUTY


INFINITE FREEDOM


2月26日朝、南に見える世界は雪の世界
s-2014-02-26 001

西も全くの雪の世界 この時期、それも大雪の後にもかかわらず、予定通りにやることにはなったが・・・・
s-2014-02-26 006


朝9時、群馬から太陽光パネルを積んでやって来たものの、いきなり我が家でスタック、それも2度スタックして、1時間遅れで始まった。
s-aascvcvbn.jpg

荷あげの電動梯子を取り付け
s-2014-02-26 013

パネルと取り付け部材を降ろして、屋根に2人、電気工事に2人
まったく、休み時間もなく昼食も食べずにやり続けていた。
s-2014-02-26 034

垂木にに合わせて架台を取り付けていく。
s-2014-02-26 051

そしてパネルを下から5枚直列に配線して、4段を並べていく。配線はいたって簡単。
s-2014-02-26 057

取り付けもよく考えられていて、誰でもできる。
s-2014-02-26 072

でもこの取り付け、配線は、太陽光パネル会社の認可制で、自分でやってしまったりしたら、20年の保障がなくなるのだから仕方ない。
s-2014-02-26 075

電気のほうが4時過ぎに終わり、パネルの取り付けが5時までかかって終わった。後片付けして6時、ほとんど休みなし、昼食も取らずにやり続け帰っていった。
明日は群馬で野立ての200枚を取り付けるといっていた。正月から休みなしに働いているという。とにかく消費税と買い取り価格が変わるので3月いっぱいまではフル稼働のようだ。

お疲れ様

後は、東電が来て売電メーターを取り付けてくれたら発電開始となる。


INFINITE ENERGY

INFINITE GRATITUDE


2014.02.27 子供の成長 
吉祥寺
母も元気にぼけていて、それが兄には耐えられないことのようだが、私としては、あの気丈でしっかり者の母がこんなに気楽でかわいいのが不思議に感じてしまう。要介護度が1上がって、4になる通知が来た。この介護度というのが行政には必要なもののようで、これで介護の方針が少し変わってくるようだ。

今日もいろいろとやることがあった。
終わって、夕方の小雨降る町で上の3人の子供たちと会った。
s-2014-02-27 009

仲のいい兄弟だ。  一人、一番下のひかり子も八ケ岳からラインで写真を一杯送ってきていた。
s-コピー ~ 2014-02-27 008


25,22,19歳と大きくなった


ちょっと前はまだ子供だったのにな    
12年前
s-コピー ~ 7,26-27 013

s-コピー ~ 7,24-25 177

10年前 こんな3人が、今ではそれぞれ仕事をしている
s-0401081199 013


家族の絆、兄弟の絆 切っても切れない素晴らしき絆だ
s-2005 1128 012


INFINITE FAMILY

INFINITE BROTHER


2014.02.28 光を受けて
私たち家族が住むこの星も、240Wの太陽光パネルが20枚並び、今までの独立型の1050wと、今回の4800wで5.85KW発電する星になった。これだけあれば、あとは蓄電のことをうまくやれば完全に自給できる星になる。
IMG_0816.jpg

風が吹けばプロペラもまわり、
毎日、五右衛門風呂の煙突からは夕暮れとともに煙を吐き、
寒ければ、薪ストーブの2つの煙突から煙を吐いている。
s-2014-02-28 029


今日はあたたかく、どんどん溶けて、川の流れが勢いを増してゆく
川のそばで春を感じる土の香りがした。この雪の下、たくさんの植物たちが眠りから覚めだしてきたようだ。
s-2014-02-28 048
写真をクリックすれば大きくなります

すべてはエネルギー








すべてはエネルギー

INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE PEACE