2013.12.01 富士聖地
2013年12月1日今年最後の宇宙究極の光を降す聖地
s-コピー ~ 2013-12-01 131
写真をクリックすればみんな大きく見れます
富士の威厳
s-コピー ~ 2013-12-01 105

金星 月 太陽 そして緑の地球 モーリタニアイスラム共和国
s-コピー ~ 2013-12-01 049

アフリカ北西部、日本の国土の3倍、その90%が砂漠、99%がイスラム教徒。国土の砂漠化が著しく、首都周辺の住宅地も砂漠に飲み込まれ、放棄されたりしている。今だに政情は不安定な状態が続いている。日本で食べられているタコの3割がこの国の大西洋で獲れたものだという。きょうはこの国の人々とともに
s-コピー ~ 2013-12-01 071

暖かい時間 長い時間 なかなか降りてこない いつになく長く1時半  大地に光を流す
s-コピー ~ 2013-12-01 092

今年最後の大行事 無事に終わったのでありました
s-2013-12-01 121


INFINITE BEAUTY


INFINITE GRATITUDE




s-2013-02-05 045sd
油絵『月の番人

 すべての宗教が自我を捨て、愛深く、ともに違いを認め合い赦しの心で生きてゆけば、いつかは絶対に平和な世界が来る。唯物的な人々はたくさんいても、いつかは本心に目覚め、肉体人間を超えた、霊世界に到達する。その手助けとしても、祈りがとても大切なのだと思っている。
 お金や権力の世界が、すでに数千年続き、肉体中心の世界が繰り広げられ、なかなか霊的な文化が開けて来なくなってしまっている。
 あらゆる宗教も物質中心世界の中で我を出し切って今に至り、どれもこれも枝葉のことでもめている。私自身、小さな宗教団体の一員として小さな人間になってしまっているのではないかと、ときどき子供たちに言われて情けなくなってしまうことがある。早くすべての宗教が必要なくなる、すべての人が本心で生きていける世の中が来てほしいと切に願ってしまう。
 今の政治、経済、そして国際関係は各自が身勝手な自我ばかりを押し通す世界で、日本も軍備増強に向けて動いているようにしか見えなくなってきた。まさに弱肉強食の動物世界であり、「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上」の六道輪廻を逆行しているかのようだ。お金と権力は修羅から畜生へそして地獄に向かって突き進む。祈りある生活は天上界へ向かう生き方。一人でも多くの人がそのことに気づき、天上世界への道を歩んでほしい。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
わたくしたちの天命が完うされますように
守護霊様守護神様ありがとうございます
神様仏様ありがとうございます
宇宙神様ありがとうございます

s-コピー ~ 2013-02-05 027
ガラス絵『ライオン椅子』

ちなみに私は

憲法改正反対

秘密保護法反対

原発廃止

森林破壊の新聞は昔から不買、そして原発推進の新聞は絶対不買

臓器移植も反対

TPPはみんなで仲良くやってもらいたい

と反対ばかりになってしまっていますが、
すべては必ず良くなるものだと信じていますので、どれもあまり関知することもありません。ただただ、手を合わせてすべての方々の天命をお祈りし、和を以て貴ぶ日本の国民としての道を歩んでいきたいのです。


INFINITE PEACE


今年最後の新月
そして2014年は新月から始まる。


INFINITE HARMONY

INFINITE GRATITUDE









2013.12.04 師走の東京へ

崩落事故が起こった笹子トンネル あれから1年。311からは1000日
とにかく時間がたつのが早い
人生においてもスピードがどんどん加速している。

夜9時過ぎていても吉祥寺の町は賑やかで明るい
通りをはみ出すように売っているドラッグストアの品々はシャンプー、石鹸、歯磨き粉にマウスウォッシュ、ハンドクリーム、化粧水・・・・どれもこれも肉体をきれいにするものばかり。中に入ると風邪薬、目薬、胃腸薬・・・・そして栄養補助的なサプリメント。果たして何が必要なものなのか・・・・・何一つ必要ないものばかりだ・・・・
もはや日常の習慣で、次々と買い、そしてまた新しいものが出るとそれを使ってみたくなるというのが現実なのかもしれない。それにしてもドラッグストアのネオンがまぶしい。

s-コピー ~ 2013-12-04 008qw



気が付けば、人間が生きていくために本来必要ないものばかりを売っているのが町というもので、物質偏重 肉体中心の自然のない世界を作り出し、その世界に人は麻痺し、中毒化してしまっているのであるから、銀行というお金の世界と、すでにどこかがおかしいのは当たり前だという自覚で病院も乱立していくのであろう。


s-コピー ~ 2013-12-04 007qw

しかし、すべては変化変滅してゆくもの。
いつかはこの文明文化も変わっていく。
町のネオンも電球からLEDに変わり、電気も原子力から自然エネルギーに変わっていくように、着実に変化している。

そして未来は確実に調和した世界が完成するのである。


INFINITE HARMONY


2013.12.05 水回り
狸お見守る中、頼まれていた井戸は、11月中に家の中と外で水が出るようになって、残されていたヒーターと断熱材を16m巻き終え冬支度が完了した。
s-2013-12-05 005

井戸のほうは、いずれブロックを積んで雨水が入らないようにする。
s-2013-12-05 009



帰って我が家の冬支度
ここのところボイラーの調子がおかしいのでその点検と、水回りを治す。
キッチンの水道が、去年からヒーターと止水栓が壊れてしまい水を落とせなくなってしまったので、これは断熱材をもっと巻いてみることで何とか乗り越えようと考えている。

今まで巻いてあったところにもう一巻発泡スチロールを巻いて、壁との隙間がないのでテープは巻けず、代わりに横に置いてあった煙突を切ってかぶせてみた、
s-IMG_0225.jpg

下の部分は土を盛り土して凍結深度をあげる。これで何とか真冬の1か月凍らないでくれるとありがたい。こんなやり方はすべて自分の家だけのやり方だが、これでいいとなると見た目はあまりよくないが電気も使わずに冬を越せるのだから素晴らしいことなのである。
s-IMG_0224.jpg


INFINITE WATER

INFINITE LIFE





2013.12.06 月と金星
月齢3.1
s-2013-12-06 052

金星
s-コピー ~ 2013-12-06 022

s-2013-12-06 123

s-2013-12-06 125

s-2013-12-06 131


毎日の夕暮れの時間

月と金星の輝きに
地球に来た意味をしみじみと想ふ



INFINITE BRIGHTNESS




2013.12.07 廃材薪材三昧
朝から夜までいい風が吹き続け風力発電が常時2A~5Aの発電をしてくれている。

いい天気、風の中で廃材の山を片付けるべく薪を作る。この辺をきれいにしていかないと次に進まない。ここの廃材を薪にしながら同時に、使えそうな柱や梁を探している自分がいる。
s-2013-12-07 004

5mの梁もたくさん出てきた。これらは横に置き取っておく。ヒノキの柱などももったいないので取っておくことにした。
s-2013-12-07 008

山が少し片付いた。
s-2013-12-07 012

昨日まであった廃材の薪を全部、家の前に運び、今日割った薪をまたここに積む。この繰り返しが今年は続く。
s-2013-12-07 014

軽トラック満載で、ベランダに積んだ薪。今の寒さでも1週間でなくなる。廃材を片付けるという目的で考えるとガンガン燃やしていかないといけない。うれしいような大変なことのような、・・・・
でも廃材の薪は持って来てもらった上に、乾いているので乾燥の時間が必要ない。そして切るだけで燃やせるのでありがたい。松がほとんどで、燃焼時間が少ないのでどんどんくべていくのが面倒なくらいだが、4寸の柱のままもやすと結構もつし本当にあたたかい薪である。
s-2013-12-07 023


INFINITE TREE

INFINITE GRATITUDE




今日は11時から廃材に向かっていて、12時過ぎにひかり子が天気に誘われラム以外の4匹の猫たちとやってきた。
s-2013-12-08 055


みかんはいつもこの薪の上に乗る。
s-2013-12-08 017

散歩に行こうと森へ出発。
s-2013-12-08 011
 

明るくなった森の中
s-IMG_0318.jpg

テトは落ち葉の中に紛れ込む
s-2013-12-08 023

じゃれながら帰ってくる
s-コピー ~ 2013-12-08 042

林の向こうに八ヶ岳が見える。今日も風力発電の羽根は回っている。
s-2013-12-08 039

幅が40cmもある太い梁が次々と出てきて、彫刻でもしようか。そのままテーブルでもいいか
s-2013-12-08 051

3時前には日は林の向こうに沈んでゆく
s-2013-12-08 061

私も行きたかったよとモコモコのラムがみんなが帰って来てからやってきた。
s-IMG_0226.jpg


いつも猫たちと一緒の暮らしは幸せです。


INFINITE HAPPINESS

INFINITE LIFE










人間と真実の生き方

人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって、業生(ごうしょう)ではなく、つねに守護霊、守護神(しゅごじん)によって守られているものである。
この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世(かこせ)から現在にいたる誤てる想念が、その運命と現われて消えてゆく時に起る姿である。
いかなる苦悩といえど現われれば必ず消えるものであるから、消え去るのであるという強い信念と、今からよくなるのであるという善念を起し、どんな困難のなかにあっても、自分を赦(ゆる)し人を赦し、自分を愛し人を愛す、愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、個人も人類も真(しん)の救いを体得出来るものである。


  
五井昌久詩集『ひびき』より


世界人類が平和でありますように
日本(祖国)が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様守護神様ありがとうございます



2013.12.11 吉祥寺の月

12月 どこもかしこものあわただしく過ぎていくが、意外とのんびりな気分を味わえるスタバでお茶
s-2013-12-11 015

s-コピー ~ 2013-12-11 013qw

上弦の月に見守られて
s-2013-12-11 020

母、兄、息子、娘 みんな元気で頑張っている。

INFINITE HEALTH

2時、八ヶ岳に帰り着いた。


INFINITE PEACE




2013.12.12 猫と空と娘
今日もいい天気、というか雪の降る前に廃材をきちんと分けて積みなおす。そして薪にする。すでに5日目、やっと終わりが見えてきた。使えそうな柱や梁を積みなおし、折れた柱を薪に切っている。
s-2013-12-12 012


昼前に長女が手伝いにやってきた。
s-2013-12-12 027


ストレス解消に薪を割りたいというので、ガンガン割ってもらった。
s-2013-12-12 055


薪割りが終わって猫と遊びたいと、猫を呼び出した。「ゼロ,みかん、ラム、テト、ルナ」と2人で呼んでいると、ラムが一番にやってきて、
s-2013-12-12 109

続いてみかん、
s-2013-12-12 113

そしてゼロ
s-2013-12-12 112

テトが最後にやってきた。 
s-2013-12-12 146

s-2013-12-12 123


しばらく畑で猫たちと流れる雲を見て いい汗かいたと家に入って寝てしまった。
s-2013-12-12 135

ありがとう
そしてお疲れさん

INFINITE FAMILY


INFINITE COUNTRY


INFINITE GRATITUDE







2013.12.13 天象 美しく
午後から風が強くなって、北から雪も舞い始めてきた。、西の空は雲が湧き上がっては太陽を隠し消えてゆく。
s-2013-12-13 001

s-コピー ~ 2013-12-13 023qw

6時過ぎには白くなってきて、
s-2013-12-13 052

夜、空晴れ渡り、月が輝いてきた。
s-2013-12-13 05sd9

ふたご座流星群を見ようと外に出た。月が明るく星が少ない。何とか1つ見ましたよ。
s-2013-12-14 00qws2

寒さも半端なくなってきました。


INFINITE HEALTH


INFINITE BEAUTY





今日は土曜、久しぶりにみんなが休み。昨夜、長女と入れ違いに次女が長野から帰って来たので、三女の受験の息抜きに甲府に出掛ける。私はほとんど甲府に買い物には行かないが、今日は、「登美の丘ワイナリー」に行ってくれるというので一時過ぎみんなで出発。

ワイナリーにつくと案内のままに
s-2013-12-14 010

山をくりぬいた世界に入っていく
s-2013-12-14 018

ワインの樽はフランスのオークだそうだ。
s-2013-12-14 037

樽に入っているよりも長い時間ビンで熟成される。ここは、湿度七〇%気温一五度で保たれた山に開けられた穴の中
s-2013-12-14 051

一つに棚に、樽240lリットル分のワインと確か言っていた。200本
s-2013-12-14 056

だいぶ上のここから出てきた。
s-2013-12-14 089

行く前ははつまらなそうといっていた子供たちも別世界を楽しんでくれた。ただここは日陰でやたらと寒い。
s-2013-12-14 094

そして、この谷間から車もスイッチバックして上がって登美の丘へ
甲府の町を見下ろし富士が正面の素晴らしい眺め
s-2013-12-14 109

ワインを試飲して 記念撮影
s-2013-12-14 118

月が大きい
s-2013-12-14 132az

s-2013-12-14 146az

s-2013-12-14 aqs

写真をクリックすれば大きくなります

4時過ぎイオンモール。私はソファーに座ってIPADをして待っている。
子供たちも買い物を楽しみ満足してGOHOME
s-IMG_0354.jpg


1日があっという間 家族で過ごせるというのも本当に少なくなって、何よりも大切な時間だと思う日であります。


INFINITE FAMILY



2013.12.16 枝の先は空
大地に根ざし 枝先は空へ

s-2012-11-10 02wqa4

光に住して 光に把われず

s-コピー ~ 2013-12-13 061aqwa
写真をクリックすれば大きくなります


祈りに住して 祈りに把われず




世界人類が平和でありますように






世界平和の祈り

国を愛することは尚更にむずかしく
人類を愛することは更に更にむずかしい
そんなむずかしい道を最も易しく通れる道
それは世界平和の祈りの道
世界平和の祈りの中に
自分の想念(おもい)を入れきった時
その人の愛は大きく生きている

世界人類が平和でありますように
こんな易しい祈り言葉の中に
どれ程深い神々の慈のみ心が入っていることか
世界中の人々の悲願のひびきが
この祈り言の中では光り輝いてあたりを照らしている
大宇宙の光明圏が地球の上にも天降(あまくだ)って
光の柱が大きくひろがってゆくのを
私は世界平和の祈りをしながら
私の心の眼ではっきりみつづける

自分を愛し人を愛し
そして国を愛し生きとし生けるものすべてを愛する
天使のような生き方が
世界平和の祈りの中から
私たちの前にひらけてくるのを
私は近頃益々はっきり確認する
神は愛 愛は光
そうした光明の使徒となって
世界平和の祈りは今や地球中にひろがってゆく


五井昌久
1965年「白光」7月号より



s-コピー ~ 2013-12-17 003qwa

平凡な日常の暮らしも、次々といろいろなことが起こっては消えてゆく。
私が長年作っているアクセサリーも、流行の世界で次々と変わり、常にその時その時に合わせて作っていかないと売れない世界。エスニックの時もあったし、指輪の時、携帯のストラップばかり売れた時期、ロングの髪型が流行っていた時は髪留めばかり売れていた。今ではありえない懐かしい記憶である。
世の中の流れに沿って生きてゆくことは、生活していくためにはどうしても必要なことで、ほとんどがそのことで一杯になってしまっているのが実情である。
しかし、そんな現実世界ばかりでおおわれてしまっていると、発想も枯れ果て、創造の喜びがなくなってしまっていたに違いない。

今日は、今年最後の月の国集会、第199回をむかえた『祈りによる世界平和の運動』の集まりで、力を合わせ、心を込めて世界各国の平和を祈った。

私たちの意識は、「人類の幸せ、人類の平和、人類が真理に目覚めることのみであり、人類のさまざまな生き方、想念、行為に対して、いかなる批判、避難、評価も下さず、神の無限なる愛と赦しと慈しみを与え続ける。」
この崇高なる意識をもって、現実世界を見渡し、おかれたところで全力で生きていきましょう。


INFINITE CREATION




光の奉仕人には
果たすべき
大いなる使命がある
呼びかけが来るときには
用意が整っていなければなりません
そしてその呼びかけは
親愛なる友よ
本当にやってきます     エディ

2013.12.18 雪積る
東京からの帰り道
高速はみぞれまじりの雨
1時半に長坂インターを降りると雪国

s-IMG_0386.jpg


月明かりの森
s-コピー (2) ~ コピー ~ 2013-12-19 00qw4


s-コピー ~ コピー ~ 2013-12-19 005qw
写真をクリックすれば大きくなります


INFINITE PEACE




12月23日まで、平山郁夫シルクロード美術館は北杜市民無料です。
s-2013-12-19 018qq

3時過ぎごろから南アルプスと八ヶ岳に挟まれた谷間を走る甲州街道から霧がたまりだしてきて
コピー ~ s-コピー ~ 2013-12-19 043

アルプス側をどんどんとかくしていきました
コピー ~ s-2013-12-19 02qw7

そして八ケ岳にも上ってきて、部落を消していきました。
コピー ~ s-2013-12-19 025qw
写真をクリックすれば大きくなります


今日はすべてがモノクロの世界
それと平山郁夫の絵の世界
ちょっと非現実的な静けさに包まれた一日でした。


INFINITE BEAUTY
  




2013.12.20 霧の朝
標高830mにも霧が立ち込めて、7時30分外に出る
s-コピー ~ 2013-12-20 050az

森の奥まで入り込む
s-コピー ~ 2013-12-20 003qw

つかの間の静寂
s-2013-12-20 011qw

AM8時 光が降り注ぐと消えていく
s-2013-12-20 049az
写真をクリックすれば大きくなります

こんな寒い冬に霧で包まれるのも珍しい。虹を見る時のような貴重な体験である。


INFINITE BEAUTY




2013.12.21 クリスマス会
去年の12月21日マヤ歴が終わる冬至の日父が亡くなった。それから丁度1年。
人生次々といろいろなことが起こる。それもみんな一度きりの出来事ばかり。
その一つひとつの出来事をいかにクリアーしていくかが人生そのもの。楽しくさせることもつまらなくさせることもすべては自分自身で決めた結果として現れてくるのがおしろい。
亡くなった父が残した仕事を引き継ぐことでほぼ1年エネルギーを使い、いいことも悪いこともあったが、何とか無事に暮をむかえ、父にちゃんと報告することができほっとしている。


今日は去年できなかったクリスマス会


2004年ころまでは、子供のほうが多かった。
s-20041224 021

2005年もたくさんいたが、
p 2005 1223 012

2008年ころより子供たちよりも大人が増えて、そうなるとクリスマス会も盛り上がらずに、
2010年はひっそりと
2010-12-25 00113

そして2013年、子供は一人もいない代わりに 還暦組、もしくは迎える人が半数いる会になった。
いくつになろうと変わらずに笑顔で会える付き合いで、この暮れの集まりを続けていきたいものです。
s-コピー ~ 2013-12-21 008

12時過ぎて、ダーツの勝負で、我が家の不要品をみんなにもっていってもらいました。ほんの少し部屋もさっぱりしました。

みんなありがとう

s-IMG_0446.jpg



INFINITE GRATITUDE







2013.12.22 冬至の薪割り
廃材の薪
常に補充して積んで乾かして燃やしていく。雪が降ると廃材はぬれて、それが凍るとなかなか乾かなくなるので今のうちに作っておきたい。今日 切って積んだ分で5,6日である。
s-2013-12-22 011

廃材ばかりだと丸鋸で切っておしまいなのでなんとなくつまらない。
最近は薪割り機が一般にも普及してきていて斧を使わないで薪が作れてしまうようだが、
鉄の刃と木の棒でできた単純な道具の斧と、人間の振り下ろすパワーで、木が一瞬で割れていく気持ちよさは、ガソリンや電気を使った道具ではとても味わえない。チェンソーにしても丸鋸にしても、そして薪割り機にしてもパワーはすごいが、一瞬で木を割ることはできない。人間が振り下ろした斧の瞬発力にはかなわないのだ。

木と向かい合い、その木の筋を読み、一振り一振り割っていく。

s-IMG_0461.jpg

直径50cm、長さ50cmのユリノキ
この太さだと中心に振り下ろすよりも、周りから割っていく。
s-IMG_0463.jpg

周りが割れたら、30cm位の太さになった中心を割る。
s-IMG_0464.jpg

そして周りの太いところを割っておしまい。これを繰り返すだけ。
s-IMG_0465.jpg

気分すっきり



INFINITE FRESHNESS




世界人類が平和でありますように
世界各国の人々が平和でありますように
わたくしたちの天命が完うされますように
神様 ありがとうございます


INFINITE PEACE






2013.12.23 冬の家猫
毎日、小鳥を捕まえてくる。

s-2013-12-20 qw


おとといは、くわえてきた百舌鳥をリビングで放すと飛んで、ほかの猫たちも捕まえるので大騒ぎになって、猫達を追い出すのと鳥を捕まえるのでひかり子と私も大騒ぎ、やっとのことで捕まえて、外に出すと元気に空高く飛んで行ってくれた。
昨日は雀
そして今も遠くから狙っている。

小鳥たちにとってはこの時期は生きるため必死で食べ物を探している。
それを我が家ののんびりとしたのろまな猫に捕まってしまうのであるから何ともかわいそうだ。だがしかし自然界は小鳥といえど弱肉強食の世界。この寒き時期にはっきりと淘汰されていく。




キジ猫のみかんは今まで鳥かネズミを狙っていたのか外から帰って来て疲れたとゼロに寄り添って
s-IMG_0183.jpg

ストーブの前で寝ている。
s-IMG_0185.jpg


家猫は本当に幸せである。


 INFINITE FREEDOM






2013.12.24 聖夜
s-コピー ~ 2013-12-24 003qs
写真をクリックすれば大きくなります

s-IMG_0477.jpg

最近は淡々とそして必要以上は作らないので、どうも写真に残すことが少なくなっている。まあ変わらずにこまごましたものを作っているということであります。 
欅の皮のボタンとチョーカーのペンダントヘッド・・・・・みんな我が家の周りにあった木で作っているのです。
s-2013-12-24 014

s-IMG_0467.jpg

できかけのイヤリングがようやく完成した。10個作ったはずなのに9個しかない。どこ行ったー!
s-IMG_0492qw.jpg


INFINITE HAPPINESS


朝8時半  西の月を見ながら東京へ
s-2013-12-25 003qw

多磨墓地のお墓参り いつもの1本松が光っていた。
s-2013-12-25 019qw


夕方、待ち合わせはスタバ  家から2分、ここで飲むこともないのだけれど 気分が変わる
s-コピー ~ 2013-12-25 024

夜中1時、八ヶ岳に帰り着く。
東の空に月がうっすらと光って迎えてくれた。
s-コピー ~ 2013-12-26 003qw
写真をクリックすれば大きくなります。



INFINITE HEALTH


2013.12.26 木と共に
毎年、年の暮れに木工所から軽トラ一杯の木をいただく。今年もいただいた。
木でモノづくりしていても板というものが我が家にはないので、とても助かっている。
s-IMG_0502.jpg


午後からは長坂の白井沢のカラマツの木を球切りにして
夢弦工房の登本さん家の薪に 最近の登本さんはウクレレを奏でている。「戦場のメリークリスマス」
s-IMG_0505.jpg

s-IMG_0507.jpg

伐られた林にはぽっかり空が開けて
s-IMG_0512qw.jpg


夜にはみぞれが降り出した。 今日やれてよかった。



INFINITE ENERGY




2013.12.27 端材一杯
今日も軽トラ一杯の材をいただいた。
10年くらい前はほとんどがべニアだったのだけれど、今年は無垢材がたくさん。
s-IMG_0526.jpg

みんな格子戸などの建具の端材なので、今までにない小物ができるかもしれない。
s-IMG_0520.jpg

北風吹く夕方、この材をきちんと仕分けして片付けた。
それにしても細いまっすぐな材がたくさんあって、何に使っていったらいいのだろうと・・・・・
8mm角の棒、それもヒバ材。寒いついでにと箸を作り出した。何度かマイ箸を作ったことがあったが皆曲がったりして消えていった。
今回はお礼をかねて作ってみた。 仕上げはまだだがここまでできたらあと少し。うまくできた。
s-IMG_0529.jpg

いただいた半端な材、燃やせばあっという間の木たち。棒にしたり板にしたりと木をここまで加工するということは大変な労力がかっている。いい材で燃やすのはあまりに忍びないと毎年、暮れの大掃除の時に私に声をかけてくれる。
私も思いもかけぬものばかりなので、それらを見ながらいろいろと思いつくモノを作り出す。こういうのが楽しく私も本領発揮である。とりあえずはオーソドックスに箸から始まる。


INFINITE GRATITUDE

INFINITE CREATION



2013.12.28 餅つき
今日は三井さんちの恒例の餅つき
この森の赤松も松枯れでどんどん切り倒されて明るくなった。
s-2013-12-28 002

2002年の餅つきの時にあった赤松がほとんどなくなっているのは去年と同じだが、
西の森も全部切られたので南アルプスの山々も見えるようになり風当たりが強くなったといっていた
s-12,28 001


10時過ぎ、4臼目から参加
今年は若き男子が少なく、高齢餅つき
一臼を一人でついていた今は亡き岩永さんを思い出し、その息子が作った杵を持ちがんばってみた。

はじめの小突きで8割がたつけてしまうが、これでエネルギーも使い果たす。
s-2013-12-28 049

そして普通につくのだが、一臼を最後まで一人でつくのはしんどい。
s-2013-12-28 017


つきあがると女子が餅を丸めたりのしたりしていく。
s-2013-12-28 037

三井さんはついたり、かまどの火を見たり、
s-2013-12-28 074

しめ縄づくりの用意をしている。
s-2013-12-28 107

郁子さんは豆餅の塩加減を見たり、初孫の世話をしたり、
s-2013-12-28 130

この豆餅はクルミと黒大豆とのりを入れほとんど小突きだけで作る。
s-2013-12-28 136

それをナマコにする。
s-2013-12-28 142

空いた時間にそれぞれ肩をもみ合い
s-2013-12-28 112

1時過ぎ予定の9臼がつきあがり、太陽暖かく
s-2013-12-28 145

人もだいぶ集まってきて
s-2013-12-28 143

子供たちもたくさんいて
s-2013-12-28 177

三井さんの初孫、4か月の萌ちゃんの子供。かわいくて、ずっと抱いていたいのだけれどみんなにもっていかれてしまう。
s-コピー ~ 2013-12-28 174


のどかに昼食。
s-2013-12-28 181

締めの
しめ縄づくり 4人一組で作っていく
s-2013-12-28 202
一人が元を持ち、3人で絞めていく。
s-2013-12-28 203

最後の最後までしめながら巻いていく
s-2013-12-28 198

余分なところを切って仕上げて完成
s-2013-12-28 200

3時すべてが終了
餅を分けてからのんびりお茶して、今年の餅つきも楽しく終了。

無限なる感謝

7時に家に帰ると、相当に疲れていてバタンと寝てしまった。


無限なるパワー




2013.12.29 たんたんと
いよいよ今年2013年も押し詰まってきた。
ひさびさのめまいで動くと気持ち悪くなるので昼過ぎまで横になっていた。
何とか直ってきたので薪を運ぶ。気持ちいい空、光までもが冷たく感じる風が吹く。

s-2013-12-29 001

この一山で1週間持てばいい。全部運んだ。1月4日までは大丈夫。
s-IMG_0484.jpg

今宵も
どんどん燃やし家の中は暖かい。

淡々と日々の仕事をこなし、たんたんとこの暮れをすごし、たんたんと新年をむかえよう

無限なる健康


2013.12.31 大晦日
吉祥寺の朝の光
s-コピー ~ IMGP9222

光と影
s-IMGP9224.jpg

湯気上がるホテル
s-コピー ~ IMGP9226


大晦日 母も兄も元気
私も昨日1日寝ていて元気になった。

長女は朝かえってきて、午後には毎年恒例の友達と新年を迎えるために山梨に帰り、長男も友達と新年を迎えるため夜に出かけて行った。次女は正月まで休みなく長野で仕事をし、3女は受検勉強なのだけれど吉祥寺でおせち作りを手伝っていた。雅は一日中母の介護と御節を作り続けていた。ご苦労さん 

INFINITE GRATITUDE

s-コピー ~ IMGP9233

あっという間に暮れてゆく大晦日

2013年ありがとう