2013.11.02 INSPIRON~XPSへ
XPS8700が届く
今まで使っていたINSPIRONと交換して使い始める。
大きさもさほど変わることなないのだが、中身がまるで別物で、性能的にはとんでもなくすぐれている。
s-コピー ~ IMGP706qw5


新しいコンピューターを自分のコンピューターにする作業は途方もなくやらなければいけないことがある。
そして、今回から64bitのWINDOWS8に変わったので使えないソフトも出てきてそれを探したりとなかなか思うようには使えない。
なんだかんだと2日かけてようやく使えるようになってきた。
s-コピー ~ IMGP7084

それにしても、SSDをCドライブにしてあるのでやたらに起動が速いのがうれしい。
これから性能的には10年は使えそうであり、もう当分はコンピューターのことで悩まなくていい気がしている。
めちゃめちゃになってきたディスクをそろそろ片付けよう。

s-コピー ~ 2013-11-03 018


INFINITE SUCCESS


2013.11.04 薪の暮らし
我が家のウワミズ桜が紅葉してきたというのに、
s-2013-11-03 027

そして、畑に咲いていたコスモスも終わってきたというのに、いまだ、朝顔がつぼみをたくさんつけ咲いている。
s-2013-11-03 028

薪は廃材、今日はチェンソーはやめて丸鋸で切っている。
s-2013-11-03 024

3時過ぎから雨が降り出したので、積んでおしまい。廃材の薪の山があちこちに出来ている。
s-2013-11-03 026


s-2013-11-03 023

廃材のほとんどは乾いた松であっという間に燃えるが、今の時期には調度いい。




INFINITE ENERGY




2013.11.05 薪割り
風が吹き、風力発電機が1Aから5Aの発電をしている。
s-2013-11-04 00qw5

毎日の日課、薪を割っている。今日は裏の楢と榛の木を割って片づけた。
s-2013-11-05 023

太さが50cm以上あったので、ほんの10個割っただけだが腰にきた。
s-2013-11-05 025

表に来たらウワミズ桜の色がやたらと赤く感じた。
s-2013-11-05 058


INFINITE PEACE


2013.11.06 「行雲流水」

心安らぐ言葉 「行雲流水」

s-コピー ~ 2013-11-07 015


雲のように、水のように
あるがまま
自然のままに
生きていく
s-2013-11-07 018

INFINITE GRATITUDE

2013.11.07 いまここ
曇り空でも太陽光は発電し、
風力は気まぐれながら風さえ吹けば発電している。結構強い風だと思っても4A位で100wの発電でそれもなかなか持続しないで1Aからゼロで回り続けている。
s-2013-11-08 006

太陽光はパネルも生産時に地球環境によくないとわれ、またこの八ヶ岳南麓でも森を切り開き、いたるところで大規模に発電が行われて景観がよくないとも言われ、風力は音がうるさいとも言われているが、やはり今の石油、天然ガスそしてウランなどの地下資源をつかっていく発電から、
今ここにある太陽や風の自然のエネルギーで発電し、生活していければそれは持続可能な道であることは間違いない。

環境を壊さず、自然と調和して、生きてゆく道を目指していきましょう。


今日は雨が降るが風が吹く。



INFINITE ENERGY








2013.11.08 音楽発表会
中3の娘の音楽発表会。上の3兄弟の時代は2クラスあったのに、どんどん子供の数が減って、2,3年は1クラスになってしまった。
この発表会は親としての義務教育の最後のイベントで、あとは卒業式だけ。19年続いた4人の子どもの義務教育が終わりになる。
寂しくもあり、ようやく終わると感慨深くもある。
s-2013-11-08 013

夕暮れがどんどん早くなってきて、3時過ぎからの時間がやたらと速い。
外で染物をしていると日が暮れて
s-2013-11-08 022

金星と月が輝きだす。
s-2013-11-08 039

今日も風がずっと吹いている。
s-2013-11-08 038

夜遅く、長女と次女が東京、長野から帰ってきて3姉妹で大騒ぎしていた。
長女に肩こりと腰を鍼と灸で直してもらい、軽くなった。


INFINITE HAPPINESS

2013.11.09 楢の薪で

斧一振り、二振り
太い楢を割る

薪を作りながら椅子を作り出す
s-2013-11-09 001

足になる木の形にほぞ穴をあけ、
s-2013-11-09 007

3本の足を叩き込んで
s-2013-11-09 008

足の長さをそろえて、立ち上がる。
s-2013-11-09 009

簡単に作るつもりが,楢は重くかたい木で日が暮れた。
s-2013-11-10 033


今日は風はないが、はらはらとウワミズ桜の葉が落ちてくる。

秋野菜もたくさんできてきた。
s-2013-11-09 027

INFINITE GRATITUDE







2013.11.10 10Aの風
雨が上がりウワミズ桜の赤が美しい。
s-2013-11-10 045


夜、10Aの風が吹き続けていた。今までは太陽光のある昼間だけの発電であったが、こうして夜、発電してくれるのはうれしいものだと実感している。
s-2013-11-11 002

自然のエネルギー 風、吹く時もあればまったく吹かぬ時もあり、安定的な発電エネルギーとはいかないが、ハイブリットカーなどで使っている蓄電池の技術がもっと進めば、家庭内での電気の貯蓄をあたりまえにしてくれる日も近いだろう。その時には太陽光と風力のハイブリットな発電方式がより進んで来るに違いない。
ただ、この蓄電装置に使う鉱物に関してもいろいろと環境問題が出てくるかもしれないが、原子力発電の廃絶を考えるなら許されることだと思っている。
今、一人一人、一家族ごとで、電気の完全自給ができる時代になってきたということで、自給自足の基本である衣食住に電気を加えた衣食住電の世界を作り上げていけるのである。


INFINITE ENERGY

INFINITE GRATITUDE

11月に入って、
コンピューターは最新で小気味よく動くのだが、反対に体が思うように動かない。
Facebookもどこかがおかしく、アップする気になれない。
風力発電も始まりいい塩梅に夜も電気が作られているはずなのに、2回も落ちてしまった。なんでだろう・・・・
ほかにも家のことで疑問がたくさん出てきて、それを解決させる体力が今はない。
一番今しなければならないことはというと、実家の母のことなのだけれど、週1行っているだけでは足りないと思いながらも、なかなか行ける状態ではない。

天気は冬型で寒く、パラパラと葉がおち続け空が広くなってきた。

ものづくりも、最近は進んでいない。
未完のものがたまる一方で、いよいよ困ってきた。なのに今日も、落ち葉の中で未完の大作に挑んでみたが・・・・・
s-2013-11-12 041

そしてようやく10キロの欅が回り始めたのであるが・・・・
楽しめないでいる自分が悲しく、木枯らしの中、みかんとラムの2匹の猫と月を眺めていた。



s-2013-11-12 049


INFINITE POWER


2013.11.13 街の明かり
吉祥寺 半径150mの夕方を歩く

s-qwコピー ~ 2013-11-13 014


s-コピー ~ 2013-11-13 013

s-コピー ~ 2013-11-13 004

s-コピー ~ 2013-11-13 002

s-コピー ~ 2013-11-13 023

s-コピー ~ 2013-11-13 035qw

s-コピーqq ~ 2013-11-13 028qw


色とりどりのネオンが光り、そのうえクリスマスネオンが街路樹にまで取り付けられて光っている。
統一感のない世界が未完のまま突き進む町。
次々と変わる店やビルの明かり
地上のことだけに目を奪われてゆくが、ふっとした瞬間に空を見上げている。
やはり夜は暗いほうがいい。星がきれいなほうがいい。そう思う。
そして、いつも月を探して、見つけるとホッとする。


夜中、八ヶ岳に帰り着く。
月は西の森の中、天上にオリオンが輝いていた。


INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY















朝 寒さの中
すべてが新鮮で美しい
s-コピー ~ 2013-11-14 021

s-2013-11-14 019

クルミを拡大するときれいな水の結晶
s-コピー ~ 2013-11-14 020



ターコイズを使ってブレスとピアスができた
s-コピー (2) ~ 2013-11-14 031


s-コピー ~ 2013-11-14 009
写真をクリックすると大きくなります。

INFINITE FREEDOM




冷たい雨が降る朝
午後に晴れてきて、
夕日に感動していたら
s-コピー ~ 2013-11-15 014


霧に包まれ
s-2013-11-15 021

月光に照らされた夜
風も吹き出して寒くなってきた
今日、薪ストーブは一日ついていて
五右衛門風呂も夜からずっとついていて
家をあたためてくれている。

ヨモギで染めた草木染紐をよってようやくハートのネック九つが完成
s-2013-11-16 003qw

小物を作っていると家のことを思い、家のことばかりやっていると稼ぐことを考え
それらが気持ちよく済んで絵を描ける状態になるのだけれど、なかなかそこまでいかない。
あちこち霜柱が立ってきて、
そろそろ水回りをきちんとメンテしないといけない時期
絵を描くのは冬支度が済んでからだ。



INFINITE POWER


INFINITE PEACE








2013.11.16 カラマツの薪

JR中央本線の周りの木を毎年伐っているが、今年も近くの林を伐って行った。そのカラマツを持って行っていいと言われたので見に行った。きれいに球切りされてあり、簡単に運べるのでありがたい。
s-2013-11-16 007

中央線とその向こうにすすき野が広がる美しき地。丁度そこの主がいてダッチオーブンでピザを焼いていて、コーヒーとピザをごちそうになって帰ってきた。
s-2013-11-16 014

娘のタイヤをスタッドレスに交換。
住んでいるところが長野の塩尻なので少し早いと思うが交換した。
s-2013-11-16 019

夕方は日課の薪割り 今年も廃材を燃やしていくので、梁などの太いものは割って積んで乾き次第燃やしていく。
s-2013-11-16 021

INFINITE HARMONY





2013.11.18 iPad Air
s-IMG_0013.jpg

s-IMG_0015.jpg

アプリ360°で撮る
IssdMG0035ssdfg

上の写真を横に伸ばす
ssdfg0032q

ipadで撮った写真はすぐにwifiでiCloudに保存され、自動的にPCにも保存される。
今日の写真は11月に出たばかりのiPadAir 今まで使っていたiPad2とは格段にきれいに写真が撮れる。もはやこれだけで十分という気さえするきれいさだ。


昨日の夕方突然に届いた。何だろうと思って外についていた納品書を見ると『パッキングリストと書かれた紙に宛先が私になっている。ビニールを破ってA4のカードを広げるとアップルマークが付いていて、何も頼んでないよとおもいながら、下に小さくギフトメッセージ「ふうか くうた まことより」と書かれてあり、なんとiPad Air 128GBなのであった。
子供たちと兄からの突然のプレゼント  調子が今一つ、やる気も出ない感じで過ごしていたのと、父の相続のことも無事に終わり、元気づけにと送ってくれたのである。元気を出すということ以上に喜び舞い上がってしまったのでありました。

s-IMG_3208.jpg



INFINITE PEACE


INFINITE HAPPINESS


INFINITE GRATITUDE






2013.11.19 調和世界
s-2005 1224 006

猫と暮らしている。毎日鳥やネズミを捕まえてきて食べている。毎日きちんとご飯をあげているのにとってくるのだからどうしようもない。ただ殺して遊んでおしまいの時は埋めるが、最近はほとんど跡形もなく食べてしまうので何もすることがない。
こんな凶暴と思える猫たちと、毎日腕枕で一緒に寝ている。
猫や鳥やネズミたちはいまだ弱肉強食の食物連鎖の中で生きているのだから仕方ない。
人間もその連鎖の中でトップに君臨している動物というみかたもあるが、私はそう思ってはいない。人間は、神から分かれた存在として、この地球世界を大調和させるべく生きて存在していると思っている。

s-2005 1108 019

猫たちは、本来、カリカリは食べないし、ゆでた猫缶の魚も食べはしない。大体今のように人間と一緒にいることのほうが不思議なのである。毎日狩りをしてネズミや鳥を食べて生きているほうが本来の姿で、今はその猫たちにとっての大いなる変化の時なのかもしれない。あと100年も人間と一緒に暮らしていけば、ネズミを捕ったりしなくなる猫が出てくるかもしれない。そして、菜食の猫が出てくるのかもしれない。

すべては変化してゆく世界。

生きとし生けるものは肉食も菜食も雑食もいて、その中で調和した世界を作り上げてきた。そのバランスを人類が乱し、自然淘汰の枠を超えてしまいだしてきたのかもしれない。

今、本気で意識していくことは、人類は、この地球世界を大調和させるためにいるということ。

今、一人一人が意識し、すべての違いを認め、許し、愛してゆくみちをつくっていきたい。



世界人類が平和でありますように
世界の生きとし生けるものが平和でありますように
すべての天命がまっとうされますように
神様 ありがとうございます


第198回目の八ヶ岳月の国集会 8人で力強く世界の平和を祈りました。

INFINITE PEACE



2013.11.21 薪運び
昨日は東京
s-コピー ~ 2013-11-20 001

あちこちでビルが静かに解体されてゆく。そしてまたそこにとんでもなく高いビルが建つ。狭い土地だから上に伸びていくしかないと無秩序に塔を作り続けている。まだまだ空が見えるのでいいが、いつまでこんな世界が続いてゆくのだろう。
s-コピー ~ 2013-11-20 007
田舎でも里山の森が手入れをしないまま年月が経ち松や檜やすぎのひょろ長い森となって風や雪で倒れてしまい荒れた森がたくさんある。 荒れた森といえど時が経てばそこに森の最終型の深いブナの森にとなって行ってくれればいいのだが、如何せん人類は働き者で森の中まで自分の思う通りに変えて行く。
今日は八ヶ岳、
中央線の線路際の木が倒れたら大変だということで毎年切り倒されていく。その木をいただく。

広い土の大地の上

太陽と山と空の下で

s-2013-11-21 003


薪を運び
s-2013-11-21 001

薪を積む
s-2013-11-21 004

INFINITE ENERGY





今日は五井先生の誕生日
生長の家の教祖の谷口雅春も今日が誕生日

妻曰く 「明日はサイババと私の誕生日。聖者が生まれる時期なんだね」


私たち夫婦は、「五井先生の消えてゆく姿で世界平和を祈る愛と赦しの教え」のおかげで生きがいを持って人生を過ごしてきました。

その五井先生の30代の頃のお話です。


s-2013-02-11 009

吾が師を鑽仰(さんこう)す ~ 五井先生のことども ~  横関 實

五井先生が初めて、市川市へ来られたのは、昭和二十四年秋だったと思う。
生長の家の講師ではあるが、外の講師方とは大分違った先生で、奇蹟的なことをやり、先生に祈ってもらうと、病気が治ったり、運勢が好くなるというので、市川の生長の家の信徒達が、順番に、自分の家で講話をして頂きたい、私の家へ来てお祈りをしてもらいたいと、先生の来市を熱望して、引張凧との評判であり、その当時熱心な生長の家の信者であった私にも、是非お目にかかったらと市川誌友の幹部さん達から奨められた。

その当時私の物好きで、日蓮主義の祈祷や、現在のメシヤ教の前身である日本浄化療法や、その他何やかやで、研究して得た、生命磁気放射や、自然運動療法で、病人を癒すことを覚えたり、少しばかり生長の家の本を読み、谷口教祖の講習を受け、熱心に神想観などして、いささか真理が解ったと思い上りかけていた私は、多分霊媒か何かで、予言でもするのだろうくらいに思って、まあそのうちに一遍お逢いしてみようくらいに片付けていた。

それはその年の十一月二十二日、谷口先生の誕生日の記念講話があった時だったと思う。谷口先生の講話の済んだ後で、演芸会があるので、その舞台装置に骨を折っている、若い元気な、芸術家のような人柄の良い先生が、五井先生だと聞かされ注意して見ると、数多い少年や少女がなついていて、つきまとっている。良寛さんを若くして、現代に連れて来て、洋服を着せたらこんなかなあ、と思った途端に、何だか急に懐かしさが込み上げて来て、まるで旧知に遇ったように「五井先生ッ」と声をかけたら、先生は振り向いてニッコリされた。私は「ご苦労様でございます、ありがとうございます」とごあいさつして、あ、嬉しかったと、少年のように胸をときめかした。それが五井先生にお目にかかった最初であったが、恐らく先生は大勢の中だから、そんなこと覚えておられよう筈もなかったと思う。
早速市川誌友の方に頼んで、私の家で講演をして頂き、四十人位の人々ともども先生のお話を熱心に聴いた。お祈りもして頂いた。

その日の御帰りがけに、フト私の長女の妊娠している、まさ子を見て「一寸ここへいらっしゃいお祈りをしましょう」とおっしゃってお祈りをして下さった。何か変ったことがあるのだなあと思って後でまさ子に聞いたら「今日お医者さんへ行ったら、胎児が逆さ子になっているから一週間後に注射してみましょう」と言われたとのことであった。一週間後に医師のところへ行ったら「正常になっておりますから大丈夫です」との診断で、今更ながら、皆、先生のお力に驚いたり喜んだりした。
幸い私の家は相当の収容力があるのと、地の理がよいためか、先生の講話の場所に使って頂く度数が多くなったので、先生の教義がだんだんわかるにつれ、今まで生長の家の教えでよく判らなかった真理が、よくわかるようになって来た。

次の年二十五年六月には、先生が奥様をお迎えになることになったので、お二人きりの新居を構える必要が生じて来た。市川の信者は何とかして市川へ住んでいただきたいと熱望し、どうか私の家へ、どうか私の家へ、私の家の部屋へと申し出る人が沢山あったが、信者さんではお金を取ってくれないから、いやだとおっしゃる。そうなるとそうなかなか急に部屋は無い。奥様がお輿入れするという適当な部屋は見つからない。信者達は気が気でないのに、ご当人は平気なお顔をしておられる「ナーニ神様は人間に必要なものはご存知ですから、ちゃんと用意していて下さいますよ」と、気を揉む私等を却って気の毒がっておられたが、なるほどいよいよ当日になったら、思いもよらぬところから、是非使ってもらいたいという部屋が出て来て、権利金も丁度先生のお手許にあった金額で一ぱいという、私等が見ると実に不思議な決まり方で新居が定まった。
「必要に応じて必要なものが与えられる」ということは、安心立命の最も大切な要素であるが、このように五井先生は何かにつけて、身を以て現実的に見せて下さるのである。

信者は大喜び、何かというと先生の所へかけつける。また先生のことを聞き伝え、先生のお宅へ来てはご指導を受け、救われる人々が日増しに多くなって来た。その当時は午前中だけというのに、午後四時五時頃まで帰らぬ人もあった。その間先生は乞わるるままに夕刻から講話やらお祈りやらに方々へ出張された。その中には、大会社の運命を左右するようなご相談やら、方針指導もあったようである。
先生もまだ三十三歳、奥様も二十九歳、本来なれば新婚の夢園にして云々という、楽しい、嬉しい、二人きりの生活を楽しむところなれど、朝早くから夜遅くまで、人の出入りは絶えない。普通だと随分つまらないわけだけれど神様から頂いた奥様だから、実に似たもの夫婦の本領を発揮して、夫唱婦随の素直さ、日本女性の美徳の権化のようなお方で、ただ先生の愛行を陰ながらお手伝いして、内助の功を無意識の中にたてておられ、この方が最近まで、高等学校に英語の教鞭を執っておられたなどのご様子は、微塵も見えない。
その中に先生が「ここも二年位でしょうよ」とおっしゃっておられた通り、家の持主が他へこの家を売ることになったので、ご移転の気運となった。

東京には家を提供して、こちらへ来ていただきたいという信者さんが数名あり、中にはこの際、宗教法人にして、教祖になられご発展なさっては、とすすめる人もある。市川の信者たちはもう今では、市川の先生だから何としてでも市川に止まっていただきたいとお願いする。私は何とかして私の家(松雲閣)へと心願していたが、商売が商売だからと遠慮して外を探したりした。ところが先生は逆に、商売が料理屋だから、とかく変に堅苦しく思われ勝ちな神様ごとをやる先生がいて、万一商売の邪魔になっては気の毒だと思っていて下さったと、後で判った時、こんなささいな事にも先生は、気を遣って下さったのか、何というありがたいことだろうと、先生の愛情の深さに、ただもう感激して胸がつまった。

松雲閣へとは私ばかりでなく、市川の信者さん達も念願していたことなので、神様もあわれと思召したか、最後の五分間に今の松雲閣へご移転が定まった。そこでよりより信者達も相談して、これを機会に会員組織にして、先生に金銭関係のご配慮をかけぬようにして「一人でも多くの人を救いたい」という御思召を、多勢の人々に伝えて、人助けをしようということになり、先生のご快諾を得て、五井先生鑽仰(さんこう)会が十一月一日発足した。
五井先生も奥様も、実に金銭に恬淡な方で側から見て、もう少々くらい欲があってもよさそうなものだと思われるくらいで、或る場合余りに馬鹿々々しくさえ考えられるほどである。少し余裕が出来たかなと思うと誰かに貸してしまう。勿論そう返えす人は滅多に無いから、お貸し下されになるわけである。酒も煙草も生れつき嫌い、別に好いお召物を着たいとは思わぬらしい。食物も余り沢山召上がらない。普通の人より少量で、まあ肉体を維持するに必要なだけというところ。折角招待されても宴会が一番つらいとおっしゃる。ただ折角だから相手の愛念を受けるというわけである。一番お好きなものは?とお伺いすると、人ですよ、私は独りではとてもおられませんとおっしゃる。

松雲閣で私達家族と起居されるようになってすでに一年半近くなった。おおよその人は一緒に住んで三、四ケ月も経つと、何か欠点が見えて来て、たまには密かに愚痴の一つも出るものであるが、先生御夫婦は一緒に居れば居る程、好さが増して来る。五井先生の性格を一口で言うと、愛である。愛そのものである。よくある宗教家のように厳しくて近寄り難いかと想像する人もあろうが、無邪気で、明るくて時々下手な洒落などで皆んなを笑わせることなど度々ある。殊に謙遜なことは特別で、尊大振ったところは更に無く、普通の人より丁重である。
この方のどこに、人類の将来をト(ぼく)し、世界の状勢を通観し、東洋民族の結集を念願し、日本民族のために、世界人類のために、神そのままの大慈悲を出現さすべく、身命を賭して、愛を行じている人と見られようか。神命天にあり、かくの如き人格の人なればこそ、神が御使用になるのだと思われるのである。然り神はかくの如き人を必要として用意し給い現界に下して奉仕し給うのである。
この事は、先生のご指導ぶりを見ると、成程とうなづけるのである。

よくある例だが、或る人が事業不振の打開策を相談に来たとする。先生は、あなたは今がどん底であるが、辛棒して時期を待てば一年後には大変有力な協力者が出て来ることになっているから、その時また相談にいらっしゃい、というようなふうに指導する。果して一年後くらいに、その通り実現するので又御指導を受けに来る。この人一人だけのことならば、記憶していることが出来ようが、現在のところ毎日百人内外の人に会って、一々祈ったり指導しておられるのだから、そんな古い事を覚えておられるものでは無い。それにも拘わらずちゃんと前の続きのご返事が出て来る。人間業では出来ないことである。
病気の場合など医者の見たてがどうあろうと、これは治ると先生が請け合えば必ず癒る。大丈夫らしく見えていても、永い寿命でない患者に対しては、死後幽界で救われるようにお祈りすると共に、家人に知らせた方がよいとお思いになれば、本人には内分で家族に教えて用意をさせて下さる。

結婚問題にしても、名前を聞いただけで即座に相手の性格、実力、異性との関係の有無、合性のよしあし等を適当に指導される。但し人の迷惑になるようなことは、知っておられても言われぬ。
発明家に対して足らぬところを教えたり、鉱業家に鉱脈の有無を知らせたり、技術家に技術を、医学者に医術を説く等、超人的のご指導を断定的に平然としてされることは、神業というより外ないのである。
入学試験を受ける前の日に、ここを能く覚えて置きなさいと言われた学生さんが、当日そこが出たとて驚いて居た。

こんな事もあった。或る日古い信者さんが友人だというて、一人の憔悴した人を連れて来た。先生は冒頭に「あなた死んではいけませんよ」とおっしゃった。その人はサッと顔面が蒼白になった。連れて来た友人はビックリした。一体どうしたのだと聞いて見ると、事業の失敗でやり繰りがつかなくなり、しかも明日は、大恩を受けている店へ支払いのため渡してある手形が、銀行へ廻っているのに、どうにも支払う見込みが無く、義理合上死んで清算するより方法は無いと、覚悟していたところへ友人が生神様のような先生を紹介してやろうと言われたので、フラフラと来る気になって、連れて来られたとの述懐である。先生は断定的に、必ず明日うまく解決がつく、と安心を与えた。

明日いよいよ銀行の交換時間が来た。先生からああは言われたものの、先生とは一回お目にかかっただけで、先生の御指導の真価をまだ本当に知るよしもないから、半信半疑で、不安な気持は如何ともしがたく、あたかも断頭台に立つもののように、今不渡りの通知が来るか、今銀行から入金の催促が来るかとおそれていた。が何の音沙汰も無い。そんな筈は無いと思いながら、怖いもの見たさでそれとなく先方の店へ探りを入れると、ちゃんと手形が入金になっているという。こちらは勿論支払った覚えは無い。狐につままれたようで、ただただ不思議がっていると、銀行の係員が狼狽しながら飛んで来て、間違って銀行が代払いをした、大変な手落ちをした、何とか支払ってくれということになったが、今日すぐ払えるはずも無し、交渉の結果、銀行が一時貸越しの計算にして、六ケ月間に解決をつけた。何という奇蹟であろう。先生にこういうのはどういうわけでしょうとお伺いしたら「人間がよくよく行詰った時、善意で生命を投げ出して、神様委せにすれば、神様は必ず救って下さるのですよ」と神の愛を教えて下さった。

又こういう例もある。其方はある事業家だが、平素はおとなしいのに、大変酒癖が悪くて一旦酒を飲むと人が変ってしまい、家人を打つ蹴る、果ては奥さんの髪の毛を持って引きづり廻わす。親類縁者も匙を投げ、近所では付き合う人も無くなった。奥さんはもう死ぬよりしようが無いという時に、縁あって先生のところへ救いを求めに来られた。勿論本人は来る筈も無かったが、先生がその家へ訪問されたり、夫人を通じて主人の霊を浄めている中に、だんだん酒を飲まなくなった。家人はホッとする、この分では倒産するかと思われた事業も順調になって来たが、その中にお付き合いだとてお酒を飲んだら、わけがわからぬ大病となり、医師では治らぬので先生にお願いしてようやく回復した。それと同時に今度こそ飲酒が嫌いになった。これなどは病気を契機として、神の愛が現われたのだと先生は教えて下さった。

今まで述べたことは筆者が先生の傍に侍して、見聞した二、三の実例を挙げたに過ぎない。即ち事業には繁栄の方針を与え、家庭には光明生活、結婚には幸福の相手を、各人に適業を、病める人には健康をというふうに、転禍為福の実例は枚挙にいとまがない。すべてを一貫して、先生の教えは、神より来たれる、愛とゆるしである教義を伝えると同時に、身を以て行じ、実地に範を吾らに示し給うのである。愛とゆるしであるから、精神分析で、自己を責めたり、他を批判するようなことは、先生の最も好まないところである。聖者ぶった自己反省などは、お嫌いである。故に他の宗教のように、自覚の出来ない者にまで、自覚で病気を治せ、とは言われない。精神病の人や、霊の幼稚な人に自覚せよと言うても無理である。五井先生はそんな場合、お説教はぬきにして、だまって祈って自覚の出来るところまで連れて行って下さるのである。

例えば、たいていの人は自分の乗っている汽車が、レールから外れているのを知らないで汽車がちっとも進行しないと歎いているのであるが、五井先生はこれを知っておられて、だまって汽車をレールに乗せて下さる役目をしておられるのである。先生にご指導を受けた人が、その通り実行さえしていれば、皆救われるのである。常々先生は私らに、むづかしい理屈はいらない、ただ素直に、神の愛を信ぜよ、本当に神の愛が判れば、本当の感謝が湧く、そして愛行せずにおられなくなる、その結果として安心立命を得られるのだ、と教えられる。

即ち、信仰、感謝、愛行、この三つが調いて、この世にては地上天国に住み、あの世に往きては、極楽浄土に安住することが出来るとおおせられる。ただひたむきに愛行(即ち人の喜ぶこと)をせよ、愛なき庭に神はましまさず、と只管愛を説かれるのである。五井先生鑽仰会へ来る人は、たいてい最初何かなやみがあって、救われたのが縁となり、嬉しくなって何とか人に知らせて、助けてあげたいと、会へ来られぬ重病人とか、悪癖のある人とか、無信仰の人などの写真を持って来たり、人を連れて来る中に、先生の教えにふれ、不知不識愛行をする中に、ほとんどが時間の差こそあれ、まず順序として‥‥心配が無くなる。取り越し苦労をしなくなる。知らない中に慢性病が治る。病気に罹らない。悪い癖が出なくなる。元気が出て朗かになる。若くなる。人助けがしたくなる。必要に応じて必要なものが出て来る。物資が潤沢になる。‥‥というふうに、現実的に万事調って来て、知らず識らずのうちに、安心立命が得られるのである。こんなことを言うと、実情を見ない人達は何だか夢のような、理想をならべ立てているように思われるかも知れないが、これが現実だから本当にありがたいのである。

五井先生鑽仰会へ「こちらに能くあたる先生がおいでになるそうですが?」と、聞き伝えて来る人が沢山あるが、私は「先生は占者ではありませんよ、運直しをして下さる先生ですよ」と説明して上げるのである。なるほど、一寸類の無いほど当る、人によっては気味を悪がる程あたる。しかし悪いことがあたったとて、当りっぱなしでは困るのである。先生は悪いことは知っておられても、何もおっしゃらず、だまって浄めて、運を直して下さるのである。それを知らない人は、よくある行者とか、霊媒者と間違える人がある。成る程数ある宗教家とか行者とか称する者の中には、神仏の罰があたっているとか、祖先や死者の霊がたたっているとか、果ては動物霊がついているとか言うて、恐怖観念を与え、余計な費用をかけて、お祭りをさせる者とか、姓名が悪いとて改名させ、方位方角が悪いとて、方除けさせる等、とかく人に恐怖観念を抱かせる者があるが、こういうのを信じるのが迷信であって、五井先生の場合のような本当の信仰による、神と救い、と混同してはならないのである。

しかるに現代の科学は、主として物質本位の学問に根本を置いている関係上、唯物思想に多く傾ける観があり、前述の如きことを聞いた時、実情も見ないで、迷信だと片付ける人がいわゆるインテリ層に特に多いのは、歎かわしき次第である。
人命に一番関係深い医学にしても、なるほど大変進歩して、外科手術の如きは、長足の発達を遂げ、目覚ましきものあるは力強いことであるが、矢張り肉体を対象としての研究が多く、精神方面に関しては、やや遅れておるやの感がある。米国では最近、精神肉体医術が台頭して来て、相当の成績をおさめていると報じ、日本でも追々研究されていると聞くが、大体精神分析に根拠を持っているので、病気の原因を掴むのに、大変多い日数を要するとのことである。
それらの現状であるため、或る新興宗教では、自分の宗教により、病気が治るとて、知らず識らず現代医学に不足を感じ、その根本に誤謬ありとして、真っ向うから挑戦し、果てはその著書の一部に、「結核は医学が作るものであると言ったら、何人も驚倒してしまうであろう、事実それほど医学を信じ切っているのが現在の社会である」等と医学でなければ病気は癒らぬと思い込んでいる医学常識者に対してまで、警告を与え、かつ「見よ政府も専門家も年々巨額の国幣を費し、施設万端出来る限りの手段を尽くしつつあるに拘わらず、年々増加の傾向にさえあるのである」と、大いに憂慮している。

要するに現代の科学の未発見、未解決の点が、まだまだあるのであって、現代医学が病気を未然に防ぐこと等については、相当の域まで達しているが、絶対に病気に罹らぬというところまでは進んでいない。まして酒癖が悪いとか、不良児であるとか、手癖が悪いとかいうものは、注射や手術では、まだ治すことは出来ない。運を変えることなど、とても夢想だに出来ない。
それは精神が根本であって、肉体は枝葉である。即ち霊主体従であるから、すべては根本の霊界を是正することにより、現象界すべてのことが解決されるということに、早く気がついて研究してくれるようになってもらいたいと、五井先生は、常々希望しておられるのであって、特に、憑念作用に原因する難病の解決等については、迷信などと偏狭な見解を超越して、大いに研究し、人類に貢献することの一日も早からんことを希望しておられ、かつまた近き将来においてこの法則が、必ず科学づけられるであろうことを知って、それが実現を期待しておられるのである。

この三月十六日の読売新聞の宗教欄に、早大教授仁戸田六三郎氏は「科学の発達をよそ眼に、愚きもの的現象が跡をたたないことは、私はもっと深い謎が人間性にあるのでは無いかと思う」と述べられ、同時に作家里見氏は「人間以上の力を求めておるのは、そういうものを自然から享けて来たのが人間である」と何れも現代科学を超えた世界を、肯定しているのである。しかり、愛なる神は五井先生の如き、超人を用意し給いて、神癒のあることを知れ、人間の尊厳さを知れ、神の無限力吾等に宿れるを知れ、そして人間は幸福であり、健康であることを知れ、と絶叫されつつ我等の自覚を促し給うのである。

現代社会の常識人の中には、何でも奇蹟的のものを見たり聞いたりすると、迷信だと片付けて物識りぶりたがる人々がある。徳川時代未開の頃、平賀源内が蘭書で知った電気の学問を応用して、電気仕掛けの玩具や道具を作ったら、切支丹バテレンだと言うて大変怖がられたと謂う。今にしてみれば実に滑稽な咄(はなし)であるが、文化の発達目覚しき現代でも、このようなナンセンスが決して無いとは云えぬ。自分達の学問で割切れぬものは、何でも迷信なりと片付ける。未発見の世界に神秘を探り、神の悲願なる絶対愛を享受し、これを愛行に移して他に及ぼす事は、我等に課せられたる一大使命である。
五井先生鑽仰会は、五井先生の御指導により、これらを解決し、病無く、なやみない、幸福一元の生活を、吾等日常生活に実現させる研究団体である。
五井先生の常に念願されておらるることは、天才的な政治家、天才的な発明家、事業家、医術家、掘り出しである。そしてその人達に協力して上げて、人類の平和と発達に貢献してもらいたいことである。
先生の念願は、神の念願である。必ずや国家が必要とする時に、この人達が、この団体関係者から出づるであろうことを熱望しつつ擱筆する。
 
昭和二十八年春   横関 實(白光真宏会初代理事長)

goigoi1123.jpg


INFINITE PEACE

INFINITE HAPPINESS

INFINITE GRATITUDE



2013.11.23 収穫祭+
白州の大江さんちで毎年行われている収穫祭へ
s-2013-11-23 007

今年は雅も一緒に出掛ける
s-2013-11-23 001

にぎやかに、昼は3臼ついたお餅をいただく
s-2013-11-23 027

s-2013-11-23 029


釈迦が説法をしたとされる教来石の前でコンサートがはじまる。

フォルクローレが谷間の風となって響き、
s-コピー ~ 2013-11-23 060
 



不思議な笛が水と火と石と響きあう
s-2013-11-23 080




そして平和なる歌声が虹となっていく
s-IMG_0085sdsd

s-IMG_0108.jpg




いろいろなお店もあって
s-2013-11-23 097

s-2013-11-23 006

s-コピー ~ 2013-11-23 010


私もちょっと出して
s-2013-11-23 072

日が3時山向こうに入ると急に寒くなって
s-コピー ~ 2013-11-23 106

火を囲み
インディアンフルートが闇に向かって響き渡る


10人での太鼓をたたく
これは本来は4日3晩たたきつづけるという


そして、今日の第2部
大江さんの新刊『魂のアバンギャルド』出版記念ビデオの上映
大江さんが1960年代のアメリカで作った16㎜を上映。本来は6台の16mm映写機で同時に上映する
s-新しい画像
今ここという一極点に立ちつづけようとしたアヴァンギャルド、魂を解き開こうとしたサイケデリック革命。そしてそこから幾つもの、今日まで至り、さらに未来に向かって流れてゆこうとしている大きな潮流が生まれてきている―母なるいのちの潮流。―もう一つの60年代を生きたものとしての、その証言。
IMG_0107.jpg

BE IN





PEACE & LOVE











最近は人の家で直している

すでに頼まれて1年、ようやく手を付けた。

樋はもはや枯葉が土化していて取るのは一苦労。多分建てて初めての掃除かもしれない。
s-別荘

物置の屋根も落ち葉がかたまっているのでなかなか落ちない。
s-別荘2

押入れのカビの原因を探りに縁の下に入ったが、原因見つからず・・・・板を張り替えればいいのか
コピー ~ 別荘

ベランダに手すりをつけて、これが布団干しになる。
s-コピー ~ 別荘2

ほかにも、キツツキがあけた穴をふさいだり、水回りの点検をしたりと、住んでいない家はやることがたくさんある。

そして今、別のところで、素晴らしい2つの井戸の修理と復活を準備をしているところである。
s-IMG_0113.jpg
s-IMG_0121.jpg



INFINITE RESTORATION







2013.11.25 薪置き場
薪置き場の屋根を作る
s-IMG_0157.jpg

雨が降り出してきたときに完成
s-2013-11-25 017
やりだせばあっという間にできるのに、5か月近くもほって置きっぱなしで全然乾いていない薪だが、これで来年は燃やせる。

夕方、雨がやみ霧が出る
s-2013-11-25 001

廃材の薪を軽トラ一杯運んだ。これでも1週間でなくなってしまう。松の廃材はあっという間に燃えてしまう。
s-IMG_0154.jpg


INFINITE SUPPLY





s-2013-06-21 003qa


 まず自分の心の平和から始めよう     
                                                
 私が常に考え、実行していることは、まず自己の心の中から戦争になる原因の争いの想いを無くすこと、すべての物事に対する不平不満を無くすことです。国家や世界の在り方に対して種々の意見を持つということは、個人の不平不満とは違いますから、そういう意見や案は大いに持って結構ですが、常に心の中を世界人類の完全平和達成の想いで一杯にしておくことが必要なのです。人間の想念や願いは、いつかは達成されるので、常に多くの人々が、世界人類の完全平和を心で思っていれば、やがてはその想いが達成されるのです。それを最も強く高めあげたのが世界人類が平和でありますようにからはじまる、世界平和の祈りなのであります。
 ただ、祈っていればそれでよいというのではなく、祈りを根底にしての日常生活は、いつの間にか、人々のためにも国家社会のためにもなる行為として動き出しているし、自分の心が、いつの間にか、不平不満や争いの想いを超えた明るい気持ちになっている、という具合に、自己の行動として外に現れてくるのです。祖国愛の気持ちも、人類愛の気持ちも、世界平和の祈りをしているといつの間にか強くなってきて、ただ自己の日常生活だけに追われている人とは全く違った、高い人格的雰囲気を持つようになってくるのです。
 そういう、神との一体化の道こそ、安保問題や再軍備よりも、もっと根底になければならぬ、日本人の心構えであって、いたずらに現象界の社会的動きに、心を惑わせていてはいけないのであります。
 世界が平和でなければいけない、ということは頭ではだれでもわかっているのですが、これを理論としてではなく、実際に作り出してゆくのは、やはり完全平和の本質である、神のみ心と一体になる道に、自分自らが入っていくことが第一です。そして、自分と国家と人類が一つに結び付けてゆくことが必要なのです。国家や人類を離れた、自分という個人がこの世に存在しているのではありません。自己は、人類の一員としての個人であり、日本という国家の一員であって、たった一人の個人としては、生きるすべはないのです。そういうように、この地球界の人間はできているのです。国家も人類も、一人一人の連帯責任において存在しているのであって、国家の運命は政府の責任だけのものではないのです。
 そこで国家の運命は、国民一人一人の心構えにかかっているのでありますから、国民の一人一人は、自らの責任において、国家のゆく道を決めるべきなので、いたずらに右に走り左に走るということは、厳にいましむべきなのであります。

昭和44年6月  五井昌久


s-新しい画像 (9)ssd

世界人類が平和でありますように
日本(祖国)が平和でありますように
わたくしたちの天命が完うされますように
守護霊様守護神様ありがとうございます



INFINITE LOVE




屋上にほとんど住んでいる兄
s-2013-11-27 005

太陽が輝き
s-2013-11-27 006

金星が輝く
s-2013-11-27 019

ここにいると八ケ岳と変わらない空がある


INFINITE SPACE



INFINITE HARMONY








他人の家の井戸の修理というのはそう簡単なことではない。そもそも20年以上前に設置し、その後ずっと使われなくなり、井戸からポンプのある一帯がセメントでおおわれてしまっているので配管がどうなっているかまったくわからない。それに、取り付けてあったポンプはさし水がすぐになくなってしまい、吸い上げ口の弁のところが問題で、ここで時間をとられてはと新品のポンプに交換。
で、配管をしたが水が上がってこない。吸い上げのパイプに水を流すとちゃんと井戸の中のパイプに流れていくのでいいと思っていたが、どうやら配管が途中で破損している可能性が高い。これだと万事休すで、さてどのように配管したらいいのか。
s-IMG_0109.jpg

s-IMG_0160.jpg

春や夏に向かう季節なら気分も軽いが真冬に向かう時期というのが気分を寒くさせる。
なんとか11月中には井戸水を使いたいという主の意向で引き受けたのだが、なかなか思うようには進まない。
セメントをはがして地下に配管するのがいいが、そんな時間がないので地上配管にする。

s-IMG_0179.jpg

10m引っ張りキッチンと外の水場へもっていく。土なら全部配管は埋めてしまえばいいので意外と簡単なのだけれど、地上配管となると凍ることを考え、仕上がりが難しく、買わなくてはいけないものもたくさん出てきた。

今日はこの井戸から無事に水が上がってきて使えるようになりほっとした。
s-IMG_0113.jpg

この時期になると井戸水は気温よりも暖かく、大地に流れ出す水で手を洗い顔を洗った。柔らかな大地のぬくもりを感じた。
s-IMG_0176.jpg


井戸水とは、液体クリスタルそのもの すべてを生み育てる地球の生命エネルギーそのもの

ただ大地に穴をあけただけなのだが、そこに無色透明な水がたまり、その水はすべての命をはぐくむものとなる。
人間が大地に開けたからには責任をもって使っていかなければいけない。大地に感謝し、その水と共に生きていくのが人の道であると思っている。


INFINITE LIFE 


INFINBITE WATER





2013.11.29 山のほほえみ
日が落ちる前に薪を運ぶ
s-2013-11-29 018

毎日訪れる夕暮れの時間
s-コピー ~ 2013-11-29 013

美しい時間
s-2013-11-29 005

山がほほ笑む
s-2013-11-29 01112qw
写真をクリックすれば大きくなります



INFINITE JOY



2013.11.30 安全メガネ
北風に向かってよく回る
s-2013-11-30 010

我が家のハンの木、桂、さくら、ケヤキの葉はほとんど落ちて広い空になった。
s-2013-11-30 042

森は楢やクリの葉がついていて、日の当たるところのあけびはまだ緑の葉を残しているので晩秋のたたずまい。この森の向こうの薪を運んでいる。
s-2013-11-30 003

きのう、夕方運んできた時に、首にかけたサングラスの片方のレンズが外れて落としてしまっていた。何とか探そうと薪をとったところと積んだところを探す。落ち葉と同じ色だから見つからないかもしれないとあきらめかけた時に、丸太が積んであった相当下にきらりと光るレンズを見つけた。
s-IMG_0212.jpg

このサングラスは、安全メガネでチェンソー、丸鋸、草刈りの時には必需品でまた紫外線にも有効なのでいつも日の当たるときはしていて、最も厳しいアメリカの安全基準の合格していて、直径6.35㎜の鋼球を160km/hでレンズにぶつけても大丈夫なメガネで、このめがねのおかげで助かっているのである。で、デザインも気に入っているので、今回のは3本目、薪を抱えて運んだ時にはずれてしまったようだ。
とにかく見つかりうれしくて、午後の時間は気分良く仕事ができたのでありました。
s-2013-11-30 001



INFINITE HAPPINESS