2013.10.01 大量ジコボウ
大量ジコボウ
朝ほんの少し雨が降った
雨が降ったらキノコ採りに行こうといっていたので、いつもの観音平の下の棒道の標高1150mカラマツ林に出掛けた。まだ森は緑の中で、秋はこれからという感じであった。
s-2013-10-01 016

入るといきなりたくさん見つけた。
s-2013-10-01 024

森を歩き探すということなく次々と見つかり、一つ目の袋がすぐにいっぱいになってしまった。
s-2013-10-01 021

袋をとりに車に帰り、また探し出す。あまりにありすぎて中々やめられず、袋がいっぱいになったところで終了。
1時間半、森のそれもほんの小さな範囲だけで、雅も私も人生で一番ジコボウを採った日となった。およそ5キロのジコボウ、
s-コピー ~ 2013-10-01 037


あまりの大量に、どうやってきれいに洗うのかと考えて、川の水の勢いでイモ洗いのようにぐるぐるを撹拌させてあっというまにきれいになった。

夜、さっとゆでて、秋の味、大根おろしでいただいた。ほとんどが開ききっていないジコボウで食感はいい。開いたジコボウのほうは香りがいい。
s-2013-10-01 046




INFINITE HAPPINESS






毎週行っている東京、母の薬をもらいに2つの病院、そして、他の苦手な仕事をこなし、夕方少し時間ができたので息抜きに公園によった。
一回りしてボート乗り場の前で休んでいたら、
虹がでた
s-2013-10-02 024



大きくなりながら2重になって
s-2013-10-02 032




夕陽が強く輝きだすと虹の色がますますはっきりと濃く輝きだしてきた。
s-201ssdss3-10-02 057

20分の天空の下ラマ 
s-2013-10-02 078


s-2013-10-02 070qw
写真をクリックすれば大きくなります



INFINITE BRIGHTNESS


INFINITE GRATITUDE







リゾナーレ八ヶ岳で行われている室内楽のコンサートに行った。
ここには波のプールもあって子供たちがまだ小さかった頃に時々来ていたが、さてどのくらいぶりに来たのだろうかと思い返してもさっぱり思い浮かばない。10年ぶりくらいになるのかもしれない。
小淵沢にもこんなところがあったのだ。
s-2013-10-03 025

s-2013-10-03 012

ハロウィンの演出がかわいらしい通りにはずっと店が並んでいる。人の気配はあるものの誰もいない。我が家から5分のここは、まるでキリコの絵の中に迷い込んだような世界。
迷い込んだまま室内楽を聞き、不思議に人と出会って、妻と共にコーヒーをごちそうになって帰ってきた。
新しい画像



INFINITE MUSIC





10月、薪作りの時期が来た。
9月から夕方の時間、少しづつ割っているが、その薪というのは2年後の冬に使う薪であり、今年は、6月に突然に来た廃材を燃やしていく。まずはチェンソーで4,50cmに切っていく。廃材は割ることなく柱のままの太さで燃やせるので楽な薪である。
ヒノキの柱も結構あってそれはまた増築で使えるので分けていく。
s-2013-10-04 038

釘を切ると途端にきれなくなる。釘を切るたびに刃を研ぎなおす。いくら切ってもきりがないくらいたくさんある。
s-2013-10-04 040

切ったのを片付けるところまでがその日の仕事で、この片付けがいつもながら疲れる。
s-2013-10-04 048

今日はこんなもんでやめときます。なんだかんだ2時間、週三日のペースでやっていけばいい。
s-2013-10-04 049


いつものことながら、やりだすとパワー全開、体調不良も汗と一緒に吹き飛んでいった。


INFINITE POWER



人生ずっと物を作り続けてきた。
そのモノたちで部屋は次々と一杯になってくる。作ったもので覆われてくると時間が止まったように何も動かなくなってゆく。
s-2013-10-06 017

新しく部屋を作ると、すぐにインテリア、絵、オブジェたちで埋まってしまう。今廃材がたくさんあるのでまた一部屋作ろうかななどと思っている。
s-2013-10-06 016

よく集め、よく作っっていると自分でも思う
s-2013-10-06 014

時計たちは、ムカシムカシノゼンマイ時計。動かないのを動くようにするのが楽しい。
s-2013-10-06 015
写真をクリックすればみんな大きくなります

INFINITE CREATION




2013.10.06 究極の光
今日の聖地
s-2013-10-06 041

今日の本館
s-2013-10-06 049qw

今日の広場
s-2013-10-06 057qwe

INFINITE GRATITUDE

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY



MAY PEACE PREVAIL ON EARTH




日本語、英語、ヒンズー語、ヘブライ語、中国語、アラビア語の6か国のアメジスト ピースポール
s-2013-10-07 004qw


世界各国の平和塔
s-2012-04-01 062

富士と平和塔
s-2012-02-05 027

モリオン
s-2013-10-07 019

日本語、英語、フランス語、ヘブライ語、中国語、アラビア語の6か国のラブラドライト ピースポール
s-2013-10-07 013

無性にPEACE POALを作りたくなる時がある。以前は木で作っていたが最近は水晶で作ることが多い。


INFINITE PEACE

まだまだアサガオが咲いている。その後ろからじわじわと小菊が蕾を膨らます。
s-2013-10-08 011

夏の野菜が終わる。トマト、インゲンの支柱を取り壊し、ホウレンソウを蒔く。
s-2013-10-08 010


でも、今日は夏のような日差し

ミョウガがたくさん咲いている。とんでもなく大きい。
s-2013-10-08 016

午後3時、日輪が現れた。

日輪とコスモス
s-コピー ~ 2013-10-08 025qw

日輪とアメジスト
s-コピー ~ 2013-10-08 023qw
写真をクリックすれば大きくなります


INFINITE LIFE


INFINITE LIGHT


INFINITE HEALTH





2013.10.09 区切りの日
命日
祖父、そして半世紀後に祖母が100歳で20年前の今日10月9日亡くなり、父が、去年の今日に入院して退院することなく冬至に亡くなった。10月9日という日は高島家にとっていろいろな区切りの日。朝、墓参りして実家に向かう。
今日のお墓は、なんとなく明るく、いつもの多磨墓地っぽくない感じ。気が付けば、木が切られていたり、周りのお墓が新しく別の人のお墓になっていたり、多磨墓地も無縁墓が増えてきて変わっていく。

s-コピー ~ 2013-10-09 qwjpg

父の相続に関しての手続きが、亡くなり10か月の今月21日が期限で、今日、税理士さんが確定したものを持ってきて、各自が納税すれば一段落。

銀行のはざまに浮き雲が軽く流れていく。
s-2013-10-09 045

台風の影響で風が強く、夏のような蒸し暑き日。
吉祥寺駅がどんどん変化して、迷路のような通路もあちこち完成してきている。南口に出ると風で大きな足場が倒れて大騒ぎになっていた。どこもかしこも地上の街は騒がしい。
s-2013-10-09 072

久しぶりに、長野の塩尻で働いてゐる水樹が休みで一緒に吉祥寺に来た。久しぶりに長男長女に会って楽しく過ごしていた。兄弟それぞれの道はちがうが、会えば仲良く子供に戻っていた。
s-2013-10-09 105


INFINITE PEACE 

INFINITE HARMONY



屋根材が届いた。
家の道には入ってこれないので、道のところで軽トラに移す。600キロ以上の重量で満載になった。これで我が家の屋根が吹き替えられるのだからコンパクトのまとめられているものだ。屋根材は、ガルバニウム鋼鈑のフォルテシモという断熱材が張られた一枚が190x32cm、2.5キロのものを並べて貼っていく。とても軽い屋根材で、今ある屋根の上にそのまま貼れるのだ。
s-2013-10-10 015

屋根材一箱8枚入り20キロが30箱。梯子を3m上って1階の屋根にあげる。
下から上への物の移動は、まさに重力を感じる時間だ。
s-コピー ~ 2013-10-10 032

連休でくつろぎに来ている水樹が屋根の上で待っていて積んでくれ、非常に助かった。
s-2013-10-10 019

ほかにも通しけらば、棟包み。ゼロスターター、プラ桟木などがあって全部上にあげ、へとへとになったところで記念写真。
s-2013-10-10 029

午後、施工マニュアルを見ながらわからなかった角のところの仕上げを、現物で確かめて考える。ここの軒先とけらばの納まりは、けらばがかつ。…専門用語で訳が分からぬことを言っているがそうなのである。
s-2013-10-10 039

軒先周りは、アスファルトシングルの上にかぶせて引っかけるゼロスターターというのを使う。3mの長さで丁度3本で片側が完成。けらばとかぶる部分は切った。
s-2013-10-10 041

今日はここで日が暮れた。
土曜には息子が手伝いに来てくれる。


たかが、600キロの荷物をほぼ垂直で7m上にあげる。これは、やってみればわかるが、重力をひしひしと感じる労働で、まるで登山したように足がパンパンになった。そういえば、最初にこの家を建てた時には、屋根材を電動のウインチで上げたのを思い出した。今回は全部人力なのだからすごいことなのである。




INFINITE POWER



昨日の荷揚げが相当腰に来ていて体が思うように動かない中、昼前より始める。
今日も荷揚げから、必要なものをまとめて持っていく。昨日の夕方、アスファルトルーフィングが6本届き、3本あげた。
s-2013-10-11 003

丸鋸、ブロアー、ほうき、もういろいろ屋根にあがっている。
s-コピー ~ 2013-10-11 015

まず通しケラバの受けのようなもので、45mmx18㎜の板を屋根の端に貼る。これは廃プラスチックでできたプラスチックの桟木を屋根材と一緒に買ってみた。腐らず、折れたりしないが木と同じように使えるというもの。
s-2013-10-11 019

破風板のところに今までの屋根材の18㎜の厚みのケラバガ付いているのでその厚みの杉板があったのでそれを貼る。
s-2013-10-11 030

施工マニュアルとは違うがルーフィングを縦に流して
s-2013-10-11 032

通しケラバを貼った。ここに屋根材が入って止まるのである。いくら説明したところで、よくわからないことだろうな。
s-2013-10-11 025

両サイドと軒下周りの金物が付いたので、明日はルーフィングを貼り、下から屋根材を貼っていく。


今日も真夏の日差しが降り注ぎ、汗だくになっての仕事、
夕暮れと月美しく、無事に1日が終わり感謝

s-2013-10-11 081

s-2013-10-11 111



INFINITE ENERGY








朝から風の日
6時半、屋根に置いてあったものが吹き飛んだ音で目が覚めた。
重しのはずの通しケラバが吹き飛んでグニャグニャになって1階の屋根に落ちて、アスファルトルーフィングもめくれ上がって半分は破けて飛んで行ってしまっていた。すごい北風が吹き、まだまだ吹き飛びそうなので、急遽、屋根材を上げて重しにした。
s-2013-10-12 001

s-2013-10-12 011

昨夜息子が来てくれたので9時より、荷揚げから始まる。
s-2013-10-12 010

とにかく風が強く、やりずらい。ルーフィングを貼るのがとても難しく、1段ごとにロールを伸ばしながら進める。
箱を開け、初めて見る屋根材。よくできているものだと感心しながら一番下から貼り始めた。
s-2013-10-12 014

1枚が190cmで、かぶる部分が9cmくらいあって、屋根が9,2m、ケラバの幅が11,5cmが左右にあるので実質897cmで、1段で5枚、3cm切るくらいでほとんど無駄なく貼れていく。最初の角の始末も別段何の問題もなくできた。というより樋があるので、見えないところなのであまり見た目は関係ない。
s-2013-10-12 019

s-2013-10-12 023

1段ごとにつなぎ目がずれていないといけないので、1段ごとに半分に切る。
s-2013-10-12 033

3段ごとにルーフィングを流しては屋根材を貼って止めていくという感じ
s-2013-10-12 025

お茶の差し入れにひかり子が来てくれた。
s-2013-10-12 046

8段目まで来て昼。
s-2013-10-12 034

下に降りて屋根を眺める。トタンあり、コロニアルあり、シングルあり、そして今度はガルバニウムである。
昼寝してしまい、2時、Jマートにグラインダーの刃を買いに行って3時、ピッチを上げて貼りだす。
s-2013-10-12 040

ちょっと油断すると吹き飛ばされる。屋根材が2枚吹き飛んで川まで飛んでいった。両サイドべこべこになってしまったがなんとかなる。そういうのを下まで取りに行ってくれる助手がいるというのが非常に助かる。
s-2013-10-12 050

15段
s-2013-10-12 055

16段で日が暮れてきた。
s-2013-10-12 063

全体の3分の1が完成した。

まあ順調である。




INFINITE SUCCESS




今日は遅く10時半から始めたが、慣れてきたこともあり、ガンガンと進み、1時までに西側は6段、東側に移り、6段貼って、1時までに12段貼る。
s-2013-10-13 032

s-2013-10-13 011

午後は荷揚げからはじまり、全部の屋根材が上がった。
s-2013-10-13 035


ピッチ早く、昨日の2倍にスピードで貼っていく。
煙突のところをどうするか、丸く切り抜いて後はコーキングで止めよう。
s-2013-10-13 067

型紙を作りそれに合わせて切り取ってうまくいった。
s-2013-10-13 078


最後の1段を残して今日はおしまい。
風もさほどではなかったので、ずいぶん進んだ。後半日で35坪の屋根が完成する。


INFINITE POWER




屋根完成

屋根材を棟まで貼り終える。総枚数240枚
s-2013-10-14 005


面戸というもの

面戸とは、物と物との隙間、または、その隙間を塞ぐ部材で、今回来て初めて知ったもので、テープが貼られたスポンジのもの、これを棟の両サイドに貼り、
s-2013-10-14 015



その上に1x4材を打ち付けていく。
s-2013-10-14 025



その上に棟包みをかぶせて横から釘打ちで止めていく。
s-2013-10-14 028



角はこんな感じに切ってまとめた。
s-2013-10-14 020

s-2013-10-14 045

煙突周りも、コーキングして完成
s-2013-10-14 050

掃除して、道具を下して、ゴミを片付けて、4時に終了
s-2013-10-14 042


before
s-2013-09-21 003

after
s-2013-10-14 053

息子が来てくれたので順調にそして早く完成した。台風が北上して来ているので今日の完成はうれしい。
きれいに仕上がりました。


INFINITE SUCCESS




2013.10.15 月の国集会
毎月第3火曜日の正午より世界各国の平和を祈る。
今日は第197回目
まだ200回にも達していない。エディさんが来られなくなって1年半、来る人も減ってきて、さみしい限りであるが、
イスラエルとパレスチナのお祈りをしているときに、天井からエクトプラズムか霧かドライアイスのような白い煙と共にたくさんの人か神か守護霊が降りてこられて、共に祈りに参加してくれた。

今日は無性にエディさんのことがなつかしく思い出される。
コピー ~ qw

今年最大の台風がやってきていて1日雨が降る。昨日完成した屋根をきれいに洗ってくれている。
この雨が上がれば季節は冬に加速していくだろう。

INFINITE PEACE










2013.10.16 台風一過
今日は吉祥寺に行く日、台風接近で、中学校も2時間遅れで子どもを早めに学校に送り、そのまま出発。
風は強いものの、雨は上がり、時折青空が見えだした。いつもより1時間遅い9時半に出たのに、高速はすいていて着いてみれば11時半。いつもとさほど変わりない。
晴れ渡る吉祥寺。台風ということで人も少ない。
s-2013-10-16 001

空。雲ひかり美しく
s-2013-10-16 009

街はきれいに洗われて
s-2013-10-16 002

母も元気で
s-2013-10-16 023qw


INFINITE HARMONY




屋根に上ってみた。足跡やごみがついていたのがきれいに洗われて、プロがやったような素晴らしい出来栄えの屋根である。いよいよ季節は秋へと加速していく。
s-2013-10-17 006

台風の後のアサガオは9月の時もそうだったが、咲くはずの花が雨や風で咲くことができずに1日遅れて咲いたものだから、ちょっと変わった咲き方になるようだ。
本来は昨日咲いているはずの蕾が1日遅れで咲くものだから、開いてすぐにしぼんでいく。しぼんでいく時に色が赤っぽく変わるので、2色が同時に見れることはほとんどないことなのである。
s-2013-10-17 021


INFINITE HARMONY


2013.10.18 緑の思い出
同じ北杜市の隣町である白州の旧甲州街道の宿場町台ケ原に、緑のトタンの家があった。
緑のトタンというのは珍しく、初めて見たので新鮮で、立ち止まり吸い込まれていくように見入っていた。その緑が妙に懐かしく何なのだろうと考えていたら、16の時に買ったバイクの色、というか40年前の自分を思い出してきたのである。
其の時のバイク、YAMAHA MR50が浮き上がって見えてきた
s-2013-10-18 026qw
写真をクリックすれば大きくなります

s-コピー ~ 2013-10-18 026qw

このころの2サイクルの原付バイクは90キロ以上はスピードが出たので、ものすごいスピード感があった。
そしてまだ運転して間もないころに、ウィリー(フロントアップ)してトタンとブロックの壁に肘を押し付けすりむきながら走り、壁に血をつけて走ったのを思い出した。血だらけになったが、バイクをこけさせなかったのでほっとした痛い思い出だ。
s-コピー ~ 2013-10-18 026qwe

何とも年をとったものだとこのトタンの家を見ながら思うのであった。



INFINITE GREEN



2013.10.19 満月の火入れ
今日は満月、薪ストーブに火が入った
s-2013-10-19 030

毎年のことだが火が入ると気分は冬に向かっていく。
このベルギー製エフェル社のハーモニーも21年目の冬を迎え、外見はまだ十分使えそうに見えるが、2重構造になっている中の仕切りがゆがみ、穴が開いていて、時々中で分解してしまう。
何とかしないといけないと思いながらも今年もはじまった。
廃材を燃やしていく。軽トラに軽く積んでベランダに置いた。
s-2013-10-19 005

アサガオの色ががちょっと寒く感じてきた。富士や北岳も初冠雪のようだ。
s-2013-10-19 008


五右衛門風呂につかり、薪ストーブで暖をとる薪の暮らしもはや25年。
今年も、再来年以降の薪をとりにこの西の森に行く。
s-2013-10-19 013



INFINITE FIRE




2013.10.20 雨の日の仕事
冷たい雨が降る
こんな日は水晶のオーナメント作り
ヒマラヤのクリスタルと、アメリカのハーキマーダイヤモンド、ブラジルの水入りクリスタル

インド、北米、南米からはるばる日本にやってきたクリスタル

それだけでもすごいことだけれど、これも縁

これからまたどこに旅立っていくのだろう。
風化しにくい石だけに、人類が宇宙へ旅立つときに、地球を離れて他の星に行くのかもしれない

s-コピー ~ 2013-10-08 005




水晶(石英)は世界中どこにもある鉱物で、地表付近では酸素に次いで多い二酸化ケイ素の結晶体で、地下深く高圧、高熱水の中で時間をかけて結晶化したものが地殻変動で地表に押し上げられてきたもの。今でもマントルの中で作られ続けている。

水晶は地球の石、地球の結晶そのもの。
時計はほとんどが水晶発振器を使ったクォーツ時計になって、地球の時間を示すものに利用されている。時計をしている人はすでに水晶を身につけパワーを感じながら生きている。


Infinite  Quarz


屋根の張替えが終わり、ずっとネックになっていた風力発電にとりかかる。
設置場所はいろいろあって、どこが一番いいのかとここ数か月考えていたのだが、結局は一番最初に思っていた南側の西の部屋の前で、1階の屋根の上から4mのポールを立てて、丁度2階の屋根から190cm飛び出したところに、発電機を取り付ける。発電機は、2階の屋根に上って乗っける感じで取り付けられるので、メンテナンスも簡単にできるということで決定したのである。
ただ、このポールをどのように固定するかがなかなか難しく悩みながらもいざ始まってしまえば簡単に固定できたのであった。


s-2013-10-19 006
あらかじめ番線を取り付けた状態の2x4材を、母屋の柱に90㎜のボルトで固定。
そこに単管パイプを上下2本を平行に番線で取り付ける。
s-2013-10-21 015

s-2013-10-21 014

この単管パイプが固定できればあとは簡単。それに取り付け金具で単管を長さを測って切って組み立てていけば出来上がる。
s-2013-10-21 017

s-2013-10-21 016

s-2013-10-21 020
2階の屋根に上れば単管の上まで手が届くのでちょうどいい。
s-2013-10-21 012

骨組ができればもうあと少しだ。
バッテリーまでの距離14m、敗戦のためのケーブルを用意すればいいのだ。


カナダのSUN FORCE社のエアードラゴンAD-600これが付く
AD-600


風が吹けば即電気エネルギーに代わっていく。素晴らしいことだ。


INFINITE ENERGY



2013.10.22 ビオラの香り

北杜高校の園芸科で作っているビオラやパンジー、ハボタン、ラベンダー他いろいろな苗があり、10月の収穫祭で売っている。どの苗も50円で、1ケース24苗になると1000円になる。毎年買いに行っていたが、今年は子供が卒業してしまって行き忘れていた。平日に行ってみたら授業をしていながらも売ってくれた。
どんよりとした日、ビオラの花の香りに包まれて幸せになる。
来春にたくさん花を咲かせてくれる。
s-2013-10-22 010

今日は何もやる気がしない。体が動かない。そういう日ということでのんびり過ごしていたが、夕方に動けるようになって、風力発電の架台を黒く塗った。
s-2013-10-22 024

ラムはソーラーパネルの上で寝ころんでいる。
s-2013-10-22 005



INFINITE HEALTH



2013.10.23 吉祥寺
どんよりとした曇り空で街もどんよりとしている。
s-2013-10-23 001

もうクリスマスのネオンが街路樹にも取り付けられ、駅ビルもどんどん高くなってきた。
s-2013-10-23 006

足元の道は、横断歩道を見るとどこもかしこもヒビだらけ。
s-2013-10-23 002


この吉祥寺北口の300m四方の隅に実家もあっていつもこの辺をうろうろしている。本当に小さな範囲に何もかもが詰まっていて物と人があふれている。
s-キャプチャqqq


これが我が町 小淵沢野300m四方。だいたい同じ広さなのだけれど、東京の密度はすごくって、ぜんぜん想像がつかなくなってしまう。
小淵キャプチャ

雅曰く、どっちも好き 


往復320キロ

八ヶ岳には1時過ぎに帰り着く。








ケーブルが届き,サンフォース社エアードラゴン600を組み立てる。
s-2013-10-24 030

ケーブルを単管に通しバッテリーのある部屋まで配線する。
s-2013-10-24 032

2階の屋根まで上げて、ここで配線して、
s-2013-10-24 033

プロペラ取り付けてパイプにはめた。結構存在感がある。
s-2013-10-24 043

パイプだけではゆらゆらしてしまい、北側に2本ワイヤーを取り付けて引っ張り、
s-2013-10-24 042

パイプをもう1本取り付けて強度を出した。これでもまだ弱いかもしれない。
s-2013-10-24 047

今日はここまで。
存在感のある姿、今日は風がなく回らない。
s-2013-10-25 004



INFINITE ENERGY



2013.10.25 「盤遊」

風力発電の配線が完了して発電を始めた。
風が吹くと電気ができる。素晴らしいことだ。
s-2013-10-26 005

夜、ハートランドで「香音天」のコンサート、そのあとの打ち上げ,
博山さんは昼の部夜の部 2度聞きに来ていて元気いっぱい。
9時半に家へみんな来いと誘って、雨の中、道を挟んで隣のギャラリーへ向かった。

81歳一人暮らし、きれいな寝室。みなが笑につつまれて
s-2013-10-25 014
キルトをよく作っている。でもはりも糸も使わない。ホットボンドで止めていく。
s-2013-10-25 043

ベンガラの部屋の「風」 今は書に向かっていた。
s-2013-10-25 039


「盤遊」あちらこちらをめぐり遊ぶこと。楽しみ遊ぶこと。 博山さん自身のお気に入りの書の前で記念撮影。
ss-2013-10-25 036

ss-2013-10-25 025


INFINITE SMAIL



2013.10.26 風が吹く
アサガオは冷たい雨にあたって萎れてしまったが、地上8mの取り付けた風力発電は心地よく回転している。
s-2013-10-26 015
風力発電は設置のことさえクリアーすれば、こんなに簡単に発電してくれるものはない。
この八ヶ岳はとにかく風が吹く。毎日毎日風が吹く。雨だろうと雪だろうと風が吹く。

[広告] VPS


地上8mの風が電気を作り出している。

その電気エネルギーで今コンピューターを動かしている。



INFINITE ENERGY


INFINITE GRATTITUDE








鍼灸師の長女に頼まれて作った竹の筒
これに塩を入れてもぐさで温めて使うと気持ちいいらしい
s-2013-10-27 016

s-2013-10-27 008qw

秋晴のいい天気、心地いい風が吹き、紅葉も美しい。お日様の下で暖かく作っていた。
わが家の8歳になるカメも甲羅干し。

風力発電機も心地よく回っている。ただ、どうしても強度が心配になり、ホームセンターに行って金物を買ってきて、最後の1本の3mの単管を使って補強した。これで絶対大丈夫。
s-2013-10-27 020

s-2013-10-27 021


INFINITE HEALTH

INFINITE HAPPINESS




2013.10.28 物欲


2009年から使っているパソコンDELL INSPIRON 545
s-2013-10-29 019

60GBのCドライブがすぐにレッドゾーンに入ってしまうようになって2年。OSをVISTAからWINDOWS8に変えて少しはいいかと思っていたが、今度は、メインのハードディスクもいっぱいになり、そして写真編集ソフトを使っているとCPUが100%になって固まってしまうようになってきた。使うソフトも高機能でどんどん重くなり、それについていけなくなってきた。
 デジタルカメラも30万画素からはじまり、200万画素、500万、800万、1000万、1400万、今では1600万画素にまで増え1枚10MB以上使う。今まで使ってきたソフトも写真が重くて使えなくなったりで、ハードディスクもDVDもどんどんたまってきてしまった。
 コンピューターが遅くなったり、エラーが出てくると、それをどうやって解決させてゆくのかは、楽しくもあり苦痛でもあって、時間もかかり、うまくいかないとストレスになってくる。今回の場合は、CPUの性能を上げて、ハードディスクを交換すれば当分は使えるが、それならば、新品のコンピューターに変えたらというのが、リスクも少なく一番安い選択になってくる。いつまで、この使い捨てのやり方を選択をしていかないといけないのだろうか。今使っている545はデザインも好きで使っていきたいのだが・・・・デジタルの世界は先が読めないまま発展途上で使い捨ての商業主義で突き進んでいく。私自身もまだまだコンピューターの世界を楽しみたいと久しぶりの物欲世界で悩むのであった。


2002年のiMac G4は、そのデザインが好きでいまだに置いてあり、時々音を聞く。
モニターに至っては、15インチから始まり,17,19,20,21とどんどん大きくなってきて、今メインには24インチを使っている。物欲というのは果てしないということがモニター遍歴でもわかるところだ。
s-2013-10-29 021

最近、人のためにコンピューターを2台買ったので、今どきのコンピューターの性能は、4年前とはけた違いで、そそられているところでもあるのだ


INFINITE SUPPLY

2013.10.29 日常の風景
周りの森はだいぶ紅葉してきたが、我が家の木々はまだ緑がたくさんある。
s-2013-10-28 002

朝日が遅いので木々の上のほうから黄色くなりだし、この間の台風で色づいた葉が落ち明るくなって
ウワミズ桜と桂が西日を受けて輝きだす
s-2013-10-28 015

平和塔も緑の中
s-2013-10-28 004

ガクアジサイは赤くなり
s-2013-10-28 021

風力発電は全く動かず静かな日
s-2013-10-28 019

廃材の薪をベランダに運ぶ。
夜は、廃材の松が燃える。

平凡な日常なれど自然の変化は日々素晴らしい

INFINITE BEAUTY

INFINITE GRATITUDE





2013.10.31 瑞牆山WPPC
今年一番の天気と紅葉に恵まれて
NPO法人世界平和の響きによる瑞牆山WPPCに参加

s-IMGP7005.jpg

s-IMGP6868.jpg

s-IMGP6884.jpg

s-コピー ~ IMGP6882

s-IMGP6930.jpg


s-IMGP6986.jpg


s-コピー ~ IMGP6939wwe
写真をクリックすれば大きくなります

s-コピー ~ IMGP7000qw


INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE




PCの不調がようやく治り更新できました。